2015年01月29日

「日露戦争」文庫版 キャンペーンプレイ記録(1)

ジェネラル・サポート社のPCゲーム、「日露戦争」文庫版のリプレイです。

こちらのゲーム、文庫版なので安いよ。
http://general-support.co.jp/

GSの戦略級の作品というと、太平洋戦記、グロスドイッチュラント、それと日露戦争です。なんともズバリそのままなタイトル名です!
傑作と言える作品なんですが、題材的に不人気というか知名度が低いかもしれません。あんまりネットでプレイ記事見かけないし。なので記事を書きます、面白いんですよ。


普通にキャンペーンシナリオをプレイします。難しい縛りとか無しです、普通に大勝利狙い。
個人的にリロード無しだと辛いと思うので、制限入れてリロード有りでプレイします。
ゲームの難易度は、ルールを熟知していれば十分勝てるバランスですが、天候での不運が重なると詰むこともあります。あと戦略上の失敗はかなり響くので慎重なプレイが必要。

リロード制限
基本的に判定の「吟味」はなし。セーブポイントまでまきもどし。目的は事故防止策です。
1ステージあたり、海戦でリロード回数1回。セーブポイントは直前の哨戒部隊出撃サブパート。なので複数回海戦があってもまとめて1回のみ。
1ステージあたり、天候・波高決定のやり直し4回まで。セーブポイントは直前の艦艇修理サブパート。
陸戦ごとにやり直し1回。セーブポイントは第1ラウンド。
各ステージ1回やり直し可。セーブポイントは前ステージの陣地構築サブパート。やり直した場合、ステージごとのリロード回数復活。
旅順夜襲でリロード2回まで可。セーブポイントは第1ターン。なので敵の位置を確認できる。

リロードした結果、より悪い結果に終わることもあるので、最悪の結果以外ではあまり使用しないと思います。
天候に関しては多めに4回まで有り。5回目までに「まだマシ」な天候を引かないといけません。ウラジオストック周辺の天候の悪さがトラウマです(笑)


1ステージ

さっそくゲームが始まります。例によってチュートリアル的なミニイベントとかもありません。いきなり重要っぽい選択肢が次々と出てきます。
ステージの構成は、外交→謀略→内政→海軍→陸軍の順です。やりたいことを選ぶんじゃなくて、この順で次々と選択肢が出てくるわけですね。
外交→謀略→内政パートは大部分がイベントです、ただし多くは選択肢を伴う。
海軍パートは、輸送船の割り振りから始まって、艦艇の整備や編成、哨戒に海戦とやることが多いです。
陸軍パートは、部隊を動員、配置(戦闘序列)変更、移動に陸戦になります。

慣れないと、この順番で失敗します。
例えば、陸軍パートで動員ですが、これはかなりお金が必要で、途中のパートで無駄遣いできません。また、動員が完了しても輸送できるのは次ステージの海軍パートです。陸軍パートで序列変更をしておかないと、海軍パートで輸送できないなど、色々失敗があるものです。
税収が入るのは内政パートですが、その前に外交・謀略パートがあるわけなので、次ステージでお金入るからと資金を使い切ると外交・謀略パートでお金が払えない事態も起こりえます。
とにかくルールを把握しないとすぐ詰むのが、このゲームの特徴です(笑)

ではまず外交パートですが、何もイベントがありませんでした。

次、謀略パート。明石大佐が情報収集力アップを提案してきました。つまりお金払ったら情報収集力アップするんです。
_15-1-13_11-23-28_No-01.jpg
費用は4万円です。それってどのくらいのお金かと思うところですが、予算的には安いです。お安い御用な額。
ちなみに魚雷1本の弾薬代で1万2000円です。輸送船1隻建造で100万円、師団の動員費用だと1500万円です。ひと月の税収は国力100(最大値)で800万円です。
つまり1万単位だとお安いのです。買うた!
情報収集力が0→40にアップ。40%の確率で情報が得られます。まあすぐ100になるよ。

お次は内政パート。
為政者の楽しみ(?)、税収です。これは奇数ステージのみです、つまり偶数ステージに税収はないよ。
_15-1-13_11-24-0_No-02.jpg
税率を変更できます。ただし1段階だけ。今は増減無しなので、+10%か-10%に変更するかです。
増税するのもアリです。ヘルプのガイドでは増税してます。1ステージでも早く動員を進めた方が有利なのです。速攻スタイルでプレイするなら増税です。
一方で減税すればもちろん収入が減るわけですが、世論は少し回復します。そのうち発生する内債公募時に得られる収益が良くなります。世論80だと内債収入の収益率は64%で1280万円、世論90だと収益率81%で1620万円、世論100だと2000万円もらえます。熟攻プレイでは我慢して減税した方が後でお得と言えます。
今回は、天候が信用できないので熟攻スタイルで行きます。なので減税。世論80から82にアップ、税収720万円。

まだ続く内政パート。今度は弾薬の話です。
_15-1-13_11-24-57_No-03.jpg
弾薬工場の拡張相談でした。初期値は1600で拡張すると+600で2200になります。最大2800まで。拡張するとそのステージは生産できません。
気になる費用ですが、400万円でした。ちなみにこういう値段は固定ではなくある程度ランダム?で上下するようです。
今回は止めました。いまの生産力でも当分は大丈夫だと思った。あと、400万円はいまの財政的に高いよ。
で、弾薬生産↓
_15-1-13_11-25-31_No-04.jpg
砲弾と銃弾は別枠です。砲弾1で1200円、銃弾1で800円ナリ。
砲弾を全力で作ると1600で192万円になります。戦争ってお金がかかりますな。足りないと困るので全力操業しました。
銃弾も全力操業。国庫から128万円が飛んでゆく・・・

更に商船建造。1隻作れるけど作る?
_15-1-13_11-25-45_No-05.jpg
↑お値段書いてませんが、1隻100万円です。7000トンの商船で閉塞作戦にも使える船です。
かなり高級品です。買わないのもアリですが、輸送で何かと使うので、1隻建造しました。大事に使わないと。


ようやく海軍パート。
1ステージ名物の旅順夜襲作戦です。この海戦限定の特別ルールもあります。
_15-1-13_11-26-12_No-06.jpg
別に出撃自体は強制ではなく、作戦なしもありです。
天候は1ステージは固定で、晴れで波高1です。絶好の海戦日和。視界も広く、スピートも出せて、命中率も高い。
仮に解説書をしっかり読んでも、まずここで躓きます。かなり難しい作戦なんです。タイミング的にチュートリアル的なサービス戦かと思うところですが、ガチ作戦です(笑)
僕は何度も練習したものです。
今回、リロード2回できるので、たぶんそれなりの戦果は得られるはず・・・
作戦参加できるのは駆逐隊が3隊です。これで戦艦とかをやっつけろと言う訳です。

とにかく配置↓
_15-1-13_11-26-34_No-07.jpg
第1、2、4駆逐隊、それぞれ4隻ずつ、合計12隻で出撃。密集して最初から最大速度でスタート。
・・・で、敵の配置を知るために北から西まで回ってみました。旅順艦隊の位置は西でした。確率40%の位置ですね。
のでリロード、1ターン目に戻る。これで1回リロード使った、極力次の回で決める。
西側は得意です。哨戒中の敵駆逐艦に遭遇しにくい位置だと思います。
_15-1-13_12-9-40_No-08.jpg
↑たぶんこんな感じの配置だったかなと、当たりを付けて航路を決めます。まずは全隊、西北西に進路変更。
3ターン目に北西へ進路変更。少し南よりから突入した方が敵駆逐艦に見つかりにくいと思って。
_15-1-13_12-10-33_No-09.jpg
↑これが3ターン目の移動フェイズ。たぶんこれで行けるはず。
5ターン目、敵艦隊が視界に入ります。夜戦だけど射程より視界の方が広いのが新鮮です。駆逐艦の射程は短い。
_15-1-13_12-16-5_No-10.jpg
うまいこと行きました。まだ敵駆逐艦には見つかってません。敵駆逐艦に照射されると他の艦も行動開始するルールなのです。あと、15cm以上の砲はこの海戦中は撃てません、それでも撃ちあうと負けますが。
敵艦を確認します。第一目標は戦艦チェザレウィッチ、第二目標は戦艦レトウィザンだ。とにかく硬い戦艦なので、損傷させておきます。出来れば撃沈したいけど確率次第です。
このターンはまだ撃ちません。魚雷の射程ではないですし。今撃ったら、次のターンから敵も撃ってきます。
慎重に航路を決めます↓
_15-1-13_12-16-23_No-11.jpg
敵艦は停止してるため、ギリギリまで近づいて舷側を向ける指示、きわどいコースでもぶつかる心配はありません。何度も移動プロット見て修正します。
他の隊も前の隊と足並みを揃えます。ただ、旋回の内側の隊は速度を-1にしました。全力で曲がると敵から遠ざかりそうなので。
魚雷の射程は近距離のみ。距離2700m以内です。ドットでいうと30ドット以内。円スケール表示だと2円以内。酸素魚雷に慣れてるとこの射程の短さはカルチャーショックです(笑)
速度10だと1ターンで5400mも進むので、魚雷の運用にはきわどい艦隊運動が必要です。後ろの隊まで魚雷を発射させるにはなるべくギリギリまで接近しないといけない。
次のターン↓
_15-1-13_12-17-55_No-12.jpg
がっつり接近しました。というかここまで近づかなくても良かったかもしれん。なかなかベストな位置取りができませんが、まあまあの位置かな?
戦艦チェザレウィッチをなるべく狙います。味方が邪魔で撃てない艦は他の戦艦を狙うことに。
それと敵駆逐艦がこちらを発見、照射しました。もう遅いですが。
攻撃開始。
_15-1-13_12-22-35_No-13.jpg
砲撃命中率が94%もあります。近距離だと基本40%で、波高や敵速度や練度修正でこうなりました。
駆逐艦の砲撃では戦艦は絶対沈みませんが、装甲がないブロックに当たれば破壊できますし、破壊できたら火災が発生することもあります。ロシア艦は火災発生率30%です。
_15-1-13_12-22-57_No-14.jpg
↑火災が発生しました。これで魚雷も命中しやすくなります。
戦艦は1ブロック破壊での戦果ポイントが4あります。装甲で弾かれることも多いですが、戦艦を狙うのも悪くはないのです。
それと1ブロック破壊ごとに練度が1低下するのも大きいです。その場で即低下です。練度が低いと命中率が下がったり、ダメコン成功率が下がります。特に火災を止められなくなるので練度ダメージは効果的です。
肝心の魚雷の方は↓
_15-1-13_12-23-10_No-15.jpg
そう簡単には当たってくれません。接近しすぎで斜面からの発射になった艦もあります。でも火災中だと斜面でも23%の命中率です。側面だと28%です、魚雷とは思えない命中率だ(笑)
こちらの駆逐艦は魚雷発射管2つです。装填数は1本なので1隻あたりわずか2本です。12隻で魚雷24本。太平洋戦争時代の駆逐艦がいたらなあ・・・
当たってほしいチェザレウィッチにはなかなか命中してくれませんが、思わぬヒットもありました↓
_15-1-13_12-25-2_No-16.jpg
射線が通らないので戦艦ペレスウェートを攻撃した艦があったのですが、会心の一撃。確率28%の魚雷が2本とも命中。
_15-1-13_12-25-17_No-17.jpg
魚雷の被害判定は激闘!海戦シリーズ同様、命中ブロックと左右上の4箇所が破壊されます。装甲は関係ない。
一気に12ブロックふっ飛ばしました。主砲や艦橋も弾薬庫の誘爆で破壊、しばらく修理で出撃できないでしょう。
レトウィザンには合計2本命中↓
_15-1-13_12-25-44_No-18.jpg
レトウィザンは旅順艦隊の戦艦では2番目に装甲が硬いです。こちらの戦艦の主砲弾が命中しても20%で破損・装甲脱落という硬さ。
集中攻撃したチェザレウィッチには最終的には魚雷2本が命中しました↓
_15-1-13_12-26-20_No-19.jpg
旅順にいる戦艦7隻の最強がチェザレウィッチです。できれば撃沈したかったですが、期待値以下の命中率でした。こちらの半数はこれを狙ったと思うんですが。
機関区の装甲が19で、破壊力18の日本戦艦の主砲ではダメージが入りません。ただ、弾薬庫は装甲15なので何度も当てれば弾薬庫破壊は可能で、艦橋が弾薬庫の上にあるので誘爆で吹っ飛ばすことができます。
とにかくやたら硬い艦だけに撃沈できなかったのは残念。

次のターン、戦果ポイントを確認↓
_15-1-13_12-33-40_No-20.jpg
184ポイント稼ぎました。
戦果ポイントが敵の2倍なら勝利となり、戦果ポイントを80で割った値がプレステージ(威信度)に加算されます。今回はプレステージ2アップです。
プレステージは外債で資金調達するとき収益率に関わる重要なパラメータです。なんせ借金しないとお金が絶対足りませんからね。プレステージ1上がれば、外債公募時の収入が50万円増えます。
戦いに勝って見せて、西欧諸国にアピールするのもこの戦争では重要なんです。きっと観戦武官の人が閻魔帳に点数付けて本国に報告するんでしょうね。
というわけでニッポンの強さをアピールできたので、ケガする前に帰ります。全力退避!
_15-1-13_12-39-40_No-21.jpg
↑一気に5400m移動できるので、1ターンの間敵の攻撃に耐えれば大丈夫。まあ運が悪く被弾する艦もあるんですが。
帰り際に敵駆逐艦ボエボイを撃沈。もう1隻の哨戒艦も視界の端に捕らえたけど構わず退避しました。
_15-1-13_12-44-20_No-22.jpg
ピンポンダッシュに成功した子供のごとく、全力で家に逃げ帰ります。
損害は合計8ブロック破壊でした、撃沈はなし。
もうちょっと戦闘を続けたら戦果ポイントを稼げたかもしれませんが、大事な駆逐艦ですし、無事に帰ることを優先しました。
魚雷の命中率は、24本撃って6発命中でした、25%。
事故も起こらず期待値を少し上回る結果が出せたので満足です。リロードは後1回できるけど不要だ。


というわけで、旅順夜襲まででした。難しい作戦なので無事終えてほっとします。リロードして敵の配置判ってたからうまく行ったわけですが。
この先もミスや事故さえなければ勝てるでしょう。慎重にプレイしていきます。
posted by うらマッハ at 22:53| Comment(2) | 「日露戦争」文庫版
この記事へのコメント
こんばんは。実はこの度「日露戦争」を購入することになりました。「八八艦隊」と同時予約をしたので2月13日に届く予定です。傑作と名高いのでとても楽しみですね。

このタイミングでうらマッハさんが記事として取り上げていたのはとてもラッキーでした。

それにしてもGSさんのゲームは説明書込で購入したことを強く意識しないといけないようです。これが僕にとっては苦行です(笑)
Posted by アクタ at 2015年01月30日 22:18
「日露戦争」の文庫版は値段の割に中身がリッチですよ。海戦部分が激闘シリーズのルールですし。

このゲームは解説書をガチ読みしないと辛いですね。1ステージが半月のペースなので、ちょっと失敗すると先の展開に大きく響きます。
僕としては、判定の計算方法とかがプレイヤーにオープンというスタイルが大好物です。
それといつもの事ですが、史実解説の部分がすごく勉強になります。

戦闘の練習なら、ショートシナリオの「奉天入城」と「日本海大海戦」がオススメです。いきなり戦闘パートです。
「奉天入城」は陸戦で、白熱バランスです。工夫しないとたぶん勝てませんが、コツを探すのに向いてます。
「日本海大海戦」はクリア目標はなかなか厳しいですが、練度差が大きいため気分よく敵の大艦隊を撃破できます。
Posted by うらマッハ at 2015年01月31日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: