2015年09月18日

ワギャンランド2 ステージ曲5個

コピー曲です。

今回はファミコンのワギャンランド2。
ステージ曲で、一番最初のイベントステージ、最初のステージ、砂漠ステージ、湖や火山ステージ、雲や崖ステージのBGM。
http://uramach.sakura.ne.jp/music/audio/wagyn2_st5.mp3


90年発売、ナムコの作品。
裏読みしりとりで有名な一品です。横スクロールアクションで、ボス戦がミニゲームなんですが、その種目のひとつが「しりとり」です。

参考動画
ニコニコ動画 BGM集(裏読みしりとり画面付き!)



制作うんぬん

プロローグ、集落ステージ
音の伸ばし方で軽快感を出せるかがポイントだったと思う。あとノイズハットの打ち込みが鍵。
_15-9-18_17-37-33_No-00.jpg
↑Aメロ出だし。最初の音の和音配置が倍音に近いため、独特の協和感が出ます。
全体的に6度の重音が多いです。
_15-9-18_17-38-11_No-00.jpg
↑Aメロ、ノイズハイハットのシャカシャカパターン。これが難しい、下手するとシャシャシャシャになる。

最初のステージなど。
ワギャン2といえばこの曲です。他の曲より内容が多い。
テンポが早めで、短く切る音符が多かったです。
_15-9-18_17-39-50_No-00.jpg
↑Aメロ旋律部分。

砂漠ステージ。
この曲も、イントロはベースと旋律音のユニゾンです。こういう曲は、最初の数小節でのリズム取りが重要、何度も調節しました。
_15-9-18_17-44-25_No-00.jpg
↑Aメロ旋律。ここは完全4度での重音です。実は音量調整が鍵です。かなり強烈な音になるため、どちらかの音量を下げることが多いです。
_15-9-18_17-45-22_No-00.jpg
↑変拍子的になるところ。数え方は3,3,2ですね。合わせて8拍なので、4拍子固定画面でも打ち込みやすかった。
ここは完全5度の重音ですが、上の音の方が音量が小さいです。というより、完全4度下の音をオクターヴ上げて音量を下げた、という処理かもしれないです。
通常は上の音がメインですが、逆にするとまたテイストが変わりますね。

湖、火山ステージなど。
短い曲ですが、旋律が擬似コーラスの部分が特徴的だと思います。
_15-9-18_17-47-9_No-00.jpg
↑Aメロの旋律。ここ、原曲は4度平行の重音でしたが、音色上の都合でフツーの和声対位法型に変更しました。

雲、崖ステージなど。
アスレチックステージの曲です。よく落ちて死ぬ(笑)
_15-9-18_17-42-55_No-00.jpg
↑、Aメロ。
この曲でも、下の音が大きい重音です。こういうのもアリなんだと勉強になったぞ。
posted by うらマッハ at 20:22| Comment(0) | コピー曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: