2014年09月02日

激闘!ソロモン海戦史DX(文庫版)プレイ記録 キャンペーン(2)

PCゲーム「激闘!ソロモン海戦史DX(文庫版)」のリプレイです。

シナリオ設定はデフォルト。特にプレイ制限や目標は設けてません。とりあえずクリアするためにがんばる。

海戦中のリロードによる判定やり直しはなし。
ステージ単位でやり直すのはアリにします。ただし、前ステージの最後からやり直すこと(海戦時の敵の配置が同じだとズルいので)。

前回は3ステージ終了。
4ステージから。今回は主にステージ進行の解説になりそう。
4ステージ

さて、3ステージでの北部戦区での海戦で勝利し、陸軍兵力比も2:1を超えました。これで占領が発生し、次の戦区へ進出します。

ステージの進行手順は、まず修理があり、次に潜水艦戦(ランダムイベント)です。
なので潜水艦戦で損傷した艦はそのステージでは修理できず、出撃できなくなります。
今回は潜水艦戦で特に戦果はなしでした。ここでうっかり戦艦が損傷すると予定が狂ってしまうこともありますから心臓に悪いところ。
修理の様子↓
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-5-53_No-01.jpg
まず損傷してる艦は自動で2ブロック修理され、そのあとこの緊急修理画面になります。緊急修理に指定するとさらに2ブロック修理されます。
1ステージで最大4ブロックしか回復しないため、大きな損傷を受けると長期間出撃できなくなります。大和型とか装甲の薄い箇所が多いため、バイタルパートは無傷でも修理に時間がかかることもあります。

そのあと、占領判定と次の戦区への上陸、敵陸軍増援です。
ここで大事なのは、占領判定が先で増援は後、というところ。
敵の増援が来て、陸軍戦力比が1:2を超えてしまっても、占領されるのは次のステージです。そのステージ中に海戦を仕掛けてなんとかすることもできます。
あと、上陸が行われたステージでは敵の増援はなしです。
今回はこちらが占領したので、次の戦区へ上陸する側です。
占領イベント↓
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-6-18_No-02.jpg
というわけで、戦場は中部ソロモンへ移動し、いつの間にか(笑)制空権がない状態で海軍がネズミ輸送をすることになります。
ただ、こちらから上陸した場合、陸軍兵力は3000:3000になります。敵が上陸した時は2000:4000の敗北リーチ状態ですから、ずいぶん状況がイイのですね。
上陸のあったステージでは敵の増援はないので、このまま放置しても占領されるのは当分先のことです。

次にイベントです。これはたぶん既定の史実イベントです。
今回は空母戦「南太平洋海戦」が発生↓
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-6-50_No-03.jpg
空母の損害は史実通りのようで別にゲームには関係ないのですが、一緒に損害を受ける敵艦はランダムのようです。ここで損傷した敵艦はこのステージでは出撃できません。

そのあとは、艦艇の増援です。まずはステージごとに決められた新造艦が加入します。駆逐艦が多いですが、7ステージ目には武蔵も新造艦として加入されます。
次に部隊単位で増援を呼びます。ほにゃらら艦隊のホゲホゲ部隊という感じに指定します。ただし、部隊は登場順が決まってるため、いきなり強力な部隊が呼べるとは限りません。
今回は連合艦隊に増援要請。到着順1の第2水雷戦隊の皆さんがやってきます。
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-7-12_No-04.jpg
ちなみに連合艦隊で次に来るのは第5戦隊(妙高、羽黒)、その次が第1戦隊(大和、陸奥)です。お目当ては第1戦隊というわけです。

敵の艦艇も増援されます。部隊名が報告されます↓
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-7-36_No-05.jpg
駆逐隊が2つ、戦艦隊が1つでした。前回の海戦で敵は5部隊壊滅してるので、増援も多めになります。
1部隊は最大4隻です。基本4隻だと思います。戦艦隊はさすがに戦艦4隻ではなく、巡洋艦とかが混ざってることが多いです。

このステージは海戦しない予定ですが、敵の編成を見るために、ちょっと部隊を出してすぐ退却させました。
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-8-45_No-06.jpg
海戦後、こんな感じに結果画面が出るので敵の様子が判るのです。
第6戦艦戦隊という敵部隊にはノースカロライナとワシントンがいるようですね。


5ステージ

修理して、潜水艦戦は駆逐艦がお互い損傷した程度。

敵陸軍の増援↓
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-9-6_No-08.jpg
設定を変えなければ、敵の増援は1000前後のようですね。
こちらは3000のまま。もし敵が6000を超えた状態でステージ終了すると占領されます。逆に言えば、それまで何もしなくても時間稼ぎできます。

自軍艦艇の増援↓
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-9-32_No-09.jpg
前回と同じ連合艦隊を指定。送ってきたのは重巡2隻。次にお待ちかねの大和が来てくれます。

敵の艦艇増援↓
激闘!ソロモン海戦史DX_2014-7-17_21-9-46_No-10.jpg
駆逐艦部隊が2つ。これで、敵も6部隊以上になったでしょう。
デフォルト設定だと海戦に投入できるのは6部隊までです。


6ステージ

敵の陸軍増援、5057になった。まだ持ちます。

いよいよ大和を呼べます↓
_14-8-16_18-22-41_No-11.jpg
大和と陸奥が加入、やったぜ。

敵の艦艇増援↓
_14-8-16_18-22-57_No-12.jpg
67任務部隊とかいうのが来たらしい。何者だろう?
_14-8-16_18-23-39_No-13.jpg
海戦終了画面で見ると、こんな連中でした。戦艦サウスダコタがいます。これで、敵が保有する戦艦は3隻になりました。


7ステージ

潜水艦戦↓
_14-8-16_18-24-25_No-14.jpg
なにやら大物をやっつけたらしい。正直、余計なことしやがってという感想でした(笑)
早いうちに沈めておきたい敵戦艦が前線から一時いなくなるだけです。早く修理して帰ってきやがれ、そして沈める。

敵陸軍増援で、3000:6084になりました。これで1:2を超えて占領リーチです。このステージ中になんとかしないと戦区が後退してしまいます。
ただまあ、冷静に考えて、戦区が後退しても我が艦隊には損失はないんですよね。
むしろ、陸軍兵力が6084になった敵飛行場を叩く任務の方が危険です。ニュージョージアの敵飛行場は入り組んだ入り江の中で近づくだけで座礁の危険があるのです。
というわけで、我が艦隊は静観。陸軍が逃げる時は手伝ったりするんだろうか?

艦艇増援、まずは新造艦から↓
_14-8-16_18-24-54_No-15.jpg
武蔵が仲間になりました。
さらに部隊増援↓
_14-8-16_18-25-11_No-16.jpg
第5艦隊の比叡と霧島さんにお越しいただきました。第5艦隊は5ステージまでは増援要請を出せませんが、到着順1が第11戦隊(比叡、霧島)なんです。

これで我が艦隊の戦艦は金剛型4隻、陸奥、大和、武蔵の7隻になりました。
ちょうど敵はサウスダコタが修理で前線を離れたため、戦艦は2隻のみ。チャンスではあるんですが、攻める海域が難所なので海戦スルー。

敵の増援の方は↓
_14-8-16_18-25-22_No-17.jpg
駆逐隊が1つだけ。
こんな感じに、敵は前線での損害がなければ増援ペースがゆるくなります。むやみに敵を沈めない方が、増援の相手をしなくて済みます。


8ステージ

さて中部ソロモンが陥落しました。どこぞの艦隊が支援をサボったから(笑)
_14-8-16_18-26-45_No-18.jpg
というわけで、北部ソロモンに帰ってきました。
敵がすばやく上陸し、日本軍は敵を侮り十分な兵力を配置せず、兵力比は2000:4000。この時点で敗北リーチ。
この海域は飛行場砲撃がしやすいし、何より敵陸軍規模そのものは4000です。1ステージ前は6000以上だったので、ずいぶん仕事が簡単になります。
敵飛行場を砲撃すれば敵陸軍戦力が低下するんですが、1000未満(999以下)にすれば海戦後の空襲が行われません。つまり4000の飛行場に3001以上ダメージを与えれば、わざわざマップ端まで退却しなくて済みます。

部隊増援↓
_14-8-16_18-27-4_No-19.jpg
第1艦隊の到着順1。第3水雷戦隊の皆さん。
第1艦隊は3番目の増援で長門、山城、扶桑が来ます。

敵艦艇増援↓
_14-8-16_18-27-17_No-20.jpg
駆逐隊が1つ。やる気がないですね。

部隊編成↓
_14-8-16_18-28-22_No-21.jpg
圧倒的ではないか我が軍は!!

決戦です。
敵はレーダー射撃してくる戦艦ですが、接近して数で押せば勝てるはず。いかにすばやく接近するかが鍵です。
続く・・・
posted by うらマッハ at 11:57| Comment(2) | 激闘!ソロモン海戦史DX(文庫版)
この記事へのコメント
こんばんは。

うらマッハさんのブログ更新をいつも楽しみにしています。今回も「ソロモン」のキャンペーンについて詳しく解説して頂き、とても参考になりました。本文にもありましたが、陸軍の撤退はいつもどうしているのでしょうね。撤退作戦というプログラムはこのゲームには含まれないということでしょうか。

今回も触れていましたが、連合軍の艦船を順調に撃破してしまう事はあまり好ましくない状況をよび込んでしまうそうですが、例えば第1次ソロモン海戦で完勝した後北部ソロモンまで撤退した場合、その間艦隊戦で勝利を重ねていると連合軍は戦力が増強されて、反撃のタイミングで強大な部隊と対戦してしまう結果となると考えていいのでしょうか?
Posted by アクタ at 2014年09月03日 21:46
キャンペーンでは、戦闘はネズミ輸送の時の海戦です。なので、こっちが何もしないと海戦が発生しないです。
敵から海戦を仕掛けてくることはないので、自軍の兵力が整うまで戦わないことも可能です。北部ソロモンが陥落しない限りなんですが。
敵から上陸してきた時はその時点で敗北リーチなので、何もしないとキャンペーン開始から最短で4ステージ目でゲームオーバーになります。
一度勝って占領できれば、奪還されるまでかなり時間を稼げるので、3ステージまでに一度大きな勝利を目指すのがイイかもしれません。
ただまあ、勝てる戦いだけして南部ソロモンの占領を目指すのはイージールートで、海戦に慣れてきたら登場する敵部隊全滅を目指してプレイしたいものです。

> 例えば第1次ソロモン海戦で完勝した後北部ソロモンまで撤退した場合

試しに1ステージ目で、敵駆逐隊2つを壊滅させて撤退してみると、2ステージ目に駆逐隊2つと第6巡洋戦隊が増援されました。
もし1ステージ目で戦果なしだと、敵の増援は駆逐隊2つだけです。第6巡洋戦隊は3ステージ目。
というわけで、敵を強くしたくない場合は、何もせずに逃げるのがベストのようです。敵艦を仕留めても経験値とか入らないどころか、敵が強くなるわけです(笑)
敵部隊には登場する順番があるようなので、どこまで登場させられるかチャレンジするのも面白そうです。
Posted by うらマッハ at 2014年09月04日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: