2017年03月08日

腰が痛いがジャガイモは植えた

日記です。

3月になりました。もう春かよ・・・、のんびりできない。
花粉情報で「多い」「非常に多い」が増えてきました。嫌だわ。

今年の冬は防寒対策をちょっとがんばったからか、風邪は引きませんでした。
若いころは寒さに強かったので、30代になってもそのノリで薄着で過ごした結果、時々風邪気味になってましたが、ちょっと厚着すると割と健康になってしまった。
しかし、今度は腰が痛い。変な姿勢で作業したせいなのか、原因はよくわかりませんが、少し筋が痛いです。
安静に寝てたら治りそうだけど、普通に動けるし次の季節に向けて畑仕事をしたりして、今一つ腰が治りません。いかんな、健康第一に生きたいのだが・・・

食料になるのでジャガイモを植えるのだ。ウチは2月下旬くらいから植えられそうな気温になります。要は霜が降りなくなるとチャンス。
耕運機を押して土を耕して、作業機を装着し溝も掘る。
DSC_1664_1.JPG
作業しやすいように畝幅が無駄に広いです。結局、経済性より土地管理が主目的ですから。
今回は種イモ、6キロを植えます。普通に5キロの袋を近所のホームセンターで買おうと思ったら3キロまでしか置いてなかったので3キロを2袋買いました。
DSC_1653_2.JPG
無難な品種メークイン。でかいのでカットするわけですが、この作業で地味に疲れた。今思うと、このカット作業の時姿勢が悪くて腰を痛めたのかもしれん。
DSC_1673_3.JPG
で、溝にイモを配置する。堆肥と化成肥料を間に置く。土を5cmくらいかぶせる(これがしんどい)。
堆肥って結構高いよね。分量も多いし。
腰が痛かったので、母が手伝ってくれる。我が家で畑仕事できる人員は僕と母だけ。世の中人手不足ですが、家庭内でもやはり人手が不足気味です。
種イモと肥料代だけでも、1500円以上使ったと思う。無事収穫できてもたぶん市場価値1万円そこらだから、コストが合わないと思います。いや、スーパーとかでイモ買うと割と高いから、そう悪くないかもしれませんが。

冬のおやつ、干し柿↓
DSC_1650_4.JPG
時間が経つと表面に砂糖的なものが出てきます。甘くてうまい。食物繊維も豊富なのか腹持ちも良い(逆にいうと調子にのって食べ過ぎると腹がもたれる)。
実が大きいと日持ちするみたいです。小さいのは中が固くなりやすいですが、大きいのは比較的柔らかい状態が続きます。
あと、揉んでおくと固くなりにくいらしい。とはいえ冬の寒い時期に、外に出ておやつの品質管理をするのも、なんかしんどいです。
3月だけど、まだ食えました。これ時間が経つ方が美味いと思う。

晩生キャベツ↓
DSC_1671_5.JPG
表面が腐ってきたので急いで収穫。何枚か葉をむいたら中は問題ありませんでした。キャベツって時々腐るよね。
生育期間の長い晩生品種です。そんなわけでここまで大きくなって失うのは惜しい。無事に食えてよかった。
サイズが大きいです。店で売ってるキャベツより一回りでかい。わざわざ野菜をカットして売ってるご時世ですから、大型品種は基本的に店では売ってないと思う。

初期成育が不良だった白菜↓
DSC_1646_6.JPG
苗のころ、害虫に生長点を食害されたものです。場所があるのでとりあえず植え付けてました。
複数の箇所が結球した形になってます。冬の間なら日の当たった緑の葉でも食べることができるので、こんなんでも収穫して食いました。

春に備えて新しい苗を買いました。で、さっそくヒヨドリに葉をつつかれる。
DSC_1652_7.JPG
キャベツとブロッコリーの苗です。一部、葉っぱが欠けてます。ヒヨドリがつついてるのを目撃したので、たぶん犯人はヒヨです。
冬は害虫がいないので安心だ、と思ってたら畑の野菜がヒヨドリにかなりやられました。
鳥に対してはもちろん殺虫剤など散布しても無駄なので、不織布でも被せて物理防御だ。
DSC_1680_8.JPG
バリア展開。一見すると不織布をトンネルがけして害虫対策に見えますが、使いまわしの傷んだ不織布なので穴あき。これでも鳥は来なくなった。
DSC_1681_9.JPG
↑中の様子。穴があったり、隙間もありそうで、虫ならちょっと頑張れば侵入できます。
害虫の多いアブラナ科野菜を無農薬栽培するのは困難なので、普通に農薬使う予定。ガチで被覆しても地中から虫が来ることもあるし。

3月に入って、とう立ちして花が咲いた白菜↓
DSC_1682_10.JPG
映りが悪いですが、黄色の花が出て来てます。こうなると葉の味は悪くなり、鑑賞するだけの菜の花になります。
同じく、3月になって茎が伸びてきたブロッコリー↓
DSC_1683_11.JPG
開花はまだなので食えますが、もう旬の過ぎた味になります。
冬に毎日食べられるように沢山植えた結果、食べきれないことに。それでも不足するよりマシなので、多めに植えるわけです。
3月は端境期です。旬の野菜が少ない。我が家では3月に採れる旬の野菜はワケギ(ネギっぽいの)だけです。

春に備えてエンドウのネットを張る。
DSC_1686_12.JPG
僕はこの手の立体的な構造物(?)が苦手。男性は空間認識能力が高い傾向はあるそうですが、まあ個人差でそんな傾向を覆すことはよくあります。
ネット張は母が主導で、僕は単純作業でした。母はこういう立体的なのが好きです。女性は工作はそんな好きじゃない傾向はありそうですが、これも個人差の前には無力ですな。


ゲーセンでの出来事↓
DSC_1676_13.JPG
プッシャゲームのラッキーマリンシアター。
ラッキーボール(でかい黄色いの)が払い出しレールから外れてすっ飛んで行きました。本来は右の方からレールの上を転がって、台の真ん中に落ちるのですが、重力と多面体のなんか複雑な振る舞いの結果、勢いが止まらず向こうまで行ってしまいました。この現象は初めて見ました。
さすがに途中でつかえて動かなくなりそうなので、店員さんに直してもらいました。最初は説明しても「それは運では・・?」という感じでしたが、あのでかい横から払い出される方のボールって言うと了解してくれました。一見すると分かんないけど致命的不具合というわけです。

同ゲーセンのメダル関連のキャンペーン↓
DSC_1678_14.JPG
和歌山県民のいうところの「川向こう」の紀の川平野にある、紀の川ボウルのメダルコーナー。近所の競合店アドアーズが撤退した結果、和歌山にあるゲームセンターとしては勝ち組に相当する店舗です。もっともゲーセンが儲かる業種かは別ですが。ボーリングの方は中高年で賑わってます。
もう和歌山県でスターホース3のある店はこことラウンドワンだけです。
メダルゲームは老人と相性が良いわけですが、老人向けのマルチ商法的なキャンペーンも実施してます。確かスタホでも紹介キャンペーンしてたかな。とにかく客を増やしたいようです。
あと、メダルコーナー全般に言えることですが今時珍しく喫煙可能です。タバコを吸う人の居場所が減ってきている現状では、これは集客にプラスだと思われます。まあタバコ吸わない僕からすると煙たいだけですが。でもこの店の欠点は換気の悪さなので、タバコ吸わない人は来なくなる可能性もあるので、そんなプラスにならないかも・・・、タバコ吸いたい人はパチンコ屋行けば良いし(最近のパチ屋は換気しっかりしてます)。


我が家の新宅も築20年になって老朽化してきてます。
少し前に洗面所の蛇口を交換(下のパイプなども規格が合わず交換)したんですが、今度はトイレのパイプから水漏れ。
DSC_1696_15.JPG
ここで活躍したのは蚊取り線香の缶。構造が縦長バケツなので、狭いところにも置けて水もそこそこ溜められる。ちなみに犬用蚊取り線香、もう犬はいないけど、捨てようか思ってたら一つ缶が余ってました。
ネジ部分から漏水してたので、ネジを締めようとしたけどちゃんと閉まってたため、これはもう原因はパッキンなんでしょうね。明日くらい業者さんが来る予定。
これ自分で修理できたらコストダウンできて良いのにな、とまたケチなことを考えたりしましたが手先が不器用なので無理だと思い至りました。
手先が不器用なことに対する無念は、次の世代に晴らしてもらおう。というわけで結婚したいぜ。しかし、不器用さは遺伝してしまうのだろうか・・・


隣の田んぼに猫が3匹いたので、家の猫に見せた。
17-3-8_12-30-29_No-16.jpg
家族らしく仲が良い3匹。ウチの猫は猫友達がいないので、遊び相手がいたら良いのだが。まあ臆病で外向性が低い性格なので無理っぽい。
猫も10歳を超えて、クシャミをするようになりました。老猫ってクシャミをよくするものです。鼻水が飛ぶところが端迷惑。だんだん体が衰えてくるんでしょうね。身体能力に優れた生き物ですが、老化には勝てない。
posted by うらマッハ at 20:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: