2016年03月15日

39年キャンペーン「帝国国防方針」独伊大型艦付き(17)

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/


設定変更、目標・縛りは最初の記事参照↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/142263131.html

縛り追加、イ号誘導弾1型乙装備機の発進は1ターン100機までとする。

1944年12月第1ターンから1945年3月第10ターンまで。
ブロックスクリーク攻略戦。
マドラス攻略戦。死守。
メジュロ防衛戦。全滅。
ニューギニアで前進。敵艦隊ニューカレドニアに集結。超大型輸送船を目撃。


確認した敵新兵器
Yak9P戦 1945年1月第4ターン
SB2C4艦爆 1945年1月第6ターン
F4U艦戦 1945年1月第9ターン
センチュリオン3戦車 1945年2月第4ターン
P51H戦 1945年2月第9ターン
QHAソナー 1945年3月第9ターン


1944年12月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

蒼空 :10機生産
晴空 :14機生産
4式重爆1型 :60機生産
100式司偵3型:10機生産
4式戦丙 : 6機生産

火星25型:300基生産

ホリ車 :67両生産
日本軍トラック:12台生産

チリ車台:91台生産

終盤戦になってきました。極力戦闘は避けてますが、それでも戦闘頻度が上がってきます。

ポートダーウィンに上陸しましたが、ブロックスクリーク戦で敗退したところ。増援をよこせ!
_16-1-9_18-8-53_No-01.jpg
タウンスビル発のB29編隊が大型爆弾をばらまく。大型爆弾は戦艦を狙う傾向があるので、戦艦を護衛に連れていれば耐えてくれます。

  第2次ポートダーウィン沖海空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 110機
撃墜 爆撃機 28機
日本迎撃総数 戦闘機 104機
撃墜 戦闘機 22機

  第2次ブロックスクリーク爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 104機 爆撃機 22機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 3機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 14機
撃墜 戦闘機 0機
戦果:
陣地90低下
兵員2 後方2
飛行場122低下
戦闘機1 爆撃機9

ポートダーウィンに増援した輸送飛行艇。これで歩兵をすばやく輸送できますし、空挺作戦もできる。輸送船団を待つと時間がかかる。
_16-1-9_18-12-29_No-02.jpg
次のターン、天候次第で進攻します。

潜水艦 タクテシャン 爆雷により沈没
潜水艦 シャリマー 爆雷により沈没
潜水艦 スラッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 タレント 爆雷により沈没
潜水艦 セラフ 爆雷により沈没
潜水艦 テレマカス 爆雷により沈没
潜水艦 シー・シンフ 爆雷により沈没
潜水艦 ソーン 爆雷により沈没
潜水艦 サファリ 爆雷により沈没
潜水艦 スパーク 爆雷により沈没


1944年12月第2ターン
「日商船193号」青森にて竣工
瑞龍型空母「鎌鷹」青森にて竣工
「海防艦248号」青森にて竣工

銀河16型:20機生産
奮龍5 :20機生産

火星25型:300基生産

97式曲射歩兵砲:271門生産

チリ車台:91台生産


ブロックスクリークは晴れ。戦闘日和だぜ。
空母がいるので爆撃しておく。
_16-1-11_18-10-43_No-03.jpg
地上攻撃では紫電改もなかなか強いです。
第3次ブロックスクリーク爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 199機 爆撃機 24機
撃墜 戦闘機 15機 爆撃機 2機
行方不明 戦闘機 3機 爆撃機 0機
戦果:
陣地139低下
兵員21 火砲13 後方11

続けて空挺作戦。対空砲火で輸送機が撃ち減らされますが、数を用意すれば空挺兵に損害は及びません。今回ちょっと危なかったかも。
敵ユニットは800以下なので、最低数の40が降下できれば成功します。
_16-1-11_18-13-16_No-04.jpg
今度は死守されませんでした。キミ達は完全に包囲されている!
  第2次ブロックスクリーク攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 30機 空挺分隊 40
撃墜 輸送機 7機
  日本軍参加兵力 兵員 353 火砲 646 車両 320 後方 500
  日本軍損害 兵員 16 火砲 39 車両 36 後方 8
  連合軍参加兵力 兵員 261 火砲 200 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 261 火砲 200 車両 0 後方 0
    ブロックスクリーク占領
占領できました。
歩兵+戦車と同数までしか火砲は進攻戦に参加できない、という縛りのお陰で手間取ることになりました。

  第3次ポートダーウィン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 81機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
兵員4
輸送機37
飛来したB29に輸送飛行艇をすべて破壊される。1コマンド陸戦が遅かったらやばかったわ・・・
追加ダメージで整備分隊が4つもやられる。

  第5次ビローク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 13機
連合迎撃総数 戦闘機 27機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
兵員2
飛行場55低下
戦闘機12 爆撃機11

潜水艦 ラッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 ドラゴニット 爆雷により沈没
潜水艦 ソーリ 爆雷により沈没
潜水艦 カペリン 爆雷により沈没


1944年12月第3ターン
陸戦兵器「タハ車改対空戦車」試作完成

「掃海艇41号」青森にて竣工

流星艦爆:100機生産
奮龍5 : 10機生産
4式戦丙 : 92機生産

誉1型 :180基生産
ハ43-1型: 8基生産

ホリ車 :67両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


潜水艦 ブルーギル 爆雷により沈没
潜水艦 グレイバック 爆雷により沈没
潜水艦 ピカラル 爆雷により沈没
潜水艦 フラウンダー 爆雷により沈没

インド戦線。マドラスまでもう少し。
_16-1-11_19-45-37_No-05.jpg
乾季が来て晴れが多くなった。
_16-1-11_19-47-15_No-06.jpg
兵力差的に敵はすぐ退却するかと思いましたが、抵抗されました。
_16-1-11_19-48-17_No-06.jpg
  第1次ビジャヤワダ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員1749 火砲1477 車両 774 後方 3017
  日本軍損害 兵員 260 火砲 133 車両 107 後方 49
  連合軍参加兵力 兵員1094 火砲 848 車両 128 後方 1319
  連合軍損害 兵員 415 火砲 299 車両 55 後方 63
    ビジャヤワダ占領

  第13次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 73機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地30低下

  第1次ビジャヤワダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 121機 爆撃機 103機
撃墜 戦闘機 27機 爆撃機 25機
損害:
兵員12 後方23

1944年12月第4ターン
「海防艦249号」シンガポールにて竣工

銀河16型: 40機生産
奮龍5 : 30機生産
4式戦甲 :149機生産

誉2型 :185基生産
ハ43-1型: 2基生産

ホリ車 :67両生産
日本軍トラック:12台生産

6t牽引車車台:91台生産


続けてマドラスに攻め込む。陣地はまだ薄いし、地形は平地だ。たぶん勝てるはず?
_16-1-11_21-44-23_No-07.jpg
死守されました。こらアカンわ、2ラウンド目に撤退する、追撃されるが我慢。
_16-1-11_21-45-25_No-08.jpg
これで勝ったと思うなよー
  第1次マドラス攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員1477 火砲1344 車両 667 後方 3279
  日本軍損害 兵員 181 火砲 87 車両 75 後方 61
  連合軍参加兵力 兵員1250 火砲 954 車両 128 後方 0
  連合軍損害 兵員 305 火砲 213 車両 25 後方 0

  第2次ビジャヤワダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 95機 爆撃機 79機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 21機
損害:
兵員7 後方16

潜水艦 スプレンディド 爆雷により沈没
潜水艦 ソーロー 爆雷により沈没
潜水艦 ターブレント 爆雷により沈没
潜水艦 ストロングボウ 爆雷により沈没
潜水艦 スタバーン 爆雷により沈没
潜水艦 サーフ 爆雷により沈没
潜水艦 トリビューン 爆雷により沈没
潜水艦 タンティビ 爆雷により沈没
潜水艦 タンタロス 爆雷により沈没
潜水艦 ストラティジャム 爆雷により沈没


潜水艦 タイルフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 パイク 爆雷により沈没
潜水艦 セイブルフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 アングラー 爆雷により沈没


1944年12月第5ターン
晴空 :30機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型:70機生産

誉1型 :180基生産
ハ43-1型: 8基生産

ホリ車 :67両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

チト車台:91台生産


  第58次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地30低下

メジュロに敵上陸艦隊、指揮パニック。タスケテー
_16-1-12_13-4-21_No-09.jpg
戦艦1隻、巡洋艦3隻が護衛に付いてる上陸艦隊。
輸送船10隻セットで、陸上ユニットは1100くらいでしょう。こっちは小型砲など300ほど・・・
_16-1-12_13-6-44_No-10.jpg
まず敵の総攻撃をかわすため伏撃しますが、カラ振り。
2ラウンド目で死守。ここで敵は総攻撃で、こちらは大損害を受ける。
_16-1-12_13-7-59_No-11.jpg
陣地で耐えますが、次のターンは絶対陥落します。
  第6次メジュロ防衛戦
損害:
陣地517低下
火砲1
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 268 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 224 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 600 火砲 400 車両 120 後方 440
  連合軍損害 兵員 128 火砲 73 車両 19 後方 38

クェゼリンの戦闘艦は多くが留守だったので、航空隊の飽和攻撃で対処する。500機越えの大編隊でボコボコしてくれる。
_16-1-12_13-10-54_No-12.jpg
  第4次メジュロ沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 205機 爆撃機 363機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
敵艦隊が見つかりませんでした・・・。未発見率は数%ありましたが、それを引いちゃった。
これがあるから大編隊での爆撃は今まであまりしませんでしたが、たまには大丈夫だろうと油断してました。

  第7次クェゼリン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 25機 爆撃機 22機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 17機
日本迎撃総数 戦闘機 145機
撃墜 戦闘機 3機

ええい、旧式機でもいいから出撃せいや。
_16-1-12_13-12-18_No-13.jpg
  第5次メジュロ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 182機
撃墜 爆撃機 69機
連合迎撃総数 戦闘機 83機
撃墜 戦闘機 3機
輸送船 連商船77号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST82号 爆撃により沈没
輸送船 連商船75号 爆撃により沈没
輸送船 連商船76号 爆撃により沈没
彗星が主体の編隊でしたが、輸送船3隻を減らしてくれました。これならギリギリ持つか?

  第3次ビジャヤワダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機 爆撃機 59機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 15機
損害:
陣地2低下
兵員2 後方7

1944年12月第6ターン
「1等輸62号」佐世保にて竣工

「日商船205号」シンガポールにて竣工

銀河16型: 40機生産
奮龍5 : 30機生産
4式戦甲 :149機生産

誉2型 :180基生産
ハ43-1型: 8基生産

4式中戦車 :77両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産
日本軍トラック : 2台生産

チト車台:91台生産

例によって(?)、敵が先行とりました。いきなり上陸してくる。不運というのは続くものです。
_16-1-12_13-22-59_No-14.jpg
上陸艦隊は掃海艇を持ってるので機雷もそれほどヒットしません。2戦目になると運のない小型艦が沈みますが。
守備隊は残り100ほど、工兵や整備兵もすべて出撃だ。
まずは伏撃、またまた失敗。通常攻撃でこちらの損害率20%。5ラウンド持つのか・・・?
_16-1-12_13-24-27_No-15.jpg
2ラウンドは総攻撃を受け、損害率は55%になる。
5ラウンド目の撃ち合い終了時↓
_16-1-12_13-25-21_No-16.jpg
ついに全滅しましたが、降伏判定は次のラウンドになります。つまり勝ったのだ・・・
あと、5ラウンド終わりに敵はなんと弾薬切れ、一気に士気0。まあ関係ないはずだけど、なかなか見れないかも。
_16-1-12_13-25-38_No-17.jpg
極道映画や反戦映画のような皆殺し展開になりました。これがセンソーだ!
  第7次メジュロ防衛戦
損害:
陣地439低下
  日本軍参加兵力 兵員 46 火砲 56 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 46 火砲 56 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 332 火砲 234 車両 81 後方 292
  連合軍損害 兵員 75 火砲 45 車両 16 後方 25
大型輸送艦 LST76号 触雷により沈没
駆逐艦 ホール 触雷により沈没

  第59次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 80機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地15低下
一方で、タラワに攻撃中の敵打撃艦隊の様子↓
_16-1-12_16-14-56_No-18.jpg
モンタナ型が3隻います。本土に来たら誘導弾で始末するのだが、最前線では手は出せない。

