2016年09月08日

3_40年改造シナリオ 大和vs3年計画 油田付き 1942年1月第1ターンから

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。大和計画含む。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/

パワーアップキット「大和計画」の39年シナリオを少し?改造したものです。割と高難易度。

プレイ縛り
基本的にはリロードによる吟味はなし。操作ミスした時のオートセーブへのコンティニューは可。
和平交渉時の条件吟味リロードは可。
1ターンに一度だけ、外交フェイズ開始時→直前潜水艦任務フェイズへのリロード可。悪天候回避用。

科学技術開発重点は、オハ油田発見まで油田捜索固定。

陸戦を仕掛ける時(上陸戦含む)、火砲の参加数は兵員+前衛車両と同数まで。上陸戦時、水陸両用車は2倍扱い。
4式重爆シリーズで対艦攻撃禁止。
同一艦隊に対して、1ターンあたり爆撃は5コマンドまで。しつこい五月雨爆撃ができません。

敵出現根拠地への飛び石攻略禁止。関連する根拠地を全て占領してから。
インドへの進攻は、フィリピン・インドネシア・マレー・ビルマの親日政権樹立まで禁止。したがって資源地帯で親日政権樹立しないといけない。
デリー占領は他の英出現根拠地占領まで禁止。
ニューカレドニア・フィジー・サモア占領は、濠州根拠地占領まで禁止。

その他設定変更など↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/176212785.html

1942年1月第1ターンから1942年4月第10ターンまで。
アパリ攻略。グァム上陸戦。ダバオ上陸戦。
バリクパパン攻略(死守あり)。


42年になりました。そろそろ米国から宣戦布告があるはず。

1942年1月第1ターン

1942年1月第2ターン
潜水艦「丙型改潜」開発終了

1942年1月第3ターン
  対米戦勃発

きました。いよいよ開戦です。
_16-7-22_16-50-58_No-01.jpg
国力は最初から100%を超えてます。
これだけあれば艦船建造でドック不足になることは少ないはず。通常の30%だと沢山沈めると補充が間に合わないことも多々あります。

マップ↓
_16-7-21_22-23-9_No-02.jpg
まずはフィリピン北端のアパリと、グァム島を攻略します。この2箇所は重爆が配備されるため、放置しておくと危険です。
それぞれ守備兵力は海兵部隊が3個大隊。今回は未所属部隊に火砲や軽車両を配置したので、ユニット数なら400はいます。適度?に歯ごたえがあります。

敵地を偵察したいところですが、まずは敵飛行場を爆撃。
_16-7-21_22-23-51_No-03.jpg
高雄からだと97式重爆でもマニラに届きました。陸軍機は防御力が高く燃費もイイので使いやすいです。
  第1次マニラ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 143機 爆撃機 95機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 3機
連合迎撃総数 戦闘機 95機
撃墜 戦闘機 39機
戦果:
兵員4
飛行場160低下
戦闘機3 爆撃機30 偵察機5

  第1次アパリ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 57機 爆撃機 87機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 3機
連合迎撃総数 戦闘機 27機
撃墜 戦闘機 12機
戦果:
兵員2
飛行場90低下
爆撃機20 偵察機9

マニラの様子↓
_16-7-21_22-24-29_No-04.jpg
マニラの海兵部隊は火砲数2倍のタイプです。3個大隊。

アパリの様子↓
_16-7-21_22-25-29_No-05.jpg
海兵部隊3個大隊。1大隊あたり整備分隊30なのでユニット数がかなり多くなります。
軽車両が多いため、ユニット総数ほど強くはありませんが、前衛車両は迫撃砲の天敵なので要注意。
アパリは直接上陸せず、後ろのバギオに上陸後、陸路で攻略予定。

グァムの様子↓
_16-7-21_22-26-16_No-06.jpg
最初に攻略する根拠地だろうから、少し兵力は少なめにしました。まあ海兵3個大隊だけで強力ですが。
開戦時は陣地0のため、即座に上陸戦を決めてしまうのが効率的です。
僕の場合、兵力を回せず準備に手間取りましたが。

グァムにまだ上陸できないので爆撃してみる。
_16-7-21_22-27-23_No-07.jpg
未所属部隊は補充がないので爆撃が有効ですが、一緒にいる海兵部隊はある程度損耗すると補充艦隊を呼びます。
補充艦隊が入港してしまうと、それまでの爆撃が徒労になるんですよね。うまく補充艦隊を妨害できれば良いのですが、大破着底ONでは難しいところです。
  第1次グァム爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 112機 爆撃機 36機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 1機
戦果:
兵員17 車両2
飛行場86低下
偵察機12

フィリピンのバギオに上陸します。ここは要塞砲がないため、大兵力で行けば無血上陸できます。
_16-7-21_22-28-58_No-08.jpg
約2000の兵力をかき集めました。さらに工兵や整備兵を積んだ商船も待機してます。
こちらに兵力を回したお陰で太平洋方面の攻略が後回しに。
_16-7-21_22-31-17_No-09.jpg
  第1次バギオ攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 50機 空挺分隊115
撃墜 輸送機 0機
戦果:
陣地202低下
  日本軍参加兵力 兵員1179 火砲 923 車両 0 後方 570
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 270 火砲 162 車両 111 後方 300
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    バギオ占領
無事バギオに上陸成功。ここからアパリを陸路で占領します。アパリには退却した敵が合流してユニット数800越えになりましたが。

1942年1月第4ターン

  第2次アパリ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 98機 爆撃機 24機
撃墜 戦闘機 8機 爆撃機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 1機
撃墜 戦闘機 0機
戦果:
陣地14低下
兵員2 後方13
飛行場29低下
爆撃機8 偵察機3

グァムの敵部隊に急降下爆撃する東海。用途は対潜哨戒機だけど、序盤なら急降下爆撃機としても活用できます、割高品ですが。
_16-7-22_18-16-6_No-10.jpg
密林で戦果が0.7倍です。意味のある攻撃かどうか微妙なところ。
  第2次グァム爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 168機
撃墜 爆撃機 10機
戦果:
兵員22 火砲11 車両3 後方4
飛行場47低下

  第3次グァム爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 106機
撃墜 戦闘機 7機
戦果:
兵員18 火砲1 車両3 後方1

1942年1月第5ターン

1942年1月第6ターン

バギオでアパリ攻略の準備が整いました。
火砲やトラックのために燃料が必要です。占領してすぐタンカー(水上機母艦でも可)を入港させ、次のターンに揚陸。その次のターンから使用可という流れなので、最低でも橋頭堡占領から2ターンはかかります。
_16-7-22_18-41-52_No-11.jpg
いつも通り空挺作戦付きです。約2000の兵力で進攻。相手は800ほど。死守命令の可能性もありそうですが。
_16-7-22_18-44-18_No-12.jpg
敵は死守はしませんでした。伏撃で初手の総攻撃は失敗ですが、これなら勝てます。
_16-7-22_18-45-2_No-13.jpg
やったぞ、アパリを占領だ。特に資源とか得るものはないですが、付近の航路の安全などは確保できます。
  第1次アパリ攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 30機 輸送機 59機 空挺分隊120
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 4機
  日本軍参加兵力 兵員1184 火砲 863 車両 0 後方 400
  日本軍損害 兵員 131 火砲 139 車両 0 後方 14
  連合軍参加兵力 兵員 401 火砲 206 車両 212 後方 0
  連合軍損害 兵員 401 火砲 206 車両 212 後方 0
    アパリ占領

1942年1月第7ターン

さっそく米潜水隊を発見。掃討します。
開戦からほんの数ターンで、行動が早いです。

潜水艦 プランジャー 爆雷により沈没
潜水艦 シャーク 爆雷により沈没
潜水艦 ピカラル 爆雷により沈没
潜水艦 ターポン 爆雷により沈没
潜水艦 パーチ 爆雷により沈没
潜水艦 パーミット 爆雷により沈没


潜水艦 O19 爆雷により沈没
潜水艦 シー・ローバー 爆雷により沈没
潜水艦 スタバーン 爆雷により沈没
潜水艦 スパイトフル 爆雷により沈没
潜水艦 トーテム 爆雷により沈没
潜水艦 トーラス 爆雷により沈没


1942年1月第8ターン

エニウェトクで敵艦隊を発見。悪天候なので攻撃は受けない。
_16-7-22_19-2-42_No-14.jpg
まったく行動が早いです。たぶん西海岸から直接移動してきた機動艦隊でしょうね。

1942年1月第9ターン

  第2次マニラ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 152機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 2機
連合迎撃総数 戦闘機 37機
撃墜 戦闘機 37機
戦果:
兵員2
飛行場104低下
戦闘機2 爆撃機16 偵察機6

サンフェルナンドに進軍。ここはセメントが少し取れるように変更してます。
_16-7-22_21-0-35_No-15.jpg
敵は抵抗せず退却。
  第1次サンフェルナンド攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 54機 空挺分隊216
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員1116 火砲 843 車両 0 後方 400
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 215 火砲 129 車両 123 後方 229
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    サンフェルナンド占領

問題はこの先で、マニラとバターンがあります。
バターンの様子↓
_16-7-22_21-4-40_No-16.jpg
802ユニット。陣地も大きいです。
マニラの方は862ユニットでした。こちらも陣地大。
力押しでも勝てるかもしれませんが、ここはじっくり行くことにします。

1942年1月第10ターン

ボースさんが到着。
_16-7-22_21-16-57_No-34.jpg
シンガポール占領はまだ先なので待っててね。

潜水艦 セイルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 スピアフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 スカルピン 爆雷により沈没
潜水艦 サーゴ 爆雷により沈没
潜水艦 ソードフィッシュ 爆雷により沈没


潜水艦 シードラゴン 爆雷により沈没
潜水艦 パイク 爆雷により沈没
潜水艦 シーウルフ 爆雷により沈没


1942年2月第1ターン

グァムに敵補充艦隊が入港してるのを発見。悪天候でまったく接近に気付きませんでした。
_16-7-22_21-39-30_No-17.jpg
どうも、すでに補充が完了してしまっているらしい・・・
せっかく爆撃で数が少し減ったのに。

  第15次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 97機 爆撃機 64機
撃墜 戦闘機 32機 爆撃機 20機
損害:
陣地100低下
火砲1

  第4次グァム爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 97機
撃墜 戦闘機 6機
戦果:
兵員14 車両2

1942年2月第2ターン

  第5次グァム爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 118機
撃墜 戦闘機 6機
戦果:
兵員17 車両2 後方1

ようやくグァムに上陸作戦です。
_16-7-22_21-52-46_No-18.jpg
ユニット数は敵の3倍弱程度。1割は初手で落伍するのでちょっと不安ですが、たぶん大丈夫でしょう。
野郎ども、海賊の時間だぁ!
_16-7-22_21-54-13_No-19.jpg
敵要塞砲はこちらの高速輸送船を1隻沈める。ハハッ、面白いことをしてくれる(ユニット数一気に減った、大丈夫か?)
_16-7-22_21-55-29_No-20.jpg
編成画面。貴重品は航空戦艦に積んでます。上陸戦時の貴重品いえば弾薬。輸送コスト的に少量ですが無いと困ります。
_16-7-22_21-55-40_No-21.jpg
敵は伏撃。つまり死守命令じゃないので勝ちは決まりだ。
それにしても初手で伏撃されるなら、通常攻撃した方がイイんだろうか。でも総攻撃は初手が一番効果的だし。
_16-7-22_21-56-26_No-22.jpg
我が軍の勝利である。
ちなみに沈んだ輸送船には主に火砲とトラックが積んであったようです。貴重な歩兵は頑丈な潜水母艦などに集中搭載してます。
  第1次グァム攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 60機 空挺分隊 79
撃墜 輸送機 5機
  日本軍参加兵力 兵員 578 火砲 342 車両 0 後方 344
  日本軍損害 兵員 58 火砲 37 車両 0 後方 15
  連合軍参加兵力 兵員 165 火砲 95 車両 123 後方 0
  連合軍損害 兵員 165 火砲 95 車両 123 後方 0
    グァム占領
輸送船 日商船1号 対艦砲撃により沈没

  第16次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 100機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 33機 爆撃機 15機
損害:
陣地70低下
火砲1

1942年2月第3ターン
海防艦「丙型海防艦」基本設計完了


1942年2月第4ターン

本土で回航中の小型艦部隊が敵潜と遭遇。運よく先手。
_16-7-26_10-29-58_No-23.jpg
爆雷装備の小型艦だけなら襲われないと思いましたが、雷撃で1隻やられました。
本土での回航が実はかなり危ないので、回航時にはいつも戦艦+小型艦を護衛に付けるようにしてます。
あと、瀬戸内海で敵潜水隊を見た記憶がないので、回航するなら瀬戸内海を通った方が安全かも。母港も呉や神戸が安全性では優れているのかも。

掃海艇 掃海艇24号 雷撃により沈没
潜水艦 スタージョン 爆雷により沈没
潜水艦 サーモン 爆雷により沈没


1942年2月第5ターン

パレンバンで原油採掘・加工開始。
_16-7-26_19-54-41_No-24.jpg
これでリンガにいる腹ペコな艦隊に燃料をやれます。助かるわ。

米機動艦隊による空襲。
_16-7-26_20-48-55_No-25.jpg
マーシャル方面は完全に防御のみ。メジュロとエニウェトクに守備隊がいるだけです。攻める余力がありません。
哨戒もできないので、隣接してくれないとどんな艦隊かも不明です。
あと、米本土から来るのが「機動艦隊」。マップ内根拠地から来るのが「打撃艦隊」という分類のようです。
この艦隊は「機動艦隊」です。マップ外から広範囲に攻撃が可能なので非常に危険な存在です。
_16-7-26_20-49-18_No-26.jpg
  第1次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 124機
撃墜 爆撃機 28機
損害:
陣地140低下

1942年2月第6ターン

  第17次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 72機 爆撃機 48機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 16機
損害:
陣地80低下

潜水艦 ポラック 爆雷により沈没
潜水艦 ポンパノ 爆雷により沈没
潜水艦 コービナ 爆雷により沈没
潜水艦 ブロウアー 爆雷により沈没
潜水艦 ジャック 爆雷により沈没


潜水艦 マンタ 爆雷により沈没
潜水艦 スキャンプ 爆雷により沈没
潜水艦 パッファ 爆雷により沈没
潜水艦 トラウト 爆雷により沈没
潜水艦 ナーワル 爆雷により沈没

リンガにパレンバンで生産した航空燃料も届くようになったため、同地から陸攻を発進させバリクパパンのオランダ航空団を殲滅します。
_16-7-26_21-17-54_No-27.jpg
迎撃機に30機捕まりますが、数にまかせて突破。
_16-7-26_21-18-9_No-28.jpg
  第1次バリクパパン爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 123機
撃墜 爆撃機 13機
連合迎撃総数 戦闘機 47機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
兵員4
飛行場170低下
戦闘機10 爆撃機32

  第1次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 96機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地200低下
火砲1

1942年2月第7ターン

  第18次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 85機 爆撃機 60機
撃墜 戦闘機 28機 爆撃機 19機
損害:
陣地90低下
兵員1

1942年2月第8ターン

  第19次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 136機 爆撃機 45機
撃墜 戦闘機 43機 爆撃機 14機
損害:
陣地70低下
兵員1

バリクパパン攻略の橋頭堡としてバンジェルマシンに上陸します。
_16-7-26_21-43-3_No-29.jpg
要塞砲の砲弾は護衛の巡洋艦に当たる。護衛を大量に付ければそう輸送船だけに命中しなくなります、運次第ですが。
_16-7-26_21-44-13_No-30.jpg
  第1次バンジェルマシン攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 56機 空挺分隊 96
撃墜 輸送機 0機
戦果:
陣地184低下
  日本軍参加兵力 兵員 466 火砲 419 車両 0 後方 241
  日本軍損害 兵員 18 火砲 17 車両 0 後方 9
  連合軍参加兵力 兵員 105 火砲 54 車両 60 後方 160
  連合軍損害 兵員 0 火砲 12 車両 0 後方 0
    バンジェルマシン占領
敵はバリクパパンに退却。
_16-7-26_21-45-49_No-31.jpg
バリクパパンに615ユニットいます。密林で悪路、陣地もあるので苦戦しそうです。

1942年2月第9ターン

1942年2月第10ターン

  第20次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 102機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 34機 爆撃機 16機
損害:
陣地80低下
兵員1

パラオが敵陸上機の爆撃を受け始める。
_16-7-26_22-12-52_No-32.jpg
ビアクからB25が届く距離です。
余力がないためパラオには若干の小型対空砲と工兵がいるだけで制空権はありません。うっかり全滅しても日本領のため蜂起されないのである意味安心。

1942年3月第1ターン

フィリピン南端根拠地ダバオに上陸作戦。
そろそろ攻勢限界です。大型艦が燃料不足で参加数が少なめ。
敵の海兵部隊は2個大隊。通常は1個です。
_16-7-26_22-24-35_No-33.jpg
ここを占領すればレイテへの航空機移動を遮断できます。放置すると油田のあるタラカンにB25が飛んでくるため、序盤に占領したい根拠地。
敵要塞砲は護衛の掃海艇をタコ殴り。気の毒だが安い代償だ。
_16-7-26_22-26-54_No-34.jpg
ヒャッハー、麻薬犯はコロセー(!?)
戦訓?により初手を通常攻撃にしてみると、敵は通常防御。駄目じゃん。惜しくも士気ダメージ1。
でも2ラウンド目に総攻撃が成功。
_16-7-26_22-27-35_No-35.jpg
なんにせよ勝ててよかった。
  第1次ダバオ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 520 火砲 432 車両 0 後方 292
  日本軍損害 兵員 49 火砲 42 車両 0 後方 13
  連合軍参加兵力 兵員 195 火砲 84 車両 72 後方 0
  連合軍損害 兵員 195 火砲 84 車両 72 後方 0
    ダバオ占領
掃海艇 掃海艇27号 対艦砲撃により沈没

1942年3月第2ターン

  第21次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 110機 爆撃機 73機
撃墜 戦闘機 35機 爆撃機 23機
損害:
陣地120低下
兵員1

1942年3月第3ターン

1942年3月第4ターン

Uボートが期待のドイツ機を持ってくる。
_16-7-30_18-6-33_No-36.jpg
双発の急降下爆撃機Ju88Aでした。こっ、こいつはスゴイ機体です!!
近距離なら中型爆弾6個で急降下爆撃ができます。使い方次第では敵空母なんかアッサリ撃沈できそう・・・

バリクパパンに攻め込みます。
もちろん精油所をゲットするために空挺作戦付き。
勝利を信じて前進せよ。
_16-7-30_18-14-29_No-37.jpg
敵は死守命令発動。
ごめん勝利ナシ。こうなったら敵を皆殺しにするんだ!(まあ無理)
_16-7-30_18-15-37_No-38.jpg
防御効果無効の白兵を狙って突撃を繰り返す。弾薬節約も兼ねてます。味方の損害は突撃の方が増えるけどね。
_16-7-30_18-15-50_No-39.jpg
ふう、コロシあったぜ・・・
  第1次バリクパパン攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 30機 空挺分隊120
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 776 火砲 680 車両 0 後方 400
  日本軍損害 兵員 159 火砲 149 車両 0 後方 43
  連合軍参加兵力 兵員 346 火砲 144 車両 123 後方 0
  連合軍損害 兵員 175 火砲 28 車両 67 後方 0

ダバオを攻略した艦隊でタラカンに上陸作戦。ここを占領したらリンガまで行って燃料補給だ。
_16-7-30_18-20-59_No-40.jpg
初手を通常攻撃にしましたが、敵は伏撃せず。ううむ、やっぱ初手は総攻撃が無難かな・・・
_16-7-30_18-21-39_No-41.jpg
  第1次タラカン攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 380 火砲 380 車両 0 後方 279
  日本軍損害 兵員 31 火砲 35 車両 0 後方 15
  連合軍参加兵力 兵員 99 火砲 39 車両 40 後方 0
  連合軍損害 兵員 99 火砲 39 車両 40 後方 0
    タラカン占領
掃海艇 掃海艇29号 対艦砲撃により沈没

  第1次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 53機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地85低下

潜水艦 サーヒブ 爆雷により沈没
潜水艦 O20 爆雷により沈没
潜水艦 セプター 爆雷により沈没
潜水艦 シックル 爆雷により沈没
潜水艦 トライデント 爆雷により沈没
潜水艦 ストラティジャム 爆雷により沈没
潜水艦 トラベラー 爆雷により沈没


1942年3月第5ターン

再びバリクパパンに陸戦。これで勝てるだろう。
_16-7-30_19-59-32_No-42.jpg
今度は総攻撃が成功。敵も死守せず。
_16-7-30_19-59-44_No-43.jpg
敵は降伏。油田と精油所ゲット。
  第2次バリクパパン攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 30機 空挺分隊120
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 687 火砲 531 車両 0 後方 280
  日本軍損害 兵員 25 火砲 22 車両 0 後方 5
  連合軍参加兵力 兵員 171 火砲 116 車両 56 後方 0
  連合軍損害 兵員 171 火砲 116 車両 56 後方 0
    バリクパパン占領

  第2次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 122機
撃墜 爆撃機 27機
損害:
陣地250低下
火砲1

  第22次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 76機 爆撃機 51機
撃墜 戦闘機 26機 爆撃機 17機
損害:
陣地80低下

この時点での重油総量↓
_16-7-30_20-4-3_No-44.jpg
92000tでした。
もうカツカツです。当分は攻めるの無理っす。

航空・陸戦ユニット累計↓
_16-7-30_20-4-32_No-45.jpg
兵員の損害がほぼ3000です。勝っててもこの損害ですよ、戦争は怖いね。

1942年3月第6ターン

  第3次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 98機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地230低下
火砲1

1942年3月第7ターン

  第4次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 80機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地170低下
火砲1

  第23次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 63機 爆撃機 40機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 14機
損害:
陣地70低下

1942年3月第8ターン

1942年3月第9ターン
海防艦「丙型海防艦」開発終了

丙型海防艦が建造できるようになりました。
_16-7-30_20-45-10_No-46.jpg
さっそく量産だ。50ターンかかるのですぐに戦況に影響はありません。


1942年3月第10ターン

  第2次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 50機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地40低下

1942年4月第1ターン

1942年4月第2ターン

  第24次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 155機 爆撃機 102機
撃墜 戦闘機 47機 爆撃機 29機
損害:
陣地223低下
兵員2 火砲1

  第3次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地45低下

1942年4月第3ターン

  第25次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 119機 爆撃機 82機
撃墜 戦闘機 37機 爆撃機 24機
損害:
陣地345低下
兵員2 火砲1

1942年4月第4ターン

  第26次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 92機 爆撃機 68機
撃墜 戦闘機 30機 爆撃機 21機
損害:
陣地254低下
兵員1 火砲1

ビアクからの爆撃が激しくなってます。
_16-7-30_21-38-24_No-47.jpg
でも大群で来ると練度ダメージも入るので戦果としては悪くありません。
  第4次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 108機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地100低下

  第2次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 122機
撃墜 爆撃機 27機
損害:
陣地120低下

1942年4月第5ターン

  第3次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 99機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地210低下

  第5次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 87機
撃墜 爆撃機 18機
損害:
陣地65低下

  第27次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 76機 爆撃機 60機
撃墜 戦闘機 26機 爆撃機 19機
損害:
陣地213低下
兵員1

潜水艦 バーブ 爆雷により沈没
潜水艦 ワフー 爆雷により沈没
潜水艦 バーゴール 爆雷により沈没
潜水艦 ティノサ 爆雷により沈没


1942年4月第6ターン

エニウェトクにネズミ輸送のため、スキをうかがう我が艦隊。
今は敵機動艦隊がいるので待機だ。
_16-7-30_22-0-51_No-48.jpg
機動艦隊は米本土から来るため、襲来のインターバルが長め。退却した隙を狙って緊急輸送だ。
敵艦隊を偵察↓
_16-7-30_22-0-5_No-49.jpg
インディアナ型6隻を含むガチ艦隊です。40cm砲Lを12門装備の怪物だ、コワイ!?
序盤にケンカを売って良い相手ではないですね、平原をうろつく大型モンスターみたいなものです。狩るのは後半だ。

  第5次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 78機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地90低下

  第28次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 62機 爆撃機 52機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 17機
損害:
陣地60低下

1942年4月第7ターン

  第4次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地130低下

  第29次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 53機 爆撃機 44機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 15機
損害:
陣地140低下

大規模ネズミ輸送に成功する我が艦隊↓
_16-7-30_22-11-20_No-50.jpg
セメントと新兵器ブルドーザーを最前線に届けました。これで当面は安心だ。

1942年4月第8ターン

1942年4月第9ターン

潜水艦 ダーター 爆雷により沈没
潜水艦 アーチャーフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 アングラー 爆雷により沈没
潜水艦 グルーパー 爆雷により沈没


1942年4月第10ターン

  第30次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 70機 爆撃機 66機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 21機
損害:
陣地90低下



というわけで、対米戦が始まりました。
米航空機の展開は大体は開戦から3~4ヶ月後くらいかかります。なので最初の攻勢がチャンスなのです。
一方で艦隊はすぐ動かせるようです。上陸作戦の場合は陸戦ユニットの動員完了次第だと思われます。空母部隊は艦載機の生産次第かな。

今回は根拠地一つあたりの敵兵力が多いため、攻略ペースが遅いです。
太平洋方面で占領できたのはグァムだけ。
マーシャル諸島は維持だけ。パラオにも航空兵力は進出していません。維持だけなら陸上兵力で可能、時々補給が必要でそれが命がけです。
こちらの太平洋方面での艦隊前進基地はサイパンのみ。
全体的に防衛ラインを下げ気味のゲーム展開になりそうです。

蘭印の油田はすべて手に入れました。これで燃料問題は少しずつ改善されるでしょう。まだタンカー建造など課題はありますが。
シンガポール攻略はまだ先になりそうです。
posted by うらマッハ at 20:57| Comment(3) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
陸戦損失がかなりアレですが(これは貧乏性には無理かも)
相当な戦果だと思います

縛りを緩くしていても、同時期で
陸戦損失を最低限にしようとすると
マンダレー、ブルネイ、アパリ、グアム
あたりまでがやっとでした
(上記のほとんどが獲り損ねると詰みかねないので、
戦果と言えるのか微妙ですが)

パレンバンどころか
リンガ隣接すらままなりませんでした。




マップ東側は米戦艦16以上 空母8程度
いるらしく
記事にもありますが、これ、まともに近寄れないですね
輸送船がガンガン着底していきますは



Posted by at 2016年09月22日 11:04
はじめまして。
大変参考になります。
見たところ、空挺を非常に多用しているようですが、どれだけの数が必要になるのでしょうか?
Posted by チャカポン at 2016年09月23日 09:18
>陸戦損失を最低限にしようとすると

なかなか進攻が進まないでしょうね。嫌らしくも、無傷で勝てないよう守備隊や陣地を強化しましたから(笑)
陸戦に関しては兵器工場を大きくして、多少の損害はすぐ補充できるようにするのが一番だと思います。
どの火砲を量産するかも影響がありそうです。個人的には序盤の進攻は中型火砲を主力にするのが良いと思います。オススメは機動90式野砲です。
重砲も強いですが序盤は数がそろい難いです。罠は高射砲ですね、一見オトク感があるけど序盤では贅沢品です。

>リンガ隣接

これも嫌らしく、艦隊の代わりに要塞砲を置いてます。敵艦隊なら砲撃で沈めればイイけど、陸にある要塞砲は沈められないです(笑)
オランダ艦隊自体は英本土に健在で、いつ進出してくるか判らないので警戒しないといけません。

>マップ東側は米戦艦16以上 空母8程度

早いとこ、タラワなりミッドウェーを占領してマップ内に敵艦隊を誘い出さないと広範囲に活動されて被害や事故が多発します。
特に米空母で軽空母は代替建造以外では登場しないため、1個艦隊あたりの艦載機数が多くなりがちで、飽和攻撃で中途半端な飛行場などアッサリ壊滅させられます。


>空挺を非常に多用しているようですが、どれだけの数が必要になるのでしょうか?

空挺作戦には最低40分隊が必要で、敵の陸上兵力によってはもっと必要です。
「防御側部隊の総ユニット数(後方ユニット除く)が空挺分隊の20倍未満」という条件を満たさないといけないので、最大201ユニット必要かな?
まあ必要になってから動員しても手遅れなので、ひたすら最大数(奇数にすると効率的)動員するのが無難でしょう。
ちなみにこのシナリオでは44年8月の時点で、空挺分隊が977もいました。さすがにこんなには要らないかな。それでもひたすら動員し続けてます。
Posted by うらマッハ at 2016年09月23日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: