2016年05月12日

39年キャンペーン「帝国国防方針」独伊大型艦付き(22終)

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/


設定変更、目標・縛りは最初の記事参照↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/142263131.html

イ号誘導弾1型乙装備機の発進は1ターン100機までとする。

1946年6月第1ターンから1946年10月第10ターン。
ソ連との激闘。クラスノヤルスク占領。
ニューギニア、サモア、タウンスビル攻略。
対米戦略爆撃で成果あり。
濠州沿岸で通商破壊作戦実施。

確認した敵新兵器
SRレーダー 1946年9月第3ターン

1946年6月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:158動員
日本軍整備分隊: 39動員

「海防艦185号」シンガポールにて竣工
「海防艦186号」シンガポールにて竣工
「海防艦187号」シンガポールにて竣工
「海防艦183号」シンガポールにて竣工
「海防艦184号」シンガポールにて竣工

旋風2型艦戦:208機生産
4式重爆2型 : 87機生産

ハ42-2型:288基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:136台生産


潜水艦 シャド 爆雷により沈没
潜水艦 バラオ 爆雷により沈没
潜水艦 シアロウ 爆雷により沈没
潜水艦 シール 爆雷により沈没
潜水艦 レイトン 爆雷により沈没
潜水艦 ソーリ 爆雷により沈没


潜水艦 シャリマー 爆雷により沈没
潜水艦 タイヤレス 爆雷により沈没
潜水艦 チューリー 爆雷により沈没
潜水艦 シーホース 爆雷により沈没
潜水艦 サーフ 爆雷により沈没
潜水艦 セラフ 爆雷により沈没
潜水艦 サラセン 爆雷により沈没
潜水艦 トルーパー 爆雷により沈没
潜水艦 ソーロー 爆雷により沈没
潜水艦 スタージョン 爆雷により沈没


  第2次富山防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 89機
撃墜 爆撃機 73機
損害:
陸軍機工場生産力16低下

1946年6月第2ターン
「日商船259号」横須賀にて竣工

2式大艇23型:37機生産
零式水偵 : 1機生産
キ91遠爆 :30機生産
4式重爆2型 : 1機生産

ハ42-2型:143基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:91台生産


  第52次ウランウデ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 85機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 5機
戦果:
兵員1
飛行場72低下
戦闘機8 爆撃機10

  第10次前橋防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 73機
撃墜 爆撃機 47機
損害:
海軍機工場生産力13低下

  第27次ビローク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 108機
撃墜 爆撃機 36機
損害:
陣地230低下
火砲1

1946年6月第3ターン
「呂103号」舞鶴にて竣工

奮龍4 :300機生産
奮龍5 : 10機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆2型: 87機生産

ハ54型:48基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:91台生産


ニューカレドニアを攻略します。
まずサンタークルーズとニューカレドニアの飛行場を破壊します。
この2箇所の配置戦闘機はP47N戦で強敵ですが、他に夜間戦闘機などはいないため、夜間爆撃で飛行場を発進不可(60未満)にしてしまえば抵抗できなくなります。
クェゼリンからキ91や2式大艇で、サンタークルーズを長距離爆撃だ。
_16-4-13_9-35-33_No-01.jpg
行方不明率が高いデンジャーな任務です。
  第1次サンタクルーズ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 1機
行方不明 爆撃機 10機
戦果:
兵員3
飛行場162低下
戦闘機16 爆撃機20 偵察機4

ニューカレドニアを偵察↓
_16-4-13_9-33-12_No-02.jpg
P47が420機います。中型爆弾2個の爆撃は危険なので、普通に迎撃機として発進させることにします。
ニューギニアの飛行場から長距離爆撃をするつもりでしたが、豪雨で発進できないため、空母部隊の艦載機で爆撃することに。
_16-4-13_9-42-39_No-03.jpg
さすがにP47は強敵で一部しか突破できませんでしたが、ほとんどのP47は出撃してくれました。
  第1次ニューカレドニア爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 209機 爆撃機 52機
撃墜 戦闘機 60機 爆撃機 25機
行方不明 戦闘機 3機 爆撃機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 380機
撃墜 戦闘機 44機
戦果:
戦闘機9 爆撃機13 偵察機6

  第1次サンタクルーズ沖海空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 14機 爆撃機 37機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 36機
日本迎撃総数 戦闘機 108機
撃墜 戦闘機 6機

  第5次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 68機
撃墜 爆撃機 68機

  第1次サンタクルーズ攻略戦
戦果:
陣地164低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 379 車両 54 後方 193
  日本軍損害 兵員 0 火砲 34 車両 3 後方 9
  連合軍参加兵力 兵員 110 火砲 32 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 110 火砲 32 車両 0 後方 0
    サンタクルーズ占領

ニューカレドニア上陸時に高速輸送船1隻が要塞砲にやられる。
_16-4-13_9-51-18_No-04.jpg
  第1次ニューカレドニア攻略戦
戦果:
陣地581低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 680 車両 112 後方 563
  日本軍損害 兵員 0 火砲 66 車両 5 後方 25
  連合軍参加兵力 兵員 171 火砲 87 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 171 火砲 87 車両 0 後方 0
    ニューカレドニア占領
輸送船 日商船5号 対艦砲撃により沈没
作戦成功。これで米出現根拠地はサモアだけです。

対ソ戦線。強敵ですが、覚悟を決めて前進します。
英・濠と講和できないから、講和仲介はソ連が頼り。殴り合って友情を深めます(?)
_16-4-13_10-1-58_No-06.jpg
ソ連は伏撃はしないようで、総攻撃が決まりやすくて助かりますが、素で強いですからね。
_16-4-13_10-3-34_No-07.jpg
士気1になりつつ、なんとか勝ちましたが、損害が1000ユニットを超えました。重砲や新型戦車など高価なユニットなので、すぐに補充できません。
  第1次ウランウデ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1998 車両2002 後方 3715
  日本軍損害 兵員 0 火砲 427 車両 611 後方 116
  連合軍参加兵力 兵員1836 火砲1610 車両 477 後方 19646
  連合軍損害 兵員 682 火砲 576 車両 161 後方 2883
    ウランウデ占領

1946年6月第4ターン
爆撃機「キ74遠爆1型」試作完成

2式大艇23型: 37機生産
キ103襲撃機 :146機生産

火星25型:176基生産

96式15p榴弾砲 :111門生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:91台生産


  第1次大宮防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 32機
損害:
シャーシ工場生産力24低下

  第2次ガダルカナル爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 151機 爆撃機 101機
撃墜 戦闘機 1機 爆撃機 1機
戦果:
陣地630低下
兵員19 火砲6 後方3

  第3次ガダルカナル爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 190機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 0機
戦果:
陣地170低下
兵員50 火砲18 後方12

  第4次ガダルカナル爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 95機 爆撃機 29機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
兵員34 火砲12 後方5

  第1次ガダルカナル攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 118 車両 0 後方 45
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    ガダルカナル占領

潜水艦 パッファ 爆雷により沈没
潜水艦 ナーワル 爆雷により沈没
潜水艦 シャーク 爆雷により沈没
潜水艦 ハリバット 爆雷により沈没
潜水艦 バーベロ 爆雷により沈没
潜水艦 ベスゴ 爆雷により沈没
潜水艦 スチールヘッド 爆雷により沈没
潜水艦 スカルピン 爆雷により沈没
潜水艦 フィンバック 爆雷により沈没
潜水艦 シルバーサイズ 爆雷により沈没


1946年6月第5ターン
銀河11型 :53機生産
4式重爆2型:87機生産

ハ42-2型:296基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:89台生産


  第5次旭川防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 54機
撃墜 爆撃機 16機
日本迎撃総数 戦闘機 38機
撃墜 戦闘機 33機
損害:
人造石油工場生産力16低下

  第28次ビローク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 137機
撃墜 爆撃機 27機
損害:
陣地570低下
火砲2

1946年6月第6ターン
奮龍5 :400機生産
奮龍4 : 40機生産
零式水偵 : 2機生産
火龍改2型夜戦:120機生産

ネ130型:356基生産

4式75mm高射砲 :111門生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:89台生産

ニューカレドニアから出港する時、敵潜水隊の待ち伏せ↓
_16-4-13_10-47-41_No-08.jpg
マップ端に近く、重要な根拠地は敵潜水隊が待ち伏せに来る頻度が高めだと思います。
出現根拠地の占領はさほど難しくないですが、維持は準備していないとかなり辛いです。

潜水艦 パドル 爆雷により沈没


  第6次旭川防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 94機
撃墜 爆撃機 10機
日本迎撃総数 戦闘機 19機
撃墜 戦闘機 17機
損害:
人造石油工場生産力41低下

1946年6月第7ターン
震電改2型 :249機生産
キ98改2型戦:200機生産

ネ130型:356基生産

4式75mm高射砲 :111門生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:89台生産


潜水艦 フラウンダー 爆雷により沈没
潜水艦 ロンカドア 爆雷により沈没
潜水艦 アーチャーフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ハーダー 爆雷により沈没
潜水艦 スキップジャック 爆雷により沈没
潜水艦 ガジョン 爆雷により沈没
潜水艦 セイルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ポンパノ 爆雷により沈没
潜水艦 ランセットフイッシュ 爆雷により沈没


  第7次旭川防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 85機
撃墜 爆撃機 10機
日本迎撃総数 戦闘機 16機
撃墜 戦闘機 14機
損害:
人造石油工場生産力39低下

  第29次ビローク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 114機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地1080低下
火砲4

1946年6月第8ターン
「海防艦188号」釧路にて竣工
「海防艦189号」釧路にて竣工

銀河11型 :53機生産
4式重爆2型:87機生産

ハ54型:98基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:89台生産


  第8次旭川防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 130機
撃墜 爆撃機 11機
日本迎撃総数 戦闘機 6機
撃墜 戦闘機 5機
損害:
人造石油工場生産力61低下

イルクーツクに進攻↓
_16-4-13_11-7-24_No-09.jpg
消費燃料が5000t越え、弾薬基本消費量も1ラウンド854tでした。
_16-4-13_11-9-21_No-10.jpg
対英戦線から引き抜いた兵力などが合流したので、さっきより優勢な兵力でした。それでも1000近くの損害です。
  第1次イルクーツク攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1896 車両2104 後方 3670
  日本軍損害 兵員 0 火砲 414 車両 522 後方 133
  連合軍参加兵力 兵員1910 火砲1335 車両 755 後方 21302
  連合軍損害 兵員 880 火砲 600 車両 303 後方 4141
    イルクーツク占領

  第1次イルクーツク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 116機
撃墜 爆撃機 5機
損害:
火砲10 車両6 後方25

1946年6月第9ターン
「呂104号」舞鶴にて竣工

天山艦攻12型:155機生産
キ91遠爆 : 30機生産

ハ42-2型:296基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:89台生産


  第1次室蘭防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 91機
撃墜 爆撃機 73機
損害:
製鉄所生産力9低下

  第9次旭川防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 120機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
人造石油工場生産力60低下

1946年6月第10ターン
零式輸送機:20機生産
銀河11型 :42機生産
4式重爆2型:87機生産

ハ54型:98基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:89台生産


  第10次旭川防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 112機
撃墜 爆撃機 13機
日本迎撃総数 戦闘機 30機
撃墜 戦闘機 26機
損害:
人造石油工場生産力43低下

  第2次イルクーツク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 140機
撃墜 爆撃機 5機
損害:
陣地53低下
火砲26 車両5 後方65

そろそろこちらも息切れ気味だけど、敵が陣地を大きくする前にあと1戦勝っておく。
_16-4-13_11-40-28_No-11.jpg
3ラウンド目の撃ち合いで決着。
_16-4-13_11-40-47_No-12.jpg
  第1次ジマ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1952 車両2017 後方 3589
  日本軍損害 兵員 0 火砲 403 車両 548 後方 112
  連合軍参加兵力 兵員1882 火砲1626 車両 492 後方 20921
  連合軍損害 兵員 814 火砲 681 車両 188 後方 3441
    ジマ占領

1946年7月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:177動員
日本軍整備分隊: 44動員

銀河11型 :52機生産
4式重爆2型:84機生産

誉1型:216基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:89台生産


  第1次宇都宮防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 155機
撃墜 爆撃機 126機
損害:
陸軍機工場生産力14低下

  第1次ジマ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 109機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
火砲45 車両9 後方120

1946年7月第2ターン
「呂105号」舞鶴にて竣工

「日商船268号」シンガポールにて竣工

奮龍4 :200機生産
奮龍5 : 40機生産
零式水偵: 2機生産
キ91遠爆 : 14機生産

ハ42-2型:143基生産

日本軍トラック :202台生産
97式曲射歩兵砲:285門生産

トラック車台:134台生産


  第9次八幡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 96機
撃墜 爆撃機 96機

  第4次岐阜防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 96機
撃墜 爆撃機 96機

  第2次ジマ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 114機
撃墜 爆撃機 32機
損害:
陣地151低下
火砲60 車両9 後方129

  第1次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 96機
撃墜 爆撃機 27機
連合迎撃総数 戦闘機 72機
撃墜 戦闘機 8機
戦果:
兵員2
飛行場120低下
戦闘機12 爆撃機17

  第1次シアトル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 371機
撃墜 爆撃機 17機
戦果:
造船所生産力797低下
空母 サラトガ ドック減少により破壊
大型輸送艦 LST89号 ドック減少により破壊
護衛空母 カード ドック減少により破壊
潜水艦 セイルフィッシュ ドック減少により破壊
潜水艦 フラウンダー ドック減少により破壊
潜水艦 ガジョン ドック減少により破壊

1946年7月第3ターン
「呂106号」神戸にて竣工

橘型駆逐艦「漣」釧路にて竣工
橘型駆逐艦「早潮」釧路にて竣工

奮龍5 :200機生産
奮龍4 :120機生産
晴空 : 2機生産
キ91遠爆: 18機生産

ハ42-2型:145基生産

日本軍トラック :202台生産
97式曲射歩兵砲:285門生産

トラック車台:134台生産


  第2次シアトル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 55機
撃墜 爆撃機 9機
戦果:
兵員1 後方1
飛行場90低下
戦闘機21

  第3次シアトル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 91機
撃墜 爆撃機 12機
戦果:
造船所生産力103低下
輸送船 連商船64号 ドック減少により破壊

1946年7月第4ターン
旋風2型艦戦:181機生産
4式重爆1型 : 52機生産

ネ130型:176基生産

97式曲射歩兵砲:335門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:134台生産


  第2次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 10機
連合迎撃総数 戦闘機 5機
撃墜 戦闘機 1機
戦果:
兵員3
飛行場148低下
戦闘機21 爆撃機16

  第10次八幡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 135機
撃墜 爆撃機 135機

1946年7月第5ターン
橘型駆逐艦「風雲」釧路にて竣工
橘型駆逐艦「藤波」釧路にて竣工
橘型駆逐艦「夏風」釧路にて竣工
橘型駆逐艦「冬風」釧路にて竣工

流星艦爆: 50機生産
奮龍5 :300機生産
キ91遠爆 : 30機生産

ハ42-2型:296基生産

機動91式10p榴弾砲:134門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:134台生産


  第3次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 17機
連合迎撃総数 戦闘機 27機
撃墜 戦闘機 5機
戦果:
兵員6
飛行場221低下
戦闘機43 爆撃機28

  第1次ラバウル爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 190機 爆撃機 94機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 8機
撃墜 戦闘機 8機
戦果:
陣地299低下
兵員42 火砲22 車両7 後方31

  第2次ラバウル爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 237機 爆撃機 115機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
陣地1低下
兵員38 火砲18 車両13 後方13

  第1次カビエン爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 141機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
陣地150低下
兵員21 火砲17 車両6 後方18

1946年7月第6ターン
「日商船260号」佐世保にて竣工

奮龍4 :300機生産
零式水偵: 4機生産
キ91遠爆 : 30機生産

ハ43-1型ル:254基生産

日本軍トラック:302台生産
ホリ車 : 65両生産

トラック車台:134台生産


  第4次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 48機
撃墜 爆撃機 15機
連合迎撃総数 戦闘機 57機
撃墜 戦闘機 13機
戦果:
飛行場12低下
戦闘機2 爆撃機1

  第5次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 5機
戦果:
兵員1
飛行場62低下
戦闘機9 爆撃機7

潜水艦 ライオンフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ダーター 爆雷により沈没
潜水艦 パッファ 爆雷により沈没
潜水艦 ハリバット 爆雷により沈没
潜水艦 シール 爆雷により沈没
潜水艦 ブラックフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 クレバレ 爆雷により沈没
潜水艦 アポーゴン 爆雷により沈没


  第1次タコマ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 55機
撃墜 爆撃機 12機
戦果:
兵員2
飛行場105低下
戦闘機22 爆撃機4

  第2次タコマ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 435機
撃墜 爆撃機 41機
戦果:
造船所生産力735低下
護衛空母 セントロー ドック減少により破壊
護衛空母 カリーニンベイ ドック減少により破壊
潜水艦 クレバレ ドック減少により破壊
潜水艦 ブラックフィッシュ ドック減少により破壊

  第6次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 57機
損害:
海軍機工場生産力6低下

航空隊を進出させるため占領したイルクーツクに飛行場を設営しているところに、ソ連のTu4が飛来。
_16-4-13_18-15-47_No-13.jpg
クラスノヤルスクからの編隊でした。近距離なので爆弾装備量も大変大きく、設営中の飛行場が30まで破壊される。
劣化コピーB29ですが、こんな近距離で使うととんでもない破壊力です。
  第3次イルクーツク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 80機
撃墜 爆撃機 9機
日本迎撃総数 戦闘機 35機
撃墜 戦闘機 8機
損害:
兵員10
飛行場366低下
戦闘機59 爆撃機57

1946年7月第7ターン
「1等輸98号」横須賀にて竣工
「1等輸99号」横須賀にて竣工
「1等輸100号」横須賀にて竣工
「掃海艇36号」呉にて竣工

「日商船269号」シンガポールにて竣工
「海防艦190号」シンガポールにて竣工

零式水偵:124機生産
4式戦甲 :182機生産

誉2型:222基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産
日本軍トラック : 2台生産

4t牽引車車台:106台生産
6t牽引車車台: 1台生産

対米戦略爆撃の結果↓
_16-4-13_18-21-56_No-16.jpg
米本土西部の工場生産力合計値が1000未満になり、国民戦意が-40です。
これでちょうど米国民戦意が0に。
きつい戦略爆撃は終了だ。キ91も他の任務に転用できます。


  第6次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 59機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 4機
連合迎撃総数 戦闘機 21機
撃墜 戦闘機 13機
戦果:
兵員2
飛行場74低下
戦闘機11 爆撃機10

  第1次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 20機
連合迎撃総数 戦闘機 17機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
兵員4 後方1
飛行場222低下
戦闘機29 爆撃機24

  第2次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
連合迎撃総数 戦闘機 52機
撃墜 戦闘機 14機
戦果:
兵員1
飛行場42低下
戦闘機6 爆撃機4

  第3次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 6機
行方不明 爆撃機 4機
戦果:
兵員1
飛行場72低下
戦闘機10 爆撃機8

  第4次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 54機
撃墜 爆撃機 14機
連合迎撃総数 戦闘機 29機
撃墜 戦闘機 7機
戦果:
兵員1
飛行場66低下
戦闘機9 爆撃機7

またTu4が来ました。今度は夜間爆撃。調子に乗りやがって。
_16-4-13_20-45-38_No-14.jpg
在地機もひでぶな状態に・・・
  第4次イルクーツク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 75機
撃墜 爆撃機 5機
行方不明 爆撃機 7機
損害:
兵員5 後方1
飛行場97低下
戦闘機28 爆撃機31

1946年7月第8ターン
銀河11型: 53機生産
キ83遠戦 :146機生産

ハ43-1型ル:254基生産

97式曲射歩兵砲:335門生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:89台生産


  第5次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 18機
連合迎撃総数 戦闘機 48機
撃墜 戦闘機 12機
戦果:
兵員1
飛行場60低下
戦闘機7 爆撃機8

  第6次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 19機
連合迎撃総数 戦闘機 69機
撃墜 戦闘機 17機
戦果:
兵員1
飛行場66低下
戦闘機7 爆撃機9

  第7次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 16機
連合迎撃総数 戦闘機 48機
撃墜 戦闘機 13機
戦果:
兵員1
飛行場53低下
戦闘機8 爆撃機10

クラスノヤルスクの飛行場規模をTu4発進不可の規模まで下げました。
_16-4-13_20-55-22_No-15.jpg
ブルドーザーと工兵の数が多く、すぐ飛行場が回復します。

  第11次八幡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 72機

1946年7月第9ターン
「日商船261号」横須賀にて竣工
「海防艦292号」佐世保にて竣工
「海防艦293号」佐世保にて竣工
「海防艦294号」佐世保にて竣工
「海防艦295号」佐世保にて竣工
「海防艦296号」佐世保にて竣工

流星改夜戦:100機生産
流星艦爆 : 40機生産
零式水偵 : 3機生産
4式戦甲 :182機生産

誉2型:222基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:89台生産


  第7次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 6機
戦果:
兵員2
飛行場72低下
戦闘機10 爆撃機10

  第8次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
連合迎撃総数 戦闘機 52機
撃墜 戦闘機 14機
戦果:
兵員1
飛行場33低下
戦闘機4 爆撃機6

  第5次岐阜防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 63機

1946年7月第10ターン
烈風3型艦戦:186機生産
キ83遠戦 :146機生産

ハ43-1型ル:254基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:89台生産


  第8次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 88機 爆撃機 48機
撃墜 戦闘機 3機 爆撃機 7機
連合迎撃総数 戦闘機 24機
撃墜 戦闘機 16機
戦果:
兵員3
飛行場72低下
戦闘機17 爆撃機22

  第9次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
連合迎撃総数 戦闘機 41機
撃墜 戦闘機 11機
戦果:
兵員1
飛行場33低下
戦闘機2 爆撃機11

  第1次ベーカー艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地267低下

  第12次八幡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 81機
撃墜 爆撃機 66機
損害:
製鉄所生産力15低下

  第1次ベーカー沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 71機
撃墜 爆撃機 12機
戦艦 アリゾナ 雷撃により沈没

1946年8月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

「海防艦297号」青森にて竣工
「海防艦298号」青森にて竣工
「海防艦299号」青森にて竣工
「1等輸101号」横須賀にて竣工

「海防艦191号」釧路にて竣工
「海防艦192号」釧路にて竣工
「海防艦193号」釧路にて竣工
「日商船254号」釧路にて竣工

旋風2型艦戦:204機生産
4式重爆2型 : 84機生産

ネ130型:346基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:89台生産

サモアの米艦隊に艦隊戦を仕掛ける。
_16-4-18_20-19-3_No-17.jpg
一方的でした。米本土にはまだモンタナ型が3隻いるんですが、進出してきませんね。
_16-4-18_20-21-7_No-18.jpg
  第1次ベーカー沖海戦
日本軍艦艇 戦艦 7 巡洋艦13 小型艦20
連合軍艦艇 戦艦 1 巡洋艦 4 小型艦20
巡洋戦艦 グァム 砲撃により沈没
軽巡 バレーオ 砲撃により沈没
軽巡 タルサ 砲撃により沈没
重巡 トレド 砲撃により沈没
重巡 ダルース 砲撃により沈没

  第9次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 95機 爆撃機 86機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 9機
連合迎撃総数 戦闘機 66機
撃墜 戦闘機 12機
戦果:
兵員2
飛行場71低下
戦闘機5 爆撃機47

  第6次岐阜防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 77機
撃墜 爆撃機 77機

1946年8月第2ターン
花月型駆逐艦「南風」横須賀にて竣工

「海防艦194号」シンガポールにて竣工

奮龍5 :300機生産
旋風2型艦戦 : 21機生産
100式司偵3型: 70機生産

ハ42-2型:143基生産

5式150mm高射砲:67門生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:89台生産


  第10次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 5機
連合迎撃総数 戦闘機 7機
撃墜 戦闘機 0機
戦果:
兵員2
飛行場84低下
爆撃機25

1946年8月第3ターン
「海防艦300号」横須賀にて竣工
「日商船255号」神戸にて竣工

「海防艦301号」釧路にて竣工

旋風2型艦戦:180機生産
4式重爆2型 : 52機生産

ネ130型:174基生産

25mm連装機銃:268門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:134台生産


潜水艦 ドラド 爆雷により沈没
潜水艦 グレイリング 爆雷により沈没
潜水艦 ドラム 爆雷により沈没
潜水艦 ロンカドア 爆雷により沈没
潜水艦 ボーフィン 爆雷により沈没
潜水艦 ハックルバック 爆雷により沈没
潜水艦 チャブ 爆雷により沈没
潜水艦 アスプロ 爆雷により沈没
潜水艦 バーベロ 爆雷により沈没


  第11次前橋防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 38機
損害:
海軍機工場生産力11低下

  第7次岐阜防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 61機

1946年8月第4ターン
奮龍4 :150機生産
奮龍5 :180機生産
キ83遠戦 : 85機生産
4式重爆2型: 1機生産

ハ43-1型ル:125基生産

5式40mm高射機関砲:191門生産
日本軍トラック : 4台生産

トラック車台:134台生産


  第11次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 3機
戦果:
兵員3
飛行場90低下
爆撃機35

  第3次富山防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 77機
撃墜 爆撃機 77機

1946年8月第5ターン
蒼空 :20機生産
奮龍5 :60機生産
零式水偵 : 1機生産
4式重爆2型:86機生産

ハ43-1型ル:254基生産

97式曲射歩兵砲:335門生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:89台生産

サモア攻略のための飛行場爆撃で圧倒的なキ91↓
_16-4-18_22-7-21_No-19.jpg
運用コストは大きいですが、めっちゃ強いです。
  第1次エリス爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 91機
撃墜 爆撃機 11機
連合迎撃総数 戦闘機 52機
撃墜 戦闘機 46機
戦果:
兵員10
飛行場270低下
戦闘機14 爆撃機94 偵察機7

  第1次フィジー爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 91機
撃墜 爆撃機 25機
連合迎撃総数 戦闘機 138機
撃墜 戦闘機 92機
戦果:
飛行場15低下
爆撃機2 偵察機1

  第2次フィジー爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 55機
撃墜 爆撃機 1機
戦果:
兵員11
飛行場211低下
戦闘機33 爆撃機81 偵察機10

1946年8月第6ターン
「海防艦195号」シンガポールにて竣工
「海防艦196号」シンガポールにて竣工
「海防艦197号」シンガポールにて竣工
「海防艦198号」シンガポールにて竣工

銀河16型 :50機生産
奮龍5 :20機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆2型:86機生産

ハ42-2型:296基生産

92式10p加農砲 :111門生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:89台生産


  第12次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
兵員2
飛行場82低下
爆撃機3

  第7次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 80機
撃墜 爆撃機 50機
損害:
海軍機工場生産力16低下

  第5次福岡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 63機

サモア攻略作戦のために艦隊を展開。
敵艦隊が迎撃に来ますが、こちらの強力な艦隊と遭遇し戦意喪失。
_16-4-18_22-34-56_No-20.jpg

  第18次タラワ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 110機
撃墜 爆撃機 24機
重巡 ヘレナ 爆撃により沈没
駆逐艦 エールウィン 爆撃により沈没

  第19次タラワ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 16機
駆逐艦 ハリソン 爆撃により沈没
駆逐艦 タッカー 爆撃により沈没

  第2次タラワ沖海戦
日本軍艦艇 戦艦 4 巡洋艦10 小型艦20
連合軍艦艇 小型艦17
駆逐艦 ブルクス 砲撃により沈没
駆逐艦 S・ポッター 砲撃により沈没
駆逐艦 クレイブン 砲撃により沈没
駆逐艦 カミングス 砲撃により沈没
駆逐艦 W.M.ウッド 砲撃により沈没
駆逐艦 エドソル 砲撃により沈没
駆逐艦 メイラント 砲撃により沈没
駆逐艦 W.C.ローウェ 砲撃により沈没

  第20次タラワ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 73機
撃墜 爆撃機 0機

  第21次タラワ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 143機
撃墜 爆撃機 8機
駆逐艦 ダウンズ 爆撃により沈没
駆逐艦 スタック 爆撃により沈没
駆逐艦 ステレット 爆撃により沈没
駆逐艦 ショウ 爆撃により沈没
駆逐艦 モーリー 爆撃により沈没
駆逐艦 パロット 爆撃により沈没
駆逐艦 バーカー 爆撃により沈没
駆逐艦 ケイス 爆撃により沈没
駆逐艦 カニンガム 爆撃により沈没

1946年8月第7ターン
銀河11型 :53機生産
4式重爆2型:86機生産

誉1型:222基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:89台生産

サモア攻略開始。エリス、フィジー、サモアを占領します。
キ91でサモアを夜間爆撃。撃墜より行方不明による損害の方が大きいです。
  第1次サモア爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 91機
撃墜 爆撃機 12機
行方不明 爆撃機 22機
戦果:
兵員4 後方2
飛行場228低下
戦闘機47 爆撃機8 偵察機2

  第8次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 59機

  第1次エリス攻略戦
戦果:
陣地275低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 229 車両 40 後方 156
  日本軍損害 兵員 0 火砲 11 車両 2 後方 6
  連合軍参加兵力 兵員 57 火砲 17 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 57 火砲 17 車両 0 後方 0
    エリス占領
駆逐艦 橘 対艦砲撃により沈没
駆逐艦 ダンラップ 占領により破壊
駆逐艦 ファニング 占領により破壊
駆逐艦 ランソン 占領により破壊
駆逐艦 フラッサー 占領により破壊
駆逐艦 マハン 占領により破壊
輸送船 連商船72号 占領により破壊
輸送船 連商船78号 占領により破壊
タンカー 連商船188号 占領により破壊
タンカー 連商船189号 占領により破壊
護衛空母 ナッソー 占領により破壊
護衛空母 アルタマハ 占領により破壊

  第1次フィジー攻略戦
戦果:
陣地170低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 170 車両 86 後方 111
  日本軍損害 兵員 0 火砲 9 車両 3 後方 4
  連合軍参加兵力 兵員 57 火砲 17 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 57 火砲 17 車両 0 後方 0
    フィジー占領

サモアに上陸。
_16-4-18_23-8-9_No-21.jpg
  第1次サモア攻略戦
戦果:
陣地654低下
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 828 車両 104 後方 462
  日本軍損害 兵員 0 火砲 50 車両 4 後方 16
  連合軍参加兵力 兵員 165 火砲 90 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 165 火砲 90 車両 0 後方 0
    サモア占領
小型輸送艦 1等輸24号 対艦砲撃により沈没
タンカー 連商船166号 占領により破壊
タンカー 連商船170号 占領により破壊
タンカー 連商船179号 占領により破壊
タンカー 連商船181号 占領により破壊
タンカー 連商船182号 占領により破壊
タンカー 連商船183号 占領により破壊
駆逐艦 スタンレー 占領により破壊
駆逐艦 オブライエン 占領により破壊
駆逐艦 ウォーク 占領により破壊
駆逐艦 バンクロフト 占領により破壊
駆逐艦 シガニー 占領により破壊
駆逐艦 ハリガン 占領により破壊
駆逐艦 ストッダード 占領により破壊
工作艦 ブリアレオス 占領により破壊
駆逐艦 ホビー 占領により破壊
駆逐艦 メレディス 占領により破壊
駆逐艦 テリー 占領により破壊
駆逐艦 エジソン 占領により破壊
駆逐艦 ウェインライト 占領により破壊
駆逐艦 オバノン 占領により破壊
駆逐艦 デイリー 占領により破壊
駆逐艦 ファレンホルト 占領により破壊
駆逐艦 リバモア 占領により破壊
駆逐艦 ボイド 占領により破壊
駆逐艦 リングゴールド 占領により破壊
駆逐艦 モーリス 占領により破壊
駆逐艦 コンウェイ 占領により破壊
工作艦 オグララ 占領により破壊
工作艦 ルソン 占領により破壊
工作艦 ツツイラ 占領により破壊
工作艦 オアフ 占領により破壊
工作艦 エイジャックス 占領により破壊
駆逐艦 ポープ 占領により破壊
駆逐艦 ローワン 占領により破壊
駆逐艦 ウィルクス 占領により破壊
駆逐艦 ロウズ 占領により破壊
駆逐艦 ハンマン 占領により破壊
駆逐艦 スモーレイ 占領により破壊
駆逐艦 ベンソン 占領により破壊
駆逐艦 ゴールズボロ 占領により破壊
駆逐艦 ラインド 占領により破壊
駆逐艦 モナハン 占領により破壊
駆逐艦 オーバートン 占領により破壊
駆逐艦 ウェラー 占領により破壊
駆逐艦 ヒーアマン 占領により破壊
駆逐艦 バック 占領により破壊
駆逐艦 リード 占領により破壊
駆逐艦 トンプソン 占領により破壊
駆逐艦 ティンゲイ 占領により破壊
駆逐艦 トリップ 占領により破壊
駆逐艦 サースフィールド 占領により破壊
駆逐艦 ソーレイ 占領により破壊
駆逐艦 カッシン 占領により破壊
駆逐艦 ウィルソン 占領により破壊
駆逐艦 ホーエル 占領により破壊
駆逐艦 バルマー 占領により破壊
駆逐艦 バーネイ 占領により破壊
駆逐艦 ニコラス 占領により破壊
駆逐艦 オールデン 占領により破壊
駆逐艦 エリソン 占領により破壊
駆逐艦 パワー 占領により破壊
駆逐艦 コンバース 占領により破壊
駆逐艦 ファラガット 占領により破壊
駆逐艦 マドックス 占領により破壊
駆逐艦 スミス 占領により破壊
駆逐艦 クリムソン 占領により破壊
駆逐艦 カースル 占領により破壊
駆逐艦 ニコルソン 占領により破壊
駆逐艦 フェルプス 占領により破壊
駆逐艦 ピアリー 占領により破壊
駆逐艦 トイッグス 占領により破壊
駆逐艦 シュレーダー 占領により破壊

艦隊泊地なので、工作艦が6隻います。
駆逐艦も多数沈めておけば敵の艦隊行動頻度が減るかもしれません。

1946年8月第8ターン
戦闘機「烈風改」開発完了
爆撃機「キ74遠爆1型」開発完了

「海防艦199号」呉にて竣工

奮龍4 :200機生産
奮龍5 :160機生産
キ74遠爆1型: 20機生産
4式重爆2型: 55機生産

ハ42-2型:296基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍トラック:14台生産

チリ車台:89台生産


  第13次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
兵員2
飛行場89低下

サモアに敵潜水隊が出現、奇襲を受ける。うっかり対潜哨戒と之字運動を忘れていました。
すぐ近くにいた味方艦隊が対潜哨戒していて、その範囲内なので大丈夫だろうと考えていました。
しかしよく考えてみると、移動側の座標が戦場になるため、潜水隊から移動してきた時は他の艦隊の対潜哨戒範囲に入らないケースも多いのです。
_16-4-19_18-25-31_No-22.jpg
対潜哨戒と之字運動の命中率マイナス修正がないため、魚雷命中率が13%もありました。
_16-4-19_18-25-47_No-44.jpg
護衛の赤城型戦艦が撃沈。よせよ痛いじゃないか・・・
巡洋戦艦 赤城 雷撃により沈没
やはり、敵出現根拠地付近は危険です。


潜水艦 グラウラー 爆雷により沈没
潜水艦 スヌーク 爆雷により沈没
潜水艦 アルバコア 爆雷により沈没
潜水艦 デビルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ロック 爆雷により沈没
潜水艦 ポーパス 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーギル 爆雷により沈没
潜水艦 ポンポン 爆雷により沈没
潜水艦 ポラック 爆雷により沈没


  第14次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 263機
撃墜 爆撃機 17機
戦果:
陣地2880低下
兵員6 火砲4 後方150

1946年8月第9ターン
「日商船262号」釧路にて竣工

銀河16型 : 50機生産
零式水偵 : 7機生産
キ103襲撃機:146機生産

ハ43-1型:254基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:89台生産


  第8次岐阜防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 90機
撃墜 爆撃機 72機
損害:
陸軍機工場生産力8低下

  第4次富山防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 58機

ソ連戦線。あと2駅、最後の攻勢に出ます。
_16-4-22_17-50-19_No-23.jpg
対地爆撃する陸軍機↓
_16-4-22_17-55-1_No-25.jpg
キ103襲撃機と4式重爆2型。
  第15次タイシェト爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 484機
撃墜 爆撃機 30機
戦果:
陣地2679低下
兵員33 火砲34 車両3 後方810

陣地を爆撃で削ったため、敵の耐久力修正が低いです。
_16-4-22_17-57-58_No-24.jpg
初手の総攻撃で士気ダメージ3を出しました。短いラウンドで勝てば損害も減ります。
  第1次タイシェト攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1984 車両2016 後方 3427
  日本軍損害 兵員 0 火砲 281 車両 342 後方 73
  連合軍参加兵力 兵員1785 火砲1502 車両 608 後方 20271
  連合軍損害 兵員 870 火砲 743 車両 207 後方 4523
    タイシェト占領

オーストラリア、タウンスビルの様子↓
_16-4-22_17-52-59_No-26.jpg
どうせ講和できないので攻略する必要はないですが、ここまで来たら攻略するよね。
ものすごい数の夜間戦闘機がいます、1765機。これは夜間爆撃は通じませんね。

  第1次ケアンズ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 321機 爆撃機 225機
撃墜 戦闘機 11機 爆撃機 4機
連合迎撃総数 戦闘機 49機
撃墜 戦闘機 49機
戦果:
陣地586低下
兵員114 火砲90 後方15

  第2次ケアンズ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 325機 爆撃機 181機
撃墜 戦闘機 4機 爆撃機 1機
戦果:
兵員102 火砲69 後方13

  第1次タウンスビル沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 87機 爆撃機 29機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 6機
連合迎撃総数 戦闘機 39機
撃墜 戦闘機 14機
護衛空母 カサブランカ 爆撃により沈没
護衛空母 ガンビアベイ 爆撃により沈没

  第3次ケアンズ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 100機 爆撃機 162機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 1機
戦果:
兵員85 火砲52 後方11

タウンスビルで大空戦。このキャンペーン最大規模です。
ポートモレスビーからキ83遠戦でギリギリ届きます。
_16-4-22_18-12-43_No-27.jpg
練度が一気に7も低下。
  第1次タウンスビル爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 380機 爆撃機 189機
撃墜 戦闘機 81機 爆撃機 62機
連合迎撃総数 戦闘機 855機
撃墜 戦闘機 88機
戦果:
兵員1
飛行場74低下
戦闘機48 爆撃機4 偵察機2

キ83遠戦の派生機のキ95司偵も空戦ができるので攻撃に参加↓
_16-4-22_18-14-25_No-28.jpg
  第2次タウンスビル爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 203機 爆撃機 249機 偵察機 117機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 39機 偵察機 16機
連合迎撃総数 戦闘機 324機
撃墜 戦闘機 61機
戦果:
兵員9 後方5
飛行場524低下
戦闘機171 爆撃機17 偵察機5

  第3次タウンスビル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 9機
戦果:
兵員3 後方1
飛行場180低下
戦闘機41 爆撃機3 偵察機1

  第4次タウンスビル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 16機
戦果:
兵員5 後方2
飛行場32低下
戦闘機62 爆撃機6 偵察機1

ケアンズにまず上陸して、そのあと陸路でタウンスビルを攻略します。
  第1次ケアンズ攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 81機 空挺分隊290
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 558 火砲 222 車両 71 後方 431
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    ケアンズ占領

  第5次タウンスビル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 178機
撃墜 爆撃機 19機
戦果:
陣地896低下
兵員45 火砲43 後方5

1946年8月第10ターン
烈風3型艦戦:185機生産
4式重爆2型 : 86機生産

ハ42-2型:296基生産

ホリ車 :83両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:134台生産


  第6次タウンスビル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 16機
戦果:
兵員5 後方3
飛行場33低下
戦闘機65 爆撃機6 偵察機1

  第14次ジョンストン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 148機
撃墜 戦闘機 5機
行方不明 戦闘機 4機
損害:
陣地24低下
火砲15 車両2 後方2

  第1次山形防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 84機
撃墜 爆撃機 70機
損害:
海軍機工場生産力6低下

  第10次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 340機
撃墜 爆撃機 35機
連合迎撃総数 戦闘機 64機
撃墜 戦闘機 17機
戦果:
陣地2880低下
兵員13 火砲3 後方100
飛行場40低下
戦闘機14 爆撃機2

  第7次タウンスビル爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 228機
撃墜 爆撃機 22機
戦果:
陣地28低下
兵員51 火砲50 後方7

  第7次マロエラップ沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 64機
撃墜 爆撃機 12機
大型輸送艦 LST97号 雷撃により沈没
大型輸送艦 LST151号 雷撃により沈没
大型輸送艦 LST147号 雷撃により沈没
大型輸送艦 LST148号 雷撃により沈没

1946年9月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:134動員
日本軍整備分隊: 44動員
日本軍空挺分隊: 22動員

補助空母「赤城丸」横須賀にて竣工

銀河16型 : 52機生産
100式司偵3型:140機生産

火星25型:346基生産

96式15p榴弾砲 :111門生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:89台生産


タウンスビル攻略戦の様子↓
_16-4-23_19-58-19_No-29.jpg
相手の支援火砲がガチで強いですが、数で押し切る。
  第1次タウンスビル攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 558 火砲 876 車両 362 後方 536
  日本軍損害 兵員 37 火砲 94 車両 67 後方 9
  連合軍参加兵力 兵員 384 火砲 267 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 384 火砲 267 車両 0 後方 0
    タウンスビル占領
駆逐艦 デューイ 占領により破壊
駆逐艦 ハル 占領により破壊
駆逐艦 マクドナウ 占領により破壊
駆逐艦 ウォーデン 占領により破壊
駆逐艦 パターソン 占領により破壊
タンカー 連商船8号 占領により破壊
輸送船 連商船100号 占領により破壊
輸送船 連商船106号 占領により破壊
タンカー 連商船162号 占領により破壊
護衛空母 リスカムベイ 占領により破壊
護衛空母 マニラベイ 占領により破壊

  第11次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
連合迎撃総数 戦闘機 31機
撃墜 戦闘機 8機
戦果:
兵員1
飛行場66低下
戦闘機13 爆撃機3

  第1次ソロン攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 10 火砲 10 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    ソロン占領

  第1次マノクワリ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 10 火砲 10 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    マノクワリ占領

1946年9月第2ターン
「日商船265号」佐世保にて竣工

「日商船5号」シンガポールにて竣工

2式大艇23型:27機生産
4式重爆2型 :42機生産

ハ42-2型:143基生産

92式10p加農砲 :111門生産
日本軍ブルドーザー: 2台生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:89台生産


  第12次クラスノヤルスク爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 338機
撃墜 爆撃機 47機
連合迎撃総数 戦闘機 115機
撃墜 戦闘機 28機
戦果:
陣地2000低下
兵員7 火砲3 後方140

対ソ戦、最後の戦いです。
_16-4-23_20-17-34_No-30.jpg
道路級数が3なので、少し落伍率が高めです。
陣地レベルは低いので2ラウンドで勝てます。
_16-4-23_20-19-42_No-31.jpg
  第1次クラスノヤルスク攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1927 車両2073 後方 3620
  日本軍損害 兵員 0 火砲 294 車両 350 後方 91
  連合軍参加兵力 兵員1958 火砲1531 車両 484 後方 0
  連合軍損害 兵員1958 火砲1531 車両 484 後方 0
    クラスノヤルスク占領

  第5次富山防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 79機
撃墜 爆撃機 66機
損害:
陸軍機工場生産力12低下

  第9次岐阜防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 53機
損害:
陸軍機工場生産力5低下

1946年9月第3ターン
  第2次日ソ和平交渉

熊野丸型航空輸送艦「護国丸」佐世保にて竣工

銀河16型:39機生産
キ117戦 :89機生産

ハ44型:96基生産

25mm連装機銃:268門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:134台生産


潜水艦 テティス 爆雷により沈没
潜水艦 トラキュレント 爆雷により沈没
潜水艦 シージアン 爆雷により沈没
潜水艦 シビル 爆雷により沈没
潜水艦 サンダーボルト 爆雷により沈没
潜水艦 テラッピン 爆雷により沈没
潜水艦 ストイック 爆雷により沈没
潜水艦 スナッパー 爆雷により沈没
潜水艦 チグリス 爆雷により沈没
潜水艦 スピアーフイッシュ 爆雷により沈没


  第1次メラウケ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 20 火砲 2 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    メラウケ占領

  第2次宇都宮防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 79機
撃墜 爆撃機 79機

1946年9月第4ターン
  第3次日ソ和平交渉
  日ソ不戦条約締結

爆撃機「富嶽陸攻」開発完了

富嶽陸攻:13機生産
奮龍5 :20機生産
4式戦丙 :89機生産

ハ54型:48基生産

25mm連装機銃:268門生産

6t牽引車車台:89台生産

ソ連と条件3で講和できました。
_16-4-23_20-33-22_No-32.jpg
もう戦争は疲れたので和平仲介を頼みたいところですが、15ターン経過するまでできません。

ところで、最初に決めたプレイ目標で通商破壊戦で商船50隻撃沈というのがありました。
潜水艦自体は生産したんですが、敵艦隊に備えて各前線基地に配置していたため、さっぱり通商破壊してませんでした。
最後に実施しておこう、50隻は無理だけど、せめて20隻は沈めてやる。
_16-4-23_20-37-37_No-33.jpg
濠州航路で実施します。6隊で60隻参加。

  第9次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 66機

1946年9月第5ターン
橘型駆逐艦「八重桜」釧路にて竣工

奮龍5:300機生産
奮龍4: 30機生産

ハ54型:49基生産

25mm連装機銃:268門生産

6t牽引車車台:89台生産


  第2次サイパン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 103機
撃墜 戦闘機 45機
行方不明 戦闘機 4機
日本迎撃総数 戦闘機 195機
撃墜 戦闘機 0機

  第6次福岡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 55機
撃墜 爆撃機 55機

1946年9月第6ターン
「日商船266号」佐世保にて竣工

「伊92号」釧路にて竣工

奮龍4:230機生産

誉2型:111基生産

25mm連装機銃:268門生産

トラック車台:134台生産


  第10次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 65機


1946年9月第7ターン
戦闘機「キ94−2型戦」試作完成

奮龍5:400機生産
奮龍4: 40機生産

ハ54型:98基生産

25mm連装機銃:268門生産

6t牽引車車台:89台生産

さっそく濠州沿岸に通商破壊部隊が到着。
エモノがいたぜ。護衛の駆逐艦は4隻のみ。
_16-4-23_20-47-43_No-34.jpg
護衛は商船の損害によって増強されます。つまり最初が一番狙い時だ。
1隊目↓
_16-4-23_20-48-52_No-35.jpg
とりあえず集中度を任意にしたら、火力が集中しすぎたようで貨物船を2隻沈めたのみ。
艦尾魚雷(U9なので)で護衛を1隻撃沈。先に護衛を仕留める方がいいのかな。
輸送船 連商船258号 雷撃により沈没
輸送船 連商船255号 雷撃により沈没
護衛駆逐艦 ホルダーネス 雷撃により沈没

2隊目↓
_16-4-23_20-49-19_No-36.jpg
集中度1で魚雷をばら撒いた結果、4隻貨物船を撃沈。
ただし、少しサイズが大きいタンカーは損傷したけど撃沈ならず。後の隊がトドメを刺してくれるでしょう。
輸送船 連商船257号 雷撃により沈没
輸送船 連商船256号 雷撃により沈没
輸送船 連商船263号 雷撃により沈没
輸送船 連商船261号 雷撃により沈没
護衛駆逐艦 ティックハム 雷撃により沈没

3隊目↓
_16-4-23_20-50-32_No-37.jpg
大戦果です。護衛も全滅。
輸送船 連商船260号 雷撃により沈没
輸送船 連商船259号 雷撃により沈没
輸送船 連商船265号 雷撃により沈没
輸送船 連商船253号 雷撃により沈没
輸送船 連商船252号 雷撃により沈没
護衛駆逐艦 ブランクネイ 雷撃により沈没
護衛駆逐艦 ハースレー 雷撃により沈没

4隊目↓
_16-4-23_20-51-14_No-38.jpg
6隻撃沈。いい調子だ。
輸送船 連商船254号 雷撃により沈没
輸送船 連商船262号 雷撃により沈没
輸送船 連商船264号 雷撃により沈没
輸送船 連商船251号 雷撃により沈没
タンカー 連商船268号 雷撃により沈没
輸送船 連商船250号 雷撃により沈没

5隊目、残っていた低速タンカー3隻を沈め、船団を全滅させる。これで商船20隻撃沈だ。
タンカー 連商船266号 雷撃により沈没
タンカー 連商船267号 雷撃により沈没
タンカー 連商船269号 雷撃により沈没

6隊目↓
_16-4-23_20-51-47_No-39.jpg
エモノがない(笑)


1946年9月第8ターン
銀河16型:52機生産

ハ44型:197基生産

25mm連装機銃:268門生産

トラック車台:134台生産


  第9次沖縄沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 85機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 3機
連合迎撃総数 戦闘機 56機
撃墜 戦闘機 13機
大型輸送艦 LST143号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST153号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST149号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST152号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST144号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST150号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船114号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船131号 誘導弾により沈没
タンカー 連商船299号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST146号 誘導弾により沈没
大型輸送艦 LST154号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船127号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船124号 誘導弾により沈没
輸送船 連商船128号 誘導弾により沈没
護衛空母 ファンショウベイ 誘導弾により沈没
護衛空母 シェナンゴ 誘導弾により沈没
護衛空母 クロアタン 誘導弾により沈没
護衛空母 キトカンベイ 誘導弾により沈没

  第2次沖縄防衛戦
損害:
飛行場9低下
爆撃機1 偵察機1
  日本軍参加兵力 兵員 86 火砲 610 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 5 火砲 111 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 540 火砲 360 車両 24 後方 312
  連合軍損害 兵員 250 火砲 129 車両 5 後方 31

  第7次福岡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 126機
撃墜 爆撃機 126機

潜水艦特殊任務フェイズ↓
_16-4-23_20-55-28_No-40.jpg
護衛の駆逐艦が9隻に増強されました。きっと新型のハント3だと思う。
商船は1隻ずつ補充されます。これはもう帰還しよう。

1946年9月第9ターン
「1等輸102号」釧路にて竣工

奮龍5:400機生産
奮龍4: 40機生産

ハ42-2型:296基生産

25mm連装機銃:268門生産

トラック車台:134台生産


  第3次沖縄防衛戦
損害:
飛行場5低下
戦闘機1
  日本軍参加兵力 兵員 79 火砲 499 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 2 火砲 66 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 290 火砲 231 車両 9 後方 271
  連合軍損害 兵員 176 火砲 84 車両 3 後方 27
大型輸送艦 LST145号 触雷により沈没
駆逐艦 エジソン 触雷により沈没
駆逐艦 ランソン 触雷により沈没
駆逐艦 コンウェイ 触雷により沈没

  第1次カビエン攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 20 火砲 2 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    カビエン占領

  第1次ラバウル攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 20 火砲 0 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    ラバウル占領

  第1次ブーゲンビル攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 20 火砲 2 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    ブーゲンビル占領

  第11次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 72機

1946年9月第10ターン
補助空母「極東丸」釧路にて竣工

奮龍4:300機生産

ハ54型:98基生産

25mm連装機銃:268門生産

ブルドーザー車台:89台生産


  第8次福岡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 66機

1946年10月第1ターン
軍馬 :344動員
日本軍歩兵分隊:148動員
日本軍整備分隊: 37動員

ハ54型:98基生産

25mm連装機銃:268門生産

6t牽引車車台:89台生産


  第12次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 78機
撃墜 爆撃機 75機

1946年10月第2ターン
「海防艦302号」横須賀にて竣工
「海防艦303号」横須賀にて竣工

「海防艦400号」シンガポールにて竣工
「海防艦401号」シンガポールにて竣工


  第9次福岡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 45機
損害:
陸戦兵器工場生産力11低下

1946年10月第3ターン
「日商船264号」佐世保にて竣工

奮龍5:462機生産

ハ54型:98基生産

25mm連装機銃:267門生産

ブルドーザー車台:89台生産


  第2次定辺攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 40 火砲 0 車両 0 後方 20
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    定辺占領

  第13次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 90機
撃墜 爆撃機 90機

1946年10月第4ターン
  第3次日中和平交渉
  日中不戦条約締結

戦闘機「電光夜戦」試作完成

「海防艦402号」佐世保にて竣工
「海防艦403号」佐世保にて竣工
「海防艦404号」佐世保にて竣工
「海防艦405号」佐世保にて竣工

奮龍4:300機生産

ハ54型:98基生産

25mm連装機銃:267門生産

ブルドーザー車台:89台生産


1946年10月第5ターン

  第3次宇都宮防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 67機

  第13次八幡防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 44機
損害:
製鉄所生産力12低下

1946年10月第6ターン

  第14次大村防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 64機
損害:
海軍機工場生産力1低下

1946年10月第7ターン

  第2次室蘭防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 56機
損害:
製鉄所生産力6低下


1946年10月第9ターン

特に大きな事件もなく、ソ連からの撤兵期間が終了。
さっそく和平仲介してもらう。
_16-4-23_21-25-39_No-41.jpg
友好中立国はソ連と中国だけなので、仲介成功率は50%です。
マップ上から連合軍根拠地を0にすれば100%になりますが、もう作業になるだけなので、ここはリロードして仲介成功させます。

  第4次宇都宮防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 79機
撃墜 爆撃機 76機
損害:
陸軍機工場生産力1低下

  第10次岐阜防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 45機
損害:
陸軍機工場生産力12低下

1946年10月第10ターン

普通に仲介成功しました。50%だからね。手間がかからずよろしい。
米国国民戦意は0で、米国根拠地はすべて占領してますが、英・濠と講和してないからか、条件7まででした。
_16-4-23_21-30-19_No-43.jpg
サモア割譲まで行きました。
英・濠とも講和できていれば条件8まで行くはずなんですが。というより、米国国民戦意20くらいでもたぶん条件8だと思う。

艦船累計↓
_16-5-8_11-57-15_No-44.jpg
戦艦は大和型2隻、加賀型航空戦艦7隻を新造しました。加賀型は空母型から改装するズル(笑)
最上の軽巡型は12隻新造し、戦闘で4隻戦没しました。
高速輸送船(防空基幹船含む)は最終的に56隻保有。初期配備30隻。
中速輸送船は53隻保有。たぶん戦没なし。これも初期配備30隻。
戦標船は40隻保有。短距離航路船団に配備。
高速タンカー10隻は戦没なし。上陸艦隊や補給艦隊に配置。
中速タンカーは42隻、中速商船空母は11隻保有。主力タンカー。
低速タンカーは9隻。短距離航路配置。
呂500潜、104隻保有。数隻戦没。
大型輸送潜20隻保有、戦没あり。
補給潜4隻、補給潜改14隻保有。
蒼龍型7隻新造、雲龍型4隻新造。
水上機母艦7隻新造。
工作艦12隻新造。
敷設艦14隻新造。
陸軍特殊船10隻ほど新造。
丙型海防艦220隻ほど、丁型は100隻ほど新造。
1等輸送艦100隻以上新造。
花月型駆逐艦56隻保有。


航空・陸上兵器累計↓
_16-5-8_11-57-27_No-45.jpg
航空機は例によって3割ほどは自然消耗による損害です。常に生産し続けないといけない。
戦車は頑丈な一方、危険な前衛として使うため陸戦での損害も大きいです。


というわけで、長いキャンペーンシナリオ終了です。ほんま長かったわ・・・
目標で達成できなかったのは、通商破壊戦で商船50隻撃沈でした。20隻でした。

近道なしで戦いましたが、一気に上陸作戦を決めてしまうパターンが多く、敵との消耗戦は少なかったです。
次のキャンペーンではエディタ(デバック用の)で敵地上兵力を増やして簡単に上陸できないようにと、考え中。バグらないよう要テストですが。初期配置の未所属部隊なら。

敵の大型艦を多く仕留めたのはやはり航空機でした。潜水艦もがんばったし、後半は艦隊戦もしました。
敵大型艦は登場予定数が固定なので、終盤にややネタ切れ感がありました。艦載機不足で作戦できなかった可能性もありますが。
建造予定であっても、駆逐艦不足や他の大型艦修理中などの理由で建造中止もあるみたいです。要ドックってことでしょうね。

B36なんですが、対策すれば十分しのげますね。誘導弾が強力。工場も少しの損害なら増築すればすぐ回復します。
B36は生産工数が非常に大きく、これの補充のため他の航空機生産が滞った感があります。重爆を優先生産する思考ルーチンがあるみたいですね。
B36の工数は18なので、1機につき生産力180も必要です。例えば航空機生産力が10000あっても55機しか生産できません。そんな機体を誘導弾で撃墜しまくってましたから、終盤に敵正規空母が出てこなくなったのかもしれません。
次にプレイする時はB36の登場時期を大きく遅らせてみようと思います。
posted by うらマッハ at 13:35| Comment(5) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
お久しぶりです。ついに大河ドラマが完結しましたね。大変にお疲れ様でした!!

ガチバトルの連続でしたね。特に終盤のソ連軍との地上戦は壮絶です。1根拠地を攻略する為に軽油5000tを消費するなんて想像もしませんでした。ゼロ戦なら5000機を1度に出撃させることが可能な莫大な物量ですよね…。

戦略爆撃合戦もスケールがデカ過ぎて未だに消化出来ていません。「何が起こっている!?」状態です。弾薬消費も燃料消費も理解を超えていましたし、何よりキ91の量産を支える国力が圧倒的です。どの辺あたりから米軍の搭乗員練度が1を彷徨いだしたのか忘れてしまいましたが、練度が1であるにも関わらずP47が恐ろしく強いですよね。地対空ミサイルである奮龍の戦果が上々だったのは米軍の圧倒的練度不足も原因だったのでしょうか?

パナマ運河破壊作戦も見せて頂き大変嬉しかったです。それに超大型輸送船も登場したりと他では目にすることが出来ない要素てんこ盛りでして、もはやひとつの仮想戦記という読み物でした。

大変読み応えのある内容なので太平洋戦記3とは独立したカテゴリで今後掲載して頂けると読み返しもし易いのでご検討いただけると幸いです。

本当に素晴らしい掲載を長きにわたり続けて下さりありがとうございました。
Posted by アクタ at 2016年05月13日 23:03
>終盤のソ連軍との地上戦

裏ボスみたいな役どころでしょうか、かなり強かったです。
39年スタートだと序盤に少し戦って講和することが多い相手ですが、本気を出すとラスボスでした・・・
軽油は戦車や重砲を使うようになると一気に消費量が増えます。弾薬消費量も増えるので連れて行くトラックも増えて燃料消費も増大。


>練度が1であるにも関わらず

空戦だとイニシアチブ値が変わるだけで、捕捉確率などは同じですからね。素でイニシアチブ値が高い米陸上機相手ではせいぜい互角というケースが多いです。
奮龍は命中率固定です。練度が高かろうと、防御力が高かろうと、一定確率で死にます。戦場コワイ!


>パナマ作戦

直前に出会う哨戒艦隊さえ回避できれば、機数分運河使用不可になるので、嫌がらせとしてはアリだと思いました。

>超大型輸送船

2隻登場するようですね。
ニューギニアでしか目撃できませんでした。


>カテゴリ

そういえば太平洋戦記3の記事数が増えてきましたね。整理した方がイイのかしら・・・
とりあえず表示記事数を10件ずつ、記事カテゴリ最新記事リンク件数を20(多い?)にしてみます。これで1~2回の表示で大体出ると思います。
カテゴリー整理は前向きに善処致します(笑)
Posted by うらマッハ at 2016年05月14日 20:19
記事カテゴリ最新記事リンク件数表示は、文字数表示が少なくて実用性がなさそうなので、結局5件に戻します・・・
タイトルの先頭に番号でも付ければイイかもしれませんが、タイトル変更作業がめんどくさそうでした。次から新規では冒頭に番号付けよう。

あと、表示環境はPCでしか確認してません。スマホとかだとそもそもちゃんと表示されない可能性大です。
でもアクセス解析によると、割とスマホからアクセスしてる人も多いみたい。画像とか表示されてないかも。
Posted by うらマッハ at 2016年05月14日 21:38
こんにちは。

カテゴリの検討で煩わしてしまいすみません。今後新規でタイトルの冒頭で番号表示をしていただけるとの事で、それで把握していきます。

僕はPCからしかアクセスしていないのでわからなかったのですが、もしかしたらスマホではタイトル表示に画像は反映されていないかもしれませんね。

今どきはスマホでも画像重めのサイト閲覧もスイスイいけるようですね。これも時代でしょうか。
Posted by アクタ at 2016年05月15日 14:00
カテゴリ変更や整理作業自体はそんなに手間ではなさそうなんですが、なんでかブログ設定画面のアクセス速度がやたら遅くて(笑)。
時間帯によっては負荷が減るかもしれないので、そのうちカテゴリ整理します。

記事回覧は、僕は記事右のカテゴリ検索で太平洋3の記事だけを表示して、各記事の「続きを読む」、読んだらブラウザの前の画面に戻るボタン、別の記事の「続きを読む」の操作が一番ラクだと思います。
まあブラウザの種類も色々あるので、操作の仕方が想定と違うかもしれません。僕のはIEです。最近はグーグルクロムが多いのかな。
とにかく一覧出して、元の画面、のパターンが個人的ベスト。日付順だとかなり不便かも。
Posted by うらマッハ at 2016年05月15日 16:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: