2015年12月18日

39年キャンペーン「帝国国防方針」独伊大型艦付き(13)

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/


設定変更、目標・縛りは最初の記事参照↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/142263131.html

1943年12月第1ターンから、1944年3月第10ターンまで。
米艦隊はサモアに引越し。
陸戦多発。樺太攻略。ビルマで前進。綿陽攻略。ボルジャ攻略。

確認できた敵新兵器
Mk12レーダー
Yak3戦
JSU122自走砲
IL10軽爆
SCR525レーダー
シーファイア艦戦
La7戦


1943年12月第1ターン
爆撃機「銀河11型」試作完成

軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

奮龍4 :90機生産
キ65戦2型:80機生産

金星6型:100基生産
誉1型 : 5基生産

4式中戦車 :77両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

_15-9-16_22-4-58_No-01.jpg
  第5次ラングーン艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
精油所生産力69低下
アワレ、英艦隊の砲撃でラングーンの精油所が破壊されました。もうすぐ生産力0。使ってないのでこちらは痛くないですが、戦争というのは迷惑行為ですな。
英艦隊の様子↓
_15-9-16_22-6-14_No-02.jpg
リシュリュー型戦艦がいました。

  第21次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 98機
撃墜 戦闘機 28機
損害:
火砲1

  第1次モールメン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 16機
損害:
陣地105低下

  第85次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 61機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 19機
損害:
陣地30低下

  第18次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 63機
日本迎撃総数 戦闘機 380機
撃墜 戦闘機 0機

太平洋方面で出没する米打撃艦隊↓
_15-9-16_22-7-29_No-03.jpg
戦艦や空母がいて、おちおち散歩にも行けないぜ。

1943年12月第2ターン
「日商船150号」青森にて竣工
「掃海艇32号」舞鶴にて竣工

「1等輸37号」釧路にて竣工
「1等輸38号」釧路にて竣工

雷電21型:30機生産
零式水偵: 5機生産
キ65戦2型:40機生産

誉1型 :30基生産
火星2型: 5基生産

4式中戦車 :77両生産
日本軍トラック: 6台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

連合軍はMk12レーダーを開発
ソ連はYak3戦を配備開始


  第6次ラングーン艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
戦闘機17 偵察機6
精油所生産力26低下

パラオに敵艦載機による大規模空襲。機数は580!
デアエデアエと迎撃に出るパラオの戦闘機↓
_15-9-16_22-25-45_No-04.jpg
出撃できるのは飛行場規模の400機まで。こういう時、水上戦闘機が欲しくなりますね、いくらでも出撃できるから。
敵戦闘機は飛行場。雷撃機は戦艦。爆撃機は「その他」狙いでした。
_15-9-16_22-26-29_No-05.jpg
_15-9-16_22-26-54_No-06.jpg
  第4次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 238機 爆撃機 342機
撃墜 戦闘機 68機 爆撃機 114機
日本迎撃総数 戦闘機 380機
撃墜 戦闘機 34機
損害:
戦闘機7 爆撃機3 偵察機2 輸送機1

1943年12月第3ターン
陸戦兵器「ホリ車」試作完成

雷電21型:30機生産
零式水偵: 5機生産
キ65戦2型:40機生産

金星6型:50基生産
光 : 4基生産

4式75mm高射砲 :90門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第32次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 361機 爆撃機 48機 偵察機 63機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 1機 偵察機 2機
連合迎撃総数 戦闘機 26機 爆撃機 33機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 33機
戦果:
兵員2
飛行場84低下
戦闘機9 爆撃機12

1943年12月第4ターン
戦闘機「月光改夜戦」開発完了

陸戦兵器「5式40mm高射機関砲」開発完了

「1等輸39号」釧路にて竣工

雷電21型 :30機生産
3式戦1型丁:45機生産

誉1型:35基生産

5式40mm高射機関砲:154門生産
日本軍ブルドーザー : 1台生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:135台生産
チリ車台: 1台生産

ソ連はJSU122自走砲を配備開始


  第1次トラック防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 0機
損害:
陣地8低下
兵員12

  第2次トラック防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 0機
損害:
陣地6低下
兵員10

  第3次トラック防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 0機
損害:
陣地3低下
兵員2

  第86次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機 爆撃機 65機
撃墜 戦闘機 26機 爆撃機 24機
損害:
陣地80低下

1943年12月第5ターン
零戦54型 :55機生産
零式水偵 : 1機生産
3式戦1型丁:93機生産

金星6型:110基生産

4式中戦車 :77両生産
日本軍トラック: 6台生産

トラック車台 :135台生産
6t牽引車車台: 1台生産

イベントフェイズ。敵攻勢正面がサモアに。
_15-9-16_22-56-2_No-07.jpg
これで米打撃艦隊も落ち着くはず。サモアからだとタラワを攻撃するだけですからね。

ニューギニアへの輸送作戦。
_15-9-16_23-5-8_No-08.jpg
打撃艦隊が来ても出撃しない我が艦隊ですが、輸送任務の時は気合を入れて出撃します。日露戦争のころから艦隊の仕事は輸送の安全確保です。
重爆が飛んできたけど未発見でスルーでした。
_15-9-16_23-6-17_No-09.jpg
ニューギニアには敵陸上部隊は大していないので、割と簡単に占領できるのですが、敵艦隊から攻撃を受けるようになるので前進するか迷ってます。

  第87次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機 爆撃機 52機
撃墜 戦闘機 24機 爆撃機 22機
損害:
陣地100低下

1943年12月第6ターン
零戦54型 :85機生産
零式水偵 : 3機生産
97式司偵1型:84機生産

金星6型:170基生産

対空戦車3型:180両生産
日本軍トラック : 4台生産

トラック車台 :135台生産
6t牽引車車台: 1台生産


潜水艦 ロバロ 爆雷により沈没
潜水艦 ナーワル 爆雷により沈没
潜水艦 コッド 爆雷により沈没
潜水艦 ワフー 爆雷により沈没
潜水艦 パーチ 爆雷により沈没
潜水艦 スチールヘッド 爆雷により沈没


  第1次ウェーク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 90機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地30低下

1943年12月第7ターン
航空輸送艦「熊野丸」開発終了

花月型駆逐艦「満月」青森にて竣工
花月型駆逐艦「花月」呉にて竣工
「日商船161号」佐世保にて竣工
「日商船162号」佐世保にて竣工

零戦54型 :85機生産
零式水偵 : 3機生産
キ105輸送機:46機生産

金星6型:170基生産

4式中戦車 :77両生産
日本軍トラック: 6台生産

トラック車台 :135台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第5次クェゼリン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 80機
撃墜 爆撃機 34機
日本迎撃総数 戦闘機 46機
撃墜 戦闘機 3機

  第33次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 285機 爆撃機 38機 偵察機 61機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 2機 偵察機 2機
連合迎撃総数 戦闘機 30機 爆撃機 17機
撃墜 戦闘機 24機 爆撃機 17機
戦果:
兵員1
飛行場57低下
戦闘機6 爆撃機8

1943年12月第8ターン
爆撃機「流星艦爆」試作完成

花月型駆逐艦「舞風」呉にて竣工
花月型駆逐艦「夕雲」呉にて竣工

零戦54型 : 85機生産
零式水偵 : 3機生産
イ号1型甲:200機生産
3式戦1型丁: 23機生産

金星6型:170基生産

5式40mm高射機関砲:154門生産
日本軍トラック : 6台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第1次サイパン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 36機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 15機
日本迎撃総数 戦闘機 40機
撃墜 戦闘機 4機
損害:
飛行場24低下
戦闘機4 偵察機3 輸送機1

  第88次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 56機 爆撃機 48機
撃墜 戦闘機 22機 爆撃機 19機
損害:
陣地40低下

潜水艦 トーベイ 爆雷により沈没
潜水艦 トーラス 爆雷により沈没
潜水艦 チューリー 爆雷により沈没
潜水艦 サーヒブ 爆雷により沈没
潜水艦 トライデント 爆雷により沈没
潜水艦 サラセン 爆雷により沈没
潜水艦 チグリス 爆雷により沈没


1943年12月第9ターン
「伊103号」舞鶴にて竣工

零戦54型 :85機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦1型丁:93機生産

誉1型 :140基生産
火星2型: 5基生産

96式15p榴弾砲:90門生産
日本軍トラック : 4台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第18次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地8低下
兵員3 火砲2

エニウェトクに敵雷撃機。おそらく護衛空母の艦載機。ということは上陸艦隊か。
哨戒すると発見↓
_15-9-17_14-14-21_No-10.jpg
輸送船14セットの大規模部隊でした。これはたぶん本土狙いか?
護衛空母6隻はもう攻撃隊を出した後なので、艦隊戦を仕掛けます。
護衛空母程度でも航空反撃は厄介で、タイミングが重要です。
と思ったら航空反撃されました。もう戦闘機しかないはず?
_15-9-17_14-19-27_No-11.jpg
艦戦を爆装させて反撃してきました、126機。確かに駆逐艦にとってはキケンだ。撃沈はされなかったけど4隻大破。
海戦結果↓
_15-9-17_14-22-34_No-12.jpg
かわいがったでごわす。

  第4次エニウェトク沖海戦
戦闘機 126機
撃墜 戦闘機 14機
迎撃隊機数
撃墜
日本軍艦艇 戦艦 3 巡洋艦14 小型艦19
連合軍艦艇 空母 6 大型輸送艦14 小型艦20 商船16
駆逐艦 マクドガル 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST7号 砲撃により沈没
掃海艇 バーネイ 砲撃により沈没
掃海艇 ステレット 砲撃により沈没
駆逐艦 フェルプス 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST46号 砲撃により沈没
駆逐艦 ニコルソン 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST26号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST42号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST5号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST30号 砲撃により沈没

1943年12月第10ターン
科学技術「5式1型探信儀」開発完了

最上:新造型軽巡「仁淀」青森にて竣工
最上:新造型軽巡「高瀬」横須賀にて竣工
最上:新造型軽巡「岩瀬」佐世保にて竣工

天山艦攻12型: 70機生産
キ119戦 :110機生産

誉1型 :140基生産
瑞星2型: 5基生産

97式曲射歩兵砲:271門生産

6t牽引車車台:91台生産


  第2次ウェーク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 115機 爆撃機 15機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 4機
行方不明 戦闘機 2機 爆撃機 0機
損害:
兵員1
飛行場55低下
爆撃機3 偵察機13

1944年1月第1ターン
陸戦兵器「98式軽戦車改」試作完成

潜水艦「高速小型潜」基本設計完了

軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:139動員
日本軍整備分隊: 45動員
日本軍空挺分隊: 23動員

「日商船163号」シンガポールにて竣工
「海防艦130号」シンガポールにて竣工

雷電21型 :55機生産
100式輸送機2型:45機生産
97式司偵1型 : 4機生産

4式中戦車 :77両生産
日本軍トラック: 6台生産

チリ車台:91台生産


潜水艦 アルバコア 爆雷により沈没
潜水艦 ブロウアー 爆雷により沈没
潜水艦 シアロウ 爆雷により沈没
潜水艦 スレッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 アンバージャック 爆雷により沈没
潜水艦 タリビー 爆雷により沈没
潜水艦 ソーフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 セイブルフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ハーダー 爆雷により沈没
潜水艦 ピート 爆雷により沈没


  第3次ウェーク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 101機
撃墜 戦闘機 12機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
火砲2

  第36次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 114機
撃墜 爆撃機 26機
損害:
陣地45低下

  第34次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 361機 爆撃機 60機 偵察機 59機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 3機 偵察機 2機
連合迎撃総数 戦闘機 37機 爆撃機 27機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 27機
戦果:
兵員2
飛行場90低下
戦闘機10 爆撃機12

  第1次アイタペ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 200 車両 248 後方 302
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 46 火砲 13 車両 0 後方 10
  連合軍損害 兵員 31 火砲 10 車両 0 後方 9
    アイタペ占領

ニューギニアでアイタペに進軍しましたが、さっそく敵軽爆から洗礼を受けます。
  第1次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 62機 爆撃機 26機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 7機
損害:
火砲3 車両5 後方5

  第2次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 102機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
火砲21 車両7 後方8
_15-9-17_17-33-59_No-13.jpg

  第3次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 51機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
火砲10 車両3 後方3

1944年1月第2ターン
潜水艦「高速小型潜」開発中止

「海防艦216号」青森にて竣工
「伊104号」神戸にて竣工
「海防艦217号」佐世保にて竣工
「海防艦218号」佐世保にて竣工
「日商船164号」佐世保にて竣工

月光改夜戦:30機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦1型丁:45機生産

92式10p加農砲:90門生産
日本軍トラック : 4台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第37次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 91機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地65低下

潜水艦 ミンゴ 爆雷により沈没
潜水艦 グリーンリング 爆雷により沈没
潜水艦 シーレイブン 爆雷により沈没
潜水艦 カバラ 爆雷により沈没


  第1次六盤水攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1100 車両1157 後方 1168
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 147 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 147 火砲 0 車両 0 後方 0
    六盤水占領

  第22次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地5低下
兵員3 火砲1

  第4次サルミ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 50機
撃墜 戦闘機 13機
行方不明 戦闘機 1機
損害:
車両4

1944年1月第3ターン
「掃海艇33号」横須賀にて竣工
「掃海艇34号」舞鶴にて竣工

Hs293 :150機生産
100式輸送機2型: 20機生産
97式司偵1型 : 6機生産

日本軍トラック :604台生産
機動91式10p榴弾砲: 48門生産

トラック車台:99台生産


  第19次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 68機
撃墜 爆撃機 68機
日本迎撃総数 戦闘機 469機
撃墜 戦闘機 0機

  第4次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 73機 爆撃機 19機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 6機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地32低下
火砲9 車両1 後方4

  第89次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 89機 爆撃機 81機
撃墜 戦闘機 31機 爆撃機 28機
損害:
陣地120低下
兵員1

  第5次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 94機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地180低下
後方1

1944年1月第4ターン
戦闘機「キ46夜戦」開発完了

「伊105号」呉にて竣工

「1等輸40号」釧路にて竣工
「1等輸41号」釧路にて竣工

零戦54型:45機生産
キ65戦2型:40機生産

対空戦車3型 :180両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第35次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 360機 爆撃機 57機 偵察機 57機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 2機 偵察機 2機
連合迎撃総数 戦闘機 41機 爆撃機 24機
撃墜 戦闘機 30機 爆撃機 24機
戦果:
兵員2
飛行場87低下
戦闘機5 爆撃機10

  第38次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 340機
撃墜 爆撃機 52機
損害:
陣地220低下

1944年1月第5ターン
「伊106号」呉にて竣工
「海防艦219号」佐世保にて竣工

零戦54型 :60機生産
零式水偵 : 2機生産
キ46夜戦 :70機生産
97式司偵1型: 4機生産

日本軍要塞砲:77門生産
日本軍トラック : 6台生産

4t牽引車車台:108台生産
6t牽引車車台: 1台生産

英艦隊がメルギーに出現↓
_15-9-17_18-19-38_No-14.jpg
輸送船5隻を含んでいます。つまり上陸部隊だ。たぶん500ユニットかな?
上陸部隊が来るということは勝算があるということです。メルギーには高射機関砲300門ほどいますが陣地0です。
幸い指揮パニックなしなので、鉄道を使って増援を呼びます。
_15-9-17_18-20-37_No-15.jpg
シンガポールから兵力が移動。兵力差を見た敵は上陸を中止。艦載機で爆撃はしてきたけど。

  第1次メルギー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 64機 爆撃機 63機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 18機
損害:
兵員2
飛行場118低下
戦闘機22 爆撃機11

  第6次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地45低下

  第7次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 65機 爆撃機 14機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 5機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地7低下
火砲3 後方1

  第20次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 29機
日本迎撃総数 戦闘機 110機
撃墜 戦闘機 0機
損害:
飛行場18低下
戦闘機2 爆撃機2 輸送機2

1944年1月第6ターン
「伊42号」呉にて竣工
「海防艦220号」佐世保にて竣工
「日商船165号」佐世保にて竣工

2式陸偵 :30機生産
零式水偵 : 5機生産
4式重爆1型:30機生産

金星6型:110基生産
誉1型 : 5基生産

4式中戦車 :77両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:135台生産
チリ車台: 1台生産


  第1次サイヨク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 46機 爆撃機 45機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
損害:
兵員4
飛行場181低下
戦闘機7 輸送機43

潜水艦 ハリバット 爆雷により沈没
潜水艦 レイ 爆雷により沈没


  第8次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 55機
撃墜 戦闘機 8機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
陣地5低下
火砲2 後方2

1944年1月第7ターン
零戦54型 :50機生産
4式重爆1型:30機生産

金星6型:120基生産

4式中戦車 :38両生産
5式中戦車 :34両生産
日本軍トラック: 8台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第21次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 22機
日本迎撃総数 戦闘機 57機
撃墜 戦闘機 0機
損害:
飛行場21低下
戦闘機2 爆撃機3 輸送機2

  第36次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 361機 爆撃機 74機 偵察機 48機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 4機 偵察機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 53機 爆撃機 36機
撃墜 戦闘機 24機 爆撃機 33機
戦果:
兵員1
飛行場114低下
戦闘機5 爆撃機10

1944年1月第8ターン
発動機「KR10型」完成度62%で実用化

「1等輸42号」釧路にて竣工
「1等輸43号」釧路にて竣工

零戦54型 :50機生産
4式重爆1型:30機生産

誉1型:75基生産

92式10p加農砲:90門生産
日本軍トラック : 4台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第1次昆明攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 200 火砲 800 車両 600 後方 868
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    昆明占領

  第90次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 114機 爆撃機 102機
撃墜 戦闘機 37機 爆撃機 34機
損害:
陣地150低下
兵員1

  第9次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 63機
撃墜 戦闘機 8機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
陣地2低下
火砲3

1944年1月第9ターン
爆撃機「キ102乙襲撃機」開発完了

加賀:新造型空母「信濃」横須賀にて竣工
「伊107号」舞鶴にて竣工

零戦54型 :50機生産
キ65戦2型 :50機生産
キ105輸送機: 4機生産

金星6型:240基生産
光 : 4基生産

97式曲射歩兵砲:271門生産

ケニ車台:108台生産
チリ車台: 1台生産

ソ連はIL10軽爆を配備開始

中国方面で陸戦。
大理にいる中国軍をビルマ方向に追い出します。
_15-9-17_20-3-26_No-16.jpg
_15-9-17_20-3-56_No-17.jpg
_15-9-17_20-4-41_No-18.jpg
  第1次大理攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 100機 輸送機 100機 空挺分隊 80
撃墜 戦闘機 0機 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 280 火砲1769 車両1875 後方 1858
  日本軍損害 兵員 24 火砲 253 車両 137 後方 78
  連合軍参加兵力 兵員1260 火砲 294 車両 0 後方 3600
  連合軍損害 兵員 503 火砲 114 車両 0 後方 770
    大理占領

  第91次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 88機 爆撃機 77機
撃墜 戦闘機 30機 爆撃機 28機
損害:
陣地223低下
火砲1

  第1次昆明防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 0機
損害:
火砲17 車両6

  第6次ミイトキーナ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 411機 爆撃機 38機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 2機
連合迎撃総数 戦闘機 89機
撃墜 戦闘機 45機
戦果:
陣地280低下
兵員2
戦闘機5 爆撃機62

1944年1月第10ターン
科学技術「4式自動小銃」開発完了

陸戦兵器「98式軽戦車改」開発完了

駆逐艦「橘」基本設計完了

Hs293:170機生産
4式重爆1型: 30機生産

誉1型 :150基生産
瑞星1型: 4基生産

5式中戦車 :67両生産
日本軍トラック:12台生産

チリ車台:91台生産


  第7次ミイトキーナ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 247機
撃墜 戦闘機 12機
連合迎撃総数 戦闘機 42機
撃墜 戦闘機 19機
戦果:
兵員14 火砲1 後方50

  第10次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 133機
撃墜 爆撃機 27機
損害:
陣地60低下

  第39次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 151機
撃墜 爆撃機 18機
損害:
陣地140低下

  第23次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 23機
損害:
陣地2低下
兵員2

  第92次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 67機 爆撃機 59機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 22機
損害:
陣地130低下

  第10次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 61機
撃墜 戦闘機 8機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
陣地2低下
後方3

続けてミイトキーナに進攻。
_15-9-17_20-27-29_No-19.jpg
大理から退却していた中国残存兵力と英守備隊は退却。要塞砲相手に1ラウンド消耗。

  第1次ミイトキーナ攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 100機 輸送機 100機 空挺分隊 50
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 3機
  日本軍参加兵力 兵員 50 火砲1389 車両1527 後方 1491
  日本軍損害 兵員 1 火砲 26 車両 34 後方 33
  連合軍参加兵力 兵員 748 火砲 135 車両 0 後方 2202
  連合軍損害 兵員 156 火砲 36 車両 0 後方 725
    ミイトキーナ占領

  第1次バーモ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 145機
撃墜 爆撃機 4機
戦果:
陣地1310低下
兵員5 後方2

1944年2月第1ターン
科学技術「ウルツブルグレーダー」開発完了

軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:139動員
日本軍整備分隊: 45動員
日本軍空挺分隊: 23動員

「伊43号」青森にて竣工
「伊44号」舞鶴にて竣工

2式陸偵 :40機生産
晴空 : 2機生産
4式重爆1型:40機生産
キ105輸送機: 4機生産

金星6型:120基生産

98式軽戦車改 :135両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

ケニ車台 :108台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

ターン情報↓
_15-9-17_20-42-31_No-20.jpg

航空・陸上、動員・損害累計↓
_15-9-17_20-42-48_No-21.jpg

重油合計↓
_15-9-17_20-43-34_No-22.jpg
このころになると艦船の燃費は気にならなくなります。

本土根拠地工場一覧↓
_15-9-17_20-44-18_No-23.jpg
工場をフル稼働させると鉄が足りないです。航空機もむやみに生産しても自然消耗で減るだけなので、少し調整して生産してます。

  第40次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 242機
撃墜 爆撃機 41機
損害:
陣地130低下

バーモの孤立した英軍を殲滅。
_15-9-18_13-43-8_No-24.jpg
_15-9-18_13-46-44_No-25.jpg
  第1次バーモ攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 80機 輸送機 40機 空挺分隊 60
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 2機
  日本軍参加兵力 兵員 60 火砲1413 車両1704 後方 1527
  日本軍損害 兵員 1 火砲 96 車両 94 後方 20
  連合軍参加兵力 兵員 696 火砲 373 車両 49 後方 0
  連合軍損害 兵員 696 火砲 373 車両 49 後方 0
    バーモ占領

  第11次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 47機 爆撃機 27機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 7機
損害:
陣地10低下

  第12次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機
撃墜 戦闘機 8機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
陣地2低下
火砲1 車両1 後方3

  第22次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 10機 爆撃機 12機
日本迎撃総数 戦闘機 61機
撃墜 戦闘機 14機
損害:
兵員1
飛行場40低下
戦闘機10 爆撃機6 偵察機2 輸送機7

1944年2月第2ターン
科学技術「イ号誘導弾1型乙」開発完了

Hs293:170機生産
4式重爆1型: 20機生産
イ号1型乙: 10機生産

誉1型:35基生産
光 : 4基生産

5式中戦車 :67両生産
日本軍トラック:12台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第93次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 55機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 20機
損害:
陣地30低下

  第23次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 30機 爆撃機 54機
行方不明 戦闘機 2機 爆撃機 0機
日本迎撃総数 戦闘機 570機
撃墜 戦闘機 16機

1944年2月第3ターン
2式陸偵 :30機生産
零式水偵 : 5機生産
4式重爆1型:20機生産

誉1型:35基生産

日本軍トラック :400台生産
5式中戦車 : 42両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

樺太に進攻準備↓
_15-9-18_14-26-26_No-26.jpg
兵力を輸送したところ、少しトラックが足りない気がしたので、工兵を解散させてトラック確保。あと歩兵も確保できる。
目分量というかドンブリ勘定で攻略部隊を編成してるので、何か不足することは時々あります。今は大陸でも攻勢中なのでトラックを十分確保できませんでした。
樺太の敵兵力はアレクサンドロフスクに960。オハに468でした。こちらの進攻部隊は約2200。たぶん勝てるはず。

  第13次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 71機
撃墜 戦闘機 9機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
陣地3低下
火砲4

  第14次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 109機 爆撃機 20機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 5機
行方不明 戦闘機 3機 爆撃機 0機
損害:
陣地14低下
火砲2 後方1

  第24次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 24機
損害:
陣地17低下
兵員1 後方1

1944年2月第4ターン
「海防艦221号」シンガポールにて竣工

奮龍4 :80機生産
4式重爆1型:20機生産

誉1型:35基生産
光 : 6基生産

92式10p加農砲:90門生産
日本軍トラック : 4台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第15次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 9機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
陣地2低下
火砲1 後方2

  第37次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 350機 爆撃機 85機 偵察機 38機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 3機 偵察機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 47機 爆撃機 26機
撃墜 戦闘機 28機 爆撃機 25機
戦果:
兵員3
飛行場142低下
戦闘機5 爆撃機10

  第94次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 53機 爆撃機 45機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 19機
損害:
陣地40低下

樺太攻略戦開始だ。
_15-9-18_14-37-36_No-27.jpg
弾薬と輸送力はある程度余裕を持たせてます。
_15-9-18_14-37-54_No-28.jpg
敵の陣地レベルは3で、これが厄介です。こちらはそれほど火力はありません。もっと重砲が欲しいところ。
_15-9-18_14-38-21_No-29.jpg
総攻撃で士気ダメージは2でした。空挺作戦ではないので、敵の士気はまだ2あります。
2ラウンド目で士気-1、3ラウンド目で士気-1、敵退却。
_15-9-18_14-39-12_No-30.jpg
結構きつい。空挺作戦の用意をするべきだったか?
敵は約半数がオハに後退。こちらの損害389ユニット。
  第1次アレクサンドロフスク攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 530 火砲1047 車両 633 後方 865
  日本軍損害 兵員 83 火砲 191 車両 115 後方 36
  連合軍参加兵力 兵員 450 火砲 450 車両 60 後方 2700
  連合軍損害 兵員 249 火砲 200 車両 44 後方 530
    アレクサンドロフスク占領
オハの様子↓
_15-9-18_14-40-20_No-31.jpg
数は909でした。陣地は1000。ただし地形は森林で防御効果は大きいです。
一方こちらの兵力は1821。

  第41次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 111機
撃墜 爆撃機 27機
損害:
陣地90低下

  第42次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 171機
撃墜 爆撃機 37機
損害:
陣地185低下

1944年2月第5ターン
爆撃機「銀河11型」開発完了

最上:新造型軽巡「名張」横須賀にて竣工

「1等輸44号」釧路にて竣工

銀河11型 :10機生産
零戦54型 :30機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型:45機生産

誉1型 :75基生産
金星4型: 5基生産

98式軽戦車改:135両生産
日本軍トラック : 4台生産

チリ車台:91台生産


潜水艦 セラフ 爆雷により沈没
潜水艦 シードッグ 爆雷により沈没
潜水艦 スピアーフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 タレント 爆雷により沈没
潜水艦 トレスパシャー 爆雷により沈没
潜水艦 シビル 爆雷により沈没
潜水艦 ソーロー 爆雷により沈没


  第43次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 134機
撃墜 爆撃機 28機
損害:
陣地100低下

  第44次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 85機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地60低下

  第15次インパール爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 334機 爆撃機 48機 偵察機 57機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 3機 偵察機 4機
連合迎撃総数 戦闘機 116機 爆撃機 36機
撃墜 戦闘機 31機 爆撃機 19機
戦果:
兵員13 火砲2 後方1
飛行場156低下
戦闘機11 爆撃機25

樺太。敵が立てこもるオハへ進攻。勝利は目前だ。
_15-9-18_14-59-0_No-32.jpg
なんと敵は死守命令発動。これは勝てないが引き下がるわけには行かぬ。
進めー、奴らを皆殺しにするんだ!
_15-9-18_14-59-27_No-33.jpg
_15-9-18_15-0-28_No-34.jpg
敵の損害率58%。さすがに次で勝てるだろう・・・
  第1次オハ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 427 火砲 856 車両 518 後方 829
  日本軍損害 兵員 121 火砲 283 車両 178 後方 80
  連合軍参加兵力 兵員 435 火砲 435 車両 39 後方 0
  連合軍損害 兵員 293 火砲 195 車両 34 後方 0

  第45次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 148機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地270低下
火砲1

エニウェトクに来た敵上陸艦隊を撃退↓
_15-9-18_15-2-47_No-35.jpg
  第6次クェゼリン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 28機 爆撃機 28機
撃墜 戦闘機 24機 爆撃機 28機
日本迎撃総数 戦闘機 265機
撃墜 戦闘機 2機

  第1次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 98機
撃墜 戦闘機 17機
損害:
火砲1

  第1次バーモ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地6低下
兵員8 車両1

  第16次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 109機 爆撃機 15機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 4機
行方不明 戦闘機 2機 爆撃機 0機
損害:
陣地20低下
火砲3 後方3

  第4次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 106機
撃墜 爆撃機 26機
日本迎撃総数 戦闘機 61機
撃墜 戦闘機 11機
損害:
飛行場23低下
戦闘機4 偵察機1

1944年2月第6ターン
爆撃機「流星艦爆」開発完了

「海防艦222号」佐世保にて竣工

「海防艦223号」シンガポールにて竣工
「日商船167号」シンガポールにて竣工

流星艦爆 :75機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型:45機生産

誉1型:115基生産
光 : 2基生産

96式15p榴弾砲:90門生産
日本軍トラック : 4台生産

6t牽引車車台:91台生産

ついに流星が生産可能になりました。これで空母も強くなるぞ。

樺太戦線。オハに再度進攻。今度は勝つ。
_15-9-18_20-47-56_No-37.jpg
ハイクを詠むんだな、と総攻撃するも伏撃でかわされる。
でも死守命令じゃないので普通に士気ダメージで勝てます。
結果↓
_15-9-18_20-48-32_No-38.jpg
苦戦したけど勝てば勝利なのだ!
  第2次オハ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 306 火砲 573 車両 340 後方 442
  日本軍損害 兵員 32 火砲 72 車両 40 後方 13
  連合軍参加兵力 兵員 142 火砲 240 車両 5 後方 0
  連合軍損害 兵員 142 火砲 240 車両 5 後方 0
    オハ占領

  第2次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 87機 爆撃機 1機
撃墜 戦闘機 15機 爆撃機 0機
損害:
陣地3低下
火砲2

  第16次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地48低下
兵員3

  第5次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 81機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 14機
損害:
飛行場20低下
戦闘機4 偵察機1

  第1次シンゴラ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 81機
撃墜 戦闘機 3機
損害:
陣地8低下
兵員4 火砲3

  第2次メルギー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 40機 爆撃機 76機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 23機
日本迎撃総数 戦闘機 37機
撃墜 戦闘機 2機
損害:
陣地165低下
飛行場15低下
戦闘機1 爆撃機4

ドイツ派遣の潜水隊が敵哨戒隊に見つかる。
_15-9-18_21-8-46_No-39.jpg
前ターンにも発見されて損害を受けていたため、ついに1隻撃沈される。往路なのでUボートの派遣数が減りました。
輸送潜水艦 伊28号 爆雷により沈没


1944年2月第7ターン
「日商船168号」佐世保にて竣工
「日商船169号」佐世保にて竣工

「1等輸45号」釧路にて竣工
「1等輸46号」釧路にて竣工

流星艦爆 :75機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型:45機生産

誉1型 :115基生産
瑞星1型: 2基生産

96式15p榴弾砲 :90門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第2次サイヨク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 105機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 15機 爆撃機 9機
損害:
兵員18 火砲16 後方9

潜水艦 カブリラ 爆雷により沈没
潜水艦 ボーンフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ターポン 爆雷により沈没
潜水艦 アスプロ 爆雷により沈没
潜水艦 ビルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 シーライオン 爆雷により沈没
潜水艦 パーミット 爆雷により沈没
潜水艦 トライトン 爆雷により沈没


  第38次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 335機 爆撃機 174機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 8機
連合迎撃総数 戦闘機 31機 爆撃機 22機
撃墜 戦闘機 27機 爆撃機 22機
戦果:
陣地1290低下
兵員1 後方6

  第2次アキャブ攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 100機 輸送機 100機 空挺分隊 80
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 3機
  日本軍参加兵力 兵員1910 火砲1726 車両 352 後方 810
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 710 火砲 546 車両 80 後方 820
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    アキャブ占領

  第1次ミイトキーナ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
火砲7

  第17次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 95機 爆撃機 11機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 1機
行方不明 戦闘機 2機 爆撃機 0機
損害:
陣地24低下
火砲5 後方1

  第6次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 8機
行方不明 爆撃機 11機
損害:
飛行場12低下
戦闘機2 偵察機1

1944年2月第8ターン
流星艦爆 :75機生産
4式重爆1型:45機生産

誉1型 :115基生産
金星4型: 5基生産

92式10p加農砲:90門生産
日本軍トラック : 4台生産

6t牽引車車台:91台生産


潜水艦 スレッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 ベキュナ 爆雷により沈没
潜水艦 スヌーク 爆雷により沈没
潜水艦 ランナー 爆雷により沈没
潜水艦 キングフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ガードフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 グルーパー 爆雷により沈没
潜水艦 チャブ 爆雷により沈没
潜水艦 レイポン 爆雷により沈没
潜水艦 パーチ 爆雷により沈没

ビルマ戦線でアキャブを攻略しました。敵はチッタゴンに後退しましたが、ミンギャンの英軍が孤立。その穴埋めに敵の増援があります。
_15-9-18_21-44-29_No-40.jpg
_15-9-18_21-44-20_No-41.jpg
新型のバレンタイン11戦車を装備してました。まあセンチュリオンに更新されるまで英軍の戦車は強くないです。この方面にはチャーチル戦車とかは配備されないのでしょう。

1944年2月第9ターン
「伊108号」呉にて竣工

「1等輸47号」釧路にて竣工

流星艦爆 :75機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型:45機生産

誉1型 :155基生産
金星4型: 5基生産

92式10p加農砲 :90門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第18次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 50機
撃墜 戦闘機 8機
行方不明 戦闘機 1機
損害:
火砲1

1944年2月第10ターン
「日商船172号」佐世保にて竣工

流星艦爆 :75機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型:45機生産

金星6型:250基生産

99式88mm高射砲:72門生産
日本軍トラック : 4台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第19次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 89機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地50低下

  第20次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機
撃墜 戦闘機 10機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
陣地3低下
火砲3 後方1

  第19次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地63低下
火砲2

  第21次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 190機 爆撃機 11機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 1機
行方不明 戦闘機 6機 爆撃機 0機
損害:
陣地8低下
火砲2 車両1 後方6

  第1次ミンギャン爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 166機
撃墜 爆撃機 6機
戦果:
陣地1440低下
兵員1 後方7

1944年3月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:139動員
日本軍整備分隊: 45動員
日本軍空挺分隊: 23動員

「日商船173号」シンガポールにて竣工
「日商船174号」シンガポールにて竣工

流星艦爆 :95機生産
4式重爆1型:50機生産
キ105輸送機: 4機生産

誉1型 :150基生産
瑞星1型: 4基生産

92式10p加農砲:90門生産
日本軍トラック : 4台生産

6t牽引車車台:91台生産


潜水艦 ドラゴニット 爆雷により沈没


  第22次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 85機 爆撃機 58機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 14機
損害:
陣地25低下
火砲1 車両1

  第23次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 64機
撃墜 戦闘機 10機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
火砲1 車両1

  第46次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 238機
撃墜 爆撃機 39機
損害:
陣地130低下

  第1次大理防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
兵員4 車両1

  第7次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 100機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 17機
損害:
飛行場24低下
戦闘機5 偵察機1

中国の出現根拠地、綿陽が残っていましたが、準備が出来たので攻略します。
_15-9-20_10-15-8_No-42.jpg
恐るべき悪路でトラックが1ラウンドに9%も落伍。うっかり弾薬まで喪失してしまった。
結果↓
_15-9-20_10-16-16_No-43.jpg
死守さえされなければ勝てます。

  第1次綿陽攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 99機 空挺分隊150
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 150 火砲1929 車両1921 後方 1727
  日本軍損害 兵員 15 火砲 299 車両 162 後方 90
  連合軍参加兵力 兵員1396 火砲 387 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員1396 火砲 387 車両 0 後方 0
    綿陽占領

1944年3月第2ターン
  第2次日中和平交渉

花月型駆逐艦「秋雲」舞鶴にて竣工
「日商船175号」佐世保にて竣工

流星艦爆 :60機生産
零式水偵 : 4機生産
4式重爆1型:20機生産

誉1型:75基生産

92式10p加農砲:90門生産
日本軍トラック : 4台生産

6t牽引車車台:91台生産

ウルシーに来た敵上陸艦隊を待ち伏せ撃退。
_15-9-20_11-46-19_No-44.jpg
前ターン、トラックの哨戒圏に一瞬入った敵艦隊がいたので待ち伏せてましたが、遭遇してみると思いのほか護衛兵力が強力なLSD部隊でした。海戦を回避できて良かったです。

  第47次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 202機
撃墜 爆撃機 40機
損害:
陣地85低下

  第24次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 71機 爆撃機 45機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 12機
損害:
火砲1

  第2次ミンギャン爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 161機
撃墜 爆撃機 5機
戦果:
陣地610低下
兵員2 後方1

ビルマ戦線、包囲したミンギャンを攻略します。
_15-9-20_11-53-35_No-45.jpg
小癪にも総攻撃を回避される。ぐぬぬ・・・
_15-9-20_11-54-19_No-46.jpg
  第1次ミンギャン攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 100機 輸送機 100機 空挺分隊100
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 4機
  日本軍参加兵力 兵員1400 火砲 826 車両 512 後方 810
  日本軍損害 兵員 128 火砲 69 車両 39 後方 27
  連合軍参加兵力 兵員 466 火砲 334 車両 48 後方 0
  連合軍損害 兵員 466 火砲 334 車両 48 後方 0
    ミンギャン占領

  第127次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 25機
損害:
陣地140低下

  第2次大理防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
兵員5

  第95次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 66機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 24機 爆撃機 21機
損害:
陣地50低下

  第25次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機
撃墜 戦闘機 13機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
陣地2低下
火砲2 車両2

  第2次バーモ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地60低下

  第8次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 79機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 14機
損害:
飛行場20低下
戦闘機4 偵察機1

  第1次ブラゴエシチェンスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 158機 爆撃機 95機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 6機
連合迎撃総数 戦闘機 65機
撃墜 戦闘機 29機
戦果:
兵員3
飛行場134低下
戦闘機2 爆撃機30

1944年3月第3ターン
科学技術「15p対潜奮進砲」開発完了

流星艦爆 :80機生産
晴空 : 1機生産
100式重爆2型:30機生産
97式司偵1型 : 4機生産

誉1型:75基生産

25mm連装機銃 :216門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第5次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 32機 爆撃機 32機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 14機
日本迎撃総数 戦闘機 117機
撃墜 戦闘機 3機

  第11次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地45低下

  第48次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 96機
撃墜 爆撃機 18機
損害:
陣地120低下

  第1次ウルシー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機
撃墜 戦闘機 9機
損害:
火砲1

  第49次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地60低下

  第2次ブラゴエシチェンスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 151機 爆撃機 648機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 21機
連合迎撃総数 戦闘機 32機
撃墜 戦闘機 31機
戦果:
陣地4370低下
兵員15 火砲5 後方50
飛行場120低下
戦闘機2 爆撃機29

  第26次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 74機
撃墜 戦闘機 13機
行方不明 戦闘機 2機
損害:
陣地5低下
火砲2 車両7

  第27次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 170機 爆撃機 9機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 1機
行方不明 戦闘機 3機 爆撃機 0機
損害:
陣地26低下
火砲2 車両15 後方2

  第1次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 16機
損害:
陣地3低下
兵員6

  第96次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 75機 爆撃機 66機
撃墜 戦闘機 27機 爆撃機 24機
損害:
陣地190低下

  第9次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 13機
損害:
飛行場10低下
戦闘機1 偵察機1

1944年3月第4ターン
銀河11型:30機生産
晴空 : 1機生産
キ65戦2型:60機生産

誉1型:75基生産

92式10p加農砲 :90門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第28次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 51機 爆撃機 20機
撃墜 戦闘機 10機 爆撃機 5機
損害:
車両2

  第3次ブラゴエシチェンスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 96機
撃墜 爆撃機 10機
戦果:
兵員1
飛行場103低下
セメント15 軽油270低下

  第97次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 20機
損害:
陣地50低下

  第20次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地40低下

  第29次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 74機
撃墜 戦闘機 13機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
陣地2低下
火砲2 車両2

1944年3月第5ターン
陸戦兵器「ホリ車」開発完了

明石型工作艦「聖川丸」釧路にて竣工

流星艦爆 :95機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型:55機生産

ハ42-1型:210基生産

ホリ車 :67両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第4次ブラゴエシチェンスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 12機
戦果:
兵員1
飛行場80低下

  第1次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 84機 爆撃機 27機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
損害:
陣地89低下
火砲14 車両2

  第1次ミンギャン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 64機
撃墜 爆撃機 3機
損害:
陣地3低下
兵員12 車両3

  第2次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 68機
撃墜 爆撃機 25機
損害:
陣地3低下
兵員2

  第3次バーモ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地60低下

1944年3月第6ターン
「日商船176号」佐世保にて竣工

「海防艦224号」シンガポールにて竣工
「海防艦225号」シンガポールにて竣工

東海 :50機生産
4式重爆1型:45機生産

誉1型:155基生産
光 : 4基生産

ホリ車 :67両生産
日本軍トラック:12台生産

チリ車台:91台生産


  第30次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 147機
撃墜 戦闘機 23機
行方不明 戦闘機 10機
損害:
陣地5低下
火砲4 車両2

  第31次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 112機
撃墜 戦闘機 16機
行方不明 戦闘機 3機
損害:
陣地4低下
火砲3 車両10

ニューギニア方面。敵基地航空機がやたらしつこく地上部隊を削ってくるのでアイタペから後退することに。
_15-9-20_17-19-49_No-47.jpg
せっかく構築した陣地が勿体無いけど。
陣地があっても、敵の爆装した戦闘機は陣地ではなく部隊を狙うので少しずつ兵力が削られるのです。
兵力的にはポートモレスビー攻略は十分可能なんですが、今戦線を前に出したくないです。オーストラリアから重爆が飛んでくるので補給もやりにくいし。

  第2次ミンギャン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 68機
撃墜 爆撃機 2機
損害:
陣地7低下
兵員11 車両6

  第5次ブラゴエシチェンスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 8機
戦果:
兵員1
飛行場61低下

1944年3月第7ターン
花月型駆逐艦「巻雲」舞鶴にて竣工

松型駆逐艦「桜」釧路にて竣工
松型駆逐艦「初桜」釧路にて竣工
松型駆逐艦「菫」釧路にて竣工
松型駆逐艦「楠」釧路にて竣工

天山艦攻12型:80機生産
晴空 : 1機生産
4式重爆1型 :45機生産

ハ42-1型:210基生産

5式中戦車 :67両生産
日本軍トラック:12台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第98次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 54機 爆撃機 51機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 23機
損害:
陣地80低下

  第3次ミンギャン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 1機
損害:
陣地3低下
兵員10 車両4 後方1

  第3次大理防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地9低下
兵員2 後方19

  第10次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 110機
撃墜 爆撃機 24機
日本迎撃総数 戦闘機 63機
撃墜 戦闘機 11機
損害:
飛行場28低下
戦闘機5 偵察機1 輸送機1

1944年3月第8ターン
陸戦兵器「5式150mm高射砲」試作完成

「1等輸48号」横須賀にて竣工
瑞龍型空母「瑞龍」神戸にて竣工

銀河11型 :20機生産
流星艦爆 :20機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦1型丁:96機生産

ハ42-1型:210基生産

日本軍ブルドーザー:200台生産
日本軍トラック :284台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第4次ミンギャン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 75機
撃墜 爆撃機 2機
損害:
陣地4低下
兵員8 車両4

1944年3月第9ターン
「海防艦226号」舞鶴にて竣工
「海防艦227号」神戸にて竣工

「1等輸49号」釧路にて竣工
「1等輸50号」釧路にて竣工

銀河11型 :20機生産
流星艦爆 :20機生産
零式水偵 : 3機生産
4式重爆1型:45機生産

誉1型 :155基生産
金星4型: 5基生産

ホリ車 :67両生産
日本軍トラック:12台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

英国はシーファイア艦戦を配備開始
ソ連はLa7戦を配備開始



  第50次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 334機
撃墜 爆撃機 51機
損害:
陣地425低下
兵員1

  第4次大理防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地11低下
火砲4 車両4

  第5次大理防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地19低下
兵員2 火砲9 車両6

1944年3月第10ターン
「海防艦228号」神戸にて竣工

銀河11型 :20機生産
流星艦爆 :20機生産
晴空 : 1機生産
キ65戦2型 :80機生産
キ105輸送機: 4機生産

誉1型 :155基生産
金星4型: 5基生産

ホリ車 :67両生産
日本軍トラック:12台生産

チリ車台:91台生産


潜水艦 シーウルフ 爆雷により沈没
潜水艦 シアロウ 爆雷により沈没

日本近海に敵上陸艦隊出現↓
_15-9-23_21-12-4_No-48.jpg
対策してないとパニックになる事態ですね。
スーパーカミカゼタイム開始で、100式重爆と銀河で誘導弾をぶち込みます。

  第1次横須賀防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 22機 爆撃機 21機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 10機
日本迎撃総数 戦闘機 77機
撃墜 戦闘機 3機

  第1次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 25機 爆撃機 56機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 12機
連合迎撃総数 戦闘機 23機
撃墜 戦闘機 6機
輸送船 連商船21号 誘導弾により沈没
タンカー 連商船5号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST50号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST2号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船46号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST48号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST41号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船27号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船45号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST44号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船40号 誘導弾により沈没
護衛空母 セントロー 誘導弾により沈没
護衛空母 ナトマベイ 誘導弾により沈没
護衛空母 カード 誘導弾により沈没
護衛空母 カサブランカ 誘導弾により沈没

  第2次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 36機
撃墜 爆撃機 7機
大型輸送艦 LST34号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST35号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船20号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船17号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船32号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船34号 誘導弾により沈没
タンカー 連商船6号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST47号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船43号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST4号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船44号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST43号 誘導弾により沈没
護衛空母 アルタマハ 誘導弾により沈没
護衛空母 シェナンゴ 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST45号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船11号 誘導弾により沈没

  第6次ブラゴエシチェンスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 124機
撃墜 爆撃機 8機
戦果:
兵員2
飛行場103低下
セメント55 軽油650低下

  第5次ミンギャン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 90機
撃墜 爆撃機 7機
損害:
陣地3低下
兵員5 火砲4 車両3

  第99次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 22機
損害:
陣地50低下

  第1次ボルジャ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 380機
撃墜 爆撃機 8機
戦果:
陣地3610低下
兵員5 火砲4 後方100

  第6次大理防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地135低下
兵員1

対ソ連戦線。ボルジャに攻め込みます。
_15-9-23_21-26-38_No-50.jpg
_15-9-23_21-29-6_No-49.jpg
本命は北側なので、数が多いだけで小型火砲や歩兵が主体の編成です。それでもこの数なら勝てます。
_15-9-23_21-29-51_No-51.jpg
_15-9-23_21-30-40_No-52.jpg
  第1次ボルジャ攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 100機 輸送機 100機 空挺分隊100
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 2機
  日本軍参加兵力 兵員1473 火砲1667 車両 860 後方 1000
  日本軍損害 兵員 187 火砲 239 車両 98 後方 24
  連合軍参加兵力 兵員 895 火砲 743 車両 243 後方 4790
  連合軍損害 兵員 261 火砲 176 車両 119 後方 351
    ボルジャ占領

  第11次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 90機
撃墜 爆撃機 22機
日本迎撃総数 戦闘機 43機
撃墜 戦闘機 7機
損害:
飛行場22低下
戦闘機4 偵察機1



1943年12月第1ターンから40ターンでした。戦闘が多発したのでやたら長い記事になりました。
米艦隊はサモアに落ち着いて小康状態。上陸艦隊はマイペースだけど。
各地で陸戦多発。敵には定数があるので無闇に数は多くなく士気ダメージで勝てるので、勝って前進するのに大きな損害は受けませんが、敵が定数を回復するために鉄道で増援を出すため、進攻するたびに抵抗があります。
posted by うらマッハ at 17:49| Comment(0) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: