2017年05月10日

10_40年改造シナリオ 大和vs3年計画 油田付き 1944年2月第1ターンから

PCゲーム太平洋戦記3の記事です。大和計画含む。

ここのゲーム↓
http://general-support.co.jp/

パワーアップキット「大和計画」の39年シナリオを少し?改造したものです。割と高難易度。

プレイ縛り
基本的にはリロードによる吟味はなし。操作ミスした時のオートセーブへのコンティニューは可。
和平交渉時の条件吟味リロードは可。
1ターンに一度だけ、外交フェイズ開始時→直前潜水艦任務フェイズへのリロード可。悪天候回避用。

科学技術開発重点は、オハ油田発見まで油田捜索固定。

陸戦を仕掛ける時(上陸戦含む)、火砲の参加数は兵員+前衛車両と同数まで。上陸戦時、水陸両用車は2倍扱い。
4式重爆シリーズで対艦攻撃禁止。
同一艦隊に対して、1ターンあたり爆撃は5コマンドまで。しつこい五月雨爆撃ができません。

敵出現根拠地への飛び石攻略禁止。関連する根拠地を全て占領してから。
インドへの進攻は、フィリピン・インドネシア・マレー・ビルマの親日政権樹立まで禁止。したがって資源地帯で親日政権樹立しないといけない。
デリー占領は他の英出現根拠地占領まで禁止。
ニューカレドニア・フィジー・サモア占領は、濠州根拠地占領まで禁止。

その他設定変更など↓
http://uramachblog.sblo.jp/article/176212785.html

1944年2月第1ターンから1944年4月第10ターンまで。
これまでの米正規空母撃沈数28。今回戦果なし。
西安、延安攻略戦。
米上陸部隊奇襲、九十九里防衛戦。
プローム、アキャブ攻略戦。
アキャブ防衛戦。


1944年2月第1ターン
軍馬 :434動員
日本軍歩兵分隊:171動員
日本軍整備分隊: 56動員
日本軍空挺分隊: 28動員

2式大艇23型 :13機生産
100式輸送機2型:30機生産
97式司偵1型 : 8機生産

誉2型:85基生産
光 : 2基生産

5式中戦車 : 63両生産
25mm連装機銃:113門生産

豹型車台:66台生産
チリ車台: 1台生産
トラック車台: 1台生産


「太平洋」戦記だけど、大陸で陸戦に明け暮れています。

西安を攻略します。
_16-8-21_19-56-33_No-01.jpg
エディタで製鉄所の生産力を400→200にしていますが、重要な根拠地には違いありません。場合によっては鉄鉱石2倍操業できますし。
_16-8-21_19-58-58_No-02.jpg
いつもどおり押す日本軍と抵抗する中国軍。
2ラウンドの殴り合いの結果勝利。
_16-8-21_20-0-8_No-03.jpg
西安占領だぜ。

  第1次西安攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 44機 輸送機 60機 空挺分隊200
撃墜 戦闘機 0機 輸送機 0機
連合迎撃総数 戦闘機 20機
撃墜 戦闘機 11機
  日本軍参加兵力 兵員 709 火砲1730 車両1418 後方 6433
  日本軍損害 兵員 73 火砲 312 車両 111 後方 203
  連合軍参加兵力 兵員2487 火砲1020 車両 421 後方 7218
  連合軍損害 兵員 496 火砲 217 車両 237 後方 920
    西安占領(第12軍)


  第121次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 52機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 16機
損害:
陣地40低下

1944年2月第2ターン
駆逐艦「橘」開発終了

銀河11型 :10機生産
零式水偵 : 1機生産
100式重爆2型:20機生産
キ105輸送機 : 2機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉2型 :40基生産
金星4型: 5基生産

5式中戦車 : 1両生産
豹甲型戦車 :66両生産
99式88mm高射砲:38門生産
日本軍トラック : 2台生産

チリ車台:89台生産
トラック車台: 1台生産



  第24次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地5低下
兵員6

1944年2月第3ターン
戦闘機「烈風1型艦戦」試作完成

銀河11型 :10機生産
零式水偵 : 1機生産
3式戦2型 :40機生産
97式司偵1型: 6機生産

誉2型 :40基生産
瑞星1型: 6基生産

25mm連装機銃:302門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :133台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

西安の次の根拠地、延安に侵攻。西安の治安度を回復させるため、ここも占領します。
_16-8-21_21-9-13_No-04.jpg
エディタ追加の軽車両が敵にいます。迫撃砲では歯が立ちませんが、こちらに戦車がいればむしろ有利になります。
_16-8-21_21-9-49_No-05.jpg
こちらは新型の5式中戦車がデビュー。数が少ないので活躍したのか見た目で判らないけど。
_16-8-21_21-10-22_No-06.jpg
うむ、勝利である。敵の抵抗と険しい地形で損害が累積してくるので、補充しながら進まないといけません。
まあこの戦線は、ここで止めておきます。この先、資源は期待できませんし。
一応、エディタで鉄鉱石を追加してるので、早期に占領して鉄道敷設すると収入になるかもしれません。西寧は2倍操業できるよ。
  第1次延安攻略戦
日本軍空挺隊 輸送機 70機 空挺分隊160
撃墜 輸送機 0機
  日本軍参加兵力 兵員 813 火砲1721 車両1443 後方 5514
  日本軍損害 兵員 88 火砲 300 車両 104 後方 200
  連合軍参加兵力 兵員2192 火砲 758 車両 414 後方 6221
  連合軍損害 兵員 549 火砲 194 車両 253 後方 980
    延安占領(第12軍)


潜水艦 トライアド 爆雷により沈没
潜水艦 サーダー 爆雷により沈没
潜水艦 ターポン 爆雷により沈没
潜水艦 ストーム 爆雷により沈没
潜水艦 トーラス 爆雷により沈没
潜水艦 タイヤレス 爆雷により沈没
潜水艦 スパイトフル 爆雷により沈没
潜水艦 トライデント 爆雷により沈没
潜水艦 トルーアント 爆雷により沈没
潜水艦 スターリット 爆雷により沈没


  第25次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地7低下
兵員7

1944年2月第4ターン
科学技術「イ号誘導弾1型甲」開発完了

戦闘機「烈風1型艦戦」開発中止

銀河11型 :10機生産
零式水偵 : 1機生産
He111H重爆(日):10機生産
Ju87D軽爆(日) :10機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉2型 :40基生産
火星25型: 5基生産

機動90式野砲:189門生産

トラック車台 :133台生産
6t牽引車車台: 1台生産


  第27次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地9低下
兵員1 火砲5

  第36次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 65機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地5低下
火砲4

1944年2月第5ターン
銀河11型 :20機生産
晴空 : 1機生産
100式重爆2型:20機生産
キ105輸送機 : 4機生産

誉2型 :85基生産
火星25型: 5基生産

4式75mm高射砲:126門生産

6t牽引車車台:89台生産
トラック車台 : 1台生産


  第26次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地53低下
兵員5 火砲2

  第122次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 73機 爆撃機 66機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 21機
損害:
陣地60低下
火砲1

1944年2月第6ターン
陸戦兵器「5式150mm高射砲」試作完成

銀河11型 :20機生産
Ju87E艦攻(日):15機生産
晴空 : 1機生産
4式重爆1型 :30機生産
97式司偵1型 : 4機生産

誉2型:130基生産
光 : 4基生産

5式中戦車 :89両生産
25mm連装機銃:35門生産

ブルドーザー車台:89台生産
トラック車台 : 1台生産


  第123次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 60機 爆撃機 55機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 18機
損害:
陣地40低下

  第1次昆明防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地20低下
兵員1 火砲3

今度はビルマ戦線で前進。
_16-8-21_21-56-41_No-07.jpg
プロームに侵攻。ここの英軍部隊の定数は20個大隊、エディタで増やしてます。
_16-8-21_21-58-37_No-08.jpg
兵力差で敵が逃げてくれると良かったのですが、地形と陣地効果を利用して敵は抵抗するようです。
_16-8-21_21-58-37_No-08.jpg
中国戦線から戦車を移動させてますが、到着前に攻めることになりました。
日本軍歩兵をエディタで強化してますから、少しは有利に戦えるはずですが。まあ耐久力と白兵が少し高いだけなので地味な効果かも。別に日本兵が全員ニンジャ(?)ではないのだ。
_16-8-21_21-59-14_No-09.jpg
1ラウンド目、総攻撃が成功し敵の損害率19%。防御効果が高くても数で押すと勝てますね。
_16-8-21_21-59-43_No-10.jpg
損害数は同じくらいですが、損害比率でこちらの勝ち。戦いは数なのだアニキ。
  第1次プローム攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 100機 輸送機 116機 空挺分隊100
撃墜 戦闘機 1機 輸送機 2機
  日本軍参加兵力 兵員1823 火砲1793 車両 0 後方 800
  日本軍損害 兵員 225 火砲 195 車両 0 後方 22
  連合軍参加兵力 兵員 723 火砲 662 車両 428 後方 883
  連合軍損害 兵員 152 火砲 118 車両 164 後方 0
    プローム占領


と、ラングーン沖に英艦隊が現れる。もう機雷敷設済みなので、危険を冒してまで艦砲射撃はしてきません。
艦載機は飛んでくる。
_16-8-21_22-4-6_No-11.jpg
  第1次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 109機
撃墜 戦闘機 0機
損害:
兵員7 火砲4 後方15
高価な火砲を撃破されると少し痛いです。
_16-8-21_22-5-45_No-12.jpg
  第1次ラングーン防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 74機
撃墜 爆撃機 23機
損害:
兵員1 火砲16 後方1

お返しに基地航空隊で爆撃。
_16-8-21_22-6-27_No-13.jpg
米艦隊に比べると対空砲火が薄いです。
_16-8-21_22-6-46_No-14.jpg
空母2隻撃沈、1隻大破。とにかく空母は真っ先に沈められますね。
  第1次ラングーン沖空海戦
日本軍攻撃隊 戦闘機 183機 爆撃機 190機
撃墜 戦闘機 15機 爆撃機 22機
装甲空母 インプラカブル 爆撃により沈没
空母 アークロイヤル 爆撃により沈没


英艦隊も隻数強化したら良かったんですが、ちゃんと動くか自信なかったので手を付けませんでした。たぶん、建造予定艦を追加すれば大丈夫と思うのですが。


1944年2月第7ターン
流星艦爆 :65機生産
3式戦2型 :80機生産
97式司偵1型: 4機生産

誉2型:130基生産
光 : 4基生産

5式40mm高射機関砲:216門生産

チリ車台:89台生産
トラック車台: 1台生産


  第124次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 51機 爆撃機 45機
撃墜 戦闘機 18機 爆撃機 16機
損害:
陣地30低下

  第27次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 69機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地5低下
兵員6 火砲1

1944年2月第8ターン
蒼空 :10機生産
晴空 : 1機生産
4式重爆1型:40機生産

誉2型:130基生産
光 : 6基生産

5式中戦車 :89両生産
99式88mm高射砲 :10門生産
日本軍ブルドーザー: 6台生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :133台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第37次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地23低下
火砲2

  第2次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地3低下
兵員7 火砲2

  第7次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 220機
撃墜 爆撃機 50機
損害:
陣地115低下

本土、ある晴れた日のこと。
_16-8-21_22-31-13_No-15.jpg
敵艦隊が索敵範囲に現れる。
_16-8-21_22-31-23_No-16.jpg
九十九里に突っ込んで来て、こっちは指揮パニック。奇襲されるとはウカツ!
これは上陸艦隊です、普通のLSTを含む艦隊ですが索敵圏外から奇襲は可能。1218km移動できますからね。
_16-8-21_22-32-9_No-17.jpg
ここには上陸抑止力狙いで連装機銃を多数配備してますが、実際の陸戦を考慮してなかったので、陣地が無く弾薬も1戦ギリギリ分です。
死守すれば落とされない兵力はいます。覚悟を決めて陸戦だ。
_16-8-21_22-32-35_No-18.jpg
敵は輸送船18隻セットのようで、ユニット数2000越えです。本土上陸作戦では最大規模だと思う。
_16-8-21_22-33-6_No-19.jpg
逆襲すると弾薬切れになりそうなので、最初から死守。
_16-8-21_22-33-33_No-20.jpg
双方、血まみれに。防衛には成功。
米地上部隊は対部隊火力が高いからか、陣地無しで戦うとかなりの損害を受けますね。1戦で835ユニットもやられました。
ちなみに米上陸部隊の編制は変更してません、やったら積載量の関係でバグる危険大なので。というかやり方も分かりませんでした。
  第1次九十九里防衛戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1733 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 835 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員1080 火砲 720 車両 252 後方 792
  連合軍損害 兵員 409 火砲 246 車両 64 後方 80


  第2次横須賀防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 46機 爆撃機 2機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 1機
日本迎撃総数 戦闘機 60機
撃墜 戦闘機 0機

再度上陸戦をさせないよう、爆撃で輸送船を沈めておく。
やっぱ米艦隊は対空砲火が強力です。

  第1次九十九里沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 16機
大型輸送艦 LST24号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST26号 爆撃により沈没
護衛空母 サンティー 爆撃により沈没
護衛空母 シェナンゴ 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST23号 爆撃により沈没
輸送船 連商船31号 爆撃により沈没

  第2次九十九里沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 17機
大型輸送艦 LST2号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST27号 爆撃により沈没
輸送船 連商船25号 爆撃により沈没
輸送船 連商船29号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST9号 爆撃により沈没
輸送船 連商船19号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST4号 爆撃により沈没

  第3次九十九里沖空海戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 67機
撃墜 爆撃機 19機
大型輸送艦 LST17号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST25号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST10号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST22号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST20号 爆撃により沈没
大型輸送艦 LST8号 爆撃により沈没
輸送船 連商船22号 爆撃により沈没

1944年2月第9ターン
Ju87E艦攻(日): 90機生産
Fw190A戦(日) :110機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉2型:175基生産
ユモ211: 5基生産

25mm連装機銃:302門生産
日本軍トラック : 2台生産

トラック車台 :133台生産
ブルドーザー車台: 1台生産

米上陸艦隊が再戦してきた。あれ?、兵力差で諦めると思ったけど、護衛空母を沈めたから事前偵察ができず、前ターンの状況だけ参照して攻めてきたのか。
_16-8-21_22-46-41_No-21.jpg
サクッと返り討ちにする。無駄な戦闘をしてしまった。
  第2次九十九里防衛戦
  日本軍参加兵力 兵員 0 火砲1848 車両 0 後方 0
  日本軍損害 兵員 0 火砲 75 車両 0 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員 485 火砲 344 車両 52 後方 431
  連合軍損害 兵員 195 火砲 107 車両 12 後方 22
駆逐艦 モーリー 触雷により沈没
駆逐艦 メイラント 触雷により沈没


  第2次昆明防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地114低下
兵員1 火砲6

  第28次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 60機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地10低下
兵員2 火砲5

1944年2月第10ターン
Ju88A軽爆(日):50機生産
流星艦爆 :10機生産
キ105輸送機 :50機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉2型 :175基生産
瑞星1型: 6基生産

99式88mm高射砲 :100門生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

6t牽引車車台:89台生産
トラック車台 : 1台生産


  第3次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地14低下
兵員10 火砲4

  第125次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 56機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 16機
損害:
陣地40低下

1944年3月第1ターン
軍馬 :434動員
日本軍歩兵分隊:115動員
日本軍整備分隊: 56動員
日本軍工兵分隊: 56動員
日本軍空挺分隊: 28動員

Ju88A軽爆(日):50機生産
零式水偵 : 7機生産
3式戦2型 :60機生産
97式司偵1型 : 6機生産

熱田3型 :150基生産
火星25型: 5基生産

25mm連装機銃:302門生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:89台生産
トラック車台 : 1台生産

地方根拠地、工場の様子↓
_16-8-25_19-2-42_No-22.jpg
すっかり製鉄所は外地に依存してます。
戦争終わったら中国が製鉄大国になりそう。満州は貰えますが、他はたぶん返還しないと米国は講和してくれないはず。

  第3次昆明防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地129低下
兵員2 火砲2

  第29次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 62機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地9低下
兵員1 火砲5

1944年3月第2ターン
Ju88A軽爆(日):20機生産
Ju87E艦攻(日):10機生産
零式水偵 : 2機生産
3式戦2型 :30機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉2型:85基生産
光 : 2基生産

92式10p加農砲:126門生産

チリ車台:89台生産
トラック車台: 1台生産


  第126次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 59機 爆撃機 48機
撃墜 戦闘機 20機 爆撃機 16機
損害:
陣地80低下

  第1次香港爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 282機
撃墜 爆撃機 3機
戦果:
陣地394低下
兵員111 火砲74 車両4 後方95

1944年3月第3ターン
  フィリピン共和国政府樹立

偵察機「彩雲艦偵」試作完成

Ju88A軽爆(日):20機生産
流星艦爆 :10機生産
零式水偵 : 1機生産
100式重爆2型 :15機生産
97式司偵1型 : 2機生産

誉2型 :85基生産
金星4型: 5基生産

5式中戦車 :89両生産
25mm連装機銃:35門生産

チリ車台:89台生産
トラック車台: 1台生産


潜水艦 ブルーギル 爆雷により沈没
潜水艦 バーフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ボーンフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ヘイク 爆雷により沈没
潜水艦 ラッシャー 爆雷により沈没
潜水艦 マスケランジ 爆雷により沈没
潜水艦 モーレイ 爆雷により沈没


  第2次香港爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 280機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
陣地171低下
兵員56 火砲26 車両2 後方39

  第38次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 9機
損害:
陣地5低下
火砲5

  第2次六盤水防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地86低下
火砲3

1944年3月第4ターン
2式大艇23型:10機生産
零式水偵 : 1機生産
4式重爆1型 :15機生産
97式司偵1型: 2機生産

誉2型 :85基生産
金星4型: 5基生産

5式中戦車 :89両生産
25mm連装機銃:35門生産

6t牽引車車台:89台生産
トラック車台 : 1台生産


  第3次香港爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 276機
撃墜 爆撃機 2機
戦果:
陣地323低下
兵員124 火砲58 車両10 後方56

  第127次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 57機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 19機 爆撃機 16機
損害:
陣地30低下

  第28次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地92低下
兵員1 火砲1

  第1次アキャブ爆撃戦
日本軍攻撃隊 爆撃機 45機
撃墜 爆撃機 14機
連合迎撃総数 戦闘機 54機
撃墜 戦闘機 4機
戦果:
飛行場20低下
戦闘機1 爆撃機4

  第29次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 8機
損害:
陣地4低下
兵員3

ビルマ戦線。アキャブに攻め込みます。
_16-8-25_19-55-34_No-23.jpg
英軍は陣地をしっかり5レベルまで構築するため、ゆっくり攻めると毎回苦労します。まあ、このシナリオでは英根拠地の陣地初期値も大きいので、電撃的に攻めてもそれなりに防御効果はあります。
_16-8-25_19-57-43_No-24.jpg
結局、新型戦車は対ソ戦に回すことにしたため、旧式戦車しか増援されませんでした。
_16-8-25_19-58-35_No-25.jpg
第一ラウンド、士気ダメージ2を与える、もう少しで3だった。
まだ敵の戦車が弱いため、損害を与えやすいのかな。そのうち強敵センチュリオン戦車が登場するよ。
_16-8-25_19-59-18_No-26.jpg
相変わらず歩兵の犠牲に頼った戦いですが、とりあえず勝利。
  第1次アキャブ攻略戦
日本軍空挺隊 戦闘機 42機 輸送機 128機 空挺分隊120
撃墜 戦闘機 3機 輸送機 11機
  日本軍参加兵力 兵員1601 火砲1687 車両 417 後方 850
  日本軍損害 兵員 216 火砲 191 車両 43 後方 24
  連合軍参加兵力 兵員 817 火砲 839 車両 483 後方 907
  連合軍損害 兵員 154 火砲 143 車両 199 後方 8
    アキャブ占領


1944年3月第5ターン
発動機「ハ70型」完成度100%で実用化

銀河11型 :30機生産
Ju87E艦攻(日): 5機生産
零式水偵 : 2機生産
4式重爆1型 :30機生産
97式司偵1型 : 6機生産

火星25型:285基生産

92式10p加農砲:126門生産

6t牽引車車台:89台生産
トラック車台 : 1台生産


  第3次六盤水防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地105低下
兵員1 火砲2

対峙する英軍の増援を確認↓
_16-8-25_20-18-36_No-27.jpg
さっきまで1個軍のところ、2個軍に増えるはずなので、数は倍になると思う。
ここで一旦止めて陣地を構築します。

1944年3月第6ターン
2式陸偵 :20機生産
零式水偵 : 4機生産
キ105輸送機:26機生産

誉1型 :175基生産
瑞星1型: 6基生産

1式機動47mm対戦車砲:252門生産

トラック車台 :133台生産
6t牽引車車台: 1台生産


潜水艦 サーモン 爆雷により沈没
潜水艦 ソーフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 カペリン 爆雷により沈没
潜水艦 ナーワル 爆雷により沈没
潜水艦 シードラゴン 爆雷により沈没
潜水艦 スタージョン 爆雷により沈没
潜水艦 スティングレイ 爆雷により沈没
潜水艦 ポンパノ 爆雷により沈没


  第1次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 61機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地22低下
兵員12 火砲10

1944年3月第7ターン
銀河11型 :10機生産
零式水偵 : 3機生産
100式輸送機2型:25機生産
Ju87D軽爆(日) : 5機生産

誉2型 :175基生産
瑞星1型: 6基生産

4式75mm高射砲:126門生産

6t牽引車車台:89台生産
トラック車台 : 1台生産


  第39次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地113低下
火砲1

ビルマ戦線、なんとチッタゴンにいる英軍が攻めて来ました。
_16-8-25_21-46-38_No-28.jpg
こっちも兵力3000余りいるのに、来るとは・・・
消耗したくありませんが、迎撃するしかない。
_16-8-25_21-47-46_No-29.jpg
兵力数はほぼ同じ。こっちは地形による耐久力修正+10、さらに敵は4級道路で結構落伍します。なので、攻めてくるとは思わなかった。
_16-8-25_21-48-16_No-30.jpg
総攻撃と逆襲。渾身の火力を叩きつけ合います。
こちらは士気ダメージ1、敵は3。ほら見ろ、こっちの方が優勢だ。しかし損害自体は痛い、補充が大変なのに。
_16-8-25_21-49-11_No-31.jpg
敵は4割ほど損害を出して撤退。こちらは17%。
こういう所で兵力を失うと侵攻ペースが鈍ります。
敵はすぐ補充が来ます。むしろ旧式兵器が減った分、新型に更新されるのでより強くなってしまう。
勝ったけど、骨折り損のくたびれ儲けでした。

  第1次アキャブ防衛戦
連合軍空挺隊 輸送機 18機 空挺分隊 54
撃墜 輸送機 8機 空挺分隊 33
  日本軍参加兵力 兵員 763 火砲2057 車両 374 後方 0
  日本軍損害 兵員 182 火砲 289 車両 44 後方 0
  連合軍参加兵力 兵員1221 火砲1125 車両 833 後方 1290
  連合軍損害 兵員 478 火砲 477 車両 298 後方 65


1944年3月第8ターン
科学技術「13号電波探信儀」開発完了

2式陸偵 :20機生産
零式水偵 : 4機生産
4式重爆1型:25機生産

誉2型 :175基生産
瑞星1型: 6基生産

99式88mm高射砲 :100門生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

トラック車台 :133台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第8次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 164機
撃墜 爆撃機 39機
損害:
陣地150低下

  第30次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地75低下

  第2次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 14機
損害:
陣地6低下
兵員4 火砲7

1944年3月第9ターン
科学技術「中口径装弾筒付弾頭」開発完了

天山艦攻12型 :30機生産
100式輸送機2型:35機生産
97式司偵1型 : 6機生産

誉2型 :175基生産
瑞星1型: 6基生産

25mm連装機銃:302門生産
日本軍トラック : 2台生産

6t牽引車車台:89台生産
トラック車台 : 1台生産


  第128次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 82機 爆撃機 64機
撃墜 戦闘機 28機 爆撃機 22機
損害:
陣地50低下
火砲1

1944年3月第10ターン
銀河11型 :10機生産
零式水偵 : 3機生産
4式重爆1型:30機生産
キ105輸送機: 4機生産

誉2型:175基生産
光 : 6基生産

99式88mm高射砲 :100門生産
日本軍ブルドーザー: 3台生産

チリ車台:89台生産
トラック車台: 1台生産


  第9次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 128機
撃墜 爆撃機 29機
損害:
陣地100低下

  第129次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 63機 爆撃機 50機
撃墜 戦闘機 22機 爆撃機 18機
損害:
陣地80低下

  第3次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地6低下
兵員4 火砲4

  第4次六盤水防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地70低下

  第31次マンダレー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地90低下

1944年4月第1ターン
陸戦兵器「5式150mm高射砲」開発完了
陸戦兵器「ホリ車」試作完成

軍馬 :434動員
日本軍歩兵分隊:171動員
日本軍整備分隊: 56動員
日本軍空挺分隊: 28動員

銀河(特) :10機生産
Ju88A軽爆(日) :10機生産
晴空 : 3機生産
100式輸送機2型:35機生産
97式司偵1型 : 4機生産

火星25型:135基生産
光 : 2基生産

5式中戦車 :89両生産
5式40mm高射機関砲:25門生産

トラック車台 :94台生産
ブルドーザー車台: 1台生産


  第4次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 87機
撃墜 戦闘機 31機
損害:
陣地4低下
兵員4

1944年4月第2ターン
発動機「ハ43-1型」完成度100%で実用化

銀河11型 :10機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦2型 :30機生産
97式司偵1型: 4機生産

誉2型 :40基生産
金星4型: 5基生産

日本軍ブルドーザー:200台生産
25mm連装機銃 :142門生産
日本軍トラック : 2台生産

ブルドーザー車台:63台生産
トラック車台 : 1台生産


  第5次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 57機
撃墜 戦闘機 22機

アキャブに英艦隊接近。今度は海から!?
_16-8-25_22-47-51_No-32.jpg
さすがに上陸部隊ではありませんでした。戦艦部隊による艦砲射撃。
_16-8-25_22-48-30_No-33.jpg
構築中の陣地を削られる。嫌なことするわ。
さすがにこんなとこに機雷敷設は危険すぎます。というか港湾が小さいため護衛ごと入港できないし。
やな場所に布陣したのかもしれない・・・
  第1次アキャブ艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地667低下
兵員4

  第6次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 53機
撃墜 爆撃機 20機
損害:
陣地6低下
兵員4

1944年4月第3ターン
Ju88A軽爆(日):20機生産
4式重爆1型 :15機生産
97式司偵1型 : 2機生産

ハ43-1型:50基生産

92式10p加農砲:126門生産

6t牽引車車台:63台生産
トラック車台 : 1台生産


  第2次アキャブ艦砲射撃戦(根拠地)
損害:
陣地670低下
兵員2 火砲3

  第7次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 36機 爆撃機 35機
撃墜 戦闘機 14機 爆撃機 12機
損害:
陣地4低下
兵員3

  第130次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 65機 爆撃機 52機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 20機
損害:
陣地80低下

1944年4月第4ターン
銀河11型 :10機生産
零式水偵 : 3機生産
3式戦2型 :30機生産
97式司偵1型: 4機生産

ハ43-1型:50基生産

96式15p榴弾砲:126門生産

6t牽引車車台:63台生産
トラック車台 : 1台生産


  第8次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地3低下
兵員3 火砲3

  第40次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地60低下

1944年4月第5ターン
天山艦攻12型:70機生産
零式水偵 : 6機生産
4式重爆1型 :35機生産

ハ43-1型:101基生産

4式75mm高射砲:126門生産

チリ車台:63台生産
トラック車台: 1台生産


潜水艦 デビルフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 クレバレ 爆雷により沈没
潜水艦 サーゴ 爆雷により沈没
潜水艦 パーチ 爆雷により沈没
潜水艦 スカルピン 爆雷により沈没
潜水艦 ドラゴニット 爆雷により沈没
潜水艦 ブルーフィッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 ランナー 爆雷により沈没
潜水艦 レイ 爆雷により沈没


潜水艦 トレスパシャー 爆雷により沈没
潜水艦 タリスマン 爆雷により沈没
潜水艦 ソードフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 スターリット 爆雷により沈没
潜水艦 タンティビ 爆雷により沈没
潜水艦 チューリー 爆雷により沈没
潜水艦 ティプトウ 爆雷により沈没
潜水艦 スピアーフイッシュ 爆雷により沈没
潜水艦 スカッツマン 爆雷により沈没


  第10次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 56機
撃墜 爆撃機 15機
損害:
陣地20低下

  第9次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 70機
撃墜 爆撃機 18機
損害:
陣地61低下
火砲2

  第30次メイクテーラ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地75低下

  第131次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 61機 爆撃機 46機
撃墜 戦闘機 21機 爆撃機 17機
損害:
陣地60低下

  第10次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 59機
撃墜 爆撃機 13機
損害:
陣地3低下
兵員3 火砲3

1944年4月第6ターン
天山艦攻12型:60機生産
零式水偵 : 1機生産
4式重爆1型 :25機生産
97式司偵1型 : 2機生産

火星25型:70基生産
光 : 2基生産

5式中戦車 :63両生産
5式40mm高射機関砲:80門生産
日本軍トラック : 6台生産

6t牽引車車台:92台生産


  第4次プローム防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 10機
損害:
陣地105低下

  第11次タラワ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 63機
撃墜 爆撃機 18機
損害:
陣地10低下

1944年4月第7ターン
発動機「KR10型」完成度82%で実用化

Ju88A軽爆(日):10機生産
100式重爆2型 :25機生産
97式司偵1型 : 4機生産

火星25型:70基生産
光 : 4基生産

1式機動47mm対戦車砲:252門生産

トラック車台:138台生産


  第41次トングー防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 58機
撃墜 爆撃機 11機
損害:
陣地123低下
火砲1

  第11次アキャブ防空戦
連合軍攻撃隊 爆撃機 57機
撃墜 爆撃機 12機
損害:
陣地6低下
兵員2 火砲5

1944年4月第8ターン
2式陸偵 :30機生産
流星艦爆 :10機生産
100式輸送機2型:30機生産

ハ42-1型:60基生産
光 : 2基生産

96式15p榴弾砲:126門生産

6t牽引車車台:92台生産



1944年4月第9ターン
航空輸送艦「熊野丸」基本設計完了

Ju88A軽爆(日) :40機生産
零式水偵 : 3機生産
100式輸送機2型:40機生産
97式司偵1型 : 2機生産

ハ43-1型:107基生産

96式15p榴弾砲:126門生産

6t牽引車車台:92台生産


  第132次ハイラル防空戦
連合軍攻撃隊 戦闘機 66機 爆撃機 47機
撃墜 戦闘機 23機 爆撃機 17機
損害:
陣地80低下

1944年4月第10ターン
零戦52型 :70機生産
流星艦爆 : 5機生産
100式輸送機2型:40機生産
97式司偵1型 : 2機生産

熱田3型:80基生産
ユモ211 : 5基生産

機動90式野砲 :180門生産
日本軍ブルドーザー: 18台生産

4t牽引車車台:100台生産
トラック車台 : 13台生産

輸送船団が敵潜水隊と遭遇↓
_16-9-11_10-29-51_No-33.jpg
大きな船団だと対潜艦比率が低くなりがちで、対潜哨戒有でも発見率に不安があります。
84%。今回はセーフ、先手を取って殲滅できました。

潜水艦 サーモン 爆雷により沈没
潜水艦 シーライオン 爆雷により沈没
潜水艦 シスル 爆雷により沈没
潜水艦 サター 爆雷により沈没
潜水艦 チューダー 爆雷により沈没
潜水艦 タレント 爆雷により沈没
潜水艦 サファリ 爆雷により沈没
潜水艦 テティス 爆雷により沈没
潜水艦 シーホース 爆雷により沈没
潜水艦 スラッシャー 爆雷により沈没


陸上兵力の分布↓
_16-9-11_10-35-35_No-34.jpg
次はソ連方面で前進する予定です。とりあえずネルチンスクを目指す。

陸上・航空累計↓
_16-9-11_10-36-35_No-35.jpg
派手に陸戦をやってる結果、通算損害もすごいことになってます。まだまだ本番はこれからだ!


というわけで、1944年2月第1ターンから30ターンでした。
陸戦ばっかりの日々です。
たぶんクリアできるのは47年になると思うので、まだ中盤です。
posted by うらマッハ at 19:51| Comment(3) | 太平洋戦記3
この記事へのコメント
実は今回の改造シナリオ編のはじめに掲載されていた「敵上陸部隊」を熟読しました。そして、今回「大和計画」をトライする上で非常に参考としています。特に対英戦の戦略ではとてもお世話になっており、有難い気持ちでいっぱいです。

ところで、敵の偵察機を地上破壊しまくっているのですが、カタリナ偵察機を毎ターン平均して12機を撃破しておりますが、アメリカ軍の航空機生産の内容に多少は影響するものでしょうか?

それを目的にカタリナを破壊している訳ではないのですが、興味深いところです。状況は41年シナリオの入門編でして、米国工業力は1.0倍の設定です。

お返事いただけると有難いです。よろしくお願いします。
Posted by アクタ at 2017年05月24日 22:53
カタリナは工数4.6もあって、生産力でいうと46も必要です。
12機生産すると航空機生産力552も必要なので、たぶんどこかにしわ寄せが行くと思います。
シナリオ開始時は米国航空機生産力は2430なので、カタリナ12機だけで2割くらい生産力を消費することになります。戦争始まったころの米国の兵器生産力は大したことないのでしょうね。

敵が優先的に生産するのは、艦載機やカタリナの傾向がある気がします。
なので生産力不足のしわ寄せは飛行場に配備される戦闘機や爆撃機に行くだろうと思います。
開戦してから、まず艦載機を生産するのか、陸上機が前線に現れるまでかなり時間がかかります。

米軍機は新型ほど工数が減っていき、生産力も着実に増大するので、消耗戦に強くなっていきます。
逆に言うと、序盤は大したことありません。
Posted by うらマッハ at 2017年05月25日 10:56
早速お返事下さりありがとうございます!

何となく米軍の基地航空兵力の増強が鈍いとは思っていたのですが、納得できました。

米軍の航空兵力の生産に優先順位らしいものはあるのですね。艦載機から生産していくとは、史実に近くとても興味深いです。

調子に乗って海軍機を消耗しないよう気をつけていこうと思いました。ただ、航空優勢を味わえるのは序盤だけだと思いますから、今だけでもプチ優越感に浸りたい気持ちでいます。
Posted by アクタ at 2017年05月25日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: