2017年01月08日

元旦に犬が死去

日記です。

1月になりました。
今日は雨で最高気温が8度、今年は暖冬だそうですね(寒くないとはいってない)。


ウチの犬が老衰気味に死亡しました。16歳と2か月くらい。人間もそうですが、歳をとると一気に衰えるものです。
秋の犬の様子↓
17-1-8_10-43-30_No-00.jpg
痩せてきて、後ろ脚の筋肉が弱って歩くのが遅くはなってましたが、まあ健康そうでした。
で、元旦の様子↓
17-1-8_10-43-59_No-00.jpg
足がほとんど動かなくなって要介護状態。この後亡くなったんだよね(マジ)
ただ、動けなくなったのは大晦日の日だったので、介護状態は二日間だけでした。
何も食べられなくなったので、これは長くないと思って、予めお墓を作りました。
17-1-8_10-44-23_No-00.jpg
畑の隅に墓穴を掘りました。途中までは土が柔らかいのでサクサク掘れますが、耕土の下は石混じりの固い土でなかなか苦労しました。
掘り続けた結果、痩せた中型犬サイズが収まる墓穴完成だ。こういう時だけは我が家の無駄に広い土地は役に立つ。

危篤状態の犬の方は死ぬまで、何度かどこか痛いのか怖い夢でも見たのか前足パタパタしながら鳴くことがありました。こういう時は痛みを和らげるクスリとかあると良いのだが、なにせ正月は獣医さんもお休みです。
とりあえず家族で交代しながら撫でたり話しかけたりしつつ死ぬまでがんばる。夜の8時くらいに、思いっきり息を吐きだしてグッタリしてご臨終。
人間もそうですが、死ぬ時は息を吐きだすことが多いみたいです。ドラクエでいう「ぐふっ」ってやつですね。もちろん話しかけても返事をしなくなります。
次の日の朝、霊柩車ならぬ一輪車に乗っけてお墓に移動。墓穴にワラを引いて線香を砕いて入れたりお菓子を顔の傍に備えて埋葬。ちょっと前のお葬式を参考に真似した。
17-1-8_10-44-43_No-00.jpg
ちょうど周りに石垣用の余りか、でかい石が沢山転がってる場所なので、それを墓石にする。ナムアミダブツ。
畑の土の分解力はすごいので、すぐ土になっちゃうでしょうね。寒いので多少分解は遅いかもですが。
せっかくなのでこの辺をペット代々の墓にしようかな。
ちなみに猫は犬がいなくなってショックのようで風邪気味になりました。死ぬ前日には山の方では鐘がなってるし、海の方からは花火の音だし、何事かと思ったことでしょう。動物とのコミュニケーションで不便なのはこちらの言葉が通じないところですな、「たまたま危篤の日が大晦日やっただけやで」とか説明できない。


お正月はゴミの収集もお休みです。なので生ごみが溜まり気味。
というわけで穴を掘りました。墓穴より作業は簡単だぜ。
17-1-8_10-45-9_No-00.jpg
半分くらいミカンやな。

お正月は天候は晴れでした。
晴れてるので外で労働。毎日休日ですから正月とか関係ないし。
犬の墓に近くにアセが生えています。竹とススキの中間みたいな植物で、海岸に生えてることが多いですね。
17-1-8_10-46-52_No-00.jpg
この日の討伐相手はこのアセだ。去年、上部をすべて刈り取り、さらに除草剤の原液を流し込んだのに再生してしまいました。
ウィキペディアによると暖竹、ヨシタケとも呼ぶそうです。なんでも侵略的外来種ワースト100の一つだそうです(笑)
再生を果たしたとはいえ、すべて一年生の茎で細い(?)はず。刈り払い機で叩き切る野蛮な手段で駆除しました。腕が筋肉痛になりました、ゲームの登場人物のようにはいきませんね。
それとアセの恐るべき生命力を発見。去年、切り倒して放置していた茎が地面に根を伸ばして復活していました。節から根が生えるなんて・・・
17-1-8_10-47-19_No-00.jpg
竹と違って地下茎を広範囲に伸ばさない植物なので、進出力は低いと思ってました。が、今回、切り倒した茎を拠点に新しく株ができていまい、分布を広げる手助けをしてしまったようです。
切ったアセの茎はちゃんと焼却しないといけない。今回の教訓でした。
17-1-8_10-47-57_No-00.jpg
↑とりあえず去年のアセを燃やしてます。
竹と同じように中に水を貯めるからか、なかなか乾燥せず燃やすのに苦労します。

今年はエンドウを多めに植えました。それで支柱が足りなくなる。店で売ってるけど、長くてゴツい支柱はお値段も高く、母と買い物行った時どうするか聞いたら、「竹を使う」ということになりました。
というわけで間伐を兼ねて竹を調達に家から100mくらい離れた所にあるウチの藪に行きました。・・・100m歩いて竹を運ぶのか(辛)
藪の様子↓
17-1-8_10-48-26_No-00.jpg
遠くから見ると神社がありそうな高い樹が生えてるところですが、ただの放置気味のやぶです。
鎮守の森的なでかい樹が生えてますが、これはやぶなのだ。
17-1-8_10-49-41_No-00.jpg
どうしよう、こんなでかい樹。近くの民家にとっては高所の太い枝は家を破壊しうる凶器です。まあ、問題は先送りだ・・・
目当ての竹やぶ↓
17-1-8_10-50-8_No-00.jpg
これまた世話をしてない竹やぶで、密生しすぎです。竹の生育が悪くなるし、人が中に入る時せまいです、野生動物も困るかもしれない。
とりあえず切り倒すのみ。少しでも数を減らしてやる。
17-1-8_10-50-25_No-00.jpg
適当な長さに解体して母と一緒にせっせと歩いて家に運びました。でかいのは重しに使います、春は強風吹きますからマルチフィルムを抑える重量物が欲しい。
重労働の割に得られた物は、生の竹資材のみ、ううむ・・・
posted by うらマッハ at 15:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: