2017年04月07日

9_40年改造シナリオ 大和vs3年計画 油田付き 1943年11月第1ターンから

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。大和計画含む。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/

パワーアップキット「大和計画」の39年シナリオを少し?改造したものです。割と高難易度。

プレイ縛り
基本的にはリロードによる吟味はなし。操作ミスした時のオートセーブへのコンティニューは可。
和平交渉時の条件吟味リロードは可。
1ターンに一度だけ、外交フェイズ開始時→直前潜水艦任務フェイズへのリロード可。悪天候回避用。

科学技術開発重点は、オハ油田発見まで油田捜索固定。

陸戦を仕掛ける時(上陸戦含む)、火砲の参加数は兵員+前衛車両と同数まで。上陸戦時、水陸両用車は2倍扱い。
4式重爆シリーズで対艦攻撃禁止。
同一艦隊に対して、1ターンあたり爆撃は5コマンドまで。しつこい五月雨爆撃ができません。

敵出現根拠地への飛び石攻略禁止。関連する根拠地を全て占領してから。
インドへの進攻は、フィリピン・インドネシア・マレー・ビルマの親日政権樹立まで禁止。したがって資源地帯で親日政権樹立しないといけない。
デリー占領は他の英出現根拠地占領まで禁止。
ニューカレドニア・フィジー・サモア占領は、濠州根拠地占領まで禁止。

その他設定変更など↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/176212785.html

1943年11月第1ターンから1944年1月第10ターンまで。
これまでの米正規空母撃沈数28。今回戦果なし。
成都、綿陽攻略。
タラワ防衛戦。
蒲州攻略戦。
ラングーン占領。
シンガポールまで鉄道敷設完了。



1943年11月第1ターン
爆撃機「天山艦攻12型」開発完了

軍馬 :434動員
日本軍歩兵分隊:171動員
日本軍整備分隊: 56動員
日本軍空挺分隊: 28動員

流星艦爆 :65機生産
零式水偵 : 1機生産
4式重爆1型:25機生産
3式戦1型丁: 5機生産

熱田3型:140基生産
光 : 2基生産

99式88mm高射砲:66門生産
日本軍トラック : 6台生産

トラック車台 :117台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

天山艦攻は水平爆撃で使えます。小型対空砲がある所には水平爆撃の方が安全。


43年もあと20ターン。
タラワを占領したので米艦隊の本土攻撃は止みました。
代わりに補給線が長いタラワを維持することが課題になります。これ下手すると史実のガダルカナル争奪戦のような消耗戦になるんですよね。


  第107次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 59機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 16機
損害:
陣地100低下

  第1次ミンドロ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 130機 爆撃機 89機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
陣地40低下
兵員19 火砲16 車両5 後方27

  第11次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 127機
撃墜 爆撃機 11機
行方不明 爆撃機 23機
損害:
飛行場32低下
戦闘機6 偵察機2

1943年11月第2ターン
科学技術「タ号電波標定機」開発完了

戦闘機「3式戦2型」開発完了

流星艦爆 :30機生産
零式水偵 : 2機生産
97式司偵1型:24機生産
3式戦1型丁 : 2機生産

熱田3型:70基生産

92式10p加農砲:83門生産

6t牽引車車台:79台生産


  第12次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 94機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 15機
損害:
飛行場22低下
戦闘機4 偵察機1


1943年11月第3ターン
流星艦爆 :30機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦2型 :20機生産
97式司偵1型: 8機生産

熱田3型:70基生産
光 : 2基生産

4式75mm高射砲:83門生産

6t牽引車車台:79台生産



潜水艦 ガードフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 パーチ 爆雷により沈没
潜水艦 シアロウ 爆雷により沈没
潜水艦 ハリバット 爆雷により沈没
潜水艦 トリガー 爆雷により沈没
潜水艦 バーゴール 爆雷により沈没
潜水艦 ベスゴ 爆雷により沈没
潜水艦 セイブルフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 シャド 爆雷により沈没
潜水艦 パーゴ 爆雷により沈没

タラワに敵艦隊接近。
_16-8-13_12-41-55_No-01.jpg
アイエェェ!?
指揮パニックになる日本軍。
いや、落ち着け。どうせ打撃艦隊だ、もう機雷は敷設したから艦砲射撃はないはず。
_16-8-13_12-42-33_No-02.jpg
ナンデ!?
上陸艦隊でした。機雷を突破して上陸してきます。
かなりの兵力を配置していたので、敵は来ないと思っていました。ただし陣地は0でした。
打撃艦隊は目標根拠地の陣地と飛行場を攻撃するため、それらを設営しなければ、おそらく作戦自体が実施されません。なので次の補給までは陣地の設営をしない予定でした。
陣地が無いせいで、上陸戦でいい勝負ができると敵が判断したんでしょうね。
とにかく迎撃だ。全滅させられることはあるまい。
_16-8-13_12-43-13_No-03.jpg
敵の規模は輸送船8隻セットでした。地積小の根拠地への上陸作戦では最大規模でしょう。
一つ痛い目に会わせてやれ、と初手は逆襲。
_16-8-13_12-43-43_No-04.jpg
容赦ない殴り合いの結果、両者血まみれ。士気ダメージ2。
この後は死守命令発動。
_16-8-13_12-44-11_No-05.jpg
死闘の末、時間切れ。こちらは1/3が撃破される。敵は4割ほど損失。
これは再戦あるかもしれん・・・
  第1次タラワ防衛戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲 852 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 281 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 480 火砲 320 車両 128 後方 352
  連合軍損害 兵員 207 火砲 133 車両 59 後方 24


  第1次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 130機
撃墜 戦闘機 24機
損害:
火砲11
上陸艦隊の艦載機がオマケという感じに爆撃してくる。11ユニットやられる。

間に合わないかもしれないけど、サイパンから戦闘艦を発進させる。次のターン、先行できれば上陸戦前に殴り込みをかけることができます。

  第16次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地5低下
兵員2 火砲6

  第2次ミンドロ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 129機 爆撃機 147機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
陣地30低下
兵員38 火砲24 車両15 後方16

  第17次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地7低下
兵員4 火砲4

  第1次レガスピ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 121機
撃墜 爆撃機 0機
戦果:
陣地254低下
兵員16 火砲13 車両2 後方15

  第1次ジャカルタ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 48機 爆撃機 140機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 14機
撃墜 戦闘機 14機
戦果:
陣地1300低下
兵員6 後方3

  第13次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 71機
撃墜 爆撃機 10機
行方不明 爆撃機 8機
損害:
飛行場16低下
戦闘機3 偵察機1

1943年11月第4ターン
科学技術「水中充電装置」開発完了

流星艦爆 :30機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦2型 :20機生産
97式司偵1型: 8機生産

熱田3型:70基生産
光 : 2基生産

25mm連装機銃:199門生産

6t牽引車車台:79台生産

作戦フェイズ。先行でした。よーし、艦隊戦だ。敵上陸船団に殴り込む。
_16-8-13_13-7-12_No-06.jpg
夜戦になってしまう。昼の方が有利なんだけどね。
最終距離は13で、射程4の米艦の12.7cm砲が届きます。近づく前に1艦でも多く戦闘不能にしたいところ。
_16-8-13_13-7-25_No-07.jpg
こちらの戦艦には敵巡洋艦を狙わせる。やっぱ戦艦は強いですね。
_16-8-13_13-10-8_No-08.jpg
概ねワンサイドゲームで海戦は終了。
こちらは吹雪型駆逐艦1隻損失。
これで敵上陸艦隊は作戦中止して退却します。
  第1次タラワ沖海戦
日本軍艦艇 空母 1 戦艦 3 巡洋艦16 小型艦20
連合軍艦艇 空母 6 巡洋艦 6 大型輸送艦 6 小型艦18 商船10
軽巡 オクラホマシティ 砲撃により沈没
軽巡 トペカ 砲撃により沈没
重巡 デ・モイン 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST28号 砲撃により沈没
駆逐艦 ヘルム 砲撃により沈没
掃海艇 テリー 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST38号 砲撃により沈没
駆逐艦 ベイリー 砲撃により沈没
駆逐艦 スタンレー 砲撃により沈没
駆逐艦 ヘンリー 砲撃により沈没
掃海艇 フランク・ノックス 砲撃により沈没
駆逐艦 ウィルクス 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST32号 砲撃により沈没
駆逐艦 マグフォード 砲撃により沈没
駆逐艦 ラルフ・タルボット 砲撃により沈没
駆逐艦 ブルー 砲撃により沈没
駆逐艦 エドワーズ 砲撃により沈没
輸送船 連商船39号 砲撃により沈没
駆逐艦 パターソン 砲撃により沈没
輸送船 連商船37号 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST34号 砲撃により沈没
掃海艇 E.F.ラーソン 砲撃により沈没
輸送船 連商船42号 砲撃により沈没
護衛空母 プリンスウィリアム 砲撃により沈没
掃海艇 ラッドロウ 砲撃により沈没
輸送船 連商船38号 砲撃により沈没
タンカー 連商船172号 砲撃により沈没
護衛空母 ブレトン 砲撃により沈没
大型輸送艦 LST33号 砲撃により沈没
駆逐艦 ハリソン 砲撃により沈没
駆逐艦 コルドウェル 砲撃により沈没
駆逐艦 薄雲 砲撃により沈没
掃海艇 ヤーノール 砲撃により沈没
掃海艇 ウォーカー 砲撃により沈没
輸送船 連商船40号 砲撃により沈没


  第2次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 42機 爆撃機 10機
撃墜 戦闘機 9機 爆撃機 4機
損害:
火砲1

  第2次ジャカルタ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 216機 爆撃機 139機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 2機
連合迎撃総数 戦闘機 1機
撃墜 戦闘機 1機
戦果:
陣地645低下
兵員53 火砲19 車両5 後方37

中国での戦い。日本軍の次の侵攻先は成都です。
_16-8-13_13-14-19_No-09.jpg
陣地が固いため4式重爆で削る。
  第1次成都爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 263機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
陣地2440低下
兵員8 火砲1 後方50
陣地をすべて削るのは骨が折れるので、陸戦で勝てる程度までに済ませる。

陸戦を仕掛ける。
_16-8-13_13-16-32_No-10.jpg
敵の迎撃数はかなり少なくなりました。耐久力修正は+50もありますが、そこは力押し。
_16-8-13_13-17-8_No-11.jpg
損害率20%で士気ダメージ2まで。もう少しで1ラウンド勝利でした。
_16-8-13_13-17-37_No-12.jpg
成都も占領。ここは製鉄所があります。ただし、鉄道敷設が大変難しいです。
  第1次成都攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 100機 空挺分隊199
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 665 火砲1900 車両1435 後方 7465
  日本軍損害 兵員 69 火砲 272 車両 146 後方 331
  連合軍参加兵力 兵員2942 火砲1049 車両 0 後方 8665
  連合軍損害 兵員 455 火砲 178 車両 0 後方 620
    成都占領(第11軍)


次の駅、綿陽。ここでこの方面は最後です。
_16-8-13_13-19-2_No-13.jpg
陣地は固いですが、要塞砲の数などは普通です。


  第108次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 51機 爆撃機 44機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 16機
損害:
陣地40低下

  第25次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 6機
損害:
陣地6低下
火砲5 後方1

1943年11月第5ターン
大型輸送艦「大型輸送艦」開発終了

流星艦爆 :65機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦2型 :50機生産
97式司偵1型: 8機生産

熱田3型 :140基生産
火星25型: 10基生産

96式15p榴弾砲:83門生産

6t牽引車車台:79台生産

この大型輸送艦というのはエディタ追加の、軽巡改装輸送艦の廉価版です。原型は球磨型。
建造期間が95ターンもあるので、はっきり言って1等輸送艦の方が有用です。ただ、大型のため耐久力を必要とされる作戦では役に立つかもしれません。


  第3次ジャカルタ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 214機 爆撃機 137機
撃墜 戦闘機 2機 爆撃機 1機
戦果:
陣地113低下
兵員72 火砲30 車両7 後方49

1943年11月第6ターン
流星艦爆 :40機生産
晴空 : 1機生産
零式水偵 : 2機生産
3式戦2型 :70機生産
97式司偵1型: 4機生産

熱田3型 :140基生産
火星25型: 10基生産

4式75mm高射砲 :85門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産
日本軍トラック : 2台生産

チハ車台:24台生産

マレー半島で鉄道敷設完了。
_16-8-13_13-50-0_No-14.jpg
もう仏印までのルートも開通済み。両方から工事をしたので思ったより開通が早かった。仏印側へ鉄をキ105輸送機で空輸する無茶をしました。
マレー半島ではシンガポールで解体した艦船の鉄も使いました。
結局、鉄道はシンガポールまで繋げないと資源輸送ではあまり役に立ちません。また資源の多くはインドネシアにあるため、それを船でシンガポールまで運ぶことになります。
なので別に大陸打通しなくても、現地から一気に海路で本土まで運ぶのでも良いのです。長距離航路のコストとリスクをどう評価するかですね。


  第4次ジャカルタ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 212機 爆撃機 136機
撃墜 戦闘機 1機 爆撃機 1機
連合迎撃総数 戦闘機 1機
撃墜 戦闘機 1機
戦果:
陣地93低下
兵員66 火砲30 車両9 後方63

タラワに向かう輸送艦部隊。
_16-8-13_13-43-57_No-15.jpg
タラワ防衛線で思わぬ損害を受けたため、大急ぎで編成しました。危険なので輸送艦で緊急輸送します。揚陸できる兵力は少ないですが。

そのタラワに敵艦載機が爆撃。
_16-8-13_13-46-37_No-16.jpg
陣地構築を始めたとたんにこれだよ、サモアの打撃艦隊です。
輸送艦突入タイミングに注意しないといけません。しばらく待機。
  第3次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 216機
撃墜 爆撃機 48機
損害:
陣地9低下
火砲12

  第14次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 159機
撃墜 爆撃機 42機
日本迎撃総数 戦闘機 151機
撃墜 戦闘機 27機
損害:
飛行場22低下
戦闘機3 偵察機2

1943年11月第7ターン
流星艦爆 :45機生産
零式水偵 : 1機生産
3式戦2型 :70機生産
97式司偵1型: 4機生産

熱田3型:140基生産
誉1型 : 5基生産
光 : 2基生産

1式機動47mm対戦車砲:171門生産

トラック車台:36台生産



潜水艦 ブロウアー 爆雷により沈没
潜水艦 グリーンリング 爆雷により沈没
潜水艦 シルバーサイズ 爆雷により沈没
潜水艦 グランパス 爆雷により沈没
潜水艦 アングラー 爆雷により沈没
潜水艦 ミンゴ 爆雷により沈没
潜水艦 ハーダー 爆雷により沈没
潜水艦 セイルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ハックルバック 爆雷により沈没

タラワ沖に姿を見せる敵打撃艦隊群。
_16-8-13_13-58-18_No-17.jpg
同時に行動することが多いため、一斉に退却した隙に輸送艦隊を突入させます。
このターン輸送艦隊は待機、連れてきたタンカーで燃料を補給しておく。

  第4次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 175機
撃墜 爆撃機 40機
損害:
陣地145低下
火砲1

  第18次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地6低下
兵員6 火砲1

  第5次ジャカルタ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 210機 爆撃機 135機
撃墜 戦闘機 1機 爆撃機 1機
戦果:
陣地45低下
兵員74 火砲29 車両16 後方33

  第15次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 122機
撃墜 爆撃機 9機
行方不明 爆撃機 16機
損害:
飛行場36低下
戦闘機7 偵察機2


1943年11月第8ターン
晴空 :12機生産
キ105輸送機 :36機生産
97式司偵1型: 2機生産

熱田3型 :140基生産
火星25型: 10基生産

機動90式野砲:128門生産
日本軍トラック : 2台生産

チハ車台:24台生産

遅れてやってくる敵打撃艦隊がひとつ。
_16-8-13_14-8-48_No-18.jpg
なんだろう、旧式戦艦部隊で他より足が遅いとか?
なんにせよ、このターンも待機。

  第65次メジュロ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地45低下

  第5次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 71機
撃墜 爆撃機 18機
損害:
陣地60低下

  第17次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 64機
撃墜 爆撃機 6機
損害:
陣地12低下
兵員4 火砲3

  第19次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地14低下
兵員9 火砲2

  第109次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 16機
損害:
陣地50低下

  第6次ジャカルタ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 208機 爆撃機 134機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
陣地21低下
兵員66 火砲14 車両22 後方15

  第16次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 98機
撃墜 爆撃機 11機
行方不明 爆撃機 11機
損害:
飛行場25低下
戦闘機5 偵察機1

1943年11月第9ターン
発動機「金星6型」完成度61%で実用化

雷電21型 : 50機生産
零式水偵 : 3機生産
Fw190A戦(日):100機生産

熱田3型:140基生産
ユモ211 : 10基生産

3式砲戦車 :48両生産
96式15p榴弾砲 :45門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:36台生産

敵打撃艦隊がいなくなりました。ある程度コマンドスキップして安全確認。
哨戒圏外なので、敵艦隊がどこにいるか不明ですが、たぶんタラワ付近にはいないだろうと、突入を決意。
_16-8-13_14-25-22_No-19.jpg
もし敵艦載機の攻撃範囲だと、輸送艦隊が袋叩きに会います。占領した最前線の孤島への補給は危険が一杯だ。
_16-8-13_14-25-43_No-20.jpg
積み荷を揚陸。これでタラワは持ちこたえられるぞ。


  第26次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 7機
損害:
陣地5低下
火砲5

  第17次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 77機
撃墜 爆撃機 10機
行方不明 爆撃機 14機
損害:
飛行場17低下
戦闘機3 偵察機1

1943年11月第10ターン
雷電21型 :50機生産
零式水偵 : 3機生産
He111H重爆(日):50機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉1型:160基生産
光 : 6基生産

96式15p榴弾砲 :85門生産
日本軍ブルドーザー: 1台生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:24台生産

蘭印戦線、ヒマなのでジャカルタに上陸します。
_16-8-13_14-32-49_No-21.jpg
上陸地点の敵は爆撃でほぼ全滅してるので抵抗はありません。
  第1次ジャカルタ攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 40機 空挺分隊 40
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 560 火砲 261 車両 0 後方 154
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 13 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    ジャカルタ占領
ジャワ島に上陸しましたが、敵はまだチラチャップとスラバヤにいるため、これ以上は増援なしでは前進できません。
ここに兵力を持ってくる余裕はないので当分このままかな。・・・余計なところを占領しちゃったかもしれん、これ撤退できないし。
隣接するチラチャップの様子↓
_16-8-13_14-34-42_No-22.jpg
ちゃんとエディタで兵力を配置しました。陣地もあるため、簡単には落とせないぞ。

  第1次綿陽爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 133機
撃墜 爆撃機 7機
戦果:
陣地800低下
兵員3

  第18次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 54機
撃墜 爆撃機 7機
行方不明 爆撃機 6機
損害:
飛行場12低下
戦闘機2 偵察機1

1943年12月第1ターン
軍馬 :434動員
日本軍歩兵分隊:171動員
日本軍整備分隊: 56動員
日本軍空挺分隊: 28動員

雷電21型 :50機生産
零式水偵 : 3機生産
4式重爆1型 :25機生産
キ105輸送機 : 2機生産
97式司偵1型: 2機生産

ハ42-1型 :100基生産
火星25型: 10基生産

99式88mm高射砲:68門生産
日本軍トラック :16台生産

W型車台 :70台生産
トラック車台 : 1台生産
6t牽引車車台: 1台生産



  第18次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地7低下
兵員2 火砲2

1943年12月第2ターン
陸戦兵器「5式40mm高射機関砲」開発完了

流星艦爆 :20機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型 :10機生産
97式司偵1型: 6機生産

熱田3型 :30基生産
火星25型:10基生産

灰色熊突撃砲 :70両生産
5式40mm高射機関砲:48門生産

トラック車台:125台生産

シンガポールからウラジオストックに鉄道が繋がったため、資源が少しずつ届くようになりました。
_16-8-13_14-59-32_No-23.jpg
戦争の結果、ウラジオストックが栄えることになりました。

  第110次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 87機 爆撃機 76機
撃墜 戦闘機 26機 爆撃機 23機
損害:
陣地90低下
火砲1

  第19次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 95機
撃墜 爆撃機 10機
行方不明 爆撃機 19機
損害:
飛行場22低下
戦闘機4 偵察機1

1943年12月第3ターン
タンカー「戦標タンカー」基本設計完了

雷電21型 :20機生産
流星艦爆 : 5機生産
零式水偵 : 1機生産
3式戦2型 :20機生産
97式司偵1型: 8機生産

熱田3型:30基生産
ハ42-1型:10基生産

5式40mm高射機関砲:148門生産

トラック車台:125台生産


潜水艦 バットフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 パーミット 爆雷により沈没
潜水艦 ピート 爆雷により沈没
潜水艦 グレイリング 爆雷により沈没
潜水艦 ポラック 爆雷により沈没
潜水艦 レイトン 爆雷により沈没
潜水艦 トラウト 爆雷により沈没
潜水艦 グレイバック 爆雷により沈没
潜水艦 サンフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 タニー 爆雷により沈没


  第19次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 6機
損害:
陣地7低下
兵員3 火砲3

  第20次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 128機
撃墜 爆撃機 10機
行方不明 爆撃機 16機
損害:
飛行場35低下
戦闘機6 偵察機2

1943年12月第4ターン
タンカー「戦標タンカー」開発中止

流星艦爆:20機生産
零式水偵: 3機生産
3式戦2型:30機生産

熱田3型:30基生産
ハ42-1型:10基生産

5式40mm高射機関砲:148門生産

トラック車台:125台生産



  第20次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地4低下
兵員4 火砲3

  第111次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 71機 爆撃機 62機
撃墜 戦闘機 22機 爆撃機 20機
損害:
陣地60低下
火砲1

  第21次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 107機
撃墜 爆撃機 8機
行方不明 爆撃機 13機
損害:
飛行場27低下
戦闘機5 偵察機1

  第6次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 100機
撃墜 爆撃機 24機
損害:
陣地70低下

1943年12月第5ターン
雷電21型:50機生産
流星艦爆: 5機生産
3式戦2型:60機生産

熱田3型 :70基生産
火星25型: 5基生産
光 : 2基生産

日本軍ブルドーザー:259台生産

ブルドーザー車台:82台生産
トラック車台 : 2台生産


綿陽を攻略します。爆撃で陣地を削る。
  第2次綿陽爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 125機
撃墜 爆撃機 6機
戦果:
陣地750低下
兵員4
  第3次綿陽爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 285機
撃墜 爆撃機 3機
戦果:
陣地1240低下
兵員3 火砲1 後方30
曇りだったので、今一つ陣地を削れませんでした。まあこれでもたぶん勝てるだろう。
いつもどおり空挺作戦です。戦線が進むと使用する飛行場も引っ越さないといけません。
_16-8-13_17-30-48_No-24.jpg
白兵火力を期待して空挺分隊も贅沢に300分隊投入。
_16-8-13_17-32-6_No-25.jpg
陣地レベル5。迎撃数は約1500でした。総攻撃さえ成功すれば十分勝てます。
_16-8-13_17-32-43_No-26.jpg
総攻撃により敵の損害18%。士気ダメージ2。
あと1ラウンドは通常攻撃で士気ダメージ1。
_16-8-13_17-33-7_No-27.jpg
ようやくこれでこの方面の戦いは終わりです。しんどい戦いだった・・・
敵出現根拠地占領、1つ目。
  第1次綿陽攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 99機 空挺分隊300
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員1015 火砲1576 車両1409 後方 7438
  日本軍損害 兵員 108 火砲 222 車両 137 後方 330
  連合軍参加兵力 兵員 954 火砲 540 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 954 火砲 540 車両 0 後方 0
    綿陽占領(第11軍)


  第112次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 75機 爆撃機 65機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 21機
損害:
陣地160低下
火砲1

  第1次六盤水防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 64機
撃墜 爆撃機 7機
損害:
陣地17低下
兵員4 火砲5 後方1

  第20次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地16低下
兵員4 火砲3

  第22次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 87機
撃墜 爆撃機 8機
行方不明 爆撃機 10機
損害:
飛行場22低下
戦闘機4 偵察機1

1943年12月第6ターン
  第1次日中和平交渉

雷電21型 :40機生産
零式水偵 : 1機生産
3式戦2型 :40機生産
97式司偵1型: 4機生産

熱田3型:30基生産
ユモ211 :10基生産

5式40mm高射機関砲:53門生産

トラック車台:36台生産

中国から和平交渉が来ます。ちゃんと交渉した上で決裂。

工場増築で鉄在庫がごっそり減ります。
_16-8-13_17-41-19_No-28.jpg
陸戦兵器生産力をがんばって強化する。これがあれば負けない。

  第113次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 64機 爆撃機 55機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 18機
損害:
陣地130低下

  第27次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地11低下
火砲7

  第28次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地15低下
火砲9

  第23次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 10機
行方不明 爆撃機 8機
損害:
飛行場14低下
戦闘機2 偵察機1

1943年12月第7ターン
  第2次日中和平交渉

戦闘機「キ96戦」試作完成

流星艦爆 :35機生産
零式水偵 : 1機生産
Fw190A戦(日):50機生産

熱田3型:30基生産
ハ42-1型:10基生産

日本軍トラック :300台生産
99式88mm高射砲 : 4門生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

トラック車台:36台生産

また中国から交渉。これ綿陽だけでも2回発生するんだ。
これも決裂。利権が欲しい日本である。


潜水艦 ハドック 爆雷により沈没
潜水艦 カバラ 爆雷により沈没
潜水艦 パドル 爆雷により沈没
潜水艦 フラウンダー 爆雷により沈没
潜水艦 アーチャーフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 スレッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 スヌーク 爆雷により沈没
潜水艦 ソーリ 爆雷により沈没
潜水艦 フライングフィッシュ 爆雷により沈没


潜水艦 スナッパー 爆雷により沈没
潜水艦 レッドフィン 爆雷により沈没
潜水艦 ロバロ 爆雷により沈没
潜水艦 アスプロ 爆雷により沈没
潜水艦 スキャンプ 爆雷により沈没
潜水艦 ブレニイ 爆雷により沈没
潜水艦 シャーク 爆雷により沈没
潜水艦 ハッド 爆雷により沈没


  第29次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 6機
損害:
陣地10低下
火砲7

  第2次レガスピ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 209機 偵察機 65機
撃墜 戦闘機 0機 偵察機 0機
戦果:
兵員10 火砲7 車両7 後方6

  第24次バリクパパン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 52機
撃墜 爆撃機 8機
行方不明 爆撃機 5機
損害:
飛行場9低下
戦闘機1 偵察機1

1943年12月第8ターン
戦闘機「キ96戦」開発中止
爆撃機「銀河(特)」開発完了

銀河(特) :10機生産
零式水偵 : 5機生産
キ105輸送機 :20機生産
97式司偵1型: 6機生産

誉1型:40基生産
光 : 2基生産

25mm連装機銃:74門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台:36台生産



  第21次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地18低下
兵員5 火砲5

  第114次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 71機 爆撃機 62機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 20機
損害:
陣地70低下
火砲1

1943年12月第9ターン
陸戦兵器「98式軽戦車改」試作完成

雷電21型 :50機生産
流星艦爆 : 5機生産
零式水偵 : 1機生産
3式戦2型 :60機生産
97式司偵1型: 2機生産

熱田3型:30基生産
ハ42-1型:10基生産

25mm連装機銃:74門生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:24台生産



  第1次レイテ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 115機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
陣地1070低下
兵員5

  第2次レイテ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 184機
撃墜 爆撃機 4機
戦果:
陣地930低下
兵員9 火砲3 後方1

  第21次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地13低下
兵員9 火砲2

1943年12月第10ターン
銀河(特) :10機生産
Ju87E艦攻(日):20機生産
零式水偵 : 1機生産
Fw190A戦(日) :70機生産

熱田3型:70基生産
火星2型: 5基生産
光 : 2基生産

5式中戦車 :24両生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

チリ車台:24台生産



  第30次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 64機
撃墜 爆撃機 6機
損害:
陣地12低下
火砲9

  第115次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 74機 爆撃機 65機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 21機
損害:
陣地150低下

フィリピンのレイテを占領します。
_16-8-13_20-16-32_No-29.jpg
もうダバオを占領してるため、長距離移動ロジックの航空機しか補給できない状態です。
哨戒される以外は特に害はないですが、フィリピンで親日政権樹立するにはここも占領しないといけません。
_16-8-13_20-18-14_No-30.jpg
味方制空権内なので、ゆうゆうと空母艦載機で爆撃できます。
_16-8-13_20-18-37_No-31.jpg
短距離限定ですが、かなり強い艦載型スツーカ。
  第3次レイテ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 294機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
兵員146 火砲96 車両24 後方28

  第4次レイテ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 259機 爆撃機 121機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 1機
戦果:
兵員42 火砲3 車両44 後方1

  第5次レイテ爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 64機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 0機
戦果:
兵員6 車両4
偵察機12

  第1次レイテ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 100 火砲 0 車両 0 後方 5
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    レイテ占領
上陸部隊も用意したけど、結局爆撃だけで敵守備隊が全滅してしまった。天候は晴れだったし。


1944年1月第1ターン
潜水艦「高速小型潜」基本設計完了

軍馬 :434動員
日本軍歩兵分隊:171動員
日本軍整備分隊: 56動員
日本軍空挺分隊: 28動員

銀河11型 :30機生産
3式戦2型 :90機生産
97式司偵1型: 2機生産

誉1型:165基生産
光 : 4基生産

5式中戦車 : 24両生産
25mm連装機銃:230門生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:88台生産

重油の総量↓
_16-8-13_20-36-29_No-32.jpg
約82万トンでした。41年キャンペーンの初期備蓄の2倍弱くらいかな。
他の物資は。
軽油は約40万トン。かなり余裕あり。
弾薬は約71000トン。不足気味。
アルミ3290トン。大型機の量産は辛い。

科学兵器開発の様子↓
_16-8-13_20-38-2_No-33.jpg
今回は油田捜索縛りでプレイしてるので、やや遅め。

本土の根拠地総覧↓
_16-8-13_20-39-6_No-34.jpg
陸戦兵器工場が最大値に近いです。今回は敵が強いのでこのくらいやってもちょうど良いです。

もう44年です。そろそろ攻めて行かないと時間切れになりそうです。


  第22次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 6機
損害:
陣地10低下
兵員3 火砲4

  第116次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 63機 爆撃機 54機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 18機
損害:
陣地90低下

1944年1月第2ターン
戦闘機「天雷」開発中止
戦闘機「天雷改夜戦」試作のみ

潜水艦「高速小型潜」開発中止

天山艦攻12型:30機生産
流星艦爆 : 5機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦2型 :40機生産
97式司偵1型 : 4機生産

火星25型:130基生産
光 : 4基生産

5式中戦車 :88両生産
92式10p加農砲:16門生産

W型車台 :74台生産
6t牽引車車台: 1台生産
トラック車台 : 1台生産

UボートがHs293をくれる。ただ、これを使えるのグライフだけにしてるので・・・



潜水艦 グラニオン 爆雷により沈没
潜水艦 ボーアフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 プランジャー 爆雷により沈没
潜水艦 チャー 爆雷により沈没
潜水艦 ツナ 爆雷により沈没
潜水艦 エスカラー 爆雷により沈没
潜水艦 コービナ 爆雷により沈没
潜水艦 ホー 爆雷により沈没
潜水艦 バイヤ 爆雷により沈没
潜水艦 トライトン 爆雷により沈没


  第31次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地13低下
火砲7

1944年1月第3ターン
天山艦攻12型:30機生産
流星艦爆 : 5機生産
零式水偵 : 3機生産
キ105輸送機 :22機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉1型:85基生産

灰色熊突撃砲: 74両生産
日本軍トラック :500台生産
機動90式野砲: 34門生産

W型車台 :74台生産
トラック車台 : 1台生産
6t牽引車車台: 1台生産



  第23次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 5機
損害:
陣地5低下
兵員3 火砲3

  第117次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 58機 爆撃機 48機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 17機
損害:
陣地40低下

  第22次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地6低下
兵員6

1944年1月第4ターン
駆逐艦「橘」基本設計完了

天山艦攻12型:40機生産
3式戦2型 :40機生産
97式司偵1型 : 6機生産

火星25型:130基生産
火星2型 : 5基生産

灰色熊突撃砲 :74両生産
4式75mm高射砲:64門生産
日本軍トラック : 4台生産

チリ車台:88台生産



  第32次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地8低下
火砲6

1944年1月第5ターン
発動機「誉2型」完成度100%で実用化

天山艦攻12型:30機生産
銀河11型 :10機生産
流星艦爆 :20機生産
零式水偵 : 3機生産
4式重爆1型 :45機生産

火星25型:250基生産
熱田3型 : 10基生産
ユモ211 : 10基生産

5式中戦車 :88両生産
25mm連装機銃:38門生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:88台生産

Uボートがボルトをくれる。
これは爆雷攻撃を受けた時、被弾率が下がります。要は潜水艦がやられにくくなります。


潜水艦 サーフ 爆雷により沈没
潜水艦 ソードフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 チグリス 爆雷により沈没
潜水艦 ストイック 爆雷により沈没
潜水艦 シー・シンフ 爆雷により沈没
潜水艦 シードッグ 爆雷により沈没
潜水艦 スプレンディド 爆雷により沈没
潜水艦 サラセン 爆雷により沈没
潜水艦 タークー 爆雷により沈没
潜水艦 テレマカス 爆雷により沈没


  第118次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 16機
損害:
陣地80低下

  第1次ミンドロ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 48 火砲 0 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    ミンドロ占領

  第1次レガスピ攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 48 火砲 0 車両 0 後方 1
  日本軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
  連合軍損害 兵員 0 火砲 0 車両 0 後方 0
    レガスピ占領

1944年1月第6ターン
銀河11型 :20機生産
零式水偵 : 2機生産
3式戦2型 :60機生産
97式司偵1型: 4機生産

誉2型 :170基生産
火星25型: 5基生産

5式中戦車 :88両生産
99式88mm高射砲 :12門生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

チリ車台:63台生産
トラック車台: 1台生産



  第23次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地10低下
兵員6 火砲5

  第24次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地13低下
兵員1 火砲6

1944年1月第7ターン
銀河11型 :20機生産
零式水偵 : 2機生産
3式戦2型 :60機生産
97式司偵1型: 4機生産

誉2型 :170基生産
火星25型: 5基生産

5式中戦車 : 63両生産
25mm連装機銃:113門生産

チリ車台:63台生産
トラック車台: 1台生産

次はビルマで行動を起こします。いつまでも睨み合いでは勝てません。
とりあえずラングーンを占領する。ここ占領すると海から艦砲射撃を受けるので、色々と準備した方がいいです。
_16-8-21_18-1-13_No-35.jpg
流星艦爆で陣地を削る。地上で使っても高性能な流星。
  第1次ラングーン爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 47機 爆撃機 216機
撃墜 戦闘機 1機 爆撃機 8機
連合迎撃総数 戦闘機 25機
撃墜 戦闘機 17機
戦果:
陣地1215低下
兵員1 後方5

  第119次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 55機 爆撃機 45機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 16機
損害:
陣地40低下

  第33次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 64機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地13低下
火砲10

1944年1月第8ターン
爆撃機「2式大艇23型」開発完了

陸戦兵器「98式軽戦車改」開発完了

銀河11型 :20機生産
零式水偵 : 2機生産
100式輸送機2型:35機生産

誉2型 :170基生産
瑞星1型: 6基生産

5式中戦車 :63両生産
99式88mm高射砲:36門生産
25mm連装機銃 : 5門生産

チリ車台:63台生産
トラック車台: 1台生産



  第2次ラングーン爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 38機 爆撃機 208機
撃墜 戦闘機 1機 爆撃機 6機
連合迎撃総数 戦闘機 9機
撃墜 戦闘機 9機
戦果:
陣地645低下
兵員2 後方1

  第1次西安爆撃戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 105機 爆撃機 116機
撃墜 戦闘機 0機 爆撃機 6機
連合迎撃総数 戦闘機 47機
撃墜 戦闘機 29機
戦果:
陣地680低下
火砲3

中国の西寧方面で前進します。西安の製鉄所を狙います。
_16-8-21_18-15-53_No-36.jpg
いつもどおりの空挺作戦・・・と思ったら、少し航続距離が足りないことが判明。
ここで延期は時間が勿体ないので、普通に陸戦を仕掛けることに。
なんか、時間>兵力消耗、な判断をしてしまうところがハードボイルドです・・・
_16-8-21_18-18-44_No-37.jpg
それいけ、お前らなら勝てる。
_16-8-21_18-19-26_No-38.jpg
総攻撃が成功し、士気ダメージ3。ああ、空挺効果があったらこれで勝てたのに・・・
_16-8-21_18-20-12_No-39.jpg
うむ、勝てた。力こそパワーだ。
  第1次蒲州攻略戦
  日本軍参加兵力 兵員 577 火砲1608 車両1488 後方 6452
  日本軍損害 兵員 68 火砲 263 車両 122 後方 204
  連合軍参加兵力 兵員2520 火砲 879 車両 435 後方 7218
  連合軍損害 兵員 494 火砲 172 車両 295 後方 970
    蒲州占領(第12軍)


ラングーンを攻略します。こっちはちゃんと空挺作戦。精油所もゲットするぜ。
_16-8-21_19-8-35_No-40.jpg
ガチな兵器は中国戦線に回してるため、歩兵と火砲で押し切ります。
_16-8-21_19-10-11_No-41.jpg
敵の支援火砲が強力です。こういうところが中国軍とは違う。
_16-8-21_19-10-50_No-42.jpg
総攻撃が成功。士気ダメージ2を与える。
_16-8-21_19-11-17_No-43.jpg
敵の火力を引き受けた歩兵の損害が多めですが、このくらいなら1か月で補充できます。実に非人道的である。
  第1次ラングーン攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 30機 輸送機 50機 空挺分隊 50
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 6機
  日本軍参加兵力 兵員 750 火砲 741 車両 0 後方 400
  日本軍損害 兵員 102 火砲 88 車両 0 後方 9
  連合軍参加兵力 兵員 337 火砲 274 車両 236 後方 0
  連合軍損害 兵員 337 火砲 274 車両 236 後方 0
    ラングーン占領


で、さっそくラングーンに敷設艦を含む艦隊を移動させる。
すぐに敵艦隊が来ないことを祈りつつ、急いで機雷敷設だ。
_16-8-21_19-11-47_No-44.jpg

  第25次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地9低下
兵員1 火砲5

1944年1月第9ターン
流星艦爆 :50機生産
零式水偵 : 1機生産
He111H重爆(日):30機生産
キ105輸送機 : 6機生産

誉2型:170基生産
光 : 6基生産

96式15p榴弾砲:126門生産

6t牽引車車台:63台生産
トラック車台 : 1台生産



  第34次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地13低下
火砲8

  第120次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 59機 爆撃機 48機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 16機
損害:
陣地50低下

1944年1月第10ターン
科学技術「小口径タ弾」開発完了

流星艦爆 :50機生産
零式水偵 : 1機生産
Fw190A戦(日):70機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉2型:170基生産
ユモ211: 5基生産

4式75mm高射砲:126門生産

6t牽引車車台:63台生産
トラック車台 : 1台生産



  第35次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地9低下
火砲7

  第26次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地15低下
兵員2 火砲6



というわけで、43年11月第1ターンから30ターンでした。
タラワで少し危うい状況になりましたが、乗り切りました。あれこれ準備してるので、多少の失敗や事故には耐えられます。
44年まで来ました。順調ですが、ややペースが遅いですね。強化した敵がどの程度強いのか、やってみないと分からないので慎重にプレイしてます。
posted by うらマッハ at 21:36| Comment(0) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: