2015年09月22日

39年キャンペーン「帝国国防方針」独伊大型艦付き(10)

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/


設定変更、目標・縛りは最初の記事参照↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/142263131.html

確認できた敵新兵器
P70夜戦
A20G軽爆
B25G軽爆
ハリケーン2D戦

1943年1月第1ターンから4月第10ターン。
メジュロ防衛戦。死守2戦。
チャムス→ハバロフスク→ビロビジャン攻略。
エニウェトク防衛戦。艦隊戦。
ホロムシロ防衛戦。爆撃、死守。


1943年1月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:130動員
日本軍整備分隊: 43動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「海防艦87号」舞鶴にて竣工
「海防艦88号」佐世保にて竣工

蒼空 :10機生産
零式水偵 : 2機生産
100式輸送機2型:45機生産

火星2型:180基生産
光 : 2基生産

25mm連装機銃:175門生産

チハ車台:82台生産

地方根拠地、採掘サブフェイズ↓
_15-4-24_23-38-3_No-01.jpg
鉄不足にならないためには鉄鉱石採掘量拡張は欠かせません。
最短ルートでゲームを進める場合は採掘量を拡張しなくても勝てますが、近道なしでプレイする時は必須と言えます。

中央根拠地、加工サブフェイズ↓
_15-4-24_23-38-44_No-02.jpg
本土の精油所生産力が2400を越えました。資源地帯で取れる原油は初期値で26000tなので、これだけあれば不足することはないでしょう。
現地のパレンバンとバリクパパンで加工できる分もありますし、ラングーンの精油所は英艦隊に破壊されたけど。
あとはタンカー次第です。タンカーの建造はなかなか大変。

地方根拠地、加工サブフェイズ↓
_15-4-24_23-39-4_No-03.jpg
新しく手に入れた成都の製鉄所を増築中。
製鉄所の生産力はいくらあっても困りません。余ったら鉄鉱石の採掘量を上げればいいのです。

動員サブフェイズ↓
_15-4-24_23-40-10_No-04.jpg
工場生産力に余裕があるので各所で2倍動員してます。これで整備兵や空挺兵の動員数が少し増える。

本土根拠地一覧↓
_15-4-24_23-43-53_No-05.jpg
すっかりムキムキになってます。まだ43年1月なのに・・・
シャーシ工場はあと数回の増築で最大値になります。まあ、むやみに増築すると鉄に困るので、このくらいで止めてます。

ターン情報↓
_15-4-24_23-45-49_No-06.jpg
米国搭乗員練度がズタボロです。
航空機自体を破壊するより、撃墜によって練度ダメージを与える方が有効なので、爆撃させて対空砲で撃墜しまくった結果です。ちょっとひどいかも・・・


  第47次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 19機 爆撃機 76機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 21機
損害:
陣地190低下


1943年1月第2ターン
潜水艦「高速大型潜」基本設計完了

零戦52型 :50機生産
100式重爆2型:20機生産

ハ42-1型:90基生産

96式15p榴弾砲:70門生産
25mm連装機銃 : 7門生産

6t牽引車車台:82台生産


1943年1月第3ターン
松型駆逐艦「樅」釧路にて竣工
松型駆逐艦「樫」釧路にて竣工

晴空 :13機生産
3式戦1型丁:44機生産

火星2型:90基生産

2式砲戦車 :87両生産
日本軍トラック: 6台生産

トラック車台:123台生産

米国はP70夜戦を配備開始。


1943年1月第4ターン
雷電21型 :60機生産
100式重爆2型:20機生産

火星2型:90基生産

2式砲戦車 :87両生産
日本軍トラック: 6台生産

トラック車台:123台生産


  第85次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 110機 爆撃機 136機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 31機
損害:
陣地110低下
兵員1 火砲1

1943年1月第5ターン
陸戦兵器「4式中戦車」試作完成
陸戦兵器「ナト車」試作完成

雷電21型 :60機生産
100式重爆2型:20機生産

ハ34-11型:70基生産

日本軍トラック :402台生産
1式砲戦車1型 : 47両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

トラック車台:123台生産


潜水艦 サーダー 爆雷により沈没
潜水艦 サンフイッシュ 爆雷により沈没


1943年1月第6ターン
陸戦兵器「ナト車」開発中止

「日商船132号」横須賀にて竣工
「海防艦105号」舞鶴にて竣工
「海防艦106号」舞鶴にて竣工
「海防艦107号」舞鶴にて竣工
「海防艦104号」神戸にて竣工
「海防艦90号」呉にて竣工

2式陸偵 :20機生産
彗星艦爆11型:20機生産
3式戦1型丁 :45機生産

ハ42-1型:180基生産
熱田2型: 5基生産

2式砲戦車 :87両生産
日本軍トラック: 6台生産

トラック車台:123台生産


潜水艦 アンバージャック 爆雷により沈没
潜水艦 ハドック 爆雷により沈没
潜水艦 ガンネル 爆雷により沈没


  第86次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地35低下

  第19次ウラジオストック爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 58機
撃墜 戦闘機 14機
戦果:
兵員1
飛行場46低下
爆撃機16

1943年1月第7ターン
戦闘機「キ119戦」試作完成

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産

熱田2型:140基生産

2式砲戦車 :41両生産
96式15p榴弾砲:38門生産
日本軍トラック :10台生産

6t牽引車車台:82台生産


  第48次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 36機 爆撃機 76機
撃墜 戦闘機 10機 爆撃機 21機
損害:
陣地180低下

1943年1月第8ターン
「海防艦91号」横須賀にて竣工

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産

ハ42-1型:180基生産
熱田2型: 5基生産

96式15p榴弾砲:73門生産

6t牽引車車台:82台生産

UボートがU9の開発プランを持ってきました。今回は通商破壊をするので開発することに。
_15-5-15_22-2-5_No-07.jpg
必要開発ポイントは114になりました。これ、ある程度ランダムです。


  第18次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 320機
撃墜 爆撃機 53機
損害:
陣地195低下

  第19次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 164機
撃墜 爆撃機 35機
損害:
陣地75低下

1943年1月第9ターン
「伊21号」釧路にて竣工
「海防艦89号」シンガポールにて竣工

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産
100式重爆2型:40機生産

ハ34-11型:140基生産

96式15p榴弾砲:73門生産

6t牽引車車台:82台生産


潜水艦 ブラックフィン 爆雷により沈没
潜水艦 ロバロ 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーバック 爆雷により沈没


  第87次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地35低下

  第88次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 87機 爆撃機 106機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 22機
損害:
陣地90低下
火砲2

  第19次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 238機 爆撃機 67機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 32機 爆撃機 27機
撃墜 戦闘機 31機 爆撃機 27機
戦果:
兵員2
飛行場102低下
戦闘機19 爆撃機9

1943年1月第10ターン
科学技術「大口径タ弾」開発完了

最上:新造型軽巡「香椎」横須賀にて竣工
「海防艦92号」横須賀にて竣工
「伊23号」舞鶴にて竣工

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産
3式戦1型丁 :90機生産

熱田2型:140基生産

96式15p榴弾砲:73門生産

6t牽引車車台:82台生産

大口径タ弾の開発で、榴弾砲の対装甲火力が+10になります。

  第4次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 266機
撃墜 爆撃機 44機
損害:
陣地120低下

  第5次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 131機
撃墜 爆撃機 28機
損害:
陣地40低下

メジュロに敵上陸艦隊が接近↓
_15-5-15_22-33-14_No-08.jpg
ちょうど打撃艦隊の艦載機に攻撃を受けていたところでした。
あと指揮パニック。いきなり陸戦だ。
_15-5-15_22-36-48_No-09.jpg
伏撃に成功。総攻撃は阻止。
結果↓
_15-5-15_22-38-25_No-10.jpg
例によって、陣地と地雷と機関砲で持久戦。

  第2次メジュロ防衛戦
損害:
陣地291低下
火砲1
  日本軍参加兵力 兵員 80 火砲 373 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 30 火砲 202 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 720 火砲 480 車両 192 後方 528
  連合軍損害 兵員 150 火砲 85 車両 30 後方 45

  第3次クェゼリン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 31機 爆撃機 32機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 15機
日本迎撃総数 戦闘機 48機
撃墜 戦闘機 4機


1943年2月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:135動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「伊25号」舞鶴にて竣工
「伊26号」舞鶴にて竣工
「伊24号」神戸にて竣工
「日商船139号」佐世保にて竣工
「日商船138号」佐世保にて竣工

「日商船133号」釧路にて竣工

彗星艦爆11型:50機生産

ハ42-1型:180基生産

96式15p榴弾砲:73門生産

トラック車台:123台生産

続けてメジュロで2回戦目。今にして思えば艦隊戦を挑んでおけば良かったかな。
_15-5-15_22-57-24_No-11.jpg
1ラウンド目の伏撃は失敗。2ラウンド目で敵の総攻撃を受ける。
1ラウンドの通常攻撃で16%の損害。2ラウンド目の総攻撃による損害率は29%(通算46%損害)でした。
仮に16%を4回、29%の損害を1回受けても、全滅まではいきません。さらに毎ターン、敵も少しずつ数が減るのでこちらへのダメージも少しずつへります。
結果↓
_15-5-15_22-57-54_No-12.jpg
というわけでギリギリ時間切れまで持ちます。
陣地レベル5なら、逆襲や反撃でも選ばない限りそう全滅はしません。まあ要塞砲とかを置いておくと敵の数も増えるので全滅はあるかもしれません。
ちなみにまだ工兵分隊は20ユニットほど待機してました。

  第3次メジュロ防衛戦
損害:
陣地236低下
  日本軍参加兵力 兵員 80 火砲 171 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 66 火砲 153 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 570 火砲 395 車両 162 後方 483
  連合軍損害 兵員 97 火砲 60 車両 18 後方 41


英艦隊がラングーンを艦砲射撃。
_15-5-15_23-0-25_No-13.jpg
戦艦が沢山いますが、地上部隊を攻撃できませんから、冷静に対応すれば問題ありません。
機雷を敷設しておけば艦砲射撃を中止させられるのですが、手遅れです。
  第3次ラングーン艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
精油所生産力65低下

  第13次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 27機
日本迎撃総数 戦闘機 55機
撃墜 戦闘機 0機
損害:
飛行場18低下
戦闘機2 爆撃機2

  第1次チャムス爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 64機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
兵員1
飛行場102低下

1943年2月第2ターン
発動機「熱田3型」に致命的欠陥発見

「伊27号」釧路にて竣工

彗星艦爆11型 :40機生産
零式水偵 : 2機生産
100式輸送機2型:20機生産

熱田2型:65基生産

日本軍ブルドーザー: 76台生産
日本軍トラック :572台生産

トラック車台:123台生産

米国はA20G軽爆を配備開始。


  第4次ラングーン艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
精油所生産力65低下

潜水艦 グレイリング 爆雷により沈没
潜水艦 ターポン 爆雷により沈没


  第49次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 80機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 22機
損害:
陣地210低下

  第89次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 74機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 16機
損害:
陣地110低下
火砲1

1943年2月第3ターン
蒼龍原型型空母「祐鳳」舞鶴にて竣工

彗星艦爆11型 :40機生産
零式水偵 : 3機生産
100式輸送機2型:20機生産
3式戦1型丁 : 7機生産

熱田2型:65基生産

97式曲射歩兵砲:219門生産

ブルドーザー車台:82台生産


  第10次インパール爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 285機 偵察機 76機
撃墜 戦闘機 1機 偵察機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 59機
撃墜 戦闘機 59機
戦果:
兵員7 後方1
戦闘機3 爆撃機37

  第50次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 51機 爆撃機 71機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 19機
損害:
陣地170低下

1943年2月第4ターン
彗星艦爆11型:40機生産
零式水偵 : 3機生産
100式重爆2型:20機生産

ハ34-11型:60基生産
ハ42-1型 :10基生産

97式曲射歩兵砲:219門生産

トラック車台:123台生産

Uボートイベントがシークレットイベントでした。NOを選んだので科学技術援助になる。
この時期だと、ティーガー1かな?

  第51次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 47機 爆撃機 62機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 17機
損害:
陣地130低下

  第90次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 41機 爆撃機 51機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 11機
損害:
陣地30低下
兵員1

1943年2月第5ターン
「海防艦108号」青森にて竣工

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産
100式重爆2型:40機生産
97式司偵1型 : 6機生産

ハ34-11型:140基生産

97式曲射歩兵砲:219門生産

ブルドーザー車台:82台生産


1943年2月第6ターン
「海防艦109号」青森にて竣工
「伊28号」呉にて竣工

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産
キ105輸送機 :44機生産

熱田2型:140基生産

96式15p榴弾砲 :37門生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産

6t牽引車車台:26台生産
トラック車台 : 2台生産

ビルマのメイクテーラの油田を拡張します。
_15-9-6_18-50-11_No-14.jpg
鉄道を繋げたので、陸路でプサンまで輸送できます。ラングーンで加工できないのが残念。


  第52次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 45機 爆撃機 53機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 15機
損害:
陣地100低下

  第20次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 324機
撃墜 爆撃機 49機
損害:
陣地240低下

1943年2月第7ターン
「伊29号」呉にて竣工
「伊30号」呉にて竣工
大和型戦艦「武蔵」佐世保にて竣工

「伊31号」釧路にて竣工
「伊32号」釧路にて竣工
「伊33号」釧路にて竣工
「伊34号」釧路にて竣工

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産
100式重爆2型:40機生産
97式司偵1型 : 6機生産

ハ34-11型:140基生産

92式10p加農砲:37門生産
日本軍トラック : 8台生産

6t牽引車車台:26台生産
トラック車台 : 2台生産

ようやく武蔵も完成しました。そのうちクェゼリンへ向かう船団に加えて増援にします。


  第21次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 274機
撃墜 爆撃機 48機
損害:
陣地155低下

  第53次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 50機 爆撃機 56機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 16機
損害:
陣地240低下

  第91次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 57機 爆撃機 62機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 13機
損害:
陣地40低下
兵員1

1943年2月第8ターン
陸戦兵器「対空戦車3型」開発完了

彗星艦爆11型 :50機生産
零式水偵 : 2機生産
100式輸送機2型:45機生産
97式司偵1型 : 4機生産

ハ42-1型:180基生産
瑞星2型: 10基生産

96式15p榴弾砲:37門生産
日本軍トラック : 8台生産

ケニ車台:32台生産
トラック車台: 1台生産


チャムスの敵陣地を爆撃↓
_15-9-7_17-55-33_No-15.jpg
彗星11型の群れ。急降下爆撃なので敵の高射機関砲の火力が0.6倍。それでも練度ダメージを受ける。
あと、急降下爆撃の基本命中率を30%にしてるため、練度最大で偵察済みでも46%までです。
  第2次チャムス爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 455機
撃墜 爆撃機 24機
戦果:
陣地1800低下
兵員4 後方50
飛行場105低下
まあ陣地レベルを5から4.9に減らすだけでも耐久力修正が5下がるので、やらないよりマシです。
チャムスの様子↓
_15-9-7_17-56-14_No-16.jpg
ここを突破してハバロフスクを狙います。鉄鉱石が取れるから。


1943年2月第9ターン
タンカー「低速タンカー」基本設計完了

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産
キ105輸送機 :40機生産
97式司偵1型 : 8機生産

ハ34-11型:140基生産

97式曲射歩兵砲:113門生産

ケニ車台:32台生産
トラック車台: 1台生産


  第20次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 361機 爆撃機 48機 偵察機 48機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 1機 偵察機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 47機 爆撃機 2機
撃墜 戦闘機 47機 爆撃機 2機
戦果:
兵員2
飛行場84低下
戦闘機3

  第54次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 55機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 15機 爆撃機 15機
損害:
陣地222低下
火砲1

1943年2月第10ターン
陸戦兵器「4式中戦車」開発完了

2式陸偵 :50機生産
雷電21型 :10機生産
100式重爆2型:40機生産
キ105輸送機 : 4機生産

ハ34-11型:140基生産

対空戦車3型 :64両生産
日本軍ブルドーザー:17台生産

チト車台:26台生産
トラック車台: 2台生産

期待の新型戦車、4式中戦車が生産可能になりました。でもハバロフスク攻略作戦にはたぶん間に合わない。

満州の様子↓
_15-9-7_20-20-47_No-17.jpg
牡丹江にいる爆撃機が霧で動けません。
予定では、ハルピンからの空挺降下と合わせて牡丹江から3000強の兵力で攻め込むか、
または、この地域に多い霧が発生した場合、戦車を前衛のみにして突破するかです。
今のところ、こちらだけ霧なのでどっちの手も使えない。
まあ時間が経てば、こちらは4式中戦車が増援に来るだけで不利になる要素はないですが、資源が取れる根拠地は1ターンでも早く占領したいところです。


  第55次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 48機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 14機
損害:
陣地210低下

1943年3月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:135動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「海防艦94号」青森にて竣工

「海防艦93号」シンガポールにて竣工
「日商船141号」シンガポールにて竣工

彗星艦爆11型:50機生産
零式水偵 : 2機生産
3式戦1型丁 :87機生産

熱田2型:135基生産

4式中戦車 : 26両生産
97式曲射歩兵砲:138門生産
日本軍トラック : 2台生産

チト車台:85台生産
トラック車台: 2台生産


潜水艦 ロンカドア 爆雷により沈没
海防艦 海防艦11号 雷撃により沈没
潜水艦 ツナ 爆雷により沈没
潜水艦 デイス 爆雷により沈没
潜水艦 ガードフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 デビルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ダーター 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーギル 爆雷により沈没


  第92次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 86機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地125低下

  第6次安順防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地30低下

  第93次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 54機 爆撃機 50機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 11機
損害:
陣地85低下
火砲1

  第11次インパール爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 361機 偵察機 95機
撃墜 戦闘機 1機 偵察機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 50機 爆撃機 9機
撃墜 戦闘機 50機 爆撃機 9機
戦果:
兵員7 火砲3 後方1
戦闘機4 爆撃機25


チャムスで霧が発生。
_15-9-7_20-33-49_No-18.jpg
前ターンは曇りで霧発生率20%です。
これは戦車で攻めるか?
たぶん勝てるはずだけど、2式砲戦車が1100両余りしかないんですよね。支援火砲は15cm榴弾砲なので火力は高いですが。
開戦時、ハバロフスクにいた敵部隊は、15cmクラスの榴弾砲を装備しないタイプです。代わりに12cm榴弾砲の数が多めで時期が来るとカチューシャに更新します。
今の敵は更新される前の12cm榴弾砲を装備してる。戦車にとってはカチューシャの方がありがたいですが。
前衛の歩兵と迫撃砲による攻撃はほぼ無効化できます。これが戦車の強み。
・・・では攻め込みます。コロシアエー!
_15-9-7_20-44-27_No-19.jpg
と思ったら、敵は初手から退却。森林は霧で耐久力修正は0になるけど、まだまだ陣地は強力だったんですが。
戦闘すれば3ラウンドはかかったはずだけど、敵が逃げたので損害なし。

  第1次チャムス攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1143 車両1325 後方 2196
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員1104 火砲1122 車両 144 後方 6440
  連合軍損害 兵員 138 火砲 179 車両 5 後方 1181
    チャムス占領

1943年3月第2ターン
「海防艦110号」青森にて竣工
「海防艦95号」佐世保にて竣工
「海防艦96号」佐世保にて竣工

晴空 :13機生産
零式水偵 : 2機生産
100式重爆2型:20機生産

ハ42-1型:90基生産

4式中戦車 :65両生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産

チト車台:85台生産
トラック車台: 2台生産

敵の増援を確認↓
_15-9-7_20-58-0_No-20.jpg
しかしハバロフスクの敵部隊に合流する前に攻めます。
天候は霧から曇りに。確率40%。霧の方が良かったけど、ハバロフスクは平地なので耐久力修正は5しか変わりません。
ハルピンから空挺部隊も加勢させます。今度は数で攻める。
キル、アナター!
_15-9-7_21-3-52_No-21.jpg
さっきと違って守備隊もいるので抵抗があると思いましたが、また敵は逃げました。要塞砲と高射砲で抵抗すればこちらの戦車をかなり撃破できるはずですが。
この時期のソ連軍はヘタレなのかもしれません。
  第1次ハバロフスク攻略戦
日本軍空挺隊 爆撃機 30機 輸送機 149機 空挺分隊140
撃墜 爆撃機 1機 輸送機 14機
連合迎撃総数 戦闘機 4機
撃墜 戦闘機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 262 火砲1405 車両1325 後方 1696
  日本軍損害 兵員 2 火砲 32 車両 17 後方 14
  連合軍参加兵力 兵員1287 火砲1097 車両 136 後方 5194
  連合軍損害 兵員 151 火砲 162 車両 5 後方 815
    ハバロフスク占領
めでたくハバロフスク占領。
25ターン後には民度が100に回復するので、鉄鉱石を200%操業で採掘できます。まずは拡張ですし、鉄道も2本ひく必要はありますが。

  第3次ビロビジャン爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 202機 爆撃機 113機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 6機
連合迎撃総数 戦闘機 120機
撃墜 戦闘機 41機
戦果:
兵員6
飛行場249低下
戦闘機20 爆撃機2

1943年3月第3ターン
明石型工作艦「粟田丸」舞鶴にて竣工
「海防艦111号」呉にて竣工

雷電21型 :60機生産
100式重爆2型:20機生産

ハ34-11型:60基生産
瑞星1型 :16基生産

4式中戦車 :65両生産
日本軍トラック: 8台生産

チト車台:85台生産
トラック車台: 2台生産

満州の様子↓
_15-9-7_21-22-29_No-22.jpg
もう一駅攻めます。ビロビジャンまで進めば、敵はブラゴエシチェンスクで交通渋滞を起こすことになります。一見、内線の利で敵が有利ですが、敵は南に攻める部隊と東へ攻める部隊が混在して、すべてが最前線に布陣できないためこちらの負担は減ります。
補給路が切れて司令部が無くなった敵なら隣接する根拠地に全力で向かってきますが、今回のブラゴエシチェンスクに布陣する敵部隊は補給路があるので本来の進攻ルートでしか進攻してきません。
・・では攻めます。幸いにも天候は崩れていません(20%で雨になった)。空挺部隊も加勢させて数を増やす。
_15-9-7_21-27-23_No-23.jpg
今度は敵は逃げません。というより退路に味方がいて逃げられないのでしょう。
陣地レベルが0で地形が平地のところで敵は戦うことになりました。
_15-9-7_21-28-20_No-24.jpg
こちらは敵の白兵で空挺分隊が損耗するのを避けるため、通常攻撃。
士気ダメージが3入りました。総攻撃する必要自体なかったですね。
結果↓
_15-9-7_21-28-40_No-25.jpg
思った以上にラクに勝てました。
それでも1ラウンドの敵の攻撃でそれなりに損耗してるので、まともに敵の火力を受け続けると痛かったでしょうね。

  第1次ビロビジャン攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 78機 輸送機 135機 空挺分隊150
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 6機
  日本軍参加兵力 兵員 271 火砲1395 車両1308 後方 1686
  日本軍損害 兵員 23 火砲 111 車両 70 後方 14
  連合軍参加兵力 兵員1081 火砲 740 車両 122 後方 4066
  連合軍損害 兵員 413 火砲 307 車両 27 後方 1027
    ビロビジャン占領

敵の増援の様子↓
_15-9-7_21-38-46_No-26.jpg
この時期の最新の戦車はT34D型のようです。開発力が大ですが、まだT34/85ではないらしい、もうすぐかな?

  第94次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機 爆撃機 34機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 8機
損害:
陣地40低下

  第95次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 81機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地120低下

  第56次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 57機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 15機
損害:
陣地252低下
兵員1 火砲1

1943年3月第4ターン
2式大艇22型 :13機生産
零式水偵 : 2機生産
100式重爆2型:20機生産

ハ34-11型:60基生産
火星2型 :10基生産

97式曲射歩兵砲:229門生産
日本軍トラック : 2台生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産

クェゼリンで豪雨から雨に変わったので、とりあえず哨戒してみると↓
_15-9-7_21-47-44_No-27.jpg
なんとエニウェトクの真南に敵上陸艦隊が待機していました。移動前なのでそのうち突入してきます。
まだ敵の目的地は判りませんが、たぶんエニウェトクだろうとクェゼリンから艦隊を出すことに。
_15-9-7_21-53-16_No-28.jpg
待ち伏せしていると・・・、やっぱエニウェトク行きでした。
兵力差からすると敵は退避を選びそうですが、つい深く考えずこちらは攻勢を選択。防勢で良かったんですが。
_15-9-7_21-56-28_No-29.jpg
最終ラウンドは12ラウンド。距離5までなので、こちらの駆逐艦の主砲は届くけど、敵のは届かない。実にせこい間合いの取り方です。
_15-9-7_21-57-26_No-30.jpg
ほぼワンサイドゲームでした。
弾薬代が結構要りますから、戦わずに済ませるのがベストでしたが、うっかり攻勢ボタン押しちゃったから。

  第1次ポナペ沖海戦
日本軍艦艇 戦艦 2 巡洋艦16 小型艦19
連合軍艦艇 空母 6 巡洋艦 1 大型輸送艦10 小型艦20 商船12
駆逐艦 マーフィ 砲撃により沈没
護衛空母 ボーグ 砲撃により沈没
駆逐艦 ダイソン 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST11号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST3号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST29号 砲撃により沈没
掃海艇 リア 砲撃により沈没
掃海艇 オーウェン 砲撃により沈没
駆逐艦 ロス 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST16号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST1号 砲撃により沈没

潜水艦 フラッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 モーレイ 爆雷により沈没
潜水艦 パーゴ 爆雷により沈没
潜水艦 ノーチラス 爆雷により沈没


  第57次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 50機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 14機
損害:
陣地110低下

  第21次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 359機 爆撃機 66機 偵察機 38機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 1機 偵察機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 36機 爆撃機 26機
撃墜 戦闘機 36機 爆撃機 26機
戦果:
兵員2
飛行場96低下
戦闘機11 爆撃機16

1943年3月第5ターン
科学技術「3式爆雷」開発完了

戦闘機「キ119戦」開発完了

彗星艦爆11型: 50機生産
キ119戦 :110機生産
3式戦1型丁 : 2機生産

ハ42-1型:180基生産
瑞星1型: 10基生産

25mm連装機銃:183門生産
日本軍トラック : 2台生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産

米国はB25G軽爆を配備開始。

期待の新型機、キ119戦爆が生産可能になりました。
大型爆弾装備で急降下可能。流星艦爆より防御力が高いです。航続距離が短かったり、消費燃料が大きいので、運用幅は限られますが、攻撃力の高い機体です。

  第96次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 96機
撃墜 爆撃機 23機
損害:
陣地70低下

1943年3月第6ターン
「海防艦112号」舞鶴にて竣工
「海防艦113号」佐世保にて竣工

零式水偵: 56機生産
キ119戦 :110機生産

ハ42-1型:180基生産
瑞星1型: 10基生産

25mm連装機銃:183門生産
日本軍トラック : 2台生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産


  第97次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 89機 爆撃機 31機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 7機
損害:
陣地45低下
兵員1

  第58次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 48機
撃墜 戦闘機 15機 爆撃機 14機
損害:
陣地110低下

1943年3月第7ターン
零戦52型: 80機生産
零式水偵: 2機生産
キ119戦 :110機生産

ハ42-1型:180基生産
瑞星1型: 10基生産

25mm連装機銃:183門生産
日本軍トラック : 2台生産

チハ車台:85台生産
トラック車台: 2台生産


  第12次インパール爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 355機 偵察機 95機
撃墜 戦闘機 1機 偵察機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 51機 爆撃機 28機
撃墜 戦闘機 46機 爆撃機 28機
戦果:
兵員17 火砲3 後方2

  第98次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 77機
撃墜 爆撃機 19機
損害:
陣地55低下

  第20次ウラジオストック爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 58機
撃墜 戦闘機 12機
戦果:
兵員1
飛行場52低下
爆撃機20

1943年3月第8ターン
「1等輸1号」釧路にて竣工
「1等輸2号」釧路にて竣工

零戦52型: 80機生産
零式水偵: 2機生産
キ119戦 :110機生産

ハ42-1型:180基生産
火星2型: 5基生産

対空戦車3型:153両生産

チト車台:85台生産
トラック車台: 2台生産

燃料事情の鍵になってるタンカー保有具合↓
_15-9-8_16-26-4_No-31.jpg
主力である中速タンカーで現役なのは11隻でした。高速タンカーは10隻。若干の小型タンカー。
油田は手に入れて、精油所も増築済み。後は原油を本土に運んで、生産した燃料を前線に運ぶだけですが、そこがなかなか進みません。
燃料が足りないのではない。タンカーが足りないのだ。


潜水艦 スプレンディド 爆雷により沈没
潜水艦 ティプトウ 爆雷により沈没
潜水艦 スパーク 爆雷により沈没
潜水艦 ストーム 爆雷により沈没


  第99次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 65機 爆撃機 25機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 5機
損害:
陣地30低下
兵員1

1943年3月第9ターン
零戦52型: 80機生産
零式水偵: 2機生産
キ119戦 :110機生産

ハ42-1型:180基生産
栄2型 : 5基生産

4式自走砲 :91両生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産

トラック車台 :128台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第59次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 12機
損害:
陣地212低下
兵員1

  第7次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 73機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地165低下

1943年3月第10ターン
零式水偵: 56機生産
キ119戦 :110機生産

ハ34-11型:140基生産

対空戦車3型:153両生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産

英国はハリケーン2D戦を配備開始。

  第22次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 353機 爆撃機 57機 偵察機 38機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 0機 偵察機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 42機 爆撃機 27機
撃墜 戦闘機 42機 爆撃機 27機
戦果:
兵員2
飛行場90低下
戦闘機2 爆撃機10

  第8次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地145低下

1943年4月第1ターン
タンカー「低速タンカー」開発終了

軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:135動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「海防艦114号」舞鶴にて竣工
「海防艦115号」舞鶴にて竣工
「日商船143号」佐世保にて竣工

零戦52型: 80機生産
零式水偵: 2機生産
キ119戦 :105機生産

栄2型:155基生産

4式自走砲 :91両生産
日本軍トラック: 8台生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産

低速タンカーが建造可能になりました。
足が遅いので長距離航路では使いにくいですが、本土・プサン間やシンガポール・リンガ間などは一度の移動で到着できます。
もはや燃費などどうでもイイ状況ですが、建造資材の鉄8000tで搭載力16000tは魅力です。
まあ鉄に対する搭載力なら小型タンカーの鉄1680tで4300tの搭載力がベストではありますが、船団一つ当たり商船20隻までの制限があるため小型タンカーはやや使いにくいところがあります。

潜水艦 ガーナード 爆雷により沈没
潜水艦 ガジョン 爆雷により沈没
潜水艦 パッファ 爆雷により沈没
潜水艦 ブリーム 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーバック 爆雷により沈没

英艦隊がメルギーに隣接↓
_15-9-8_17-16-55_No-32.jpg
メルギーには機雷は敷設済みなので艦砲射撃は受けません。

  第14次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 55機
日本迎撃総数 戦闘機 349機
撃墜 戦闘機 0機

  第100次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 105機 爆撃機 20機
撃墜 戦闘機 30機 爆撃機 5機
行方不明 戦闘機 2機 爆撃機 0機
損害:
陣地30低下
火砲2

1943年4月第2ターン
零戦52型 :70機生産
零式水偵 : 3機生産
キ119戦 :50機生産
97式司偵1型: 2機生産

ハ42-1型:90基生産

4式自走砲 : 19両生産
対空戦車3型:121両生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :128台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

クェゼリンに増援到着↓
_15-9-8_17-25-43_No-33.jpg
船団と一緒に戦闘艦を連れてきた。とにかく船団移動を徹底しないと事故が怖いです。新造艦がいきなり潜水艦に沈められることもある。
大和や最上、松型はクェゼリンに置いていきますが、船団護衛の扶桑型は本土に帰ります。船団ごとに戦艦1隻を護衛に付けてます。

1943年4月第3ターン
彗星艦爆11型:40機生産
蒼空 : 1機生産
キ105輸送機 :22機生産

熱田2型:65基生産
瑞星1型: 6基生産

日本軍トラック :402台生産
97式曲射歩兵砲:129門生産

トラック車台:128台生産
チト車台: 1台生産


  第101次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 74機 爆撃機 15機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 3機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地20低下
兵員1

1943年4月第4ターン
「1等輸3号」釧路にて竣工
「海防艦116号」シンガポールにて竣工

彗星艦爆11型:40機生産
零式水偵 : 7機生産
キ105輸送機 :22機生産

熱田2型:65基生産
瑞星1型: 6基生産

4式中戦車 :65両生産
日本軍トラック: 8台生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産

ホロムシロに定期偵察とは違うタイミングで偵察機が↓
_15-9-8_21-16-9_No-34.jpg
ただ、同地では泥濘発生中。だからなのか、敵は来ませんでした。

  第60次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 82機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 22機 爆撃機 16機
損害:
陣地120低下
兵員1

潜水艦 ハックルバック 爆雷により沈没


1943年4月第5ターン
発動機「護」完成度60%で実用化

「1等輸4号」横須賀にて竣工
「日商船134号」佐世保にて竣工

彗星艦爆11型: 50機生産
蒼空 : 1機生産
キ119戦 :110機生産

火星2型:185基生産
光 : 2基生産

4式中戦車 :65両生産
日本軍トラック: 8台生産

トラック車台 :128台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第61次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 13機
損害:
陣地223低下
兵員1 火砲1

1943年4月第6ターン
「1等輸5号」舞鶴にて竣工
「1等輸6号」舞鶴にて竣工
「1等輸7号」神戸にて竣工
「1等輸8号」佐世保にて竣工

「海防艦117号」シンガポールにて竣工

蒼空 : 10機生産
キ119戦:110機生産

ハ42-1型:180基生産
栄2型 : 5基生産

対空戦車3型:115両生産
日本軍トラック : 2台生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産


  第62次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 63機 爆撃機 41機
撃墜 戦闘機 17機 爆撃機 12機
損害:
陣地173低下
兵員1 火砲1

1943年4月第7ターン
「日商船135号」横須賀にて竣工

「1等輸9号」釧路にて竣工

雷電21型 :70機生産
零式水偵 : 4機生産
3式戦1型丁:90機生産

熱田2型:140基生産

4式中戦車 :49両生産
日本軍トラック: 6台生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産


1943年4月第8ターン
雷電21型: 70機生産
零式水偵: 4機生産
キ119戦 :110機生産

ハ42-1型:180基生産
火星2型: 5基生産

対空戦車3型:115両生産
日本軍トラック : 2台生産

チト車台:85台生産
トラック車台: 2台生産

ホロムシロに敵上陸艦隊が接近↓
_15-9-8_21-34-46_No-35.jpg
ただし天候は雨。もちろん泥濘中です。もし天候が曇りに回復しても、50%で泥濘のままです。

  第3次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地8低下
兵員3 後方1

  第63次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 64機 爆撃機 39機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 11機
損害:
陣地90低下
火砲1

  第102次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 12機
撃墜 戦闘機 15機 爆撃機 3機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
火砲1

1943年4月第9ターン
松型駆逐艦「榧」釧路にて竣工

零式水偵 :56機生産
キ105輸送機:44機生産

瑞星1型:280基生産

対空戦車3型:115両生産
日本軍トラック : 2台生産

ケニ車台:102台生産
トラック車台: 2台生産

ホロムシロで天候回復、敵先行。
_15-9-8_21-42-1_No-36.jpg
敵が取ったコマンドは直前偵察でした。なんだろう、泥濘中か確認したとか?
ちなみに泥濘は解除されてた。なんてこった!?
とはいえ1コマンドあります。ふふふ、新型機の威力を見せてやる。
_15-9-8_21-43-18_No-37.jpg
どうやら敵の空母は護衛空母のようです。
_15-9-8_21-43-40_No-38.jpg
対空戦1の有効火力は2196でした。およそ55打撃。
さっそくキ119の頑丈さが役に立つ。撃墜判定での無効率は25%あります。
曇りの影響で急降下爆撃の命中率は、無傷の兵員輸送船相手で18%でした。
_15-9-8_21-46-13_No-39.jpg
商船ダメージ1.5倍設定なので一撃では沈みません。2倍だとちょうど沈んだと思います。
それでも次々と敵輸送船が沈む。さすが大型爆弾。
  第1次ホロムシロ沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 325機 爆撃機 3機
撃墜 戦闘機 28機 爆撃機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 131機
撃墜 戦闘機 34機
輸送船 連商船10号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST23号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST25号 爆撃により沈没
輸送船 連商船12号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST18号 爆撃により沈没
輸送船 連商船19号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST32号 爆撃により沈没
輸送船 連商船31号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST13号 爆撃により沈没

敵はあきらめず上陸してくる。
_15-9-8_21-49-53_No-40.jpg
たしかに士気ダメージは入る戦力比ですね。とはいえ、ニホン兵による死守はチート級なので陥落することはありません。
結果↓
_15-9-8_21-51-29_No-41.jpg
今回、敵は総攻撃しませんでした。お陰で2回伏撃がカラ振りでしたが、白兵攻撃を受けない分損害は少なかった。
敵は総攻撃は第2ラウンドまでしか使わない感じです。3ラウンド以降は総攻撃はないと思う。
  第3次ホロムシロ防衛戦
損害:
兵員1
飛行場54低下
戦闘機11 偵察機2
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 436 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 144 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 540 火砲 360 車両 144 後方 396
  連合軍損害 兵員 185 火砲 100 車両 36 後方 41
輸送船 連商船14号 触雷により沈没

  第4次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地22低下
兵員2

1943年4月第10ターン
雷電21型 :70機生産
零式水偵 : 4機生産
キ105輸送機:44機生産

火星2型:185基生産

対空戦車3型:115両生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :128台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第64次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 59機 爆撃機 37機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 11機
損害:
陣地80低下

  第9次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地9低下
火砲4

  第103次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 73機 爆撃機 9機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 1機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地5低下
火砲1

  第3次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 0機
行方不明 爆撃機 9機
損害:
飛行場23低下
戦闘機4 偵察機1


というわけで、1943年1月第1ターンから40ターンでした。
ソ連と少し戦ってハバロフスクをゲット。想定より楽勝でしたが、まだまだこれからだ。増援とは戦わず、初期配備の敵と戦っただけだし。。
ようやく武蔵が完成したり、キ119を防衛で使ったり、タンカーが足りなかったりしてます。
戦況は、勝利か、より完全な勝利か、ってノリになってます。負ける要素はないけど、攻めるにはまだ物資や兵器の性能が不足している状況ですが、限定的に攻めることは可能になってきてます。
posted by うらマッハ at 21:57| Comment(2) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
こんばんは。もう1943年4月まで進まれたのですね。毎回展開の速さに絶句してしまいます。

うらマッハさんが推奨せれている戦艦参加の輸送船団方式を僕も採用しています。いい感じで戦艦にダメージが誘導されるので助すかりますよね。。思ったほど重油も消費しないのでコスパとして優秀だと実感しております。
Posted by アクタ at 2015年09月28日 21:24
このゲーム、どうしても敵潜水隊に先手を取られる可能性があるので、何かに魚雷が当たることになります。
で、戦艦なら耐えられる、というわけで戦艦を連れてます。キャンペーン後半だと撃沈される可能性もありますが。
魚雷で攻撃するなら戦艦を狙う方が効率的なので敵も、戦艦>その他、の優先順で狙ってくれます。空母だとたしか輸送船優先だったかな。

爆撃戦の場合も、航空魚雷は戦艦優先です。上陸船団の護衛には戦艦がピッタリです。
爆弾の場合は、空母>その他、で狙ってきた気がします。爆弾サイズで違ったかな?
Posted by うらマッハ at 2015年09月29日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: