2016年05月06日

39年キャンペーン「帝国国防方針」独伊大型艦付き(20)

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/


設定変更、目標・縛りは最初の記事参照↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/142263131.html

イ号誘導弾1型乙装備機の発進は1ターン100機までとする。

1945年11月第1ターンから1946年1月第10ターンまで。
パルミュラ、ベーカー、カントン攻略。
敵大型艦多数撃沈。
マヌス、カントンで防衛戦。

確認した敵新兵器
ホーネット 1946年1月第7ターン

1945年11月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「1等輸82号」青森にて竣工
「1等輸83号」青森にて竣工

「日商船215号」釧路にて竣工

奮龍5 :300機生産
彩雲艦偵: 28機生産
キ87戦 : 77機生産

ハ44型:197基生産

5式150mm高射砲:33門生産

トラック車台:88台生産

敵打撃艦隊がマップ外から色んな場所を攻撃して回ってます。
_16-3-6_10-51-14_No-01.jpg
北方海域に戦艦9隻を含む艦隊。とりあえず防御に専念だ。
艦載機が飛んできますが。
_16-3-6_10-52-27_No-02.jpg
迎撃度が高かったため、震電ツエーになりました。輸送が大変な機体ですが、迎撃する機会があるとすごく強い。
  第10次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 64機 爆撃機 61機
撃墜 戦闘機 52機 爆撃機 61機
日本迎撃総数 戦闘機 258機
撃墜 戦闘機 3機

  第14次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 99機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 4機
戦果:
飛行場47低下
戦闘機12 爆撃機1
セメント7 軽油203低下

  第3次ビサカパトナム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 6機
行方不明 爆撃機 5機
損害:
飛行場29低下
戦闘機3 爆撃機3 輸送機1

1945年11月第2ターン
「呂73号」舞鶴にて竣工
「呂74号」舞鶴にて竣工

「呂75号」シンガポールにて竣工

奮龍5:295機生産
キ87戦 : 38機生産

ハ42-2型:296基生産

5式150mm高射砲:33門生産

ブルドーザー車台:59台生産

敵艦隊前線基地がニューカレドニアに変更されたらしい↓
_16-3-6_10-57-35_No-03.jpg
とは言え作戦中の打撃艦隊が急に帰還するわけではありません。


潜水艦 デビルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 シスコ 爆雷により沈没
潜水艦 クレバレ 爆雷により沈没
潜水艦 ベキュナ 爆雷により沈没
潜水艦 スナッパー 爆雷により沈没
潜水艦 チャブ 爆雷により沈没


  第15次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 9機
戦果:
兵員1
飛行場75低下
戦闘機16 爆撃機2

潜水艦 バーゴール 爆雷により沈没
潜水艦 セイブルフイッシュ 爆雷により沈没


  第11次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 9機
日本迎撃総数 戦闘機 40機
撃墜 戦闘機 5機
損害:
兵員1
飛行場64低下
戦闘機16

1945年11月第3ターン
「日商船223号」青森にて竣工
「呂76号」舞鶴にて竣工
「日商船224号」神戸にて竣工
「海防艦145号」神戸にて竣工

「海防艦146号」釧路にて竣工
「海防艦147号」釧路にて竣工
「海防艦148号」釧路にて竣工
「海防艦149号」釧路にて竣工

奮龍5 :296機生産
3式指揮連絡機: 58機生産

誉1型:222基生産

5式150mm高射砲:33門生産

4t牽引車車台:70台生産
トラック車台 : 1台生産


潜水艦 ピート 爆雷により沈没
潜水艦 ブラックフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ホー 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーバック 爆雷により沈没
潜水艦 ベスゴ 爆雷により沈没
潜水艦 ライオンフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 パドル 爆雷により沈没


  第9次ペトロパブロフスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 132機 爆撃機 183機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 2機
戦果:
兵員63 火砲60 車両12 後方170

  第10次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 81機
撃墜 爆撃機 20機
日本迎撃総数 戦闘機 47機
撃墜 戦闘機 7機
損害:
造船所生産力16低下

1945年11月第4ターン
烈風3型艦戦:118機生産
キ87戦 : 39機生産

ハ43-5型:254基生産

5式150mm高射砲:33門生産

ブルドーザー車台:59台生産


  第16次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 3機
戦果:
兵員2
飛行場87低下
戦闘機18 爆撃機3

敵上陸艦隊から発進したF8Fの様子↓
_16-3-6_11-28-31_No-04.jpg
護衛空母の艦載機もF8F艦戦になってます。
  第5次アンボン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 125機 爆撃機 29機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 4機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地42低下
火砲10 後方1

  第11次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 83機
撃墜 爆撃機 20機
日本迎撃総数 戦闘機 47機
撃墜 戦闘機 7機
損害:
造船所生産力17低下

1945年11月第5ターン
「海防艦150号」釧路にて竣工

銀河11型:30機生産
奮龍5 :30機生産
キ87戦 :79機生産

ハ44型:197基生産

5式150mm高射砲:33門生産

ブルドーザー車台:59台生産


  第6次アンボン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 116機 爆撃機 17機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 2機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地24低下
火砲8 後方1

  第6次ソロン沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 28機 爆撃機 38機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 11機
輸送船 連商船57号 爆撃により沈没

  第7次ソロン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 16機
大型輸送艦 LST90号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST87号 爆撃により沈没

  第8次ソロン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 47機
撃墜 爆撃機 14機
輸送船 連商船85号 爆撃により沈没

  第9次ソロン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
輸送船 連商船48号 雷撃により沈没
輸送船 連商船86号 雷撃により沈没

  第10次ソロン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 47機
撃墜 爆撃機 13機
大型輸送艦 LST91号 爆撃により沈没

  第12次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 83機
撃墜 爆撃機 35機
日本迎撃総数 戦闘機 126機
撃墜 戦闘機 17機

1945年11月第6ターン
戦闘機「火龍2型戦」開発完了

「伊88号」呉にて竣工
「海防艦151号」呉にて竣工

「1等輸84号」シンガポールにて竣工
「1等輸85号」シンガポールにて竣工
「1等輸86号」シンガポールにて竣工

奮龍5 :400機生産
1式陸攻34型: 10機生産
零式水偵 : 6機生産
火龍2型戦 :106機生産

ネ130型:356基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:59台生産



  第8次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 15機 爆撃機 15機
撃墜 戦闘機 3機 爆撃機 12機
日本迎撃総数 戦闘機 105機
撃墜 戦闘機 5機

  第1次ペリリュー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 93機
撃墜 戦闘機 47機
行方不明 戦闘機 2機
日本迎撃総数 戦闘機 143機
撃墜 戦闘機 0機

  第9次マドラス艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地330低下

  第15次マドラス沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 130機
撃墜 爆撃機 12機
駆逐艦 ビラーゴ 爆撃により沈没
駆逐艦 テネシス 爆撃により沈没
駆逐艦 ガバード 爆撃により沈没
駆逐艦 ヒーロー 爆撃により沈没
駆逐艦 ターマガント 爆撃により沈没
駆逐艦 アルマダ 爆撃により沈没
駆逐艦 トールブリッジ 爆撃により沈没
駆逐艦 キャバリエ 爆撃により沈没
駆逐艦 ゼブラ 爆撃により沈没
駆逐艦 ザンビジ 爆撃により沈没
駆逐艦 カディス 爆撃により沈没
駆逐艦 クレッセント 爆撃により沈没
駆逐艦 カサンドラ 爆撃により沈没
駆逐艦 クィーンボロー 爆撃により沈没

  第16次マドラス沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 98機
撃墜 爆撃機 15機
駆逐艦 チーフテン 爆撃により沈没
駆逐艦 ホットスパー 爆撃により沈没
駆逐艦 コンスタンス 雷撃により沈没
駆逐艦 フィニステル 雷撃により沈没

敵艦隊がニューカレドニアに引っ越したため、安全と判断、パルミュラと周辺根拠地へ上陸作戦を仕掛けます。
敵艦隊はいないけど、陸上機の抵抗が予想されます。
パルミュラの様子↓
_16-3-6_12-4-56_No-06.jpg
P51H戦の配備数が多いです。爆撃範囲は900kmで小型爆弾3個の緩降下爆撃。この時期は戦闘機も艦船にとっての脅威になります。

作戦開始早々、ハワイから出撃した艦隊が潜水隊と遭遇↓
_16-3-6_12-9-17_No-05.jpg
先手は取れました。敵潜水艦もガピー型が多く、簡単に沈みません。

敵の哨戒範囲へ移動して飛行場の敵機の相手をします。
_16-3-6_12-9-45_No-07.jpg
米根拠地の哨戒半径は通常は1100kmです。その範囲に行けば見つけてもらえる。
_16-3-6_12-10-30_No-08.jpg
爆装したP51Hの群れを迎撃する烈風。戦闘機は爆装すると速度が0.7倍なんですが、素の速度が早いP51Hはなかなか捕捉できないようです。ジェット艦戦が欲しくなります。
  第1次パルミュラ沖海空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 350機 爆撃機 29機
撃墜 戦闘機 131機 爆撃機 13機
行方不明 戦闘機 6機 爆撃機 0機
日本迎撃総数 戦闘機 251機
撃墜 戦闘機 3機

まだまだ敵機が来ます。相手をしてやるぜ。
_16-3-6_12-12-26_No-09.jpg
もう迎撃機は品切れなので対空砲だけ。
集中攻撃を受ける翔鶴型空母。なんとか発着可の状態は維持。こういう時、装甲空母なら平気なんでしょうね。
  第2次パルミュラ沖海空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 151機 爆撃機 16機
撃墜 戦闘機 42機 爆撃機 1機
行方不明 戦闘機 3機 爆撃機 0機

推定、サモアからのB29編隊は未発見でした。助かった。
こういう時、曇りのエリアにいると少し未発見率が上がります。
  第3次パルミュラ沖海空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 146機
撃墜 爆撃機 0機

ベーカーとカントン飛行場の相手もしないといけないので、他の艦隊も前に出します。
_16-3-6_12-14-42_No-10.jpg
ベーカーから敵編隊来襲。
艦隊戦用の艦隊だったので、対空火力がしょぼいです。
_16-3-6_12-14-53_No-11.jpg
  第1次ベーカー沖海空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 83機 爆撃機 118機
撃墜 戦闘機 4機 爆撃機 15機
駆逐艦 漣 爆撃により沈没
駆逐艦 風雲 爆撃により沈没
多数の小型爆弾により駆逐艦に損害多数↓
_16-3-6_12-16-1_No-12.jpg
空母がいない艦隊だったので、小型爆弾装備機は駆逐艦を狙ったようです。

また別の艦隊を前に出す。カントンから敵編隊接近↓
_16-3-6_12-19-18_No-13.jpg
さっきの駆逐艦の損害ぶりから、駆逐艦だけ分離しました。どうせ大半は高角砲なんか装備してないので対空火力は減りません。潜水隊に襲われると危ないですが。
さあどれを狙うかね。
_16-3-6_12-19-47_No-14.jpg
P51Hは3隊に分かれて巡洋艦を狙いました。重巡なら速力や練度修正で耐えられますが、一隻タイからパクッた巡洋艦が沈んだ。
あと戦艦はB26の魚雷で損傷。カントンはどうもサモアから航空機が移動してくるみたいです、ベーカーはパルミュラから。
  第2次ベーカー沖海空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 249機 爆撃機 87機
撃墜 戦闘機 17機 爆撃機 7機
軽巡 ナスレアン 爆撃により沈没

  第12次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 16機
行方不明 爆撃機 6機
日本迎撃総数 戦闘機 86機
撃墜 戦闘機 11機
損害:
精油所生産力6低下

さあ、海賊の時間ぜよ。
_16-3-6_12-22-23_No-15.jpg
機雷がありますね。これで沈むのは小型艦なので上陸作戦の妨害にはなりにくいです。
  第1次カントン攻略戦
戦果:
陣地275低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 227 車両 52 後方 150
  日本軍損害 兵員 0 火砲 11 車両 2 後方 6
  連合軍参加兵力 兵員 57 火砲 17 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 57 火砲 17 車両 0 後方 0
    カントン占領
駆逐艦 早潮 対艦砲撃により沈没

  第1次ベーカー攻略戦
戦果:
陣地280低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 302 車両 32 後方 166
  日本軍損害 兵員 0 火砲 15 車両 2 後方 6
  連合軍参加兵力 兵員 57 火砲 18 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 57 火砲 18 車両 0 後方 0
    ベーカー占領
駆逐艦 旗風 触雷により沈没

パルミュラにて。
_16-3-6_12-27-57_No-16.jpg
豪華客船に要塞砲が集中砲火。普通の輸送船なら沈んでたところ。
  第1次パルミュラ攻略戦
戦果:
陣地323低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 873 車両 120 後方 491
  日本軍損害 兵員 0 火砲 47 車両 5 後方 17
  連合軍参加兵力 兵員 171 火砲 54 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 171 火砲 54 車両 0 後方 0
    パルミュラ占領
作戦は成功しました。


1945年11月第7ターン
爆撃機「キ91遠爆」開発完了

補助空母「浮島丸」佐世保にて竣工

奮龍5 :400機生産
2式大艇23型: 5機生産
零式水偵 : 3機生産
キ91遠爆 : 26機生産
イ号1型乙 : 10機生産

火星25型:356基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:59台生産

期待の4発重爆キ91が生産可能になりました。
_16-3-6_17-1-33_No-17.jpg
さっそく量産開始しますが、なかなか数が揃いそうもないですね。あと資材がすごい減る。


  第10次マドラス艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地308低下

  第7次アンボン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機 爆撃機 4機
撃墜 戦闘機 5機 爆撃機 1機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
火砲2

  第17次マドラス沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 54機
撃墜 爆撃機 11機
駆逐艦 ミングス 爆撃により沈没
駆逐艦 コーマス 爆撃により沈没

軽巡 リバプール 雷撃により沈没
重巡 シュロップシャー 雷撃により沈没


重巡 キャンベラ 雷撃により沈没


重巡 ドーセッシャー 雷撃により沈没
軽巡 グラスゴー 雷撃により沈没


軽巡 ベルファースト 雷撃により沈没


重巡 オーストラリア 雷撃により沈没
重巡 コンウォール 雷撃により沈没


軽巡 ニューカッスル 雷撃により沈没
重巡 ロンドン 雷撃により沈没


軽巡 シェフィールド 雷撃により沈没


うっかり敵哨戒圏に入ってしまった艦隊がサモアのB29隊に襲われる。
_16-3-6_17-12-36_No-18.jpg
エリスから1100km範囲でした。
B29の爆撃範囲は2800kmもあるため、この範囲に入ることよりも敵哨戒圏に入らないようにする方が大事です。
_16-3-6_17-12-56_No-19.jpg
装備2で届く範囲だったようで、大型爆弾を喰らいます。うっかりミスで余計な損害を受けてしまった。戦艦を狙ってくれたので、修理すればイイ損害でしたが。
もし装備3だと中型爆弾なので、輸送船が沈んでたかも?
  第3次ベーカー沖海空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 116機
撃墜 爆撃機 9機

  第13次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 24機
行方不明 爆撃機 9機
日本迎撃総数 戦闘機 148機
撃墜 戦闘機 13機

1945年11月第8ターン
「海防艦152号」佐世保にて竣工
「海防艦153号」佐世保にて竣工

銀河11型 :54機生産
キ91遠爆 :26機生産
イ号1型乙:10機生産

ハ42-2型:296基生産

25mm連装機銃:268門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:59台生産


  第10次ペトロパブロフスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 200機 爆撃機 180機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
兵員47 火砲55 車両14 後方130

  第13次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 23機
日本迎撃総数 戦闘機 73機
撃墜 戦闘機 11機
損害:
造船所生産力4低下

こんどはパルミュラに入港中の艦船を狙ってサモアのB29隊が飛来。根拠地相手なら未発見もありませんね。
洋上から迎撃機を出して食い止める様子↓
_16-3-6_17-28-1_No-20.jpg
反撃で撃ち落されつつ、烈風がB29を全機防ぐ。
  第1次パルミュラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 115機
撃墜 爆撃機 60機
日本迎撃総数 戦闘機 219機
撃墜 戦闘機 49機

1945年11月第9ターン
「呂77号」舞鶴にて竣工

銀河11型 :54機生産
キ91遠爆 :30機生産
イ号1型乙:20機生産

ハ42-2型:296基生産

日本軍ブルドーザー:335台生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:59台生産


何故か敵哨戒圏外でB29に襲われる。
_16-3-6_17-34-47_No-21.jpg
もうすぐクェゼリンに帰れるところで思わぬ爆撃です。装備3のB29で撃沈はなし。
  第1次ミレ沖海空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 83機
撃墜 爆撃機 12機
他の艦隊が足元で潜水隊を発見↓
_16-3-6_17-35-40_No-22.jpg
すでに損害を受けていて退避中の潜水隊でした。
どうも、敵潜水隊の視界内だったようです。
敵航空機の哨戒圏外でもたまに見つかることもあるってことですね・・・

潜水艦 リング 爆雷により沈没
潜水艦 ハックルバック 爆雷により沈没
潜水艦 レイ 爆雷により沈没
潜水艦 ヘイク 爆雷により沈没
潜水艦 スタージョン 爆雷により沈没
潜水艦 ダーター 爆雷により沈没
潜水艦 アポーゴン 爆雷により沈没
潜水艦 ツナ 爆雷により沈没


  第17次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 114機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 7機
戦果:
兵員2
飛行場90低下
戦闘機16 爆撃機6

  第18次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 80機
撃墜 爆撃機 1機
行方不明 爆撃機 4機
戦果:
兵員2
飛行場33低下
戦闘機15 爆撃機7

  第14次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 18機
行方不明 爆撃機 10機
日本迎撃総数 戦闘機 110機
撃墜 戦闘機 12機

1945年11月第10ターン
橘型駆逐艦「雄竹」青森にて竣工
橘型駆逐艦「初梅」青森にて竣工
「日商船225号」横須賀にて竣工
「海防艦267号」横須賀にて竣工
「海防艦268号」横須賀にて竣工
「伊89号」舞鶴にて竣工

流星改夜戦:145機生産
キ91遠爆 : 30機生産
4式戦丙 : 5機生産

ハ42-2型:296基生産

97式曲射歩兵砲:335門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産


  第19次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
連合迎撃総数 戦闘機 27機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
兵員2
飛行場87低下
戦闘機14 爆撃機7

ニューギニア方面に敵上陸艦隊接近↓
_16-3-6_17-50-6_No-23.jpg
マヌスに隣接されました。輸送船10隻セット、20個大隊の陸上兵力。
1コマンド猶予あり、爆撃してやる。
_16-3-6_17-51-50_No-24.jpg
もうお馴染みのベアキャットの迎撃を受けて数が減る。
  第1次マヌス沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 143機 爆撃機 151機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 31機
連合迎撃総数 戦闘機 127機
撃墜 戦闘機 29機
大型輸送艦 LST113号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST115号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST117号 爆撃により沈没
輸送船 連商船109号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST107号 爆撃により沈没
駆逐艦 オードノー 爆撃により沈没
輸送船 連商船94号 爆撃により沈没

続けて上陸戦。輸送船2隻を沈めたので耐えられるはず。陣地は最大値。
_16-3-6_17-54-34_No-25.jpg
毎度の死守命令で耐えました。
悪名高い?日本軍の狂信的死守ですが、これがないと簡単に陥落しちゃいます。
  第1次マヌス防衛戦
損害:
陣地160低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 266 車両 20 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 109 車両 4 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 480 火砲 320 車両 72 後方 328
  連合軍損害 兵員 102 火砲 61 車両 9 後方 34

  第15次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 53機
撃墜 爆撃機 11機
行方不明 爆撃機 12機
日本迎撃総数 戦闘機 50機
撃墜 戦闘機 8機
損害:
飛行場15低下
戦闘機3

1945年12月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

熊野丸型航空輸送艦「摩耶山丸」佐世保にて竣工

「1等輸87号」シンガポールにて竣工

流星艦爆 :143機生産
キ91遠爆 : 29機生産
イ号1型乙: 20機生産

誉1型:222基生産

25mm連装機銃:268門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:59台生産

敵、先行でもう一回上陸される・・・
  第2次マヌス防衛戦
損害:
陣地152低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 157 車両 16 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 84 車両 5 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 378 火砲 259 車両 63 後方 294
  連合軍損害 兵員 67 火砲 45 車両 10 後方 30

  第37次アイタペ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 100機 爆撃機 21機
撃墜 戦闘機 17機 爆撃機 6機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地4低下
火砲10

  第1次リンガ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 51機
撃墜 爆撃機 24機
日本迎撃総数 戦闘機 121機
撃墜 戦闘機 10機

1945年12月第2ターン
「海防艦269号」青森にて竣工
「呂78号」青森にて竣工

流星艦爆:108機生産
キ83遠戦 : 72機生産

誉1型:222基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:59台生産

ニューカレドニアを偵察↓
_16-3-10_17-48-5_No-26.jpg
敵艦隊がいました。

  第1次ブナ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 83機 爆撃機 16機
撃墜 戦闘機 30機 爆撃機 9機
日本迎撃総数 戦闘機 94機
撃墜 戦闘機 1機
損害:
車両2

潜水艦 トートグ 爆雷により沈没
潜水艦 スチールヘッド 爆雷により沈没
潜水艦 グラニオン 爆雷により沈没
潜水艦 コービナ 爆雷により沈没
潜水艦 サンフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 スコーピオン 爆雷により沈没
潜水艦 シャーク 爆雷により沈没
潜水艦 タリビー 爆雷により沈没
潜水艦 ロンカドア 爆雷により沈没


  第6次ビローク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 108機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地150低下

  第20次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 9機
連合迎撃総数 戦闘機 10機
撃墜 戦闘機 1機
戦果:
兵員2
飛行場109低下
戦闘機23 爆撃機7

1945年12月第3ターン
「海防艦270号」青森にて竣工
「1等輸88号」神戸にて竣工

奮龍5 :400機生産
零式水偵: 3機生産
キ91遠爆 : 15機生産

ハ43-1型ル:254基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産

輸送艦部隊でマヌスに兵力輸送↓
_16-3-10_21-57-23_No-27.jpg
輸送船でじっくり輸送したいところですが、いつ敵が来るか判らないので輸送艦で緊急輸送。

  第2次ブナ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 54機 爆撃機 7機
撃墜 戦闘機 27機 爆撃機 4機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
日本迎撃総数 戦闘機 116機
撃墜 戦闘機 0機

  第14次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 58機
日本迎撃総数 戦闘機 334機
撃墜 戦闘機 12機

1945年12月第4ターン
「1等輸89号」青森にて竣工
「海防艦154号」横須賀にて竣工

奮龍5 :410機生産
キ91遠爆: 15機生産

ハ42-2型:296基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産

ニューカレドニアを偵察↓
_16-3-10_22-9-57_No-28.jpg
おや、敵艦隊がいなくなってる・・・

1945年12月第5ターン
「日商船227号」佐世保にて竣工

奮龍5 :473機生産
キ91遠爆 : 30機生産
イ号1型乙: 20機生産

ハ42-2型:296基生産

日本軍トラック :602台生産
日本軍ブルドーザー:185台生産

トラック車台:88台生産


  第21次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 3機
行方不明 爆撃機 6機
戦果:
兵員2
飛行場84低下
戦闘機16 爆撃機5

  第22次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 75機
撃墜 爆撃機 1機
行方不明 爆撃機 4機
戦果:
飛行場70低下
戦闘機14 爆撃機3

潜水艦 アングラー 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーギル 爆雷により沈没
潜水艦 ドラム 爆雷により沈没
潜水艦 ラッシャー 爆雷により沈没


  第7次ビローク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 102機
撃墜 爆撃機 35機
損害:
陣地160低下

1945年12月第6ターン
発動機「誉4型」完成度60%で実用化
戦闘機「陣風」試作完成
戦闘機「火龍改2型夜戦」開発完了

「海防艦271号」佐世保にて竣工

「海防艦272号」釧路にて竣工

流星艦爆 :145機生産
キ91遠爆 : 30機生産
97式司偵1型: 4機生産

誉1型:222基生産

97式曲射歩兵砲:335門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産


  第16次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 50機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 5機
日本迎撃総数 戦闘機 47機
撃墜 戦闘機 6機
損害:
精油所生産力4低下

オーストラリア西周り航路から本土へ向かう敵艦隊発見↓
_16-3-10_22-33-8_No-29.jpg
戦艦や空母の数からすると、さっきまでニューカレドニアにいた艦隊のようです。
_16-3-10_22-33-50_No-30.jpg
本土に向かうのであれば、これは狩りのチャンスですね。
そろそろ敵大型艦の在庫も残り少なくなってるはず。

  第3次アンボン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機

1945年12月第7ターン
戦闘機「陣風」開発中止

「呂79号」釧路にて竣工

烈風3型艦戦 :189機生産
キ91遠爆 : 30機生産
火龍改2型夜戦: 2機生産

ハ42-2型:296基生産

25mm連装機銃:268門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:59台生産


  第8次アンボン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 42機 爆撃機 165機
撃墜 戦闘機 3機 爆撃機 21機
損害:
陣地90低下
火砲2

  第1次ベーカー防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 84機 爆撃機 15機
撃墜 戦闘機 4機 爆撃機 2機
行方不明 戦闘機 1機 爆撃機 0機
損害:
陣地5低下
火砲2 後方6

  第17次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 14機
行方不明 爆撃機 6機
日本迎撃総数 戦闘機 69機
撃墜 戦闘機 10機
損害:
精油所生産力3低下

1945年12月第8ターン
爆撃機「4式重爆2型」開発完了

「日商船230号」横須賀にて竣工
「掃海艇11号」横須賀にて竣工
「海防艦155号」舞鶴にて竣工
「呂80号」呉にて竣工

「海防艦156号」釧路にて竣工
「海防艦157号」釧路にて竣工

奮龍5 :473機生産
キ91遠爆 : 30機生産
4式重爆2型: 2機生産

ハ42-2型:296基生産

機動91式10p榴弾砲:134門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産


  第128次ビアク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地15低下

  第9次アンボン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 39機 爆撃機 74機
撃墜 戦闘機 3機 爆撃機 7機
損害:
陣地60低下
火砲1

  第15次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 13機
日本迎撃総数 戦闘機 34機
撃墜 戦闘機 5機
損害:
造船所生産力9低下

メジュロに敵上陸艦隊、急速接近↓
_16-3-11_10-58-27_No-31.jpg
LSD部隊でした。指揮パニックじゃないのでまず爆撃してやる。
艦隊もいるけど修理中の艦多数でした。
  第11次メジュロ沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 131機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 11機
連合迎撃総数 戦闘機 79機
撃墜 戦闘機 13機
輸送船 連商船59号 爆撃により沈没
輸送船 連商船63号 爆撃により沈没
輸送船 連商船84号 爆撃により沈没

1945年12月第9ターン
「海防艦273号」横須賀にて竣工
「呂81号」呉にて竣工

「呂82号」釧路にて竣工

奮龍5 :473機生産
キ91遠爆 : 30機生産
4式重爆2型: 2機生産

ハ43-5型:254基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

トラック車台:88台生産


  第9次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 106機 爆撃機 125機
撃墜 戦闘機 53機 爆撃機 75機
日本迎撃総数 戦闘機 472機
撃墜 戦闘機 19機

  第16次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 68機 爆撃機 7機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 1機
損害:
陣地8低下
火砲5 後方1

  第23次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 114機
撃墜 爆撃機 3機
行方不明 爆撃機 6機
戦果:
兵員2
飛行場87低下
戦闘機17 爆撃機4

  第24次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 86機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 4機
戦果:
兵員2
飛行場92低下
戦闘機20 爆撃機3

  第16次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 20機
日本迎撃総数 戦闘機 50機
撃墜 戦闘機 9機
損害:
造船所生産力10低下

  第8次ビローク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 116機
撃墜 爆撃機 38機
損害:
陣地260低下
火砲1

  第5次イルクーツク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
連合迎撃総数 戦闘機 33機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
兵員2
飛行場88低下
戦闘機12 爆撃機10

1945年12月第10ターン
補助空母「盤谷丸」呉にて竣工
「伊91号」呉にて竣工

奮龍5 :473機生産
キ91遠爆 : 30機生産
4式重爆2型: 2機生産

ハ43-1型:254基生産

97式曲射歩兵砲:335門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:59台生産


  第25次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 10機
連合迎撃総数 戦闘機 10機
撃墜 戦闘機 1機
戦果:
兵員2
飛行場79低下
戦闘機23 爆撃機5

1946年1月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:123動員
日本軍整備分隊: 41動員
日本軍空挺分隊: 21動員

「海防艦158号」青森にて竣工
「日商船222号」横須賀にて竣工

「1等輸90号」シンガポールにて竣工

奮龍5 :467機生産
キ91遠爆: 30機生産

ハ42-2型:296基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産


潜水艦 グレイリング 爆雷により沈没
潜水艦 マンタ 爆雷により沈没
潜水艦 チャー 爆雷により沈没
潜水艦 スティングレイ 爆雷により沈没
潜水艦 ソードフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 パーゴ 爆雷により沈没


潜水艦 シムーン 爆雷により沈没
潜水艦 シー・シンフ 爆雷により沈没
潜水艦 サター 爆雷により沈没
潜水艦 ティプトウ 爆雷により沈没
潜水艦 スタバーン 爆雷により沈没
潜水艦 ターブレント 爆雷により沈没
潜水艦 テレマカス 爆雷により沈没
潜水艦 シー・ローバー 爆雷により沈没
潜水艦 チューダー 爆雷により沈没
潜水艦 ターポン 爆雷により沈没


  第17次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 24機
日本迎撃総数 戦闘機 84機
撃墜 戦闘機 13機
損害:
造船所生産力2低下

1946年1月第2ターン
震電改2型 :188機生産
キ91遠爆 : 30機生産
4式重爆2型: 2機生産

ハ43-1型ル:254基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産

攻勢正面変更の報告↓
_16-3-11_11-35-42_No-32.jpg
今度はサモアでした。たぶんカントン占領に反応したんでしょう。
まずいな、カントンの防御が薄いままです。危険な場所な上に港湾規模が小、しかも地積は中なので大規模な上陸部隊でも戦闘可能。嫌なところに進出してしまったかも・・・

  第18次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 16機
行方不明 爆撃機 13機
日本迎撃総数 戦闘機 99機
撃墜 戦闘機 13機
損害:
精油所生産力2低下

  第36次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
火砲1

1946年1月第3ターン
奮龍4 :274機生産
キ91遠爆 : 30機生産
4式重爆2型: 2機生産

誉2型:222基生産

日本軍トラック :102台生産
ホリ車 : 30両生産
97式曲射歩兵砲:190門生産

チリ車台:59台生産


潜水艦 タイルフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 タンバー 爆雷により沈没
潜水艦 ドラゴニット 爆雷により沈没
潜水艦 ガトー 爆雷により沈没
潜水艦 カイマン 爆雷により沈没


1946年1月第4ターン
「海防艦274号」呉にて竣工
「海防艦275号」呉にて竣工
秋津洲型飛行艇母艦「東亜丸」佐世保にて竣工

震電改2型 :219機生産
キ91遠爆 : 30機生産
キ103襲撃機: 4機生産

ネ130型:356基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:59台生産

カントンに敵艦隊接近↓
_16-3-24_18-29-52_No-33.jpg
サモアからの打撃艦隊かな、とおもったら上陸艦隊でした。なお悪いです、護衛に戦艦までいるし。
幸い、雨です。どうか次のターンも雨でよろしこ!


潜水艦 パーミット 爆雷により沈没
潜水艦 バットフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ボーンフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 トライトン 爆雷により沈没


  第5次硫黄島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 16機

潜水艦 ロバロ 爆雷により沈没
潜水艦 サーゴ 爆雷により沈没
潜水艦 ハッド 爆雷により沈没


  第26次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 11機
連合迎撃総数 戦闘機 7機
撃墜 戦闘機 1機
戦果:
兵員4
飛行場167低下
戦闘機35 爆撃機9

  第18次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 16機
日本迎撃総数 戦闘機 47機
撃墜 戦闘機 7機
損害:
造船所生産力8低下

  第37次マドラス防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 52機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
火砲1

1946年1月第5ターン
「海防艦159号」呉にて竣工

奮龍4 :315機生産
キ91遠爆 : 30機生産
キ102乙襲撃機: 3機生産

ハ42-2型:296基生産

25mm連装機銃:268門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産


カントンで天候回復。オーマイブッダ!?
_16-3-24_21-40-12_No-34.jpg
LSD部隊でした。特に編成は変わらないですが、輸送船数は少ない傾向がある気がします。5隻セットなので耐えられると思う。
_16-3-24_21-42-21_No-35.jpg
陣地がない状態での陸戦。素で堅いホリ車の強さが目立ちました。
  第1次カントン防衛戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 216 車両 50 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 144 車両 16 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 300 火砲 200 車両 60 後方 220
  連合軍損害 兵員 112 火砲 70 車両 11 後方 24

  第1次カントン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 82機 爆撃機 20機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
損害:
火砲6 車両1 後方21

  第19次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 41機
日本迎撃総数 戦闘機 137機
撃墜 戦闘機 15機

  第6次硫黄島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 19機

1946年1月第6ターン
「日商船237号」横須賀にて竣工
「日商船238号」佐世保にて竣工

流星艦爆 :145機生産
キ91遠爆 : 30機生産
キ103襲撃機: 4機生産

誉1型:222基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産


本土近海まで来た米艦隊。
_16-3-24_21-57-31_No-36.jpg
陸軍機でおもてなししてやるぜ。

  第7次硫黄島沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 27機 爆撃機 29機
撃墜 戦闘機 5機 爆撃機 3機
空母 ベニントン 誘導弾により沈没
駆逐艦 オーバートン 誘導弾により沈没
駆逐艦 ウェラー 誘導弾により沈没
駆逐艦 サースフィールド 誘導弾により沈没

  第8次硫黄島沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 26機 爆撃機 29機
撃墜 戦闘機 5機 爆撃機 2機
駆逐艦 バーネイ 誘導弾により沈没
駆逐艦 トンプソン 誘導弾により沈没
駆逐艦 ソマーズ 誘導弾により沈没
駆逐艦 J・D・エドワーズ 誘導弾により沈没
駆逐艦 ソーレイ 誘導弾により沈没
駆逐艦 シュバリエ 誘導弾により沈没
駆逐艦 デール 誘導弾により沈没
駆逐艦 モール 誘導弾により沈没
タンカー 連商船324号 誘導弾により沈没
駆逐艦 バック 誘導弾により沈没

  第9次硫黄島沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 36機 爆撃機 38機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 4機
駆逐艦 マディソン 誘導弾により沈没
駆逐艦 ウィルソン 誘導弾により沈没
駆逐艦 バートン 誘導弾により沈没
駆逐艦 ホーエル 誘導弾により沈没
駆逐艦 バルマー 誘導弾により沈没
駆逐艦 ティンゲイ 誘導弾により沈没
軽巡 フレスノ 誘導弾により沈没
軽巡 デトロイト 誘導弾により沈没
軽巡 スポケーン 誘導弾により沈没

  第9次ラングーン艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地140低下

  第27次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 5機
戦果:
兵員1
飛行場81低下
戦闘機16 爆撃機4

  第19次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 10機
行方不明 爆撃機 5機
日本迎撃総数 戦闘機 45機
撃墜 戦闘機 6機
損害:
精油所生産力8低下

潜水艦 ピート 爆雷により沈没

ラングーンに現われた英艦隊を爆撃で狩ります。
_16-3-24_22-12-39_No-37.jpg
  第1次ラングーン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 91機
撃墜 爆撃機 11機
駆逐艦 ボランティア 爆撃により沈没
駆逐艦 ベスパー 爆撃により沈没
駆逐艦 ベルラム 爆撃により沈没
駆逐艦 バネッサ 爆撃により沈没
駆逐艦 ビジラント 爆撃により沈没
駆逐艦 バイカウント 爆撃により沈没
駆逐艦 ベガ 爆撃により沈没
駆逐艦 ヴァニティ 爆撃により沈没
駆逐艦 ビミエラ 爆撃により沈没
軽巡 ケニア 爆撃により沈没

トドメだぁ、とビサカパトナムから発進させた編隊が未発見でした。
  第2次ラングーン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 105機
撃墜 爆撃機 0機

1946年1月第7ターン
補助空母「金龍丸」青森にて竣工

「日商船232号」釧路にて竣工
「海防艦160号」シンガポールにて竣工

銀河11型 : 54機生産
イ号1型乙:110機生産
キ91遠爆 : 26機生産

ハ43-1型:254基生産

96式15p榴弾砲 :111門生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:59台生産


  第10次ラングーン艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地87低下

退却する英艦隊の航路上で待ち伏せする潜水隊。
_16-3-24_22-34-46_No-38.jpg
軽巡 リアンダー 雷撃により沈没

軽巡 エンタープライス 雷撃により沈没

軽巡 バミューダ 雷撃により沈没
軽巡 ジャマイカ 雷撃により沈没
軽巡 ナイジェリア 雷撃により沈没
重巡 エクセター 雷撃により沈没

軽巡 エメラルド 雷撃により沈没
軽巡 アキレス 雷撃により沈没

本土近海で米艦隊を爆撃する襲撃機。
陸軍襲撃機は防御力が高く、対空砲火もかなり無効打にできます。
_16-3-24_22-37-20_No-39.jpg
とくにキ103襲撃機は航続力が高く、防御力も16とかなり強いです。キ83遠戦の派生機。
  第14次横須賀沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 94機
撃墜 爆撃機 10機
戦艦 アイダホ 誘導弾により沈没

  第87次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 40機 爆撃機 56機
撃墜 戦闘機 5機 爆撃機 12機
損害:
陣地30低下
兵員1

  第20次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 18機
行方不明 爆撃機 6機
日本迎撃総数 戦闘機 111機
撃墜 戦闘機 15機
損害:
精油所生産力3低下

  第3次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 17機
駆逐艦 ニコラス 爆撃により沈没
駆逐艦 プレストン 爆撃により沈没

  第4次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 17機

  第5次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 17機
軽巡 オークランド 爆撃により沈没
軽巡 ジュノー 爆撃により沈没

  第6次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 16機
軽巡 サンジュアン 爆撃により沈没

  第7次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 16機
重巡 インディアナポリス 爆撃により沈没

  第8次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 16機
軽巡 フリント 爆撃により沈没

横須賀にいた潜水隊も出撃させる。
_16-3-25_17-17-16_No-41.jpg
巡洋戦艦 フィリピン 雷撃により沈没
巡洋戦艦 サウスダコタ 雷撃により沈没


  第9次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 15機

1946年1月第8ターン
「海防艦276号」舞鶴にて竣工
「呂83号」舞鶴にて竣工
「1等輸91号」神戸にて竣工

「海防艦161号」釧路にて竣工
「海防艦162号」釧路にて竣工
「海防艦163号」釧路にて竣工

烈風3型艦戦:189機生産
キ91遠爆 : 30機生産
キ103襲撃機 : 4機生産

ハ42-2型:296基生産

25mm連装機銃:268門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産


  第88次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 35機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 4機 爆撃機 9機
損害:
陣地58低下
兵員1 火砲1

  第28次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 3機
行方不明 爆撃機 5機
戦果:
兵員2
飛行場87低下
戦闘機17 爆撃機4

  第10次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 10機
戦艦 ウィスコンシン 誘導弾により沈没

  第11次父島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 5機
戦艦 アイオワ 爆撃により沈没

戦艦 ニュージャージー 雷撃により沈没


戦艦 インディアナ 雷撃により沈没


戦艦 イリノイ 雷撃により沈没
戦艦 ルイジアナ 雷撃により沈没


タンカー 連商船330号 雷撃により沈没
空母 イオウジマ 雷撃により沈没


  第21次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 75機
撃墜 爆撃機 23機
行方不明 爆撃機 6機
日本迎撃総数 戦闘機 126機
撃墜 戦闘機 16機
損害:
精油所生産力1低下

  第6次タラワ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
軽巡 アルバニー 爆撃により沈没

  第7次タラワ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
空母 オリスカニー 爆撃により沈没

ハワイに進出したキ91遠爆↓
_16-3-25_17-42-14_No-42.jpg
米本土は攻撃されるまでは防御が手薄なので、最初の一撃が重要。

1946年1月第9ターン
天山艦攻12型:157機生産
イ号1型乙 :100機生産
キ91遠爆 : 26機生産
キ103襲撃機 : 3機生産

誉1型:222基生産

25mm連装機銃:268門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:88台生産


重巡 ポートランド 雷撃により沈没


  第8次タラワ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 8機
軽巡 クリーブランド 爆撃により沈没
軽巡 チャタヌーガ 爆撃により沈没
軽巡 シャイアン 爆撃により沈没
重巡 タスカルーザ 爆撃により沈没

タンカー 連商船308号 雷撃により沈没
空母 ホーネット 雷撃により沈没


潜水艦 カブリラ 爆雷により沈没
潜水艦 ダーター 爆雷により沈没
潜水艦 ドラム 爆雷により沈没
潜水艦 ティノサ 爆雷により沈没
潜水艦 サンフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 マスケランジ 爆雷により沈没


  第20次シンガポール防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 74機
撃墜 爆撃機 33機
日本迎撃総数 戦闘機 113機
撃墜 戦闘機 15機

  第1次ミンドロ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 20 火砲 2 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    ミンドロ占領

  第1次レガスピ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 20 火砲 0 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    レガスピ占領

1946年1月第10ターン
震電改2型 :252機生産
キ91遠爆 : 30機生産
4式重爆2型: 2機生産

ネ130型:356基生産

日本軍トラック :202台生産
25mm連装機銃:228門生産

6t牽引車車台:59台生産


  第29次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 121機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 8機
戦果:
兵員2
飛行場105低下
戦闘機21 爆撃機5

  第22次パレンバン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 20機
行方不明 爆撃機 6機
日本迎撃総数 戦闘機 106機
撃墜 戦闘機 15機
損害:
精油所生産力2低下

  第1次ニコバル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 31機
撃墜 爆撃機 14機
連合迎撃総数 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
飛行場4低下
戦闘機1

  第2次ニコバル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 4機
連合迎撃総数 爆撃機 11機
撃墜 爆撃機 0機
戦果:
兵員5
飛行場184低下
戦闘機29 爆撃機28 偵察機4

  第2次トリンコマリ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 19機
連合迎撃総数 戦闘機 33機 爆撃機 23機
撃墜 戦闘機 4機 爆撃機 2機
戦果:
兵員1
飛行場80低下
戦闘機2 爆撃機1 偵察機10

  第3次トリンコマリ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
兵員6
飛行場210低下
戦闘機29 爆撃機21


というわけで1945年11月第1ターンから30ターンでした。
敵大型艦の在庫をせっせと減らしてます。でもまだ新造艦はあるはず。
パルミュラを占領しました。米出現根拠地はあと2箇所。
posted by うらマッハ at 16:16| Comment(0) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: