2017年03月12日

8_40年改造シナリオ 大和vs3年計画 油田付き 1943年8月第1ターンから

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。大和計画含む。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/

パワーアップキット「大和計画」の39年シナリオを少し?改造したものです。割と高難易度。

プレイ縛り
基本的にはリロードによる吟味はなし。操作ミスした時のオートセーブへのコンティニューは可。
和平交渉時の条件吟味リロードは可。
1ターンに一度だけ、外交フェイズ開始時→直前潜水艦任務フェイズへのリロード可。悪天候回避用。

科学技術開発重点は、オハ油田発見まで油田捜索固定。

陸戦を仕掛ける時(上陸戦含む)、火砲の参加数は兵員+前衛車両と同数まで。上陸戦時、水陸両用車は2倍扱い。
4式重爆シリーズで対艦攻撃禁止。
同一艦隊に対して、1ターンあたり爆撃は5コマンドまで。しつこい五月雨爆撃ができません。

敵出現根拠地への飛び石攻略禁止。関連する根拠地を全て占領してから。
インドへの進攻は、フィリピン・インドネシア・マレー・ビルマの親日政権樹立まで禁止。したがって資源地帯で親日政権樹立しないといけない。
デリー占領は他の英出現根拠地占領まで禁止。
ニューカレドニア・フィジー・サモア占領は、濠州根拠地占領まで禁止。

その他設定変更など↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/176212785.html

1943年8月第1ターンから10月第10ターンまで。
これまでの米正規空母撃沈数22。今回戦果6隻。
遵義、重慶、内江を攻略。
タラワ攻略。


1943年8月第1ターン

恒例になりつつある米機動艦隊による本土攻撃。
_16-8-6_22-9-0_No-01.jpg
一応、先手は打てる距離ですが、スツーカの得意距離まで引き付けます。
当然、敵は先に爆撃してくる。
_16-8-6_22-9-26_No-02.jpg
各地から迎撃機を出して対応します。敵の艦戦が新型になってます、概ね互角に空戦。
  第3次佐世保防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 89機 爆撃機 90機
撃墜 戦闘機 25機 爆撃機 36機
日本迎撃総数 戦闘機 271機
撃墜 戦闘機 28機
損害:
戦闘機1 爆撃機2 偵察機2
迎撃度が低く迎撃可能数が少ないことも。
_16-8-6_22-10-47_No-03.jpg
敵艦載機は艦船や飛行場を優先するので、工場は無傷で済みます。もし戦術目標がないと工場に来るかも?
  第3次鹿児島防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 66機 爆撃機 91機
撃墜 戦闘機 12機 爆撃機 22機
日本迎撃総数 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 14機
損害:
兵員1
飛行場76低下
戦闘機8 爆撃機12 偵察機7 輸送機6

二回の空襲の後、敵艦隊は鹿児島に接近。
_16-8-6_22-11-52_No-04.jpg
こっちの番だ。天候は残念ながら曇り。この距離だと未発見はありません。
仏印の飛行場を壊滅させられた恨みを晴らすべし。
_16-8-6_22-12-39_No-05.jpg
高角砲だけで4割ほど落伍。撃墜は60機。
_16-8-6_22-13-15_No-06.jpg
しめやかに爆沈する空母。ナムアミダブツ。
_16-8-6_22-13-54_No-07.jpg
余った火力で戦艦にも攻撃。装甲の薄いレキシントン型でもなかなか沈まないようです。
  第9次鹿児島沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 386機
撃墜 爆撃機 70機
空母 ハンコック 爆撃により沈没
空母 キアサージ 爆撃により沈没
空母 フランクリン 爆撃により沈没
軽巡 アトランタ 爆撃により沈没
空母 ランドルフ 爆撃により沈没
空母は全部沈めました。戦艦は放っておこう、航空機の損害で練度が下がるのはまずい。
これにて敵艦隊撃退だ。もう稼働敵空母も僅かのはず。

  第50次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 110機
撃墜 爆撃機 27機
損害:
陣地95低下

1943年8月第2ターン

  第96次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 59機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 17機
損害:
陣地90低下

  第51次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 103機
撃墜 爆撃機 25機
損害:
陣地35低下

1943年8月第3ターン

  第52次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 130機
撃墜 爆撃機 31機
損害:
陣地40低下

大西洋、連合軍哨戒隊に追い掛け回されるドイツ派遣潜水隊。
_16-8-11_20-39-10_No-08.jpg
一切の交戦を禁止、反撃もだめ。
反撃して撃沈でもしちゃったら敵の増援フラグですからね。ここだけノリが自衛隊です(?)


1943年8月第4ターン
零戦62型 :40機生産
零式水偵 : 1機生産
4式重爆1型:20機生産

誉1型 :75基生産
火星25型: 5基生産

灰色熊突撃砲 : 60両生産
97式曲射歩兵砲:134門生産

特3車台 :46台生産
6t牽引車車台: 2台生産

ここから戦闘履歴の生産・動員記録をONにしました。
これ文量が増えてしまうんですが、どうもONにしないと航空機開発なども記録されないみたいなので。
まあ、何を生産したか記録した方が戦況も分かりやすいかな。


  第97次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 57機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 16機
損害:
陣地50低下

  第53次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 131機
撃墜 爆撃機 29機
損害:
陣地50低下

4式重爆で中国の陣地を爆撃。
_16-8-11_20-49-20_No-09.jpg
Ju88のようにガッツリ削れませんが、航続距離と防御力に優れているので使いやすいです。
  第3次重慶爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 9機 爆撃機 125機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 6機
連合迎撃総数 戦闘機 36機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
陣地880低下
兵員4

1943年8月第5ターン
科学技術「大口径タ弾」開発完了

零式水偵 :57機生産
4式重爆1型:40機生産

誉1型 :155基生産
金星4型: 5基生産

特3式内火艇 : 46両生産
97式曲射歩兵砲:180門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :105台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第1次内江爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 91機 偵察機 40機
撃墜 戦闘機 0機 偵察機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 73機
撃墜 戦闘機 27機

  第54次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 158機
撃墜 爆撃機 36機
損害:
陣地140低下

1943年8月第6ターン
陸戦兵器「5式中戦車」試作完成

零戦62型 :80機生産
零式水偵 : 4機生産
4式重爆1型:40機生産

誉1型 :155基生産
火星25型: 5基生産

25mm連装機銃:227門生産

特3車台 :46台生産
6t牽引車車台: 2台生産


潜水艦 ストーンヘイジ 爆雷により沈没
潜水艦 サター 爆雷により沈没
潜水艦 サラセン 爆雷により沈没
潜水艦 テトラーク 爆雷により沈没
潜水艦 ターブレント 爆雷により沈没
潜水艦 シャリマー 爆雷により沈没
潜水艦 セラフ 爆雷により沈没
潜水艦 シードッグ 爆雷により沈没
潜水艦 ストイック 爆雷により沈没


  第12次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 6機
損害:
陣地6低下
兵員5 火砲1

  第19次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地7低下
火砲5

  第1次遵義爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 154機
撃墜 爆撃機 5機
戦果:
陣地1270低下
兵員5 火砲1 後方50

  第55次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 159機
撃墜 爆撃機 38機
損害:
陣地60低下

激戦が続く中国戦線。遵義に侵攻します。
_16-8-11_21-20-27_No-10.jpg
こちらの戦車の数が増えてます。これで敵の迫撃砲による損害は減ってきますが、地形が険しいため落伍ダメージは覚悟しないといけません。
_16-8-11_21-23-21_No-11.jpg
今回は陣地は残しました。0まで削るの大変ですし、陣地効果を得るために敵は迎撃数を減らします。
とはいえ結構抵抗が激しい。
_16-8-11_21-23-56_No-12.jpg
1ラウンド目で士気ダメージ2を与えました。これだと2ラウンドで決着が付きます。
_16-8-11_21-24-52_No-13.jpg
敵の火力を引き受けた迫撃砲の損害が大きいです。でも安い部隊なので、どうせやられるなら迫撃砲が良いというヒドイ損得勘定。
  第1次遵義攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 100機 空挺分隊200
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 660 火砲1693 車両1647 後方 6526
  日本軍損害 兵員 143 火砲 344 車両 140 後方 206
  連合軍参加兵力 兵員2889 火砲 985 車両 120 後方 8200
  連合軍損害 兵員 719 火砲 236 車両 66 後方 820
    遵義占領(第11軍)

バリクパパンにB24の編隊が接近。
_16-8-11_21-28-23_No-14.jpg
雷電で迎撃しますが、数が多くて苦戦。反撃火力が高いのも辛いところです。
ポートダーウィンを占領するまで、こういう事態は続きます。
  第1次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 156機
撃墜 爆撃機 18機
日本迎撃総数 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 11機
損害:
兵員1
飛行場73低下
戦闘機17 偵察機1

ホロムシロに米艦載機。数は減ったけど米空母はまだいます。この程度だと大して脅威にならない。
  第8次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 161機
撃墜 爆撃機 40機
損害:
陣地55低下

1943年8月第7ターン
雷電21型 :70機生産
零式水偵 : 6機生産
キ105輸送機:42機生産

ハ42-1型:210基生産

97式曲射歩兵砲:284門生産

特3車台 :46台生産
6t牽引車車台: 2台生産


  第9次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 126機
撃墜 爆撃機 33機
損害:
陣地35低下

  第20次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 7機
損害:
陣地5低下
火砲5

1943年8月第8ターン
タンカー「低速タンカー」基本設計完了

雷電21型 :70機生産
零式水偵 : 6機生産
4式重爆1型:40機生産

火星2型 :200基生産
火星25型: 10基生産
光 : 4基生産

特3式内火艇 :92両生産
97式曲射歩兵砲:77門生産

トラック車台 :105台生産
6t牽引車車台: 1台生産


潜水艦 ホエール 爆雷により沈没
潜水艦 ロンカドア 爆雷により沈没
潜水艦 ポーギー 爆雷により沈没
潜水艦 フラッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 グラウラー 爆雷により沈没
潜水艦 ガジョン 爆雷により沈没
潜水艦 ソードフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 スチールヘッド 爆雷により沈没
潜水艦 バショウ 爆雷により沈没
潜水艦 リング 爆雷により沈没


  第21次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地5低下
火砲5

  第98次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 70機 爆撃機 55機
撃墜 戦闘機 22機 爆撃機 18機
損害:
陣地60低下

  第2次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 138機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 23機
損害:
兵員1
飛行場44低下
戦闘機9 偵察機2

1943年8月第9ターン
発動機「熱田3型」完成度100%で実用化

Ju87E艦攻(日):70機生産
零式水偵 : 3機生産
4式重爆1型 :40機生産

ハ42-1型:210基生産
光 : 2基生産

日本軍トラック :400台生産
日本軍ブルドーザー:100台生産
25mm連装機銃 : 67門生産

トラック車台 :105台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


潜水艦 グルーパー 爆雷により沈没
潜水艦 ターポン 爆雷により沈没
潜水艦 ランナー 爆雷により沈没
潜水艦 ランセットフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ビルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 バーベロ 爆雷により沈没
潜水艦 レイポン 爆雷により沈没
潜水艦 ポーパス 爆雷により沈没
潜水艦 パッファ 爆雷により沈没


  第4次重慶爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 43機 爆撃機 224機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 6機
連合迎撃総数 戦闘機 32機
撃墜 戦闘機 10機
戦果:
陣地1790低下
兵員8 火砲1 後方20

重慶に侵攻。ここは鉄鉱石が採れます。
_16-8-11_21-59-32_No-15.jpg
今回は陣地が5000以上残ってます。このくらいならまだ勝てるはず。
_16-8-11_22-0-51_No-16.jpg
中国軍は負ける戦いだと判断すると陣地効果を得るために迎撃数を減らします。
_16-8-11_22-1-52_No-17.jpg
2ラウンド交戦し敵は退却。
敵の対装甲火力は低いですが、落伍で戦車も損害を受けます。
  第1次重慶攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 100機 空挺分隊200
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 814 火砲1595 車両1591 後方 6504
  日本軍損害 兵員 155 火砲 262 車両 147 後方 234
  連合軍参加兵力 兵員2852 火砲 979 車両 160 後方 9722
  連合軍損害 兵員 556 火砲 171 車両 107 後方 811
    重慶占領(第11軍)

ビルマでの防空戦。
_16-8-11_22-5-59_No-18.jpg
ボーファイターによる襲撃で地上部隊が削られます。
  第22次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地4低下
火砲4

  第99次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機 爆撃機 49機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 17機
損害:
陣地110低下

  第3次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 114機
撃墜 爆撃機 2機
行方不明 爆撃機 14機
損害:
兵員1
飛行場42低下
戦闘機9 偵察機1

1943年8月第10ターン
零式水偵 :57機生産
97式司偵1型:76機生産

誉1型:155基生産
光 : 6基生産

97式曲射歩兵砲:284門生産

6t牽引車車台:71台生産


1943年9月第1ターン
軍馬 :434動員
日本軍歩兵分隊:171動員
日本軍整備分隊: 56動員
日本軍空挺分隊: 28動員

零式水観 :30機生産
零式水偵 : 7機生産
2式単戦3型 :50機生産
97式司偵1型: 4機生産

誉1型:150基生産
光 : 6基生産

機動90式野砲:70門生産
日本軍トラック :16台生産

特3車台 :46台生産
6t牽引車車台: 2台生産


  第100次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機 爆撃機 51機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 18機
損害:
陣地40低下

1943年9月第2ターン
2式陸偵 :10機生産
零式水偵 : 9機生産
2式単戦3型:40機生産

誉1型:75基生産
光 : 2基生産

25mm連装機銃:115門生産

4t牽引車車台:84台生産
6t牽引車車台: 1台生産


1943年9月第3ターン
爆撃機「銀河11型」開発完了

2式陸偵 :10機生産
零式水偵 : 9機生産
2式単戦3型:40機生産

誉1型 :75基生産
金星4型: 5基生産

97式曲射歩兵砲:144門生産

W型車台 :60台生産
6t牽引車車台: 1台生産

ようやく銀河の開発が終わりました。これで長距離戦術爆撃ができます。量産するのが大変ですが・・・

個艦総覧↓
_16-8-12_20-29-53_No-19.jpg
戦艦・空母の保有の様子です。
鉄が安く済む原型建造が目立ちます(笑)。
あと一覧にはないけど、大和型はD型が一隻、I型が4隻です。

重油保有量↓
_16-8-12_20-30-39_No-20.jpg
合計76万トンありました。
上陸作戦のため横須賀のタンカーに重油を満載しています。もうすぐタラワ攻略に出発します。

  第2次内江爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 108機 爆撃機 143機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 4機
連合迎撃総数 戦闘機 48機
撃墜 戦闘機 30機
戦果:
陣地1250低下
兵員7 火砲1 後方20

1943年9月第4ターン
Ju87E艦攻(日):20機生産
零式水偵 : 3機生産
4式重爆1型 :20機生産

誉1型 :75基生産
火星25型: 5基生産

灰色熊突撃砲:57両生産
日本軍トラック : 6台生産

トラック車台 :105台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


1943年9月第5ターン
零戦52型 :50機生産
零式水偵 : 5機生産
4式重爆1型:20機生産

ハ42-1型:210基生産
光 : 2基生産

灰色熊突撃砲 : 3両生産
97式曲射歩兵砲:136門生産
日本軍トラック : 2台生産

W型車台 :60台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第56次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 162機
撃墜 爆撃機 33機
損害:
陣地65低下

  第57次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 143機
撃墜 爆撃機 33機
損害:
陣地50低下

  第4次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 98機
撃墜 爆撃機 27機
日本迎撃総数 戦闘機 122機
撃墜 戦闘機 23機
損害:
飛行場13低下
戦闘機2 偵察機1

1943年9月第6ターン
戦闘機「Fw190A戦(日)」試作完成

銀河11型 :20機生産
晴空 : 2機生産
2式単戦3型 :50機生産
97式司偵1型: 6機生産

誉1型:75基生産
光 : 6基生産

灰色熊突撃砲:60両生産
日本軍トラック :16台生産

トラック車台:36台生産


  第58次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 134機
撃墜 爆撃機 28機
損害:
陣地60低下

  第101次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 56機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 16機
損害:
陣地50低下

  第59次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 158機
撃墜 爆撃機 37機
損害:
陣地60低下

1943年9月第7ターン
銀河11型 :20機生産
零式水偵 : 6機生産
キ105輸送機:28機生産

誉1型:75基生産
光 : 6基生産

97式曲射歩兵砲:154門生産

トラック車台:36台生産


  第22次エニウェトク防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 105機
撃墜 爆撃機 21機
損害:
陣地105低下

  第60次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 156機
撃墜 爆撃機 37機
損害:
陣地150低下

1943年9月第8ターン
銀河11型 :20機生産
零式水偵 : 6機生産
2式単戦3型 :70機生産
97式司偵1型: 2機生産

誉1型 :75基生産
瑞星1型: 6基生産

97式曲射歩兵砲:154門生産

W型車台:20台生産
トラック車台: 1台生産


  第61次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 86機
撃墜 爆撃機 17機
損害:
陣地65低下

潜水艦 サーゴ 爆雷により沈没
潜水艦 シーライオン 爆雷により沈没
潜水艦 ガンネル 爆雷により沈没
潜水艦 スコーピオン 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーバック 爆雷により沈没
潜水艦 ブラックフィン 爆雷により沈没
潜水艦 ダーター 爆雷により沈没
潜水艦 ガビラン 爆雷により沈没
潜水艦 ジャック 爆雷により沈没
潜水艦 バーブ 爆雷により沈没


潜水艦 ガー 爆雷により沈没
潜水艦 アルバコア 爆雷により沈没
潜水艦 カブリラ 爆雷により沈没
潜水艦 シーウルフ 爆雷により沈没
潜水艦 コビア 爆雷により沈没
潜水艦 クレバレ 爆雷により沈没
潜水艦 パイク 爆雷により沈没
潜水艦 アポーゴン 爆雷により沈没
潜水艦 ハックルバック 爆雷により沈没
潜水艦 フライア 爆雷により沈没


  第62次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 161機
撃墜 爆撃機 37機
損害:
陣地140低下

  第5次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 133機
撃墜 爆撃機 18機
日本迎撃総数 戦闘機 76機
撃墜 戦闘機 15機
損害:
兵員1
飛行場54低下
戦闘機11 偵察機2

1943年9月第9ターン
発動機「金星6型」に致命的欠陥発見

銀河11型 :20機生産
雷電21型 :20機生産
零式水偵 : 2機生産
Ju87D軽爆(日):75機生産

誉1型 :75基生産
火星25型: 5基生産

4式75mm高射砲 :50門生産
日本軍ブルドーザー: 4台生産

6t牽引車車台:24台生産

金星6型で開発遅延、24ポイントゲットだぜ(涙)

タラワ攻略のため、艦隊を準備位置に集結。
_16-8-12_21-44-2_No-21.jpg
爆撃・艦砲射撃用、上陸作戦用、占領後の設営隊・物資輸送用、陽動(オトリ)用艦隊。艦船が沢山、がっつり重油を消費します。
タラワの天候は晴れ。次のターン、強風さえなければ作戦可能だ。
タラワの様子↓
_16-8-12_21-46-46_No-22.jpg
いかにも米軍の前線基地って感じの兵力がいます。
戦訓(?)により夜間戦闘機を配備するように改造しました。これで夜間爆撃で飛行場潰せばOKってわけにはいきません。
陸上ユニット数は372。海兵部隊の規模自体は3個大隊で、その他は初期配置です。
ついでにウェークも偵察↓
_16-8-12_21-47-59_No-23.jpg
ここも陸上兵力の規模は同じ程度。とりあえず倍程度の兵力で上陸作戦しないと落とせないでしょう。
今回は関係ない根拠地ですが、B24の爆撃圏内に入らないよう注意します。

  第63次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 153機
撃墜 爆撃機 35機
損害:
陣地135低下

1943年9月第10ターン
科学技術「3式爆雷」開発完了

銀河11型 :20機生産
Ju87E艦攻(日):20機生産
零式水偵 : 2機生産
2式単戦3型 :80機生産
97式司偵1型 : 6機生産

誉1型:75基生産
光 : 6基生産

99式88mm高射砲 :40門生産
日本軍ブルドーザー: 4台生産

トラック車台:36台生産


  第102次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 74機 爆撃機 67機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 22機
損害:
陣地80低下
火砲1

さて、タラワの天候は・・・、曇りです。
_16-8-12_21-57-37_No-24.jpg
うむ、曇天結構だ。お互いの爆撃は命中しにくいです。こっちの準備爆撃の戦果は低下しそうですが、上陸部隊で押し切れるはず。
  第64次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 162機
撃墜 爆撃機 36機
損害:
陣地65低下
コマンドスキップして、タラワの軽爆撃機がメジュロに爆撃に出るまで待つ。これで艦隊の安全度は増します。

重爆に対しては、捨て駒作戦だ。B24の爆撃圏内に水上偵察機を移動させて誘い出す。
これで全機誘い出せるわけではないですが、90機ほどは発進させました。
  第1次ポナペ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 85機
撃墜 爆撃機 0機
損害:
偵察機12

次は囮艦隊を接近させる。
_16-8-12_22-7-39_No-25.jpg
B24とP70夜戦が飛んでくる。
零戦と対空砲で数は減らしますが、空母が一隻発着不能に。
_16-8-12_22-7-56_No-26.jpg
収容できない零戦は不時着に。
  第1次ナウル沖海空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 79機 爆撃機 78機
撃墜 戦闘機 28機 爆撃機 18機
日本迎撃総数 戦闘機 111機
撃墜 戦闘機 18機

艦砲射撃・爆撃艦隊をタラワに隣接させる。
指揮パニックはなかったため、タラワから爆装戦闘機が出てくる。ここで迎撃機を出すと攻撃隊が減るので対空砲だけで対処。
_16-8-12_22-10-0_No-28.jpg
  第1次タラワ沖海空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 112機
撃墜 戦闘機 31機
こっちのコマンドで艦砲射撃。
_16-8-12_22-10-39_No-29.jpg
大和型3隻を連れていました。46cm砲が10門×3だ。だからといって陣地に対してはそんなに有効じゃないですが。
  第1次タラワ艦砲射撃戦(艦隊)
戦果:
陣地785低下
兵員2
続けて、空母から攻撃隊を出します。地上爆撃のため、戦闘機も爆装させる。
_16-8-12_22-11-52_No-30.jpg
戦闘機も爆装させたのが裏目に出て、P70にひどい目にあわせられる。爆撃機の改造機だからと舐めてました、速度と火力は低くはなかったです。
  第1次タラワ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 132機 爆撃機 216機
撃墜 戦闘機 16機 爆撃機 26機
連合迎撃総数 戦闘機 132機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
陣地515低下
兵員35 火砲11 車両7 後方3
それなりに陣地と地上部隊を減らしました。
_16-8-12_22-13-0_No-31.jpg
最後は覚悟を決めて、上陸戦だ。上陸艦隊を隣接させる。
_16-8-12_22-15-43_No-32.jpg
敵要塞砲による損害は駆逐艦1隻。
艦砲射撃で陣地を破壊。接近する分、全艦で火力を発揮できます。
頑丈な潜水母艦や大型輸送艦を多数参加させました。
_16-8-12_22-15-56_No-33.jpg
圧倒的ではないか、わが軍は。無事上陸できたため、兵力差で優勢。
今回のプレイでは、上陸戦でも火砲参加縛りがあります。というわけで、歩兵や戦車も参加しないといけません。
また敵の前衛に軽車両が多数いるため、中型砲も上陸させた方が有利です。
_16-8-12_22-16-35_No-34.jpg
水陸両用車が活躍するの初めて見たかも(笑)
  第1次タラワ攻略戦
戦果:
陣地393低下
兵員2
  日本軍参加兵力 兵員 251 火砲 485 車両 210 後方 465
  日本軍損害 兵員 14 火砲 26 車両 3 後方 16
  連合軍参加兵力 兵員 171 火砲 97 車両 47 後方 0
  連合軍損害 兵員 171 火砲 97 車両 47 後方 0
    タラワ占領
駆逐艦 浦波 対艦砲撃により沈没

1943年10月第1ターン
爆撃機「流星艦爆」開発完了

軍馬 :434動員
日本軍歩兵分隊:171動員
日本軍整備分隊: 56動員
日本軍空挺分隊: 28動員

流星艦爆 :65機生産
零式水偵 : 1機生産
He111H重爆(日):40機生産
Ju87D軽爆(日) :10機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉1型:155基生産
光 : 6基生産

灰色熊突撃砲 :20両生産
特3式内火艇 :46両生産
97式曲射歩兵砲:82門生産

6t牽引車車台:75台生産

流星の開発が完了しました。これで空母の攻撃力が大幅アップだ。地上で使っても強いし。

UボートからHe111H重爆をゲット。
17-3-12_17-14-6_No-38.jpg
史実解説によると、旅客機を装って開発されたので胴体が異様に太い機体らしいです。
デブでノロマな爆撃機ですが、デブだからか魚雷を2本装備できるようです。
誘導弾がポンコツ設定の本シナリオでは戦艦キラーとして活躍できるかもしれません。ちょっとコスト(アルミ資材)が重いので量産はしんどいかも。


米機動艦隊が本土に接近。
_16-8-12_22-24-33_No-35.jpg
空母は2隻。空母だけ狙って沈めているので、相対的に空母数が減ってます。
仮に空母の新造艦があっても他の大型艦で枠が一杯だと、増援されなくなるようです。

それでも各地を空襲して迷惑です。
  第1次呉防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 57機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 6機 爆撃機 9機
日本迎撃総数 戦闘機 66機
撃墜 戦闘機 7機
損害:
戦闘機7 爆撃機2
呉は3式戦と雷電、合わせて200機はいましたが、迎撃度60%でした。対空レーダーの重要性!!
損害は旧式潜水艦、多数大破。もう解体して鉄にしよう・・・
  第1次浜松防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 5機 爆撃機 57機
撃墜 戦闘機 1機 爆撃機 17機
日本迎撃総数 戦闘機 58機
撃墜 戦闘機 3機
損害:
飛行場30低下
戦闘機2 爆撃機1 偵察機4 輸送機2

静岡に接近してきたので、スツーカで空母だけでも沈めておく。
_16-8-12_22-30-6_No-36.jpg
  第1次静岡沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 74機
撃墜 爆撃機 19機

  第2次静岡沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 16機
空母 ベニントン 爆撃により沈没

  第3次静岡沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 15機

  第4次静岡沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 14機
空母 シャングリラ 爆撃により沈没
駆逐艦 ハムナー 爆撃により沈没
駆逐艦 ランスデイル 爆撃により沈没

  第13次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 6機
損害:
陣地6低下
兵員3 火砲3

  第103次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 62機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 18機
損害:
陣地140低下

  第14次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地7低下
兵員2 火砲3

  第3次クェゼリン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 86機
撃墜 爆撃機 0機
損害:
偵察機15

タラワで急いで防衛体制を構築中。
_16-8-12_22-27-35_No-37.jpg
敷設艦で機雷を敷設。
機雷は重要ですが、占領した最前線根拠地での敷設は危険です。いつ敵が来るか分からない。
損害を考慮して敷設艦は多めに用意しておくと安心です。


1943年10月第2ターン
戦闘機「Fw190A戦(日)」開発完了

流星艦爆 :30機生産
零式水偵 : 2機生産
Ju87D軽爆(日):35機生産

熱田3型:70基生産

4式75mm高射砲:78門生産
日本軍トラック : 6台生産

6t牽引車車台:75台生産


  第13次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 72機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地6低下
兵員7 火砲1

潜水艦 ポンポン 爆雷により沈没
潜水艦 ドラム 爆雷により沈没
潜水艦 ガーナード 爆雷により沈没
潜水艦 アンバージャック 爆雷により沈没
潜水艦 チャブ 爆雷により沈没
潜水艦 ベキュナ 爆雷により沈没
潜水艦 ヘリング 爆雷により沈没
潜水艦 ティノサ 爆雷により沈没
潜水艦 ドラド 爆雷により沈没
潜水艦 カイマン 爆雷により沈没


  第14次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地7低下
兵員4 火砲4

  第6次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 119機
撃墜 爆撃機 12機
日本迎撃総数 戦闘機 45機
撃墜 戦闘機 9機
損害:
兵員1
飛行場57低下
戦闘機11 偵察機3

1943年10月第3ターン
流星艦爆 :30機生産
零式水偵 : 3機生産
He111H重爆(日):20機生産
3式戦1型丁 : 8機生産

熱田3型:70基生産
光 : 2基生産

4式75mm高射砲:78門生産
日本軍トラック : 6台生産

6t牽引車車台:75台生産



  第23次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地5低下
火砲5

  第7次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 107機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 19機
損害:
飛行場28低下
戦闘機6 偵察機1

  第2次ポナペ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 76機
撃墜 爆撃機 0機
損害:
偵察機12

1943年10月第4ターン
流星艦爆 :30機生産
零式水偵 : 3機生産
キ105輸送機:20機生産
3式戦1型丁: 3機生産

誉1型:80基生産

97式曲射歩兵砲:235門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :111台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第104次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 64機 爆撃機 53機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 17機
損害:
陣地60低下

  第8次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 81機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 14機
損害:
飛行場22低下
戦闘機4 偵察機1

1943年10月第5ターン
大型輸送艦「大型輸送艦」基本設計完了

流星艦爆 :65機生産
零式水偵 : 3機生産
キ105輸送機 :42機生産
97式司偵1型: 2機生産

誉1型 :160基生産
瑞星1型: 6基生産

97式曲射歩兵砲:235門生産
日本軍トラック : 2台生産

W型車台:62台生産
トラック車台: 4台生産

米軍の攻勢正面がサモア方面になったようです。
_16-8-13_10-1-22_No-39.jpg
これで次から米艦隊はタラワを攻撃してくるはず。
本土は安全になりますが、急いでタラワの防御を固めないといけません。

  第105次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 54機 爆撃機 43機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 15機
損害:
陣地90低下

  第15次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 64機
撃墜 爆撃機 7機
損害:
陣地5低下
兵員3 火砲2

  第9次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 7機
行方不明 爆撃機 10機
損害:
飛行場14低下
戦闘機2 偵察機1

1943年10月第6ターン
流星艦爆 :65機生産
零式水偵 : 3機生産
4式重爆1型:40機生産
3式戦1型丁: 3機生産

誉1型:160基生産
ユモ211: 5基生産

灰色熊突撃砲 :62両生産
4式75mm高射砲:29門生産
日本軍トラック : 4台生産

W型車台:20台生産
トラック車台: 1台生産


  第24次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地9低下
火砲7

  第10次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 165機
撃墜 爆撃機 42機
損害:
陣地70低下

1943年10月第7ターン
流星艦爆 :65機生産
零式水偵 : 3機生産
Fw190A戦(日):90機生産
キ105輸送機 : 2機生産
97式司偵1型 : 2機生産

熱田3型 :140基生産
火星25型: 10基生産

灰色熊突撃砲: 20両生産
25mm連装機銃:154門生産
日本軍トラック : 2台生産

ナト車台:24台生産


  第11次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 124機
撃墜 爆撃機 31機
損害:
陣地20低下

シンガポール・メダン間で敵潜水隊と遭遇する船団。
_16-8-13_11-11-55_No-40.jpg
油断して対潜哨戒してませんでした。奇襲される。
_16-8-13_11-12-18_No-41.jpg
破壊力3000の魚雷を4本受ける長門。アブネー
短距離航路なので之字運動ONだったため助かりました。OFFだったら沈んでたでしょう。
危機管理って難しいと思いました。滅多にない危険に対して常に備えるってなかなかできないよ。

潜水艦 トラスティ 爆雷により沈没
潜水艦 シーホース 爆雷により沈没
潜水艦 スタージョン 爆雷により沈没
潜水艦 セプター 爆雷により沈没
潜水艦 サンダーボルト 爆雷により沈没
潜水艦 トルーパー 爆雷により沈没
潜水艦 タクテシャン 爆雷により沈没
潜水艦 スターフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 スプレンディド 爆雷により沈没
潜水艦 シー・シンフ 爆雷により沈没


  第12次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 92機
撃墜 爆撃機 25機
損害:
陣地15低下

  第35次パラオ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地20低下

1943年10月第8ターン
陸戦兵器「5式中戦車」開発完了

流星艦爆 :65機生産
零式水偵 : 3機生産
Fw190A戦(日):90機生産
97式司偵1型 : 4機生産
3式戦1型丁 : 2機生産

誉1型 :160基生産
火星25型: 5基生産

4式75mm高射砲:81門生産

6t牽引車車台:24台生産


5式中戦車が生産できるようになりました。このシナリオでは性能が強化されてます、防御力が高い。
ううむ、4式中戦車は開発したものの、ほとんど生産せず旧式化しちゃった・・・


  第13次ホロムシロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 66機
撃墜 爆撃機 19機
損害:
陣地15低下

  第106次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 16機
損害:
陣地100低下

1943年10月第9ターン
タンカー「低速タンカー」開発終了

銀河11型 :20機生産
流星艦爆 :20機生産
4式重爆1型 :40機生産
97式司偵1型: 2機生産

誉1型 :160基生産
火星25型: 5基生産


低速タンカーの開発終了。短距離航路では足の遅さは問題ないです。建造期間が短いためタンカー補充にも最適。燃費は悪い。


ナト車 :24両生産
4式75mm高射砲:57門生産

6t牽引車車台:24台生産


1943年10月第10ターン
陸戦兵器「5式40mm高射機関砲」試作完成

流星艦爆 :65機生産
零式水偵 : 3機生産
Fw190A戦(日):90機生産
97式司偵1型 : 4機生産

熱田3型 :140基生産
火星25型: 10基生産

25mm連装機銃:194門生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:24台生産


ちなみにFw190A戦(日)ってのはエディタ追加の変態迎撃機。
大和計画で追加されたHe100(日)のスペックに倣って、防御力が1です。艦載機相手なら有効です。
発動機は熱田3型です。なので量産は困難。別に高性能でもないため、趣味機です。


  第15次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地4低下
兵員5 火砲1

  第16次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地8低下
兵員2 火砲3

  第10次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 153機
撃墜 爆撃機 28機
日本迎撃総数 戦闘機 73機
撃墜 戦闘機 13機
損害:
兵員1
飛行場49低下
戦闘機9 偵察機3

中国戦線。内江に攻め込む日本軍。
_16-8-13_12-7-24_No-42.jpg
陣地レベル3で迎撃する中国軍、数は少ないためラクに勝てます。
ただし、ここから5級道路で落伍率が半端ないです。一応、ナト車(エディタ変更して支援分類)を投入したりして落伍ダメージを抑える工夫はしてますが・・・
_16-8-13_12-9-1_No-43.jpg
1ラウンドで士気ダメージ3を与える。
_16-8-13_12-9-33_No-44.jpg
1ラウンド勝利だとかなり損害が少ないですね。
これからもこの調子で行きたいところですな。
  第1次内江攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 45機 輸送機 100機 空挺分隊200
撃墜 戦闘機 0機 輸送機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 19機
撃墜 戦闘機 12機
  日本軍参加兵力 兵員 696 火砲1800 車両1504 後方 7480
  日本軍損害 兵員 41 火砲 155 車両 69 後方 173
  連合軍参加兵力 兵員2777 火砲 995 車両 220 後方 10444
  連合軍損害 兵員 391 火砲 145 車両 148 後方 901
    内江占領(第11軍)



1943年8月第1ターンから30ターンでした。
今回の米空母撃沈数は6隻でした。空母は厄介ですが、撃たれ弱く沈めやすいです。もっともミッドウェー型になると固いかもしれません。でも当分はエセックス型のはず。
中国での戦場が山地になりました。落伍率がとんでもないぜ。
タラワを無事占領。これで本土への襲撃は無くなるはず。代わりにタラワに敵艦隊が殺到してくるでしょう。果たして補給が難しいタラワを維持できるのか!?
posted by うらマッハ at 21:36| Comment(0) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: