2016年12月23日

年末になりました

日記です。記事自体久しぶり・・・

年末になりました。11月下旬から親戚のお葬式とかで忙しかったけど、そろそろ余裕が出てきた。
近所の親戚に、もうすぐ100歳のお婆さんがいたんですが、惜しくも満100歳に少し届かずお亡くなりになりました。まあ、本人の身になれば無理に延命せずポックリ逝きたいところです。ちなみに生まれた年はロシア革命の年だそうです、スゴイ・・・
2年くらい入院してたそうですが、様態が悪化したので介護の手伝い(といってもせいぜい手を握るくらいだ)に行ったりしましたが、そう長引かずご臨終しました。
亡くなったら病室から荷物をすぐに引き上げないといけないので、これまたお手伝い。荷物持ちは得意だぜ。
お通夜の晩に線香だのロウソクだのを絶やさないようにする役目?の夜伽も僕の出番だ。この夜伽って香典とか金目のブツがうなってるお通夜会場の警備が実質の目的では無かろうかと推測してます。もっとも最近は香典を受け取らないのが主流で、今回の葬儀も香典なしでした。香典返しの作業はマジで大変ですからね・・・
告別式はパス。僕が出ないといけないような関係でもないし、何より夜伽の後で眠い。

葬式が終わったら、来てくれた人への礼状作成の事務作業です。こういう作業はハガキ作成ソフト「筆まめ」だ。ついでに年賀状のシーズンなので、喪中ハガキの作成もあります。人が死ぬとやることが一杯なのだ・・・
そこの親戚の家は子供も独立して家を出てるし、普段はおばさん一人だけ。人手が足りないと我が家に支援要請が来るわけで、自宅警備員が派遣されるわけです。僕は自宅の警備が主任務ですが、最近はいろいろと任務が付加されてます、自衛隊みたいだね(?)
お金持ちのお家なので気前よく「時給1000円」あげるってことで、僕も気合を入れて作業しました。
家に行って作業したので、贈答品の高そうなお菓子やお茶も沢山食べさせてもらう。まあ、消費する人いないもんね・・・。食事も一緒にしたし、ミカンだのハムだのお土産ももらいました。

印刷したハガキの枚数は通算で千枚近くでした。葬儀の礼状は500枚くらいでしたが、喪中ハガキもあったし。家庭用プリンターでやったので、かなり時間がかかりました。
葬儀の礼状入力がかなり大変で、住所や郵便番号を書いてない人も多く、これを調べるのにかなり時間がかかりました。事務する側としてはちゃんと必要項目は書いて欲しいところですが、あまり文句を言える立場でもないし・・・
名刺のある人は色んな肩書も書いてるのですが、特にお医者さんとか議員さんとか肩書書いてますね。長くて漢字ばっかの肩書もしっかり入力しましたよ。ヤクザと政治家はメンツと肩書を大事にする人種と言いますが、こういう人が大事にしていることをしっかり尊重するのが大人というものです(怒らせると怖いし)、僕個人は肩書とか興味ないですが。
あと、人の名前の漢字は読み方わかんないことが多く、おばさんと一緒に辞書で調べたりしました。普段見ないようなレアな漢字も多かったです。・・・子供できたら誰でも読める名前を付けようと決心しました。
そんなわけで入力以外の作業量もかなり多く、勤務時間?は通算48時間もかかりました、もっとも休憩時間込みの勘定ですが。というわけでお給料は48000円でした。別に僕が労働時間カウントしたわけじゃないよ。
親戚の手伝いで48000円も貰ってよいものかは分かりませんが、お金は欲しいので喜んで貰いました。それに次から僕に頼みやすくなりますからね。変に遠慮すると、相手も遠慮して手伝いを頼み辛くなるものです。沢山貰ったら次の機会にサービスすれば良いのだ。「次の機会」の為に沢山報酬を渡すのは有効な手です。

しかしまあ、人付き合いに関連する事務作業って無駄にめんどくさいものですね。日本の労働生産性が低い原因の一つがコレなんだろうなと思いました。
年賀状とか、テンプレな文章をプリンタで印刷したものを送って来られてもたぶんあんまりうれしくないけど、返さないとシツレイなのでこちらも同じように送ることで付き合いを維持する。複雑に絡みあって関係を維持する絆社会ですな。
今回は、その無駄で有意義?な作業のお陰で48000円もゲットしたわけです。とは言え、48時間で48000円得ることはできるけど、48000円で48時間を得ることはできない、と考えるとやはり働いたら負けな気もしますな(屁理屈)。
おばさんと携帯電話番号を交換したので、これからは直接僕に支援要請ができるようになりました。今までは母を通してでした。結局、ここら辺の関係強化がお互い有意義だったと言えます。この先、いくらでも人手が欲しくなることはあるはずで、僕としては貢献ポイントを稼ぐビジネスチャンス。「遠くの親戚より近くの他人」の方が頼りになると言いますが、つまり近くの親戚だったら最強ってことなのだ。
とりあえず、いつでも出動できるよう、毎日昼寝して体力と気力を温存しておこう。
posted by うらマッハ at 22:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: