2016年09月24日

8月は猛暑、9月は雨天

日記です。どうも日記の頻度が減ってますね。

小刻みに日記記事を投稿すると、無闇に記事数が増えて煩雑になるかと思って、日記はまとめて書くようにしてますが、これだとあったこと忘れるし、もう書かなくてもイイやってなりがちですね。
どうせ過去記事なんて検索して読まれることなんか少ないんだし、日記頻度を上げた方が良いのだろうか・・・


7月は梅雨でしたからちゃんと雨が多かったですが、8月はほとんど雨降りませんでした。たまに軽い夕立がある程度。それでも水不足にはならなかったようです。川の上流では雨は降るのかな。

8月は気温も高く、野菜もあまり取れませんでした。
8月中にトマトとインゲンが死亡。水はやってたけど、暑さには耐えられなかったようです。インゲンは十分収穫できて役に立った。トマトは今ひとつ、アブラ虫は敵だ。
ピーマンは7月に絶好調でしたが、8月はその反動で元気ありませんでした。剪定して9月に入って回復してきました。
ナスは枝ごと切って収穫するようにしたからか、8月も持続的に収穫できました。その分、肥料と水の補給が大変でした。
オクラは暑さに強いので8月もそれなりに収穫できて食事の役に立ちました。これも水と肥料やりが大変でした。
カボチャは暑さと水不足で8月に大半が枯れ上がりました。放置気味の畑に放任栽培なので、収穫作業は草むらからカボチャの実を探し出す捜索作業になります。本体が枯れても実はしばらく綺麗なままで残ってます。
庭畑で、野生化したゴーヤが野生化したコスモスに絡み付いて生えてたりしてます。たまに実が取れます、普通に食える。あとコスモスは野生化すると引き抜くのが大変な雑草になりますね、でかいのだ。


秋に備えてブロッコリーを種から育てました。種まきは8月上旬にした。が、暑いので日陰に置き続けたせいか、苗の生育が微妙。徒長気味のひょろ苗多数。
とりあえず比較的育ちがマシなブロッコリー苗を9月下旬(台風16号通過後)に10株ほど畑に植え付けたけど、数が足りないと思ったので買った苗×8も植えました。苗は買うと50円くらい。
夏~秋に植えたブロッコリーは冬の終わりまで収穫できるので、長い冬を乗り切る貴重な食料になります。とにかく沢山植えてやるぜ。
白菜を9月上旬くらいにポットに種まきしました。気温が高いので3日で発芽します。気温が下がる前に株を大きくしないといけないので、早く大きな苗になって欲しいところ。

この9月は曇りと雨が多いです。お陰で雑草が増えて嫌です。外に行くと蚊がたかってくる、人類のテキめ。
台風16号が和歌山県に再上陸はしましたが、ウチは北部で台風の左側だったからか風は大したことありませんでした、たぶん風速10メートル未満。野菜に大きな被害はなし。庭の樹の枝が一部折れたりはした。雨は100ミリくらい降ったかも。
気温は9月下旬になると最高30度未満になってきました。夜は20度くらいになるので夏服だと寒い。
そういえば台風の豪雨の後、野菜に虫が付いてました。農薬は2週間前に散布してたのでまだ効果切れではないはずで、たぶん強烈な雨でクスリが流されたのかな。一応、展着剤も混ぜたんだけど。なんにせよ、明日また農薬散布だ。


昨日、昼間クルマを運転してたら知らない対向車がライトチカチカしました。意図は数秒後に判明、少し先で警察が張ってました。なるほどああいう時はみんなに知らせるものなんだ、親切なのかマナーなのか判りませんがニッポン人は良い人多いネ。
まあ僕は安全運転志向なので、スピード違反とは縁がないです。安全重視というのは、危険要素を重視とも言えるので、運転してるとやたら疲れます。いや疲れるのは運転操作ではなく危険予測の方でしょうね。特に田舎の車線のない狭い道は警戒しながら進まないと危ないです、道路はクルマだけのものではないのだ。
クルマは大衆車でも高価なものですし、人間は体と命が一つしかない、ということを意識すると事故にびびりながら運転することになるのです。

そういえばクルマで出かける時は大半が家族とかを乗せてですね。別に外が怖いタイプのニートじゃないので、一人でいくらでも出かけることも可能なんですが、わざわざ運転するのに自分一人しか運ばないなんて効率悪いじゃん的な考えも少なからずありそうです(笑)
で、同行者のお母さん率がぶっ飛んで高いです。ほとんどママと行動してるぞ。まあこれはウチは夫婦で行動しない家庭なので、子供と行動するという結果なんですが。最近はママと行動する男子も増えてるそうですが、そのガチ形に相当するかもしれません。
今月は母の実家の祖母を連れて外食が3回。雨が多かったので庭掃除ができず退屈な母とゲーセン行きが4回以上。スーパーやホームセンター、古紙回収所とか、お歳暮配りとか、知り合いのお通夜とか、もうしょっちゅう一緒に出かけてます。
クルマの運転は100%僕です、運転ごとき雑務は僕で十分だ的な考えですね。生活用品の管理や外交は僕には難しいですから。母の技能が無ければ我が家は壊滅するでしょう、というか僕が子供のころは壊滅状態でした。

この日記を書いてる最中(昼前)にママが「ゲーセン行かへん?」とか言ってきたので、夕方まで一緒にメダルゲームで遊んできました。僕は別に行きたくなかったですが、ここで断るのは一流のヒモ(?)のすることではありません。女性を楽しませることが男の仕事というもの、ご指名頂けたならお供するのです。
すっかりヒモ属性が身に付いてしまってますが、ものすごく性に合ってます。今はママのヒモですが、もし結婚できて嫁さんゲットしたら嫁のヒモになるんでしょうね。嫁さんが仕事終わったらクルマで颯爽と職場にお迎えに行って本日の武勇伝や愚痴を聞きながら帰るとか、ものすごくやりそうなことです。僕が外で働くという発想は1ミリもありません。
しかし結婚できないとずっとママのヒモってことなので、さすがに面白くないですな。そのうちがんばって稼いでくれる女性を引っ掛けてこないといけません。個人的に女医さん(独身率高い)とかイイと思うけど、ガチニートの肩書きだとそもそも会ってくれない可能性が高そうなんですよね。なんとか肩書きを誤魔化して接近しないといけません。まあまだ34歳(!?)だしボチボチがんばろう、そのうちホンキ出す。
posted by うらマッハ at 21:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: