2017年01月22日

6_40年改造シナリオ 大和vs3年計画 油田付き 1943年1月第1ターンから

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。大和計画含む。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/

パワーアップキット「大和計画」の39年シナリオを少し?改造したものです。割と高難易度。

プレイ縛り
基本的にはリロードによる吟味はなし。操作ミスした時のオートセーブへのコンティニューは可。
和平交渉時の条件吟味リロードは可。
1ターンに一度だけ、外交フェイズ開始時→直前潜水艦任務フェイズへのリロード可。悪天候回避用。

科学技術開発重点は、オハ油田発見まで油田捜索固定。

陸戦を仕掛ける時(上陸戦含む)、火砲の参加数は兵員+前衛車両と同数まで。上陸戦時、水陸両用車は2倍扱い。
4式重爆シリーズで対艦攻撃禁止。
同一艦隊に対して、1ターンあたり爆撃は5コマンドまで。しつこい五月雨爆撃ができません。

敵出現根拠地への飛び石攻略禁止。関連する根拠地を全て占領してから。
インドへの進攻は、フィリピン・インドネシア・マレー・ビルマの親日政権樹立まで禁止。したがって資源地帯で親日政権樹立しないといけない。
デリー占領は他の英出現根拠地占領まで禁止。
ニューカレドニア・フィジー・サモア占領は、濠州根拠地占領まで禁止。

その他設定変更など↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/176212785.html

1943年1月第1ターンから1943年3月第10ターンまで。
引き続き米空母vs日本本土。蘭印にも米軍機空襲。
桂林攻略戦。
ウルシー防衛戦。
貴陽攻略戦、敗退。

これまでの米正規空母撃沈数12

米艦隊が太平洋を越えて、日本本土を艦載機で爆撃してくる展開になってます。
島嶼の守りを固めて戸締りは完璧だと思ったら、普通に庭を超えて台所を襲撃された気分です。太平洋には塀も玄関もなかったのだ・・・
ある意味、日露戦争に似た展開かもしれません。敵艦隊がすることは輸送妨害や通商破壊ではなく戦術爆撃になってますが。とにかく日本近海で敵艦隊を迎え撃つことに。
この時代は航空機があるので、艦隊で海上封鎖をするのは自身が危険と、敵艦隊は一撃離脱して帰っていきます。というわけで防空に気を付けていればそれほど大きな被害にはなりません、敵は所詮、艦載機です。

1943年1月第1ターン

  第6次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地100低下

1943年1月第2ターン

地獄の中国戦線。桂林に侵攻します。ここは多めに要塞砲を配置されてます(エディタで追加した)。
_16-8-1_18-8-33_No-01.jpg
恒例の空挺作戦。これがないと辛いです。
_16-8-1_18-11-9_No-02.jpg
敵も気合を入れて迎撃してきます。なんにしても総攻撃あるのみ。コロシアエー
砲火と銃撃と銃剣のどつき合いの結果、敵は士気ダメージ2。こちらも損害が大きく士気ダメージ1。しかし、これなら押し切れます。
_16-8-1_18-11-39_No-03.jpg
第2ラウンド。敵の士気は0になりました。敵は退却。
_16-8-1_18-11-55_No-04.jpg
こちらの戦車がやらなくてもイイ追撃をして敵を削ります。それやるとこちらの弾薬も削れる・・・
それにしても敵の要塞砲144門は強力でした。
戦って勝つたびに自軍の兵力が大きく消耗するピュロスの勝利展開ですが、兵力の補充をしっかりやれば戦い続けることができます。だんだん前衛兵力が戦車化してきてます。
  第1次桂林攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 80機 空挺分隊194
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 876 火砲2000 車両1124 後方 8058
  日本軍損害 兵員 221 火砲 326 車両 108 後方 167
  連合軍参加兵力 兵員2602 火砲1118 車両 280 後方 7302
  連合軍損害 兵員 619 火砲 248 車両 128 後方 560
    桂林占領(第11軍)

  第9次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地70低下

本土近海に米上陸艦隊が出現。東から移動してきました。
_16-8-1_18-15-13_No-05.jpg
輸送船16隻セットの艦隊でした。大体陸上兵力は1800弱かな。まあ上陸作戦は次のターンなので、対処すれば問題ありません。
で、上陸候補地は鹿児島か沖縄でしょう。関東の方は通り過ぎたので、そっちじゃないです。
鹿児島は出現根拠地なので国家備蓄の兵力を、次のターンの索敵フェイズに移動されるとして、問題は沖縄です。
沖縄は地方根拠地扱いなので、兵力移動はちゃんと輸送しないといけません。こういう時に準備しておくと安心なのは輸送機と歩兵です。
_16-8-1_18-16-9_No-06.jpg
幸い、九州で輸送機が発進できる天候だったので、キ105輸送機で歩兵分隊500を沖縄に空輸。これで敵が直前偵察すれば諦めてくれるはず。偵察できない場合は上陸戦になりますが、陥落することはないでしょう。


1943年1月第3ターン
輸送潜水艦「補給潜」基本設計完了

敵上陸艦隊は作戦をあきらめて退却しました。
_16-8-1_18-25-28_No-07.jpg
ふう、助かった。これ敵の行動パターンを知らなかったら難しい局面だよね。上陸箇所を2点に絞れたので完封できたのです。

本土近海で潜水艦退治をする様子↓
_16-8-1_18-29-5_No-08.jpg
敵潜水艦の反撃で魚雷を一本くらう大和。機雷に当たったゴッグみたいに頑丈ですな、なんともないぜ!
サイズが無駄にでかい大和はこういうオトリ任務に最適です。

  第42次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 105機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地20低下

  第1次ウルシー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 94機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地30低下

潜水艦 リング 爆雷により沈没
潜水艦 シアロウ 爆雷により沈没
潜水艦 トリガー 爆雷により沈没
潜水艦 ソーフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 レイトン 爆雷により沈没
潜水艦 シルバーサイズ 爆雷により沈没
潜水艦 ガー 爆雷により沈没
潜水艦 キングフィッシュ 爆雷により沈没


桂林の南の根拠地、柳州に侵攻。桂林で戦った敵軍はこちらにはいません。
初期配置の無所属部隊がいます。車両ユニットがいますが、こちらの3式中戦車で始末します。南寧にいる敵軍と合流されるとめんどくさいですからね。
_16-8-1_21-18-5_No-09.jpg
ここぞとばかり無双する3式中戦車。こんな一方的に勝てるのは中国相手だけです。
  第1次柳州攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 53 車両 649 後方 2500
  日本軍損害 兵員 0 火砲 2 車両 8 後方 13
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 12 車両 368 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 12 車両 364 後方 0
    柳州占領

1943年1月第4ターン

  第1次グァム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 0機
損害:
兵員6

  第43次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 84機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地20低下

私に良い考えがある。
占領した柳州から兵力を下げて南寧にいる中国軍に占領させます。
_16-8-1_21-29-45_No-10.jpg
グロスドイッチュラント2のポーランド戦のような戦法を使います。殲滅しやすい場所に敵を誘導。
何度も占領される柳州は気の毒だが・・・。あと、柳州は中都市なので占領されると同盟国の親日度が低下します。
  第1次柳州防衛戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員1017 火砲 351 車両 44 後方 3600
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
   柳州陥落
南寧の敵部隊は未所属部隊のため、単純な手に引っかかってくれます。

で、要塞砲と陣地だけになった南寧を占領する。兵力は初期にマレーやビルマで使った部隊、歩兵とちょっと旧式な火砲を持ってます。
_16-8-1_21-31-24_No-11.jpg
要塞砲だけなので歩兵だけで済ませる。
  第1次南寧攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 600 火砲 0 車両 0 後方 1000
  日本軍損害 兵員 15 火砲 0 車両 0 後方 7
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 60 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 22 車両 0 後方 0
    南寧占領


1943年1月第5ターン

潜水艦 トラスティ 爆雷により沈没
潜水艦 サーティス 爆雷により沈没
潜水艦 トルーパー 爆雷により沈没
潜水艦 テンプラー 爆雷により沈没
潜水艦 テンペスト 爆雷により沈没
潜水艦 タレント 爆雷により沈没
潜水艦 トリトン 爆雷により沈没
潜水艦 トラキュレント 爆雷により沈没
潜水艦 トレスパシャー 爆雷により沈没
潜水艦 シスル 爆雷により沈没


さてもっかい柳州に攻め込む。
_16-8-1_21-46-6_No-12.jpg
この時期は湿地の根拠地は凍結状態になり、落伍率が半減します。これを狙ってみたかったのです。
天候は前ターンは霧だったんですが、残念ながら解除されました。すべて上手くは進まない。でも、たぶん勝てるはず。
進めー、奴らを皆殺しにするんだ。襲いかかる鬼畜日本軍。
_16-8-1_21-47-43_No-13.jpg
Oh、敵は伏撃で総攻撃を回避。とはいえ、死守を選ばなかったのでこちらの勝利は決まりました。
_16-8-1_21-49-9_No-14.jpg
1ラウンド目は士気ダメージ1で耐えた敵ですが、数が減ってきたため3ラウンド目に通常攻撃で士気ダメージ2を受ける。戦いは数だったよアニキ。
  第2次柳州攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員1361 火砲 920 車両 0 後方 2875
  日本軍損害 兵員 202 火砲 45 車両 0 後方 47
  連合軍参加兵力 兵員1017 火砲 351 車両 44 後方 0
  連合軍損害 兵員1017 火砲 351 車両 44 後方 0
    柳州占領
ついに仏印まで陸路で繋がりました。
_16-8-1_21-49-38_No-15.jpg
あとは鉄道を敷設すれば資源を輸送できます。かなり工事に時間が必要ですが。

1943年1月第6ターン

Uボートが到着↓
_16-8-1_21-56-40_No-16.jpg
U9の開発プランでした。日本の潜水艦より高性能ですが、今回は国産で頑張るので開発はスルーします。ちなみに呉で1隻呂500が配置されます。

  第66次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 86機 爆撃機 60機
撃墜 戦闘機 26機 爆撃機 19機
損害:
陣地110低下
火砲1

1943年1月第7ターン

  第10次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地80低下

1943年1月第8ターン
海防艦「丁型海防艦」開発終了


ダバオに敵艦載機の大規模空襲。
_16-8-5_13-7-20_No-17.jpg
もう陣地と対空砲を配置したので、慌てる事態ではありません。
  第12次ダバオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 317機
撃墜 爆撃機 38機
損害:
陣地215低下
火砲1

  第18次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 108機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地35低下

  第67次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 61機 爆撃機 41機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 14機
損害:
陣地50低下

1943年1月第9ターン
輸送潜水艦「補給潜」開発終了

サイパンの北東に米機動艦隊↓
_16-8-5_14-23-42_No-18.jpg
また本土攻撃だろうか、準備しないと。
少なくともさっきダバオを攻撃したのとは別艦隊です。

  第19次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 85機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地65低下

  第68次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 63機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 15機
損害:
陣地150低下

1943年1月第10ターン

索敵の様子↓
_16-8-5_14-33-10_No-19.jpg
米機動艦隊を少なくとも3個発見中。
一つはウルシーを攻撃したいようですが、悪天候。
本土の鹿児島に接近する艦隊あり。指揮パニックなし。天候は晴れ。よし、必勝パターンだ。
_16-8-5_14-36-11_No-20.jpg
大型爆弾2個装備のスツーカで撃滅する。
_16-8-5_14-37-24_No-21.jpg
正規空母6隻を撃沈。大漁だぜ。
  第4次鹿児島沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 173機 爆撃機 315機
撃墜 戦闘機 33機 爆撃機 68機
連合迎撃総数 戦闘機 218機
撃墜 戦闘機 40機
空母 ベローウッド 爆撃により沈没
空母 バンカーヒル 爆撃により沈没
駆逐艦 ゲイナード 爆撃により沈没
駆逐艦 W.C.ローウェ 爆撃により沈没
空母 カウペンス 爆撃により沈没
空母 キャボット 爆撃により沈没
空母 ボンノムリチャード 爆撃により沈没
駆逐艦 ステンブル 爆撃により沈没
空母 イントレピッド 爆撃により沈没
軽巡 トレントン 爆撃により沈没

1943年2月第1ターン

  第3次硫黄島防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
兵員1

潜水艦 レッドフィン 爆雷により沈没
潜水艦 トートグ 爆雷により沈没
潜水艦 クローカー 爆雷により沈没
潜水艦 スチールヘッド 爆雷により沈没
潜水艦 シスコ 爆雷により沈没
潜水艦 ポンポン 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 バラオ 爆雷により沈没
潜水艦 ハーダー 爆雷により沈没
潜水艦 ブレニイ 爆雷により沈没

横須賀沖に来た米艦隊にも爆撃しましたが、曇りと機数不足で戦果は敵空母大破まで。
_16-8-5_14-55-30_No-22.jpg
関東方面は航空隊を分散配置したため、ストライクゾーンじゃないんだよ。
  第1次横須賀沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 70機 爆撃機 101機
撃墜 戦闘機 17機 爆撃機 26機
連合迎撃総数 戦闘機 73機
撃墜 戦闘機 19機

あとウルシーには2個艦隊が来ましたが、雨で攻撃はなし。

  第27次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 107機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地45低下

1943年2月第2ターン

横須賀に来た敵艦隊の空母にトドメでも刺そうかと思ったけど、天候悪化で無理でした。
_16-8-5_15-5-43_No-23.jpg

  第28次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 87機
撃墜 爆撃機 18機
損害:
陣地35低下

  第2次ウルシー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 93機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地30低下

  第29次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 162機
撃墜 爆撃機 28機
損害:
陣地95低下

1943年2月第3ターン

ウルシーに敵艦隊接近、指揮パニック。また機動艦隊か、しつこいな。
_16-8-5_15-14-3_No-24.jpg
と思ったら、上陸艦隊でした。守備兵力が十分ではなかったか。
_16-8-5_15-15-44_No-25.jpg
要塞砲が52門あったので、標的「無指定」集中度「任意」で撃たせる。運が良ければ輸送船が沈むかも。
なんと兵員輸送船3隻が沈みました。いいところを当たったと思います。
_16-8-5_15-17-18_No-26.jpg
輸送船16セットだったようで、残り13隻。それと戦車揚陸艇は1隻減って15隻。
約1500対1000ですが、こちらは陣地があるので負けることはないでしょう。
_16-8-5_15-19-4_No-27.jpg
防衛に成功。あとは艦隊を撃破して損害の補充ですな。
  第1次ウルシー防衛戦
損害:
陣地158低下
  日本軍参加兵力 兵員 60 火砲 993 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 241 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 780 火砲 520 車両 240 後方 596
  連合軍損害 兵員 273 火砲 166 車両 68 後方 50
輸送船 連商船63号 対艦砲撃により沈没
大型輸送艦 LST36号 対艦砲撃により沈没
輸送船 連商船50号 対艦砲撃により沈没
輸送船 連商船45号 対艦砲撃により沈没
駆逐艦 A・M・サムナー 座礁により沈没
駆逐艦 ヤーノール 座礁により沈没

サイパンにいる艦隊を出撃させ、上陸艦隊を撃破。接近した時、駆逐艦1隻が沈められますが、楽勝だ。
  第2次ウルシー沖海戦
日本軍艦艇 巡洋艦15 小型艦20
連合軍艦艇 空母 4 大型輸送艦12 小型艦17 商船15
駆逐艦 ロー 砲撃により沈没
駆逐艦 ロイド・トーマス 砲撃により沈没
駆逐艦 コンバース 砲撃により沈没
掃海艇 フランク・ノックス 砲撃により沈没
掃海艇 エリソン 砲撃により沈没
駆逐艦 ソーフライ 砲撃により沈没
駆逐艦 ラッドロウ 砲撃により沈没
駆逐艦 ダイソン 砲撃により沈没
駆逐艦 E.F.ラーソン 砲撃により沈没
駆逐艦 マドックス 砲撃により沈没
掃海艇 R.E.クラウス 砲撃により沈没
駆逐艦 グウィン 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST37号 砲撃により沈没
駆逐艦 ハンマン 砲撃により沈没
掃海艇 ウォーカー 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST11号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST1号 砲撃により沈没
掃海艇 テリー 砲撃により沈没
掃海艇 ケプラー 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST13号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST16号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST35号 砲撃により沈没
駆逐艦 電 砲撃により沈没

  第8次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 16機
損害:
陣地105低下

1943年2月第4ターン

  第30次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 136機
撃墜 爆撃機 31機
損害:
陣地55低下

  第1次独山爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 88機 偵察機 12機
撃墜 戦闘機 0機 偵察機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 38機
撃墜 戦闘機 20機

中国戦線、南方からの部隊が合流したので侵攻できる兵力があります。どんどん進むぞ。
独山は山地なので落伍率が高いです。
_16-8-5_15-53-51_No-28.jpg
重砲の落伍率は16.8%でした。敵は自然環境ですな。
それでも敵の迎撃数は控えめなため、力押しで勝ちます。
_16-8-5_15-55-18_No-29.jpg
  第1次独山攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 52機 輸送機 68機 空挺分隊233
撃墜 戦闘機 0機 輸送機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 11機
撃墜 戦闘機 11機
  日本軍参加兵力 兵員1042 火砲2000 車両 958 後方 4596
  日本軍損害 兵員 120 火砲 242 車両 64 後方 148
  連合軍参加兵力 兵員2609 火砲 921 車両 272 後方 6946
  連合軍損害 兵員 409 火砲 151 車両 166 後方 480
    独山占領(第11軍)

次の駅、貴陽の様子↓
_16-8-5_15-56-25_No-30.jpg
ここは陣地を盛って10000にしました。要塞砲は控えめに84門です。
今は泥濘中なので解除まで待つ。

サイパンに米艦載機の空襲。もう慣れてきたわ。
ここは艦隊泊地なので、戦闘機を配備しています。
_16-8-5_15-58-37_No-31.jpg
艦隊の要?、工作艦が被弾。工作艦は少しでも損傷すると工事能力を失います。こういう時の為に、複数艦用意した方が安心です。
今回は、サイパンに工作艦は3隻いたので、回復可能。
  第1次サイパン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 73機 爆撃機 104機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 34機
日本迎撃総数 戦闘機 220機
撃墜 戦闘機 13機
損害:
戦闘機1 爆撃機1 偵察機1

1943年2月第5ターン

潜水艦 バットフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 パドル 爆雷により沈没
潜水艦 ロバロ 爆雷により沈没
潜水艦 スレッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 ガジョン 爆雷により沈没
潜水艦 ロック 爆雷により沈没
潜水艦 ミンゴ 爆雷により沈没
潜水艦 サバロ 爆雷により沈没
潜水艦 ハリバット 爆雷により沈没


続けてサイパン空襲。さっきの連中。爆撃機は本土に集中配備してるので、ここは防空のみ。
  第2次サイパン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 74機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 25機
日本迎撃総数 戦闘機 156機
撃墜 戦闘機 9機
損害:
戦闘機1

  第31次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 108機
撃墜 爆撃機 22機
損害:
陣地45低下

  第69次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 74機 爆撃機 52機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 17機
損害:
陣地70低下

1943年2月第6ターン

  第32次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 89機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地35低下

サイパンを空襲した艦隊が本土に来ました。得意の鹿児島コース、今日はホームランだね。
_16-8-5_16-23-54_No-32.jpg
空母は2隻でした。火力が余ったので巡洋艦も撃沈。
  第5次鹿児島沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 260機 爆撃機 311機
撃墜 戦闘機 17機 爆撃機 36機
連合迎撃総数 戦闘機 37機
撃墜 戦闘機 37機
駆逐艦 ドレックスラー 爆撃により沈没
駆逐艦 ヘインズワース 爆撃により沈没
空母 サンジャシント 爆撃により沈没
空母 レイクシャンプレイン 爆撃により沈没
重巡 ニューオーリンズ 爆撃により沈没
軽巡 フォールリバー 爆撃により沈没
重巡 ポートランド 爆撃により沈没
重巡 インディアナポリス 爆撃により沈没
軽巡 ウィルミントン 爆撃により沈没
軽巡 ビックスバーグ 爆撃により沈没
重巡 ビンセンス 爆撃により沈没
軽巡 パサデナ 爆撃により沈没
重巡 アストリア 爆撃により沈没
重巡 ミネアポリス 爆撃により沈没
駆逐艦 E.A.グリーン 爆撃により沈没
軽巡 マイアミ 爆撃により沈没
軽巡 ハンチントン 爆撃により沈没
重巡 タスカルーザ 爆撃により沈没
重巡 サンフランシスコ 爆撃により沈没
駆逐艦 ヒューズ 爆撃により沈没
駆逐艦 ランスデイル 爆撃により沈没
駆逐艦 R・K・ハンチントン 爆撃により沈没
駆逐艦 コンウェイ 爆撃により沈没
駆逐艦 グレノン 爆撃により沈没
駆逐艦 イートン 爆撃により沈没
駆逐艦 ロウズ 爆撃により沈没
駆逐艦 スペンス 爆撃により沈没
駆逐艦 テイラー 爆撃により沈没
駆逐艦 オーウェン 爆撃により沈没
タンカー 連商船181号 爆撃により沈没
タンカー 連商船168号 爆撃により沈没
駆逐艦 ハムナー 爆撃により沈没
駆逐艦 イザード 爆撃により沈没

本土で戦果に酔いしれているところ、リンガに空襲。何事だ!?
_16-8-5_16-27-31_No-33.jpg
一応、戦闘機は配備してますが、旧式です。とりあえず迎撃かな。
_16-8-5_16-27-50_No-34.jpg
迎撃度が低く、あまり機数を出せない。
  第1次リンガ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 51機 爆撃機 52機
撃墜 戦闘機 13機 爆撃機 5機
日本迎撃総数 戦闘機 40機
撃墜 戦闘機 10機
損害:
戦闘機2 爆撃機2 偵察機1
この爆撃で、停泊してた潜水艦が大破。代わりに飛行場は無事。

再び敵の爆撃。今度はそれなりに迎撃度が高い。でも零戦21型は低速なので迎撃には向かないです、爆撃機の捕捉率は低め。
本土から新型の増援を求む。
それにしても、米艦隊はこのルートも使うんですね。
  第2次リンガ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 22機 爆撃機 55機
撃墜 戦闘機 7機 爆撃機 17機
日本迎撃総数 戦闘機 96機
撃墜 戦闘機 8機
損害:
飛行場27低下
戦闘機1 爆撃機4 偵察機1

1943年2月第7ターン
科学技術「22号電波探信儀」開発完了

またまたリンガに空襲。そろそろ飛行場がやばい。
  第3次リンガ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 55機 爆撃機 87機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 22機
日本迎撃総数 戦闘機 54機
撃墜 戦闘機 11機
損害:
兵員2 火砲3
飛行場85低下
戦闘機8 爆撃機12 偵察機2
例によって迎撃度が低く、飛行場を発着不可にされました。
というわけで、迎撃に出た戦闘機は不時着で壊れます。搭乗員は助かるので練度ダメージにはなりません。
_16-8-5_16-38-4_No-35.jpg
滅多に敵が来ないところなので、ブルドーザーやセメントの配備が少なかったです。戦闘機の増援より、まずは設営隊が先かな。
あと、できれば対空砲も欲しい。でも中国で消耗戦してるし・・・

敵艦隊のツラを偵察して拝む↓
_16-8-5_16-38-43_No-36.jpg
空母は2隻ですが、戦艦数がすごい。
触らぬ神にたたりなし。こいつらがいなくなるまで輸送船団の航行はやめとこう。
どうせ南シナ海を北上して九州辺りを攻撃するんだろう。とはいえ、道中爆撃されまくるのは辛いので、シンガポールにいたJA88軽爆、約60機で爆撃してみる。運が良ければ1隻発着不能にできるかも。
_16-8-5_16-42-20_No-37.jpg
よし、こちらの半数近くがやられたけど、1隻大破させたぞ。敵の戦闘機は発進済みです。
  第1次クチン沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 54機
撃墜 爆撃機 25機

  第20次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 89機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地60低下


一方、消耗戦のメッカ中国戦線。
景気よく侵攻する日本軍、わが軍は常勝不敗なのだ。
貴陽の泥濘が解除されたので、侵攻だ。
_16-8-5_16-43-22_No-38.jpg
火力が大きくなってくると消費する弾薬も増えます。
_16-8-5_16-44-46_No-39.jpg
敵はここは気合が入るところらしく、迎撃数は約3000。陣地が大きいため防御効果も高め、あれ?これ勝てるのか・・・
_16-8-5_16-45-11_No-40.jpg
なんと、敵は逆襲を選択。これで陣地効果はなくなるけど、まずいかも。
_16-8-5_16-45-48_No-41.jpg
敵は損害率19%で士気ダメージ2。こちらもダメージ1。
敵の士気は1なんだし、あと一押しで勝てるか。
続けて通常攻撃をすることに。
_16-8-5_16-46-16_No-42.jpg
あと1%くらいの差で士気ダメージが入らない。ええい、なぜ敵は崩れんのだ!
戦闘継続、攻撃を続ける。
_16-8-5_16-46-55_No-43.jpg
あかんかったわ・・・。ほんま、もうちょっとやのに。
常勝でなくなった我が軍の損害は1300以上。覚えてらっしゃい!
これは戦術爆撃で敵陣地を削らないと勝てないか。
  第1次貴陽攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 100機 空挺分隊272
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員1106 火砲2000 車両 894 後方 5071
  日本軍損害 兵員 472 火砲 671 車両 187 後方 381
  連合軍参加兵力 兵員2257 火砲 823 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 918 火砲 282 車両 0 後方 0

  第33次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地30低下

  第70次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 65機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 22機 爆撃機 15機
損害:
陣地70低下

1943年2月第8ターン

  第21次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 16機
損害:
陣地30低下

  第34次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地20低下

  第71次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 61機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 16機
損害:
陣地130低下

1943年2月第9ターン

  第3次サイパン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 53機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 19機
日本迎撃総数 戦闘機 41機
撃墜 戦闘機 7機
損害:
戦闘機1 爆撃機1

  第9次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 19機
損害:
陣地150低下

1943年2月第10ターン

新型戦車、4式中戦車が生産可能になりました。
_16-8-5_17-17-21_No-44.jpg
これが量産の暁には日本の鉄事情が苦しくなるでしょう(笑)

リンガを爆撃した米機動艦隊が本土に来ました。
_16-8-5_17-23-20_No-45.jpg
指揮パニックだけど、敵の艦載機は消耗してるので、履歴に載らない程度の空襲で損害軽微。
さっさと空母を始末する。
_16-8-5_17-24-43_No-46.jpg
  第6次鹿児島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 15機
  第7次鹿児島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
空母 ユナイテッドステーツ 爆撃により沈没
駆逐艦 シガニー 爆撃により沈没
  第8次鹿児島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
空母 ラングレー 爆撃により沈没

空母2隻を撃沈。戦艦とかは逃がす。

1943年3月第1ターン

  第72次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 64機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 18機
損害:
陣地70低下

1943年3月第2ターン

  第4次サイパン防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 28機 爆撃機 28機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 10機
日本迎撃総数 戦闘機 86機
撃墜 戦闘機 4機

  第73次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 53機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 16機
損害:
陣地50低下

1943年3月第3ターン
輸送潜水艦「陸軍輸送潜」基本設計完了


1943年3月第4ターン
輸送潜水艦「陸軍輸送潜」開発中止


1943年3月第5ターン

  第7次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地75低下

1943年3月第6ターン

1943年3月第7ターン
科学技術「21号電波探信儀」開発完了

駆逐艦「花月」基本設計完了


  第8次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地55低下

1943年3月第8ターン

潜水艦 カペリン 爆雷により沈没
潜水艦 レイ 爆雷により沈没
潜水艦 アンバージャック 爆雷により沈没
潜水艦 ベキュナ 爆雷により沈没
潜水艦 ドラゴニット 爆雷により沈没
潜水艦 トライトン 爆雷により沈没
潜水艦 カイマン 爆雷により沈没
潜水艦 ランナー 爆雷により沈没
潜水艦 ブラックフィン 爆雷により沈没
潜水艦 デビルフィッシュ 爆雷により沈没


  第74次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 81機 爆撃機 68機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 21機
損害:
陣地110低下
兵員1

1943年3月第9ターン

  第75次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 97機 爆撃機 81機
撃墜 戦闘機 28機 爆撃機 24機
損害:
陣地120低下
火砲1

1943年3月第10ターン

  第9次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 68機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地105低下

  第76次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 84機 爆撃機 79機
撃墜 戦闘機 26機 爆撃機 24機
損害:
陣地223低下
兵員2 火砲1


3月は大きな戦闘なし。中国戦線はこちらが兵力補充中だし、米艦隊も空母数が減って作戦がないみたい。
ソ連と英軍が時々爆撃してきますが、対処できています。

というわけで、43年1~3月でした。
戦線で動いたのは中国だけ。打通作戦はうまく行って、次は山奥の出現根拠地を目指します。貴陽で大きな損害を受け撃退されてしまったため、兵力の補充中。まあ、39年シナリオは消耗しても生産力でカバーできるので、戦線異状ナシではあります。
米機動艦隊の活動も下火。やはり空母がいないと打撃力につながりません。

今回の米正規空母撃沈数は10隻。これで通算22隻になります。
posted by うらマッハ at 21:08| Comment(2) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
お疲れ様です。
しかし、米艦隊の自殺とも言える本土特攻はバイナリーか何かでどうにかならないのでしょうか?無謀な攻勢で戦力を消耗しまくって強化の成果を無駄にしまくる米国は見たくないような。
Posted by チャカポン at 2017年01月31日 16:03
一応、このシナリオは敵側の思考パターンを考慮した上で、設定を変えてはいます。
まあ、プログラムのソースファイルでもあれば思考の変更(変数変えたり)できるんでしょうけど、バイナリエディタでどうこうするのは難しいと思います。

ちなみにこのシナリオでは、ミッドウェー型空母の建造予定数はたぶん24隻です。モンタナ型戦艦もたぶんそれくらいだったです。
敵空母に関しては状況次第では簡単に沈めることができますが、戦艦はかなり苦労するはずです。特にこちらから攻勢に出る時に障害になるのが戦艦です。

簡単に沈まないよう、誘導弾の性能低下、4式重爆の防御力低下、対空砲火の打撃上限アップ、爆撃命中率低下、などの変更をしてます。
それでも本土に来ちゃった場合、タコ殴りで全滅もあるので、調整がまだユルイのかもしれません。爆撃機の防御力をせいぜい10くらいを限度にすれば、損害を嫌って爆撃しなくなるかな?
もっとも、本土を手薄にしてる時来ると、今度はプレイヤーの継戦意志をへし折る惨事になるので、ちょっとくらい緩い方が良いと思います。余裕がある人は縛りプレイすれば良いということで。

・・・今思いついたけど、エセックス型などの米空母の甲板装甲を装甲空母並みにしたらイイのではないだろうか。もちろん建造期間はそのままで、数は減らしません。
中型爆弾だとダメージが半減されるくらいなら苦戦するかもしれません。先手を打たれると誘爆ダメージで戦闘不能になるけど。
今度試してみようかな。
でも今のままでもかなり難しいとは思う、敵艦載機600機以上の空襲とか、かなりやばいよ。
Posted by うらマッハ at 2017年01月31日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: