2016年06月02日

6月になりました

日記です。

6月になりました。夏野菜も植え終わって、家で遊べるぜ。
しかし、夏の雑草は次々と生えてくるので、時々除草剤を散布しないといけない。

雑草も少しずつ種類が変わってきますね。
今年から見かけるようになったのは野性のケシ。オレンジ色の花が咲いて、別に草丈も馬鹿でかくないし害がなさそうに見える。
ただ、繁殖力が高いらしく、駆除した方がイイんじゃね?的なことが毎日新聞に書いてたので、せやなと思い、除草剤で攻撃しました。もう種は出来てたかもしれませんが。
一見、害が無さそうで花も咲く。このせいで、駆除されずに増えてしまうというのは雑草にありそうなことだと思います。

家の庭で、駆除対象から外したことで増えてきてる草が多々あります。クローバー、アオイ、小型のヒマワリ、コスモス、ミョウガ、フキ、スイセン、など。草花や野菜の分類のも多いかな。野生化してる。
カボチャとゴーヤも野生化しつつあります。これはちゃんと育てると実が食べられる。1株、自生えのカボチャを育ててる。
クローバー(シロツメ)は、まあ背は低いしミツバチとか来てくれるし害はなかろうと思って残してました。最近、母が植えた花の場所まで進出してちょっと迷惑がられてます。
アオイは普通に花ですが、背が高いので放置すると蚊が発生しそうです。でも花なので置いてる。格好は野菜のオクラに似てますね、オクラはアオイ科だし。たぶん隣の家から種が飛んできて定着した。
コスモスは除草する側としても評判悪いです。でかくなると強いです。庭に生やすようなものではないですね。発芽時期には地面にびっしり芽が生えてました。
ミョウガ、フキ、スイセンはそれぞれ同じところに生えてるので、進出による害はすくないです。ミョウガは邪魔がられてます、一応食べられますが。どれも少しずつ勢力を拡大しているかも。
野生のユリ、たぶんタカサゴユリが最近見られるようになりました。見た目が市販のテッポウユリと大差なく白くて綺麗。実用性がありそうなので、母が増やそうとしてます。ほかの雑草を駆除していけば結果的増えるかな。生息域は少し木陰のようです、木なら生えてるから大丈夫だ。

一方で、雑草のガチ勢は健在です。ラスボスなのがスギナやヤブカラシですね。地下茎があるので、そう簡単に除草剤では死にません。
耕運機のロータリー刃で根っこをバラバラにしたら死ぬだろうと思ったら、破片から再生してきてショックでした。封印されし邪神並にタフです。
結局、地下茎タイプは高濃度の除草剤を何度もかけるしかないと専門書に書いてたので、試しに一回除草剤をスギナにかけてみました。もう一週間以上たつけど、枯れる様子はないです。

普通の一年草の雑草は葉に散布する除草剤で枯れますが、次々と新手が発芽してきます。繁殖まで短期間の草は枯れても種は落して、また来年ってパターンが多いです。

続きを読む
posted by うらマッハ at 19:09| Comment(2) | 日記