  第4次ビジャヤワダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 56機 爆撃機 44機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 11機
損害:
陣地4低下
兵員4 後方5

メジュロがひどい目に合ったらしいが、戦線異常ナシ。
ニューギニアへ本格進攻のため、輸送作戦だ。
_16-1-12_16-10-9_No-18.jpg
こちらが海上作戦するといつもやってくるB29隊。
毎度の「ここは任せて先に行け」作戦です。戦闘艦部隊で敵の攻撃を受けてる間に輸送する。
_16-1-12_16-10-58_No-19.jpg

  第1次サルミ沖海空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 79機
撃墜 爆撃機 26機
日本迎撃総数 戦闘機 121機
撃墜 戦闘機 28機

  第60次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 50機 爆撃機 106機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 21機
損害:
陣地62低下
兵員1 火砲1

1944年12月第7ターン
瑞龍型空母「神鷹」青森にて竣工

銀河16型 :40機生産
奮龍5 :30機生産
100式輸送機2型:80機生産

火星25型:300基生産

25mm連装機銃 :216門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

チト車台:91台生産


  第61次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 44機 爆撃機 148機
撃墜 戦闘機 5機 爆撃機 28機
損害:
陣地55低下
火砲1

  第2次サルミ沖海空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 55機
撃墜 爆撃機 16機
日本迎撃総数 戦闘機 53機
撃墜 戦闘機 13機

  第5次ビジャヤワダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 76機 爆撃機 60機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 16機
損害:
陣地7低下
兵員6 後方8

  第1次マドラス爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 14機
戦果:
兵員5
飛行場224低下
戦闘機28 爆撃機24

1944年12月第8ターン
爆撃機「晴嵐水攻」試作完成
戦闘機「火龍1型戦」試作完成

花月型駆逐艦「大月」釧路にて竣工
花月型駆逐艦「山月」釧路にて竣工

銀河16型 :40機生産
晴空 : 2機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型:70機生産

ハ42-1型:250基生産

25mm連装機銃 :216門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第6次ビジャヤワダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 48機 爆撃機 34機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 7機
損害:
陣地4低下
兵員3 後方8

  第2次マドラス爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 93機
撃墜 爆撃機 13機
戦果:
兵員4 後方1
飛行場121低下
戦闘機27 爆撃機23

1944年12月第9ターン
戦闘機「火龍1型戦」開発中止

「掃海艇15号」呉にて竣工

銀河16型 :40機生産
奮龍5 :30機生産
100式重爆2型:70機生産
97式司偵1型 : 4機生産

火星25型:300基生産

4式中戦車 :77両生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:91台生産


  第2次アイタペ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 200 後方 134
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 30 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 30 火砲 0 車両 0 後方 0
    アイタペ占領

  第32次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 91機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 11機
損害:
車両15 後方3

ニューギニアの米軍機の激しい爆撃。
_16-1-12_17-2-18_No-20.jpg
  第33次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 252機 爆撃機 93機
撃墜 戦闘機 59機 爆撃機 16機
損害:
火砲50 車両9 後方6

  第34次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 80機 爆撃機 23機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 5機
損害:
火砲14 車両3

  第1次マヌス爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 71機
撃墜 爆撃機 1機
戦果:
兵員6
飛行場224低下
戦闘機41 爆撃機18 偵察機8

1944年12月第10ターン
「日商船195号」青森にて竣工
花月型駆逐艦「浦月」呉にて竣工

花月型駆逐艦「青雲」釧路にて竣工

銀河11型 :40機生産
彩雲艦偵 :15機生産
4式重爆1型:70機生産

ハ42-1型:250基生産

日本軍トラック :300台生産
98式20mm高射機関砲:261門生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第1次ウエワク攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 100 車両 100 後方 134
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 14 火砲 3 車両 0 後方 1
  連合軍損害 兵員 14 火砲 3 車両 0 後方 1
    ウエワク占領

  第7次ビジャヤワダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 46機 爆撃機 56機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 11機
損害:
陣地2低下
兵員3 後方10

  第35次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機 爆撃機 43機
撃墜 戦闘機 17機 爆撃機 9機
損害:
火砲11 車両5

  第14次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 90機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
兵員3
飛行場154低下
爆撃機37

  第3次マドラス爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 152機
撃墜 爆撃機 13機
戦果:
陣地460低下
兵員2 後方1

インド。増援が到着し、今度こそマドラスを攻略する。
_16-1-12_17-21-26_No-21.jpg
今度は死守しませんでした。ハイクを詠むんだな!
_16-1-12_17-22-1_No-22.jpg
  第2次マドラス攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 13機 輸送機 80機 空挺分隊120
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 13機
  日本軍参加兵力 兵員1391 火砲1899 車両 710 後方 3540
  日本軍損害 兵員 119 火砲 133 車両 29 後方 21
  連合軍参加兵力 兵員1201 火砲 942 車両 128 後方 0
  連合軍損害 兵員1201 火砲 942 車両 128 後方 0
    マドラス占領

  第1次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 73機
撃墜 爆撃機 16機
損害:
兵員5 火砲1 後方3

  第62次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 38機 爆撃機 114機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 23機
損害:
陣地35低下
火砲1

  第1次ミンドロ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 190機 爆撃機 85機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
陣地500低下
兵員17 火砲10 車両4 後方13

1945年1月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

流星艦爆: 85機生産
零式水偵: 2機生産
4式戦丙 :109機生産

誉2型 :185基生産
ハ43-1型: 2基生産

4式75mm高射砲 :90門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

トラック車台 :135台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第63次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 32機 爆撃機 92機
撃墜 戦闘機 4機 爆撃機 17機
損害:
陣地45低下
火砲1

  第1次マダン攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 711 車両 0 後方 84
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    マダン占領

  第4次サイヨク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 86機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地195低下

  第8次メルギー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 53機
撃墜 戦闘機 12機
損害:
火砲1

  第1次メルギー沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 113機
撃墜 爆撃機 27機
_16-1-12_17-48-41_No-23.jpg
英艦隊を攻撃する爆撃機。

  第2次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
兵員5 後方5

  第1次ウエワク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 35機 爆撃機 140機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 22機
損害:
火砲43 車両8 後方1

  第15次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 87機
撃墜 爆撃機 10機
行方不明 爆撃機 14機
損害:
兵員1
飛行場62低下
戦闘機6 爆撃機8 輸送機1

1945年1月第2ターン
陸戦兵器「タハ車改対空戦車」開発完了

流星艦爆:60機生産
4式戦丙 :36機生産

誉2型 :185基生産
ハ43-1型: 2基生産

4式75mm高射砲 :90門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第1次ラエ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 200 車両 390 後方 295
  日本軍損害 兵員 0 火砲 4 車両 9 後方 7
  連合軍参加兵力 兵員 55 火砲 18 車両 0 後方 10
  連合軍損害 兵員 55 火砲 18 車両 0 後方 10
    ラエ占領

  第5次サイヨク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 37機 爆撃機 34機
撃墜 戦闘機 5機 爆撃機 9機
損害:
陣地78低下
兵員1 火砲1

  第64次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 29機 爆撃機 75機
撃墜 戦闘機 4機 爆撃機 15機
損害:
陣地70低下

潜水艦 ポンポン 爆雷により沈没
潜水艦 ブラックフィン 爆雷により沈没


  第2次ミンドロ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 190機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
兵員25 火砲20 車両7 後方23

  第3次ミンドロ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 95機 爆撃機 38機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
兵員17 火砲10 車両8 後方8

  第36次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 48機 爆撃機 126機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 12機
損害:
陣地101低下
火砲2 車両1

  第16次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 14機
損害:
兵員1
飛行場46低下
戦闘機7 爆撃機4

  第1次レガスピ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 132機
撃墜 爆撃機 0機
戦果:
陣地252低下
兵員17 火砲14 車両3 後方16

1945年1月第3ターン
流星艦爆 :80機生産
彩雲艦偵 :15機生産
97式司偵1型:66機生産

誉1型 :185基生産
ハ43-1型: 2基生産

日本軍トラック :600台生産
97式曲射歩兵砲:121門生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

Uボートからバルコンをもらう。
_16-1-12_21-2-55_No-24.jpg
バルコンは終盤にもらえるようです。潜水隊が発見されにくくなる。


  第2次レガスピ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 191機
撃墜 戦闘機 0機
戦果:
兵員13 火砲6 車両7 後方6

  第2次ウエワク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 35機 爆撃機 103機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 20機
損害:
陣地19低下
火砲23 車両3

1945年1月第4ターン
「呂12号」呉にて竣工
「呂13号」呉にて竣工

銀河16型 :30機生産
零式輸送機: 5機生産
零式水偵 : 1機生産
4式戦甲 :74機生産

誉2型 :185基生産
ハ43-1型: 2基生産

25mm連装機銃 :216門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

トラック車台 :135台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第1次ラエ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 28機 爆撃機 83機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 18機
損害:
陣地14低下
火砲23 車両2 後方2

  第1次ポートモレスビー爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 101機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
兵員9
飛行場271低下
戦闘機18 爆撃機52 偵察機11 輸送機9

1945年1月第5ターン
「呂14号」呉にて竣工

「伊78号」釧路にて竣工
「伊28号」釧路にて竣工

銀河11型 :30機生産
零式輸送機 : 5機生産
零式水偵 : 1機生産
4式重爆1型 :50機生産
97式司偵1型: 6機生産

ハ42-1型:250基生産

25mm連装機銃:216門生産
日本軍トラック : 4台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

こんどはUボートがミソサザイをくれる。魚雷命中率アップ。


1945年1月第6ターン
科学技術「5式2型探信儀」開発完了

輸送船「コンクリート船」開発終了

「呂15号」神戸にて竣工
加賀:新造型空母「金剛」呉にて竣工
補助空母「MT丸」佐世保にて竣工

「海防艦250号」シンガポールにて竣工
「海防艦251号」シンガポールにて竣工

2式大艇23型 :20機生産
晴空 : 3機生産
100式司偵3型:90機生産

金星6型:300基生産

日本軍ブルドーザー:201台生産
日本軍トラック :200台生産
25mm連装機銃 : 16門生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第65次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 164機
撃墜 爆撃機 28機
損害:
陣地165低下

  第66次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地30低下

  第3次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地1低下
兵員4

1945年1月第7ターン
「呂16号」舞鶴にて竣工

銀河11型 :30機生産
1式陸攻34型:15機生産
4式重爆1型 :60機生産
キ105輸送機 : 2機生産

ハ43-1型:214基生産

97式曲射歩兵砲:271門生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第67次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 273機
撃墜 爆撃機 44機
損害:
陣地360低下
火砲1

  第4次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 103機
撃墜 爆撃機 27機
損害:
陣地4低下
兵員2 火砲6

1945年1月第8ターン
花月型駆逐艦「紅雲」舞鶴にて竣工
秋津洲型飛行艇母艦「橿原丸」神戸にて竣工
「伊47号」神戸にて竣工

花月型駆逐艦「春雲」釧路にて竣工
花月型駆逐艦「霜風」釧路にて竣工
花月型駆逐艦「西風」釧路にて竣工
花月型駆逐艦「浜月」釧路にて竣工

銀河11型 :40機生産
奮龍5 :40機生産
4式重爆1型:70機生産
4式戦丙 : 5機生産

ハ42-1型:250基生産

97式曲射歩兵砲:271門生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第68次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 234機
撃墜 爆撃機 39機
損害:
陣地100低下

潜水艦 バラオ 爆雷により沈没
潜水艦 ロバロ 爆雷により沈没


潜水艦 ドラム 爆雷により沈没


  第3次ジョンストン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 124機 爆撃機 25機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 4機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地20低下
火砲5

  第5次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 112機
撃墜 爆撃機 31機
損害:
陣地2低下
兵員5 火砲1

  第17次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 116機
撃墜 爆撃機 25機
日本迎撃総数 戦闘機 89機
撃墜 戦闘機 20機
損害:
兵員2 後方1
飛行場124低下
戦闘機11 爆撃機17 偵察機1 輸送機2

  第2次ポートモレスビー爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 167機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
陣地480低下
兵員34 火砲12 後方29

1945年1月第9ターン
潜水艦「高速中型潜」開発終了

銀河11型: 40機生産
奮龍5 : 40機生産
4式戦甲 :152機生産

誉1型 :185基生産
ハ43-1型: 2基生産

5式150mm高射砲:54門生産
日本軍トラック : 4台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第4次ジョンストン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 114機 爆撃機 21機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 3機
行方不明 戦闘機 2機 爆撃機 0機
損害:
火砲3

  第6次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 82機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地1低下
火砲4

  第18次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 93機
撃墜 爆撃機 10機
行方不明 爆撃機 13機
損害:
兵員1
飛行場64低下
戦闘機5 爆撃機9 偵察機1 輸送機1

  第1次マロエラップ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 33機
撃墜 爆撃機 6機
大型輸送艦 LST78号 爆撃により沈没

  第2次マロエラップ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 49機
撃墜 爆撃機 11機
大型輸送艦 LST74号 爆撃により沈没
輸送船 連商船51号 爆撃により沈没
輸送船 連商船42号 爆撃により沈没

1945年1月第10ターン
神洲丸型大型輸送艦「しまね丸」横須賀にて竣工

「伊48号」釧路にて竣工
花月型駆逐艦「天雲」釧路にて竣工

2式大艇23型: 30機生産
奮龍5 : 10機生産
零式水偵 : 2機生産
4式戦丙 :152機生産

誉2型 :185基生産
ハ43-1型: 2基生産

機動91式10p榴弾砲:108門生産
日本軍トラック : 4台生産

4t牽引車車台 :108台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


ニューギニアを進む。
_16-2-3_11-55-35_No-25.jpg
戦車の追撃で敵を殲滅。弾薬を沢山使う。
  第1次ブナ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 30 火砲 265 車両 265 後方 242
  日本軍損害 兵員 2 火砲 30 車両 27 後方 16
  連合軍参加兵力 兵員 54 火砲 42 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 54 火砲 42 車両 0 後方 0
    ブナ占領
駆逐艦 ファラガット 占領により破壊
小型敷設艦 ホイップル 占領により破壊
小型敷設艦 オールデン 占領により破壊
小型敷設艦 J・D・エドワーズ 占領により破壊
タンカー 連商船9号 占領により破壊
輸送船 連商船13号 占領により破壊
輸送船 連商船56号 占領により破壊
タンカー 連商船169号 占領により破壊
護衛空母 ガンビアベイ 占領により破壊

弾薬が減ってるのを敵が知り、攻めて来る。
_16-2-3_11-55-48_No-26.jpg
まあ弾薬が少ない以外は問題ないのですが。
_16-2-3_11-56-47_No-27.jpg
良い感じに敵の数を減らせてしまった。弾薬は少し後方に十分あります。
  第1次ブナ防衛戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 235 車両 238 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 3 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 60 火砲 36 車両 20 後方 94
  連合軍損害 兵員 39 火砲 18 車両 20 後方 10

  第7次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 91機
撃墜 爆撃機 24機
損害:
陣地3低下
火砲6

  第19次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 12機
損害:
兵員1
飛行場58低下
戦闘機5 爆撃機7 偵察機1 輸送機1

1945年2月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「海防艦131号」横須賀にて竣工
花月型駆逐艦「大風」神戸にて竣工
「海防艦132号」佐世保にて竣工

「日商船188号」釧路にて竣工
「呂17号」釧路にて竣工
「海防艦252号」シンガポールにて竣工

紫電改2型艦戦:123機生産
キ105輸送機 : 74機生産

瑞星1型:375基生産

25mm連装機銃 :216門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第4次ウェーク防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 21機 爆撃機 22機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 8機
日本迎撃総数 戦闘機 53機
撃墜 戦闘機 3機
損害:
飛行場3低下

  第1次ウォッゼ沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 48機 爆撃機 76機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 20機
連合迎撃総数 戦闘機 77機
撃墜 戦闘機 12機
大型輸送艦 LST65号 爆撃により沈没
輸送船 連商船62号 爆撃により沈没
輸送船 連商船47号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST17号 爆撃により沈没
輸送船 連商船50号 爆撃により沈没

  第8次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 130機
撃墜 爆撃機 26機
損害:
陣地4低下
火砲4 車両11

  第20次ホランジャ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 53機
撃墜 爆撃機 7機
行方不明 爆撃機 5機
損害:
後方1
飛行場40低下
戦闘機3 爆撃機7

1945年2月第2ターン
「日商船211号」青森にて竣工

加賀:新造型空母「尾張」シンガポールにて竣工

紫電改2型艦戦:82機生産

ハ43-1型:214基生産

25mm連装機銃 :200門生産
日本軍ブルドーザー: 21台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第9次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 138機
撃墜 爆撃機 27機
損害:
陣地10低下
火砲2 車両18

突如ハワイに敵艦載機の大群が来襲。
_16-2-6_13-52-48_No-27.jpg
迎撃度は無制限が出ましたが、敵機564なのであんまりありがたみありません。どのみち飛行場規模600が限界。
_16-2-6_13-53-8_No-28.jpg
とにかく飛行場を守るのだ。規模40未満になると発進した迎撃機が不時着だし。
こちらは3式戦が主力でした。やや旧式機が多い。
敵はタイガーキャット以外は爆装してたので、あまり反撃は受けませんでした。
  第6次ハワイ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 228機 爆撃機 336機
撃墜 戦闘機 50機 爆撃機 107機
日本迎撃総数 戦闘機 490機
撃墜 戦闘機 36機
損害:
兵員5
飛行場226低下
戦闘機10 爆撃機43 偵察機6 輸送機23
飛行場セーフ。
敵艦隊の面を拝んでやる↓
_16-2-6_13-54-0_No-29.jpg
オウ、ミッドウェー型が3隻いる。攻撃はしない、たいして爆撃機配備してないし。

  第1次ココダ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 100 車両 200 後方 227
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 21 火砲 22 車両 0 後方 84
  連合軍損害 兵員 15 火砲 22 車両 0 後方 82
    ココダ占領

1945年2月第3ターン
科学技術「3式2型音響機雷」開発完了

「掃海艇42号」青森にて竣工

紫電改2型艦戦:103機生産
4式重爆1型 : 44機生産

ハ42-1型:250基生産

25mm連装機銃 :200門生産
日本軍ブルドーザー: 21台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

科学技術開発がカンスト。
_16-2-6_14-1-58_No-30.jpg
Uボートのお陰で進むの早いです。39年スタートならドイツが史実通り降伏しても問題ないかも。


  第7次ハワイ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 181機 爆撃機 236機
撃墜 戦闘機 40機 爆撃機 75機
日本迎撃総数 戦闘機 355機
撃墜 戦闘機 28機
損害:
兵員1 後方3
飛行場194低下
戦闘機20 爆撃機25 偵察機7 輸送機14

  第3次ポートモレスビー爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 164機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
兵員32 火砲9 後方13

潜水艦 パーチ 爆雷により沈没
潜水艦 ランセットフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 シアロウ 爆雷により沈没
潜水艦 スキップジャック 爆雷により沈没
潜水艦 ガードフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 リング 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーバック 爆雷により沈没
潜水艦 レイポン 爆雷により沈没
潜水艦 グランパス 爆雷により沈没
潜水艦 ブレニイ 爆雷により沈没


  第10次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 111機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地3低下
火砲4 車両2

  第1次ポートモレスビー攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 338 後方 369
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 38 後方 15
  連合軍参加兵力 兵員 237 火砲 73 車両 20 後方 0
  連合軍損害 兵員 237 火砲 73 車両 20 後方 0
    ポートモレスビー占領

1945年2月第4ターン
「海防艦134号」青森にて竣工
「海防艦133号」横須賀にて竣工
神洲丸型大型輸送艦「熊野丸」横須賀にて竣工

紫電改2型艦戦:125機生産
4式戦丙 :152機生産

誉2型:187基生産

25mm連装機銃:216門生産
日本軍トラック : 4台生産

4t牽引車車台 :108台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第11次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 90機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地2低下
火砲3 車両1

敵艦隊の攻勢正面が変更されたらしく動きが活発だ。
_16-2-6_14-30-9_No-31.jpg
強風のところに止まった艦隊がいるので爆撃してやる。
  第1次アンボン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 51機
撃墜 爆撃機 9機

  第2次アンボン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機

1945年2月第5ターン
流星艦爆 : 90機生産
零式水偵 : 1機生産
3式指揮連絡機:100機生産
キ46夜戦 : 58機生産

熱田3型:80基生産
金星6型:44基生産

97式曲射歩兵砲:271門生産

チリ車台:91台生産


  第2次アンボン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 83機 爆撃機 218機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 23機
損害:
陣地501低下
火砲5

  第12次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 102機
撃墜 爆撃機 19機
損害:
陣地6低下
火砲5 車両2

航空隊VS米打撃艦隊。
_16-2-6_14-49-18_No-32.jpg
  第1次ハルマヘラ沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 95機 爆撃機 180機
撃墜 戦闘機 22機 爆撃機 46機
連合迎撃総数 戦闘機 69機
撃墜 戦闘機 18機
タンカー 連商船175号 爆撃により沈没
タンカー 連商船282号 爆撃により沈没
駆逐艦 フェルプス 爆撃により沈没

1945年2月第6ターン
爆撃機「晴嵐水攻」開発完了

「伊49号」青森にて竣工
「1等輸2号」横須賀にて竣工
「伊50号」舞鶴にて竣工
「呂18号」舞鶴にて竣工
「海防艦135号」佐世保にて竣工

「日商船212号」シンガポールにて竣工

晴嵐水攻 :30機生産
キ102乙襲撃機:80機生産
97式司偵1型 : 6機生産

97式曲射歩兵砲:136門生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第13次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 142機
撃墜 爆撃機 28機
損害:
陣地8低下
火砲4 車両14

敵打撃艦隊がメジュロにも来る。
_16-2-6_17-26-27_No-33.jpg
攻勢正面を切り替えるとき、こういう広範囲な攻撃があります。
  第12次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 40機 爆撃機 98機
撃墜 戦闘機 5機 爆撃機 18機
損害:
陣地144低下
火砲2

  第6次メジュロ沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 95機 爆撃機 151機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 45機
連合迎撃総数 戦闘機 12機
撃墜 戦闘機 12機
駆逐艦 ニコラス 爆撃により沈没

  第13次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 92機 爆撃機 336機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 38機
損害:
陣地836低下
火砲12 後方2

  第5次ジョンストン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 82機 爆撃機 7機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 1機
損害:
陣地3低下
火砲2

  第1次パラオ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 38機
撃墜 爆撃機 10機
空母 キアサージ 爆撃により沈没

  第2次パラオ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 38機
撃墜 爆撃機 11機
空母 イントレピッド 爆撃により沈没

  第3次パラオ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 38機
撃墜 爆撃機 10機
空母 タラワ 爆撃により沈没

  第4次パラオ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 38機
撃墜 爆撃機 11機
空母 レイクシャンプレイン 爆撃により沈没

1945年2月第7ターン
銀河16型:20機生産
奮龍5 :30機生産
キ46夜戦 :92機生産

97式曲射歩兵砲:136門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第6次ジョンストン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 71機 爆撃機 6機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 1機
損害:
火砲1

  第14次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 79機 爆撃機 298機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 30機
損害:
陣地664低下
兵員3 火砲43 後方6

北方海域のアッツで爆撃されるようになる。
_16-2-6_17-41-3_No-35.jpg
  第1次アッツ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 103機
撃墜 爆撃機 19機
損害:
陣地70低下
新型機のA26B軽爆でした。射程1000kmある。厄介な・・・
_16-2-6_17-42-22_No-36.jpg

  第14次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 116機
撃墜 爆撃機 23機
損害:
陣地4低下
火砲5

1945年2月第8ターン
戦闘機「4式戦乙」開発完了

陽炎型駆逐艦「朋波」神戸にて竣工
「日商船191号」呉にて竣工

銀河16型:20機生産
奮龍5 :30機生産
キ46夜戦 :92機生産

ホリ車 :34両生産
日本軍トラック: 2台生産

チト車台:91台生産


  第7次ジョンストン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 61機 爆撃機 5機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 1機
損害:
火砲1

  第2次アッツ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 86機
撃墜 爆撃機 16機
損害:
陣地55低下

  第15次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 128機
撃墜 爆撃機 26機
損害:
陣地3低下
火砲6

本土で北方海域攻略用の部隊を編成中。
一方で敵艦隊が横須賀にやってくる。無警戒なら仰天する事態ですが、歓迎準備バッチリ。
_16-2-6_17-56-21_No-37.jpg
_16-2-6_17-58-0_No-38.jpg
イ号誘導弾1型乙は破壊力は低いですが、命中率は高いので沢山当てれば戦艦も撃沈できそう。
今回から1ターンに誘導弾100発までの縛り入りました。

  第1次横須賀沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 68機
撃墜 爆撃機 10機
駆逐艦 ロウズ 誘導弾により沈没
駆逐艦 アンソニー 誘導弾により沈没
駆逐艦 ローワン 誘導弾により沈没
駆逐艦 ハンマン 誘導弾により沈没
駆逐艦 バーネイ 誘導弾により沈没
戦艦 マサチューセッツ 誘導弾により沈没
駆逐艦 ウィルソン 誘導弾により沈没
駆逐艦 ウィルクス 誘導弾により沈没
駆逐艦 ポープ 誘導弾により沈没
駆逐艦 ラインド 誘導弾により沈没
駆逐艦 プレストン 誘導弾により沈没
駆逐艦 ゴールズボロ 誘導弾により沈没

  第2次横須賀沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 8機
駆逐艦 トイッグス 誘導弾により沈没
駆逐艦 モナハン 誘導弾により沈没
駆逐艦 スチュアート 誘導弾により沈没
駆逐艦 ピアリー 誘導弾により沈没
駆逐艦 バルマー 誘導弾により沈没
駆逐艦 パーキンス 誘導弾により沈没

1945年2月第9ターン
発動機「誉2型ル」完成度60%で実用化

「海防艦253号」横須賀にて竣工

「海防艦136号」シンガポールにて竣工

彩雲艦偵 : 50機生産
銀河16型 : 10機生産
零式水偵 : 5機生産
イ号1型乙:200機生産
4式戦乙 : 66機生産

ホリ車 :34両生産
日本軍トラック: 2台生産

チリ車台:91台生産


潜水艦 トリガー 爆雷により沈没
潜水艦 マスケランジ 爆雷により沈没


  第3次横須賀沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 38機
撃墜 爆撃機 5機
空母 ボンノムリチャード 誘導弾により沈没

  第16次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 104機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地2低下
火砲5

  第3次アッツ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 71機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地45低下

  第1次トリンコマリ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 9機
連合迎撃総数 戦闘機 34機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
兵員3
飛行場156低下
爆撃機33 偵察機5

シンガポール周辺で敵潜水隊の奇襲。船団護衛のクールベ型戦艦が撃沈される。貴重な戦艦が!?
_16-2-6_18-16-21_No-39.jpg

戦艦 パリ 雷撃により沈没
潜水艦 シーウルフ 爆雷により沈没
潜水艦 タリホー 爆雷により沈没
潜水艦 トレスパシャー 爆雷により沈没
潜水艦 ストーム 爆雷により沈没
潜水艦 トーラス 爆雷により沈没
潜水艦 トリトン 爆雷により沈没
潜水艦 シー・ローバー 爆雷により沈没
潜水艦 シー・デビル 爆雷により沈没
潜水艦 サーダー 爆雷により沈没


1945年2月第10ターン
銀河11型: 23機生産
4式戦乙 :116機生産

97式曲射歩兵砲:136門生産
日本軍トラック : 2台生産

チト車台:91台生産


1945年3月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「掃海艇32号」舞鶴にて竣工
「伊81号」舞鶴にて竣工
「1等輸13号」佐世保にて竣工

補助空母「龍城丸」シンガポールにて竣工
「海防艦254号」シンガポールにて竣工

銀河11型: 47機生産
キ46夜戦 :121機生産

金星6型:318基生産

4式中戦車 :81両生産
日本軍トラック: 2台生産

チリ車台:91台生産

敵打撃艦隊がニューカレドニアに引越し。
_16-2-6_18-30-8_No-40.jpg
これからはニューギニアに攻撃してくるでしょう。


  第1次マドラス艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地644低下
火砲1

  第8次ビジャヤワダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 54機
撃墜 戦闘機 14機
損害:
後方2

  第17次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 26機 爆撃機 61機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 23機
損害:
陣地30低下

1945年3月第2ターン
発動機「ネ130型」完成度100%で実用化

「呂19号」神戸にて竣工

流星艦爆:65機生産

誉1型:198基生産

日本軍トラック:310台生産
4式中戦車 : 59両生産

チト車台:91台生産


  第2次マドラス艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地651低下
火砲1

  第18次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 17機 爆撃機 39機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 17機
損害:
陣地15低下

  第19次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 85機
撃墜 爆撃機 19機
損害:
火砲2

  第1次ペトロパブロフスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 212機
撃墜 爆撃機 12機
戦果:
陣地1155低下
兵員2 後方50
飛行場68低下
戦闘機12 爆撃機5

  第2次ペトロパブロフスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 297機 偵察機 83機
撃墜 戦闘機 4機 偵察機 2機
戦果:
陣地214低下
兵員40 火砲46 車両4 後方350

1945年3月第3ターン
戦闘機「震電」試作完成

「日商船210号」青森にて竣工
「呂20号」舞鶴にて竣工

2式大艇23型 : 20機生産
1式陸攻34型 : 20機生産
奮龍5 : 10機生産
零式水偵 : 2機生産
3式指揮連絡機:120機生産

金星6型:318基生産

4式中戦車 :81両生産
日本軍トラック: 2台生産

ブルドーザー車台:91台生産


  第20次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 101機
撃墜 爆撃機 23機
損害:
兵員2 火砲1

  第4次アッツ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地30低下

1945年3月第4ターン
発動機「ハ43-5型」完成度100%で実用化

戦闘機「震電」開発中止

2式大艇23型: 30機生産
奮龍5 : 40機生産
4式戦乙 :156機生産

ハ43-5型:227基生産

5式40mm高射機関砲:162門生産
日本軍トラック : 2台生産

チト車台:91台生産


  第21次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 80機
撃墜 爆撃機 16機
損害:
陣地4低下
火砲4

1945年3月第5ターン
雲龍型空母「雲龍」青森にて竣工
「呂21号」呉にて竣工

「掃海艇43号」釧路にて竣工
「掃海艇44号」釧路にて竣工

蒼空 : 20機生産
零式水偵: 5機生産
キ46夜戦 :125機生産

火星25型:318基生産

5式40mm高射機関砲:162門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第5次アッツ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 121機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地70低下

  第22次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地3低下
火砲3

1945年3月第6ターン
「伊82号」青森にて竣工
「1等輸63号」横須賀にて竣工
雲龍型空母「雷龍」舞鶴にて竣工
「伊51号」舞鶴にて竣工

東海 : 63機生産
4式戦乙:156機生産

日本軍トラック :200台生産
4式中戦車 : 27両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

ニューギニアのラエに敵上陸艦隊接近。なにやらすごい輸送船の数だ。
_16-2-7_10-42-43_No-41.jpg
輸送船19隻だと・・・、こういうこともあろうかと内陸部に準備していた予備兵力を移動させて上陸をあきらめさせる。
敵は上陸してきませんでした、助かった。戦闘になると損害が大きいですからね。
偵察してツラを拝む。
_16-2-7_10-44-25_No-42.jpg
1隻超大型輸送船が含まれてました。豪華客船クイーンメリー号だ。ある意味レアキャラです。
勿体無いので逃がしてやる、というかこの地域に使える爆撃機がない(笑)


  第1次ポートモレスビー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 50機 爆撃機 4機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 1機
損害:
車両2

  第23次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 50機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
火砲1

1945年3月第7ターン
「伊61号」舞鶴にて竣工
「伊63号」舞鶴にて竣工

流星艦爆 :98機生産
キ105輸送機:78機生産

4式75mm高射砲:49門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


潜水艦 バーブ 爆雷により沈没
潜水艦 バショウ 爆雷により沈没
潜水艦 バーベロ 爆雷により沈没
潜水艦 バーフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 レイトン 爆雷により沈没
潜水艦 ガーナード 爆雷により沈没
潜水艦 ボーアフイッシュ 爆雷により沈没


  第6次アッツ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 100機
撃墜 爆撃機 18機
損害:
陣地65低下

1945年3月第8ターン
蒼龍原型型空母「飛鷹」舞鶴にて竣工

2式大艇23型 : 20機生産
晴空 : 5機生産
3式指揮連絡機:195機生産

ホリ車 :36両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :135台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


1945年3月第9ターン
「伊67号」舞鶴にて竣工
「伊76号」舞鶴にて竣工

銀河16型 :36機生産
4式重爆1型:74機生産

4式中戦車 :42両生産
日本軍トラック: 2台生産

チリ車台:91台生産

ポートモレスビーに艦砲射撃してくる敵打撃艦隊。なんとかして機雷を敷設しないと。
_16-2-7_14-11-55_No-43.jpg
  第1次ポートモレスビー艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地250低下

  第1次ココダ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 230機 爆撃機 332機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 41機
損害:
陣地390低下
火砲11 車両5 後方15

パナマ作戦に出かける特型潜隊↓
_16-2-7_14-17-42_No-44.jpg


1945年3月第10ターン
補助空母「低速商船空母」基本設計完了

流星艦爆: 98機生産
4式戦乙 :156機生産

5式40mm高射機関砲:84門生産
日本軍トラック : 2台生産

チト車台:91台生産


  第2次ポートモレスビー艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地264低下

  第2次ポートモレスビー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 207機 爆撃機 291機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 29機
損害:
陣地622低下
火砲32 車両19 後方2

ラエも艦砲射撃を受けます。
_16-2-7_14-31-1_No-45.jpg
「緑の地獄」ニューギニアは激戦地になりやすいです。
  第1次ラエ艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地590低下
火砲2

  第24次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 50機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
兵員1


というわけで1944年12月第1ターンから40ターンでした。
インドでの陸戦はほぼ終了。ニューギニアでの戦闘が激化してます。
終盤は戦線が伸び、思わぬところに敵艦隊が現れたりしてびっくりすることが多くなります。
もう負ける要素はありませんが、進攻するときは準備を万全にしないとエライ目に会うかも。
posted by うらマッハ at 15:36| Comment(4) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
ついに1945年に突入ですね。科学兵器開発もカンスト状態(Uボートの影響は絶大ですね)でインド洋はほぼ征服している流れという仮想戦記の王道を往く展開で非常に興味深いです。

クイーンメリーはゲームに登場するんですね!しかも上陸作戦に参加する状況で活躍するとは思いませんでした。このような大型輸送船が拿捕出来たら素敵でしょうけど、それは別のお話ですね。
Posted by アクタ at 2016年03月21日 10:11
超大型輸送船が出てくると言うことは、大分敵輸送船を沈めたようですね。イギリスと和平したはずなのに、「連合国」艦隊に英艦船が稀にいるのはお約束…(笑)。売却されたか対ドイツ戦のバーターで貸し出されている、と脳内変換していますが(笑)。

Posted by 綾波雪風 at 2016年03月21日 16:03
>アクタさん

Uボートは、開戦が早かったこともあって沢山来ていたんです。

インド洋はアッズの英艦隊が健在なので、それを始末してからですね。その前に雨季が来るんですが。

クイーン・エリザベスもこの後登場しました。上陸戦になって全滅寸前に・・・
Posted by うらマッハ at 2016年03月21日 19:56
>綾波雪風さん

敵輸送船(タンカー別)の撃沈数はこの時点で50隻未満でした。
かなり少ないので、たぶん超大型輸送船の登場条件とは関係ないと思われます。
英国と交戦中なのが条件の一つかもしれません。ただ、編入された後なら残るとか?
超大型輸送船はおそらく地積大の根拠地への上陸作戦限定だろうと思います。
編入による加入でしょうから、隻数は限られてるでしょうね。まさか新造はしないはず。

英国の戦闘艦が米艦隊にいるのは、僕は見たことないのですが、艦名で紛らわしいのが時々います。
新造巡洋艦で名前が欧州的なのがあるんですよ。
クリーブランドやファーゴ型だと、バーミンガムやマンチェスターといった艦名があります。ぎょっとなるのはアムステルダムで、一瞬架空オランダ戦艦かとびびります。普通にクリーブランド型なんですが。
新造重巡だと、キャンベラとかですね。

グロスドイッチュラント2だと、フランスやソ連と講和したとき、洋上にいる敵艦隊は英艦隊と合流するので、そういうものなんだと思います。
艦艇譲渡の条件であっても洋上にいる艦艇は敵に回ります。母国が講和したなんて、きっと敵国の悪意ある情報操作なんですよ(?)
Posted by うらマッハ at 2016年03月21日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: