2015年10月08日

39年キャンペーン「帝国国防方針」独伊大型艦付き(11)

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/


設定変更、目標・縛りは最初の記事参照↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/142263131.html

1943年5月第1ターンから1943年8月第10ターン。
定辺→蘭州→西寧攻略。
熱田3型発動機の開発完了。
トルペックス、試作型VTフューズなどで敵が強化される。
敵上陸艦隊がウルシー(艦隊戦)、メジュロ(艦隊戦、上陸戦)、ホロムシロ(悪天候)を攻撃。
ナウル占領。レイテ占領。ニューギニアに上陸。アッツ攻略。


確認できた敵新兵器
B24J重爆
トルペックス
スピットファイア9戦
ピアット
17ポンド対戦車砲
試作型VTフューズ


1943年5月第1ターン
爆撃機「天山艦攻11型」試作完成

軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:136動員
日本軍整備分隊: 45動員
日本軍空挺分隊: 23動員

「伊35号」青森にて竣工
「伊36号」舞鶴にて竣工

「日商船145号」シンガポールにて竣工

雷電21型 :70機生産
零式水偵 : 4機生産
100式重爆2型:40機生産
97式司偵1型 : 4機生産

ハ42-1型:180基生産

25mm連装機銃:97門生産
日本軍トラック : 2台生産

ケニ車台:32台生産
トラック車台: 1台生産

潜水艦 ポンポン 爆雷により沈没
潜水艦 コビア 爆雷により沈没


  第4次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 0機
行方不明 爆撃機 6機
損害:
飛行場19低下
戦闘機3 偵察機1

1943年5月第2ターン
科学技術「小口径タ弾」開発完了

爆撃機「天山艦攻11型」開発中止

小型輸送艦「2等輸送艦改」基本設計完了
潜水艦「呂500潜」基本設計完了

「海防艦97号」横須賀にて竣工
「伊37号」舞鶴にて竣工

「1等輸10号」釧路にて竣工
「1等輸11号」釧路にて竣工
「1等輸12号」釧路にて竣工
「1等輸13号」釧路にて竣工

晴空 :13機生産
キ105輸送機:20機生産

火星2型:90基生産

25mm連装機銃:97門生産
日本軍トラック : 2台生産

ケニ車台:32台生産
トラック車台: 1台生産

B24J重爆配備開始



  第14次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 88機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地4低下
兵員3 火砲3

  第5次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 55機
撃墜 爆撃機 0機
行方不明 爆撃機 8機
損害:
飛行場19低下
戦闘機3 偵察機1

1943年5月第3ターン
晴空 :13機生産
零式水偵 : 2機生産
100式重爆2型:20機生産

ハ42-1型:90基生産

25mm連装機銃:97門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:26台生産
トラック車台 : 2台生産


  第22次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 304機
撃墜 爆撃機 50機
損害:
陣地205低下

  第23次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 216機
撃墜 爆撃機 49機
損害:
陣地105低下

  第104次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 92機
撃墜 戦闘機 26機
行方不明 戦闘機 4機
損害:
兵員1 火砲1

1943年5月第4ターン
「伊38号」呉にて竣工

雷電21型:60機生産
キ119戦 :55機生産

火星2型:90基生産

日本軍ブルドーザー:122台生産

ブルドーザー車台:26台生産
トラック車台 : 2台生産

北方海域のアッツでも攻略してみようと思い、2式大艇で偵察してみる↓
_15-9-8_22-59-37_No-01.jpg
陸上ユニットは基本的に定数が決まっているので、偵察して確認することが重要。適切な兵力を用意できる。
ここで知りたかったのは配備されてる軽爆B25のバージョン。C型だと爆撃半径が1000kmですが、G型に更新されると900kmになります。
アッツを占領した時の注意点は、2つ向こうの根拠地アダックからの軽爆の爆撃ですが、B25G型になると届かなくなるのです。
ちょうど今、機種更新中です。こちらもボチボチ攻略部隊を編成し始めます。行くころにはB25G型になってるはず。

  第24次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 168機
撃墜 爆撃機 39機
損害:
陣地145低下

  第25次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 258機
撃墜 爆撃機 44機
損害:
陣地345低下
兵員1

  第65次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 79機 爆撃機 52機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 15機
損害:
陣地100低下
火砲1

  第105次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 17機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
兵員1

1943年5月第5ターン
発動機「火星25型」完成度100%で実用化

爆撃機「1式陸攻34型」開発完了

最上:新造型軽巡「矢矧」青森にて竣工

1式陸攻34型: 40機生産
キ119戦 :100機生産

火星25型:140基生産

97式曲射歩兵砲:122門生産

チト車台:26台生産
トラック車台: 2台生産

連合軍がトルペックスを開発
スピットファイア9戦配備開始

恐怖の敵新兵器トルペックスの登場です。魚雷の破壊力が1.5倍。敵潜水艦の魚雷の破壊力が2000から3000にアップ。

  第6次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 132機
撃墜 爆撃機 30機
損害:
陣地70低下

  第7次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 216機
撃墜 爆撃機 31機
損害:
陣地185低下

  第66次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 59機 爆撃機 38機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 11機
損害:
陣地80低下

ナウルに進出します↓
_15-9-8_23-26-16_No-02.jpg
地積小の島で飛行場規模は最大200ですが、これらにとってはイイ場所にあります。
_15-9-8_23-28-28_No-03.jpg
↑上陸戦の結果。来た見た勝った!
第1次ナウル攻略戦
戦果:
陣地150低下
  日本軍参加兵力 兵員 125 火砲 107 車両 0 後方 116
  日本軍損害 兵員 10 火砲 7 車両 0 後方 5
  連合軍参加兵力 兵員 30 火砲 20 車両 10 後方 0
  連合軍損害 兵員 30 火砲 20 車両 10 後方 0
    ナウル占領

例によって上陸作戦と守備隊輸送はワンセットです↓
_15-9-8_23-29-15_No-04.jpg
幸いナウルは敵航空機の爆撃圏外なので、そうガチで挑む必要はないですが。
もし敵爆撃圏内なら、空母部隊などで一時的に制空権を奪った間にすばやく輸送と揚陸を済まさないといけません。

  
1943年5月第6ターン
大鷹型護衛空母「大鷹」舞鶴にて竣工
「伊39号」舞鶴にて竣工
「日商船136号」佐世保にて竣工

「海防艦118号」シンガポールにて竣工
「海防艦119号」シンガポールにて竣工

1式陸攻34型:40機生産
3式戦1型丁 :90機生産

火星25型:220基生産

25mm連装機銃 :196門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

ケニ車台 :108台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

中国の西寧目指して進撃準備が整いましたが↓
_15-9-9_11-33-18_No-05.jpg
悪天候で進めません。比較的晴れやすい5月で豪雨、6月は天候悪化率が高いため、かなり待たされる予感・・・


潜水艦 サーフ 爆雷により沈没
潜水艦 トラベラー 爆雷により沈没
潜水艦 シー・ローバー 爆雷により沈没
潜水艦 テラッピン 爆雷により沈没
潜水艦 タクテシャン 爆雷により沈没
潜水艦 スタージョン 爆雷により沈没


  第106次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 51機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地30低下

  第67次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 57機 爆撃機 38機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 11機
損害:
陣地183低下
兵員1

1943年5月第7ターン
科学技術「13号電波探信儀」開発完了

発動機「熱田3型」完成度100%で実用化

戦闘機「3式戦2型」開発完了

1式陸攻34型:40機生産
零式水偵 : 2機生産
3式戦1型丁 :90機生産

火星25型:220基生産

4式中戦車 :70両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産

ついに熱田3型発動機まで開発完了しました。
_15-9-9_11-53-39_No-07.jpg
こんかいの縛りではここまで重点固定でした。これでようやく他の発動機を重点開発できます。
三菱系はほとんど遅延なしに来ました。中島系は遅延多発で遅れています。


  第1次レイテ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 52機
撃墜 爆撃機 1機
戦果:
陣地220低下
兵員1

フィリピンのレイテを占領します↓
_15-9-9_12-13-19_No-06.jpg
ちょっと機雷を踏んだ。

  第1次レイテ攻略戦
戦果:
陣地167低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 226 車両 0 後方 86
  日本軍損害 兵員 0 火砲 11 車両 0 後方 4
  連合軍参加兵力 兵員 56 火砲 16 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 56 火砲 16 車両 0 後方 0
    レイテ占領
レイテには敵航空機が配備されます。ただし長距離進出はカタリナ哨戒機だけなので、先にダバオを占領すればほぼ無力化します。哨戒機がうざいので占領しました。


1943年5月第8ターン
爆撃機「4式重爆1型」試作完成

1式陸攻34型:40機生産
零式水偵 : 2機生産
キ105輸送機 :44機生産

火星25型:220基生産

対空戦車3型 :100両生産
日本軍ブルドーザー: 74台生産
25mm連装機銃 : 17門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第68次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 63機 爆撃機 42機
撃墜 戦闘機 17機 爆撃機 11機
損害:
陣地100低下

1943年5月第9ターン
「海防艦98号」舞鶴にて竣工
「海防艦99号」神戸にて竣工

「伊40号」釧路にて竣工
「伊41号」釧路にて竣工

1式陸攻34型:40機生産
零式水偵 : 2機生産
キ105輸送機 :44機生産

瑞星1型:280基生産

97式曲射歩兵砲:246門生産

チト車台:91台生産


  第69次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 59機 爆撃機 38機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 11機
損害:
陣地80低下

1943年5月第10ターン
1式陸攻34型:40機生産
零式水偵 : 2機生産
キ105輸送機 :44機生産

火星25型:220基生産

対空戦車3型:164両生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第26次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 144機
撃墜 爆撃機 32機
損害:
陣地60低下

1943年6月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

1式陸攻34型: 40機生産
キ119戦 :105機生産

ハ42-1型:180基生産

4式中戦車 :53両生産
日本軍トラック: 2台生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第27次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 115機
撃墜 爆撃機 26機
損害:
陣地100低下

潜水艦 マンタ 爆雷により沈没
潜水艦 パッファ 爆雷により沈没


  第107次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 103機
撃墜 爆撃機 25機
損害:
陣地60低下

  第108次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 108機
撃墜 戦闘機 30機
行方不明 戦闘機 5機
損害:
火砲2

1943年6月第2ターン
「日商船140号」青森にて竣工

雷電21型 :60機生産
3式戦1型丁:43機生産

火星25型:105基生産

対空戦車3型:124両生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第8次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 90機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地45低下

  第109次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 17機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
兵員1

  第28次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 107機
撃墜 爆撃機 26機
損害:
陣地95低下

1943年6月第3ターン
潜水艦「呂500潜」開発終了

「1等輸14号」釧路にて竣工
「1等輸15号」釧路にて竣工

2式陸偵 :40機生産
零式水偵 : 7機生産
キ105輸送機:22機生産

火星25型:110基生産

対空戦車3型:124両生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第29次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 82機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地50低下

  第110次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 78機
撃墜 爆撃機 19機
損害:
陣地60低下

1943年6月第4ターン
潜水艦「高速大型潜」基本設計完了

松型駆逐艦「楢」神戸にて竣工

2式大艇22型:13機生産
3式戦1型丁 :44機生産

火星2型:90基生産

対空戦車3型:100両生産
日本軍トラック :144台生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第9次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地35低下

ビルマでの航空戦↓
_15-9-9_13-25-56_No-08.jpg
迎撃に上がってきた敵機を撃墜しまくる雷電21型。
降下爆撃すると高射機関砲に撃たれるので、水平爆撃だけします。
偵察機は単座機の誘導用。

  第23次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 389機 爆撃機 66機 偵察機 47機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 1機 偵察機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 55機 爆撃機 106機
撃墜 戦闘機 38機 爆撃機 67機
戦果:
兵員2
飛行場120低下
戦闘機3 爆撃機13

  第111次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 97機
撃墜 戦闘機 27機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
火砲2

1943年6月第5ターン
爆撃機「2式大艇23型」開発完了

2式大艇23型:16機生産
キ105輸送機 :44機生産

火星25型:220基生産

対空戦車3型:124両生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産

連合軍はピアットを開発


潜水艦 ブラックフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 フライア 爆雷により沈没
潜水艦 ランナー 爆雷により沈没


  第112次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 17機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
火砲1

  第15次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 89機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地6低下
兵員4 火砲2

  第113次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 50機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地25低下

1943年6月第6ターン
陸戦兵器「4式75mm高射砲」試作完成

「海防艦200号」舞鶴にて竣工
「海防艦201号」神戸にて竣工
「海防艦202号」呉にて竣工

2式大艇23型:16機生産
3式戦1型丁 :90機生産

火星25型:220基生産

97式曲射歩兵砲:252門生産

4t牽引車車台 :108台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第16次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 85機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地5低下
兵員5 火砲1

  第24次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 381機 爆撃機 57機 偵察機 57機 輸送機 1機
撃墜 戦闘機 3機 爆撃機 1機 偵察機 1機 輸送機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 39機 爆撃機 48機
撃墜 戦闘機 37機 爆撃機 48機
戦果:
兵員2
飛行場97低下
戦闘機3 爆撃機10

1943年6月第7ターン
1式陸攻34型:40機生産
零式水偵 : 2機生産
3式戦1型丁 :90機生産

熱田3型:70基生産

25mm連装機銃:201門生産
日本軍トラック : 2台生産

チト車台:91台生産


潜水艦 スカルピン 爆雷により沈没
潜水艦 サーモン 爆雷により沈没
潜水艦 サバロ 爆雷により沈没

敵上陸艦隊がウルシーに接近↓
_15-9-9_19-54-19_No-09.jpg
指揮パニックはなし。特に強そうな大型艦なし。
1コマンドあるので、とりあえず艦隊を出します。
敵に空母がいるのに、うっかり昼戦指定で出撃してしまったが、航空反撃はありませんでした。出せる機体が少なかったから?
_15-9-9_19-58-11_No-10.jpg
エディタ参戦のドイッチュラントとA・ヒッパーはなかなか使えます。射程が巡洋艦より長い。
結果↓
_15-9-9_20-1-35_No-11.jpg
ボコボコにして士気を0にしました。

  第1次ウルシー沖海戦
日本軍艦艇 空母 1 戦艦 4 巡洋艦13 小型艦20
連合軍艦艇 空母 6 巡洋艦 1 大型輸送艦12 小型艦20 商船14
駆逐艦 オールト 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST37号 砲撃により沈没
駆逐艦 ハンマン 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST21号 砲撃により沈没
掃海艇 ロングショー 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST36号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST38号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST14号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST12号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST15号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST40号 砲撃により沈没

  第2次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 25機 爆撃機 25機
撃墜 戦闘機 10機 爆撃機 10機
日本迎撃総数 戦闘機 43機
撃墜 戦闘機 6機

  第114次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 18機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
火砲1

  第30次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 54機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地15低下

1943年6月第8ターン
潜水艦「高速大型潜」開発終了

2式大艇23型 :16機生産
100式重爆2型:40機生産

火星25型:220基生産

97式曲射歩兵砲:252門生産

チト車台:91台生産

17ポンド対戦車砲配備開始


  第17次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 77機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地5低下
兵員5

  第115次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 17機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
火砲1

1943年6月第9ターン
科学技術「水中充電装置」開発完了

タンカー「戦標タンカー」基本設計完了

「1等輸16号」釧路にて竣工
「海防艦120号」シンガポールにて竣工

1式陸攻34型:40機生産
3式戦2型 :70機生産
キ105輸送機 :10機生産

火星2型:185基生産

日本軍ブルドーザー: 93台生産
25mm連装機銃 :127門生産

ブルドーザー車台:91台生産


1943年6月第10ターン
小型輸送艦「2等輸送艦改」開発終了

「海防艦203号」舞鶴にて竣工

1式陸攻34型 :40機生産
100式輸送機2型:45機生産

火星25型:220基生産

4式中戦車:72両生産

チト車台:91台生産


1943年7月第1ターン
科学技術「中口径装弾筒付弾頭」開発完了

爆撃機「天山艦攻12型」開発完了

軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「日商船148号」シンガポールにて竣工
「海防艦121号」シンガポールにて竣工

天山艦攻12型 :60機生産
晴空 : 2機生産
100式輸送機2型:46機生産

熱田3型 :60基生産
火星25型:25基生産

25mm連装機銃:201門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


1943年7月第2ターン
「日商船146号」佐世保にて竣工

「1等輸17号」釧路にて竣工

天山艦攻12型:50機生産
零式水偵 : 5機生産
キ105輸送機 :20機生産

熱田3型 :30基生産
火星25型:10基生産

97式曲射歩兵砲:252門生産

4t牽引車車台 :108台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


1943年7月第3ターン
天山艦攻12型:50機生産
3式戦2型 :40機生産

火星25型:110基生産

25mm連装機銃:201門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


1943年7月第4ターン
「1等輸18号」釧路にて竣工

天山艦攻12型:50機生産
零式水偵 : 5機生産
3式戦2型 :40機生産

火星25型:110基生産

機動91式10p榴弾砲:100門生産
日本軍トラック : 8台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第116次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 19機
損害:
陣地50低下

  第117次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 126機
撃墜 戦闘機 35機
行方不明 戦闘機 7機
損害:
火砲3

1943年7月第5ターン
「海防艦204号」青森にて竣工

天山艦攻12型 :70機生産
100式輸送機2型:45機生産

火星25型:220基生産

日本軍ブルドーザー:150台生産
日本軍トラック :408台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

メジュロに敵上陸艦隊隣接↓
_15-9-9_22-34-18_No-12.jpg
輸送船5隻セットで、護衛も大したことはなさそうです。
今回も艦隊を出します。忘れずに夜戦指定。昼戦になってもたぶん敵空母は護衛空母だろうから大した反撃はないはず。
_15-9-9_22-38-10_No-13.jpg
夜戦になりました。
おや、なんか敵の足が早いと思ったらLSD部隊でした。これだと14cm砲が届きません。
しかもよく見ると1隻エセックス型がいます。航空反撃を受けるとやばかったか?
結果↓
_15-9-9_22-40-18_No-14.jpg
戦果は不十分でした。まだ敵は上陸戦が可能です。

上陸開始する敵↓
_15-9-9_22-40-38_No-15.jpg
損傷していたLSDが機雷で沈んだりしますが、ほとんどの敵陸上部隊が上陸。
_15-9-9_22-42-31_No-16.jpg
伏撃成功。これで勝てる。
あと、敵のシャーマン戦車が後期型になってました。
結果↓
_15-9-9_22-43-49_No-17.jpg
例によって機関砲と陣地と地雷による浮沈要塞ぶりで防衛成功。魔界村なみに攻略が難しいぞ(?)

  第3次メジュロ沖海戦
日本軍艦艇 戦艦 2 巡洋艦13 小型艦19
連合軍艦艇 空母 5 大型輸送艦 5 小型艦20 商船 6
駆逐艦 ヤーノール 砲撃により沈没
掃海艇 シグスビー 砲撃により沈没
駆逐艦 シュレーダー 砲撃により沈没
掃海艇 カースル 砲撃により沈没

  第4次メジュロ防衛戦
損害:
陣地105低下
  日本軍参加兵力 兵員 9 火砲 189 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 1 火砲 73 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 300 火砲 200 車両 64 後方 208
  連合軍損害 兵員 109 火砲 57 車両 18 後方 18
大型輸送艦 LSD1号 触雷により沈没

  第4次クェゼリン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 38機 爆撃機 38機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 32機
日本迎撃総数 戦闘機 188機
撃墜 戦闘機 12機
損害:
戦闘機1

  第1次メジュロ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 29機
撃墜 爆撃機 12機
連合迎撃総数 戦闘機 35機
撃墜 戦闘機 2機
輸送船 連商船18号 雷撃により沈没
_15-9-9_22-48-53_No-18.jpg
がんばって爆撃して輸送船を沈めます。
  第2次メジュロ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 19機
大型輸送艦 LSD4号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LSD2号 爆撃により沈没

潜水艦 ハッド 爆雷により沈没
潜水艦 グルーパー 爆雷により沈没
潜水艦 マスケランジ 爆雷により沈没
潜水艦 ライオンフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 グランパス 爆雷により沈没
潜水艦 パイク 爆雷により沈没
潜水艦 シードラゴン 爆雷により沈没


1943年7月第6ターン
「日商船142号」横須賀にて竣工
「日商船147号」佐世保にて竣工

天山艦攻12型:70機生産
100式重爆2型:40機生産

ハ34-11型:140基生産

25mm連装機銃:201門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


敵上陸部隊はあきらめず攻めてきます。
_15-9-9_23-5-46_No-19.jpg
↑結果
損害は機関砲34門でした。

  第5次メジュロ防衛戦
損害:
陣地110低下
  日本軍参加兵力 兵員 1 火砲 116 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 34 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 153 火砲 116 車両 12 後方 130
  連合軍損害 兵員 66 火砲 32 車両 1 後方 11
大型輸送艦 LSD5号 触雷により沈没
駆逐艦 ケプラー 触雷により沈没
駆逐艦 マッカラ 座礁により沈没

  第31次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 71機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地10低下

  第10次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 93機
撃墜 爆撃機 5機
損害:
陣地11低下
兵員4 火砲6

  第5次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 78機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地8低下
兵員5 後方4

1943年7月第7ターン
発動機「誉1型」に致命的欠陥発見

「1等輸19号」釧路にて竣工
「1等輸20号」釧路にて竣工
「1等輸21号」釧路にて竣工
「1等輸22号」釧路にて竣工

零戦52型 :80機生産
零式水偵 : 2機生産
キ105輸送機:44機生産

熱田2型:140基生産

97式曲射歩兵砲:252門生産

チト車台:91台生産

誉1型で開発遅延です(涙)


  第32次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 54機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地20低下

潜水艦 トリガー 爆雷により沈没
潜水艦 ドラド 爆雷により沈没
潜水艦 ポンパノ 爆雷により沈没


  第118次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 87機 爆撃機 26機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 7機
損害:
陣地10低下
兵員1

  第119次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 148機
撃墜 爆撃機 38機
損害:
陣地105低下

  第6次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 93機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地25低下
兵員19 火砲2 後方1

  第7次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地14低下
兵員11

バリクパパンに来襲するB24J重爆。
_15-9-10_21-7-44_No-20.jpg
ポートダーウィンから長距離便です。
  第1次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 54機
撃墜 爆撃機 16機
日本迎撃総数 戦闘機 52機
撃墜 戦闘機 9機
損害:
飛行場6低下
偵察機1

1943年7月第8ターン
輸送潜水艦「小型輸送潜」基本設計完了

天山艦攻12型:70機生産
97式司偵1型 :80機生産

火星2型:180基生産

25mm連装機銃:201門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第13次インパール爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 369機 偵察機 114機
撃墜 戦闘機 3機 偵察機 3機
連合迎撃総数 戦闘機 111機 爆撃機 84機
撃墜 戦闘機 47機 爆撃機 34機
戦果:
兵員9 後方1
戦闘機5 爆撃機5

  第70次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 175機 爆撃機 108機
撃墜 戦闘機 45機 爆撃機 28機
損害:
陣地256低下
兵員4 火砲1

  第120次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 41機 爆撃機 11機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 2機
損害:
火砲1

1943年7月第9ターン
輸送潜水艦「小型輸送潜」開発中止

最上:新造型軽巡「酒匂」神戸にて竣工

2式大艇23型:16機生産
97式司偵1型:80機生産

火星25型:220基生産

4式中戦車:72両生産

チト車台:91台生産


  第71次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 159機 爆撃機 65機
撃墜 戦闘機 42機 爆撃機 17機
損害:
陣地318低下
兵員6

  第18次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地2低下
兵員4

  第4次ミイトキーナ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 353機 偵察機 114機
撃墜 戦闘機 12機 偵察機 7機
連合迎撃総数 戦闘機 84機 爆撃機 55機
撃墜 戦闘機 29機 爆撃機 28機
戦果:
兵員16 火砲3 後方2

  第21次ウラジオストック爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 58機
撃墜 戦闘機 14機
戦果:
兵員1
飛行場46低下
爆撃機13

1943年7月第10ターン
タンカー「戦標タンカー」開発終了

零戦52型 :80機生産
零式水偵 : 2機生産
キ105輸送機:44機生産

瑞星1型:280基生産

日本軍要塞砲:72門生産

チト車台:91台生産


  第25次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 365機 爆撃機 76機 偵察機 28機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 1機 偵察機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 73機 爆撃機 62機
撃墜 戦闘機 60機 爆撃機 48機
戦果:
兵員3
飛行場129低下
戦闘機3 爆撃機11

ようやく天候が回復したので、中国で攻勢に出ます。歩兵の代わりに装甲ユニットを揃えています。
_15-9-10_21-55-2_No-21.jpg
せっかくなので機甲突破を使います。問題は士気ダメージですが、損害11%で士気-1でした。通常設定なら-2だったかな。
やっぱ総攻撃でないと14%以上損害は入らないみたい。敵の白兵攻撃を受けるので嫌なんですが。
結果↓
_15-9-10_21-55-56_No-22.jpg
勝ちました。
退却した敵の様子↓
_15-9-10_21-56-14_No-23.jpg
戦闘で数が減りましたが、数コマンド後↓
_15-9-10_21-57-45_No-24.jpg
さっそく増援が鉄道移動で合流してます。ラクには進めないものです。

  第1次定辺攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 60機 空挺分隊150
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 150 火砲1628 車両2222 後方 1500
  日本軍損害 兵員 21 火砲 347 車両 173 後方 70
  連合軍参加兵力 兵員2524 火砲 528 車両 17 後方 7203
  連合軍損害 兵員 788 火砲 168 車両 7 後方 1361
    定辺占領

  第121次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 142機
撃墜 爆撃機 37機
損害:
陣地90低下

  第72次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 125機 爆撃機 84機
撃墜 戦闘機 33機 爆撃機 22機
損害:
陣地447低下
兵員5 火砲1

  第122次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 132機
撃墜 爆撃機 33機
損害:
陣地90低下

  第123次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機 爆撃機 9機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 2機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地5低下
火砲1

1943年8月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「海防艦11号」青森にて竣工

「日商船144号」釧路にて竣工
「海防艦122号」シンガポールにて竣工
「海防艦123号」シンガポールにて竣工
「海防艦124号」シンガポールにて竣工

零戦52型 :50機生産
零式水偵 : 4機生産
キ105輸送機:28機生産

瑞星1型:272基生産

4式中戦車 :54両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第73次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 101機 爆撃機 72機
撃墜 戦闘機 30機 爆撃機 22機
損害:
陣地120低下
兵員1

  第6次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 3機
行方不明 爆撃機 10機
損害:
飛行場19低下
戦闘機3 偵察機1

1943年8月第2ターン
爆撃機「4式重爆1型」開発完了

陸戦兵器「4式75mm高射砲」開発完了

「海防艦205号」青森にて竣工
「海防艦206号」佐世保にて竣工
「海防艦207号」佐世保にて竣工

1式陸攻34型:20機生産
4式重爆1型 :10機生産
97式司偵1型: 6機生産

熱田3型:30基生産

4式75mm高射砲 :63門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

6t牽引車車台:91台生産

ついに4式重爆が生産可能になりました。今回は対艦攻撃には使えませんが、十分活躍してくれるでしょう。


  第124次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 92機
撃墜 爆撃機 24機
損害:
陣地70低下

  第15次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 20機
日本迎撃総数 戦闘機 91機
撃墜 戦闘機 0機
損害:
飛行場15低下
戦闘機2 爆撃機3

  第74次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 78機 爆撃機 58機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 19機
損害:
陣地100低下
火砲1

1943年8月第3ターン
瑞穂:水母型水上機母艦「にぎつ丸」神戸にて竣工
「海防艦208号」呉にて竣工

1式陸攻34型:20機生産
4式重爆1型 :10機生産

熱田3型:30基生産

4式75mm高射砲:63門生産
日本軍トラック : 4台生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第75次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 63機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 17機
損害:
陣地70低下

  第125次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 148機
撃墜 爆撃機 38機
損害:
陣地245低下
火砲1

1943年8月第4ターン
「1等輸23号」釧路にて竣工
「1等輸24号」釧路にて竣工

雷電21型 :30機生産
零式水偵 : 6機生産
4式重爆1型 :10機生産
97式司偵1型: 6機生産

火星2型:90基生産

4式75mm高射砲:63門生産
日本軍トラック : 4台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第126次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 87機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地60低下

天候待ちの結果、西寧行きがストップしてました。曇りになったのでいざ進攻。
_15-9-11_17-24-10_No-25.jpg
にらみ合ってる間に敵は地雷を敷設していたようです。
迎撃数は少ないので比較的こちらの損害も少ないです。
結果↓
_15-9-11_17-24-39_No-26.jpg
あと1駅だ。

  第1次蘭州攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 70機 空挺分隊150
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 150 火砲1801 車両2049 後方 1500
  日本軍損害 兵員 16 火砲 295 車両 143 後方 87
  連合軍参加兵力 兵員2710 火砲 561 車両 5 後方 7106
  連合軍損害 兵員 736 火砲 145 車両 2 後方 1231
    蘭州占領

ニューギニアへ上陸します。
_15-9-11_17-32-9_No-27.jpg
サルミへ上陸して橋頭堡を作っておきます。
制空権はないので、艦隊を先に出して敵爆撃機をオトリ寄せ。
_15-9-11_17-33-43_No-28.jpg
小型爆弾を大量にばらまく敵軽爆撃機。曇りなので命中率が半分で助かる。
  第1次ビアク沖海空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 56機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 15機 爆撃機 22機
日本迎撃総数 戦闘機 32機
撃墜 戦闘機 1機

艦載機でミミカを爆撃する。
_15-9-11_17-34-30_No-29.jpg
P39は迎撃機としてはなかなか強いです。
  第1次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 99機 爆撃機 96機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 23機
連合迎撃総数 戦闘機 185機
撃墜 戦闘機 22機
戦果:
兵員1
飛行場75低下
戦闘機10 爆撃機18 偵察機5

  第2次ビアク沖海空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 8機

  第2次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 7機
連合迎撃総数 戦闘機 23機
撃墜 戦闘機 5機
戦果:
兵員2 後方1
飛行場134低下
戦闘機23 爆撃機7 偵察機3

  第3次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 1機
戦果:
兵員2 後方1
飛行場76低下
戦闘機22 爆撃機6 偵察機3

敵爆撃機がすべて行動済みになった後、上陸を開始します。
_15-9-11_17-37-22_No-30.jpg
  第1次サルミ攻略戦
戦果:
陣地78低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 123 車両 28 後方 66
  日本軍損害 兵員 0 火砲 6 車両 2 後方 3
  連合軍参加兵力 兵員 52 火砲 18 車両 0 後方 9
  連合軍損害 兵員 4 火砲 0 車両 0 後方 0
    サルミ占領
小型輸送艦 1等輸8号 対艦砲撃により沈没

上陸成功。

1943年8月第5ターン
花月型駆逐艦「秋月」佐世保にて竣工

1式陸攻34型:25機生産
2式大艇23型: 1機生産
4式重爆1型 :25機生産
キ105輸送機 : 2機生産

熱田3型:70基生産

98式20mm高射機関砲:253門生産

チト車台:91台生産

ニューギニアのサルミに上陸成功。物資と部隊を輸送中。
_15-9-11_17-48-45_No-31.jpg
こういう時、入港中に爆撃を受ける可能性があるため、敵の哨戒圏に艦隊を出しておくとオトリになります。
まあ、このターンはサルミが雨で爆撃を受ける心配がなく、逆に艦隊の位置が強風だったので、急いで雨のところに移動させましたが。

さあ、西寧に攻め込みます。連続進攻なので兵力が減ってますが、敵の迎撃数は少ないでしょうから勝てます。
_15-9-11_17-55-16_No-32.jpg
総攻撃が成功し、敵の損害率16%。これなら2ラウンドで勝てます。
結果↓
_15-9-11_17-55-42_No-33.jpg
画面がちょっとズレた?
敵の攻撃で前衛火砲の損害が大きいですが、歩兵がやられるより安いです。
戦車も落伍で結構損害が出ますね。

  第1次西寧攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 121機 空挺分隊150
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 150 火砲1506 車両2056 後方 1300
  日本軍損害 兵員 14 火砲 254 車両 170 後方 76
  連合軍参加兵力 兵員1279 火砲 340 車両 2 後方 0
  連合軍損害 兵員1279 火砲 340 車両 2 後方 0
    西寧占領

1943年8月第6ターン
  第1次日中和平交渉

爆撃機「彗星艦爆12型」開発完了

陸戦兵器「5式中戦車」試作完成

「海防艦209号」舞鶴にて竣工
「海防艦210号」佐世保にて竣工

蒼空 :10機生産
零式水偵 : 4機生産
4式重爆1型:35機生産

ハ42-1型 :180基生産
火星25型: 5基生産

25mm連装機銃 :206門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

トラック車台 :135台生産
6t牽引車車台: 1台生産

第1次日中和平交渉はこちらが冗談(?)を飛ばして決裂。
「冗談ではない!そのような条件は受け入れかねますな。」


  第1次ホランジャ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 283 車両 100 後方 63
  日本軍損害 兵員 0 火砲 5 車両 2 後方 2
  連合軍参加兵力 兵員 96 火砲 29 車両 0 後方 18
  連合軍損害 兵員 13 火砲 2 車両 0 後方 3
    ホランジャ占領

  第4次ミミカ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 96機 爆撃機 136機
撃墜 戦闘機 1機 爆撃機 1機
戦果:
兵員4 後方1
飛行場5低下
戦闘機50 爆撃機14 偵察機5

ホロムシロに敵上陸艦隊出現↓
_15-9-11_18-16-24_No-34.jpg
雨なので上陸はできません。
ちょうどアッツ攻略用の艦隊が入港中でした。念のため、搭載していた火砲を下ろして敵の上陸に備える。

1943年8月第7ターン
「日商船149号」佐世保にて竣工

雷電21型 :70機生産
零式水偵 : 6機生産
4式重爆1型:35機生産

熱田3型:70基生産

4式75mm高射砲:86門生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:91台生産

連合軍が試作型VTフューズを開発

恐怖の新兵器、VTフューズの試作型が登場。敵の対空火力(対空戦1)が1.2倍になります。

ホロムシロで天候が悪化↓
_15-9-11_19-54-14_No-35.jpg
敵艦隊が見えなくなったけど、このターンには退却するはず。
下ろしていたアッツ上陸部隊を積みなおす。


1943年8月第8ターン
「1等輸25号」釧路にて竣工
「1等輸26号」釧路にて竣工

雷電21型 :70機生産
零式水偵 : 6機生産
4式重爆1型:35機生産

火星25型:220基生産

4式75mm高射砲:86門生産
日本軍トラック : 2台生産

ケニ車台 :108台生産
6t牽引車車台: 1台生産

アッツ上陸作戦を発動します。天候は艦隊発進元のホロムシロは雨、アッツは曇りです。曇りは敵爆撃機の降下爆撃命中率が半減するため絶好の上陸日和です。
もっとも退却した敵上陸艦隊と鉢合わせないか心配です。なるべくコマンドをスキップしてから行動開始。
まず例によってオトリ艦隊で囮寄せだ。
_15-9-11_20-26-34_No-36.jpg
空母4隻しか用意できなかったので、ちょっと心配。
B24を誘い出しますが、敵軽爆は飛行場を発進不能にして封じ込める予定。
_15-9-11_20-27-29_No-37.jpg
B24による被害は中型爆弾1発。

  第1次アッツ沖海空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 50機
撃墜 爆撃機 12機
日本迎撃総数 戦闘機 76機
撃墜 戦闘機 18機

次に艦載機でアッツの飛行場を爆撃します。
_15-9-11_20-28-16_No-38.jpg
  第1次アッツ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 79機 爆撃機 97機
撃墜 戦闘機 4機 爆撃機 9機
連合迎撃総数 戦闘機 76機
撃墜 戦闘機 13機
戦果:
兵員3
飛行場141低下
戦闘機1 爆撃機40 偵察機7
がんばりましたが、敵飛行場規模は106で残りました。60未満にしないB25は発進できる。
再攻撃の要アリなんですが、打てる手がなかったので、覚悟を決めて上陸艦隊を突入させます。たぶん護衛の戦艦が魚雷を受けてくれるはず。
ホロムシロから高速上陸船団を発進させる。巡航速力15ノットあれば一度の移動で行けるのです。
_15-9-11_20-32-19_No-39.jpg
指揮パニックにはならず、爆撃を受けますが。
_15-9-11_20-32-47_No-40.jpg
予想とは違う敵編隊でした。どうも近くにいた退却中の敵艦隊の艦載機のようです。そっちにコマンドを使ってくれて好都合。
損害は戦艦に魚雷2本のみ。輸送船は無事。まあ輸送船は大型客船なのでそう沈まないのですが。
で、アッツ上陸。
_15-9-11_20-35-30_No-41.jpg
  第1次アッツ攻略戦
戦果:
陣地258低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 597 車両 0 後方 195
  日本軍損害 兵員 0 火砲 33 車両 0 後方 7
  連合軍参加兵力 兵員 111 火砲 35 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 111 火砲 35 車両 0 後方 0
    アッツ占領
作戦は成功です。

1943年8月第9ターン
科学技術「中口径タ弾」開発完了

「日商船137号」釧路にて竣工

2式陸偵 :60機生産
4式重爆1型:40機生産
キ105輸送機: 4機生産

ハ42-1型:180基生産

4式中戦車 :73両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

6t牽引車車台:91台生産

哨戒してみると敵艦隊がいました。
_15-9-11_20-44-7_No-42.jpg
また雷撃機が飛んできて戦艦に魚雷1本もらう。早く帰ってくんろ。


1943年8月第10ターン
花月型駆逐艦「照月」釧路にて竣工

1式陸攻34型:40機生産
4式重爆1型 :40機生産

熱田3型:70基生産

4式中戦車 :73両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

トラック車台 :135台生産
6t牽引車車台: 1台生産

念のために占領したアッツに機雷を敷設しておく。
_15-9-11_20-57-39_No-43.jpg
敵の攻勢正面が変更されると艦砲射撃を受けるかもしれないので。


  第2次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 73機
撃墜 爆撃機 7機
行方不明 爆撃機 15機
損害:
飛行場19低下
戦闘機3 偵察機1

  第33次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 313機
撃墜 爆撃機 46機
損害:
陣地195低下



というわけで、1943年5月第1ターンから40ターンでした。
少し戦線を押し上げました。でも消耗戦にならないように距離を取ってます、少しせこいかも。
敵の戦況に影響が出る新兵器が続々登場。B24J型にトルペックスにVTフューズ。
こちらも新型爆撃機が使えるようになりました。天山12型、1式陸攻34型、4式重爆など。新型戦闘機は3式戦2型など。
posted by うらマッハ at 21:48| Comment(2) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
こんばんは。

うらマッハさんのブログを参照するようになってようやく敵艦隊への損害をコントロールする工夫が身についてきました。ゲリラ上陸部隊は極力士気をゼロにして退場してもらうか、全滅させない程度まで艦船を撃沈し艦隊士気をゼロにしてお帰り願っています。その結果、連合国軍の艦隊の動きが鈍り助かっています。潜水艦などのウルフたちも極力全滅させず帰ってもらっているので、滅多に待ち伏せ攻撃を受けず輸送船団の展開もスムーズです。

ようやく戦闘に慣れてきたものの陸上戦闘などはまだまだ上手くさばけていません。

うらマッハさんがおっしゃる通り、太平洋3は遊び方に深さがあっていいですね。今回の掲載も楽しく拝読いたしました。
Posted by アクタ at 2015年10月13日 22:31
敵上陸艦隊への対応は、小型輸送艦3隻を相手にして過ごすのが一番ラクです。まあ時々、指揮パニックで占領されたりしますが。2030kmも移動するのでいきなり隣接されがち。
ただ、どこでも無人にしたりごく少数で守るわけにもいかないので、そのうち沖縄やホロムシロ辺りに本格的な上陸艦隊が現れてプレイヤーがパニックになります(笑)
あと、占領地は無人にすると蜂起されるので、戦線を前進させると負担が重くなってきます。一度進出してしまうと、簡単には撤退できません。
Posted by うらマッハ at 2015年10月14日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: