2017年06月15日

今のところ乾燥して過ごしやすい気候

日記です。6月15日。

五月後半からほとんど雨が降ってません。さすがに野菜に水やってます。
気温は高くはなく、何より湿度が低い日が多く、部屋の換気を良くすると過ごしやすい日々でした。でも、そろそろ暑くなってくるころか?

5月分の我が家の電気代は14200円くらいでした。真夏は2万超えるだろうから、今の季節は安く済んで助かる。
4人家族なので、一人あたり3500円くらい。安いのか高いのかよくわからん。でもウチ、お湯は灯油だし、調理にガス使うし、電気だけで済まない。
いずれにせよ、ウチの電気代は、まあだいたい国民年金の掛け金と同じくらいです。そう思うと高いな年金・・・

野菜の植え付けも終わって、ようやくのんびりと自宅警備?できます。しかし、やりたいことが多すぎてまったくのんびりな気分になれん。積みゲーを消化したい。


庭の木陰、よく見ると黒猫がいます↓
DSC_1972_1.JPG
若い野良猫らしいです。小柄。
近所の猫を多頭飼いしてる家に餌を貰いに行くことが多いそうだが、やっぱそこの猫とケンカして負けたりするのか、最近平和な我が家に餌を貰いに来ることが多くなりました。
せっかくなので、時間を決めて餌をやってます。野良なので人とのコミュニケーションは苦手のようですが、餌欲しい時は鳴くようになった。かんばって口開けて細い声が鳴くところが可愛い、野良だから鳴きなれていないのだろう。
我が家の老猫↓
DSC_1991_2.JPG
くしゃみが出そうな様子。よそ者は嫌いな性格ですが、ケンカで追い払うパワーはない。
こっちは子猫から育てたイエネコなので、よく鳴きます。家族とのコミュニケーションが日課。
庭はよそのクソガキに占領され気味だけど、とりあえず家の中は聖域です。
老化すると健康とか縄張りとか、色んなものを失っていくものですな・・・


5月下旬、収穫が終了し引き抜かれたソラマメ↓
DSC_1937_3.JPG
ここの畑、残りはまだまだ生育中のカボチャと、葉っぱを展開して栄養を蓄えてるジャガイモ。
ジャガイモは6月終わりころに収穫する予定。後はカボチャを野放しにします。梅雨が終わるころには雑草とカボチャに覆われてるかな。

5月下旬、実エンドウも収穫終了。もう葉っぱがカビだらけ。うどん粉病ってやつか。
DSC_1958_4.JPG
スナップエンドウと違って多少取り遅れても食える実エンドウ。実がびっしり入ってます。
DSC_1959_5.JPG
とは言え、所詮豆なので食べるとすぐの量なんだよね。一人で剥くと時間かかる。
何かと手間はかかりますが、冷凍のグリーンピースとは格の違う美味さです。

ウリ科野菜の害虫、ウリハムシ↓
DSC_1934_6.JPG
茶色の虫、カボチャやキャウリなどウリ科の葉っぱをかじる害虫。
この季節、大量に出現します。まあ放置しても株が死ぬほどではないかもしれませんが、生育は悪化するので、農薬使うのが無難かな。

生育中のオクラの葉裏↓
DSC_1939_7.JPG
アブラムシかな、沢山付いてる。栄養を吸う上に、病気までくれる嫌な害虫。
今年はアブラムシがとにかく多い気がする。

病気になったシシトウ↓
DSC_1942_8.JPG
写真が下手ですが、葉っぱが黒くなってます。原因は分かりませんが、アブラムシに病気貰ったんじゃないかと思う。
こういう病気はもう治らないです。すぐには枯れないけど、収穫量や品質が落ちるし、伝染したりするので処分した方が良いと思います。まあ、まだ畑にあるけど・・・

5月下旬、ナスの初物、ついでにブロッコリー↓
DSC_1950_9.JPG
ナスは4月の20日ころに植えた株で、一か月と少しで収穫開始できました。柔らかくてうまかった。
接ぎ木苗だからか、病気になってる株はまだない。接ぎ木苗はちょっと高いけど、病気率は低いので収穫期間の長い夏野菜ではお得です。

収穫して、外の葉を剥いたキャベツ↓
DSC_1952_10.JPG
この季節のはあんまり美味くないですが、野菜が取れにくい時期なので役に立つかと植えたもの。割と役に立ってる。
この手の葉っぱを食べる野菜は気温が低い時期に育った方が美味しいです。寒いと甘くて柔らかになる。逆に暑いと硬くて味が草っぽい。
あと、農薬を使うか、被覆材とかで防御しないとアオムシが付く。


6月上旬、アオムシを発見↓
DSC_1997_11.JPG
ブロッコリーに大きい幼虫がいた。薬が効かなかったのか、他所から移動してきたのか。いずれにせよ、サツガイあるのみ死ねェー。
というかブロッコリーはもう収穫時期過ぎたのでクビにする。

6月上旬、ニンニクを収穫する↓
DSC_1960_12.JPG
概ね、ちゃんとできていましたが、物によって、しつこく葉が青く根本の茎が太い株がある。
この茎が太い株はハズレでした。
DSC_1980_13.JPG
球根が上手く形成できてない。これではニンニクとして食えない。
DSC_1979_14.JPG
右の芯ができてるのが正常、左がなんかタマネギっぽくなったダメな方。
まあ、ニンニク自身にとっては球根なんかできず、葉っぱや花を充実させる方が良いのかもしれませんが。人間としては球根が欲しいのだ。
たぶん、肥料のやり過ぎが原因だろうと思います。春にうっかり肥料やったからか?

6月上旬、タマネギの収穫↓
DSC_1970_15.JPG
葉がほぼ倒れたので収穫。スギナが生えてたりしましたが、ちゃんと育ってました。
DSC_1971_16.JPG
苗は100本植えたはずで、収穫できたのは94個でした。損害率6%、まあこんなもんだと思う。いつもは300本くらい植えるんですが、今回は少な目でした、どうせ食べきる前に傷んでくるし。
しかしお金に換算するとしょぼいです。タマネギって1個いくらだっけ。これ全部で3千円くらいか?


とうもろこし、というよりスイートコーンの雌穂を間引く↓
DSC_1982_17.JPG
2~3本、実の付く穂が出ますが、栄養が分散して小さい実ばっかりになる傾向があるので数を減らす。
メキメキと穂をかき取る。葉をせっせと剥いてヤングコーンを取り出す。
DSC_1983_18.JPG
中身がちっこい。ヤングというよりベイビーなコーンでした。これはこれで湯がくと丸ごと食えて美味いものです。

病気には比較的強いコーンですが、全部無病では済まないようです。
DSC_1995_19.JPG
雄穂の葉の状態が悪そう。病気なのか生理障害なのか、よくわからぬ。まあ死にはしないと思う。


6月上旬、マクワウリとナスの様子↓
DSC_1987_20.JPG
スイカやメロンに比べると格段に作りやすいマクワウリ。その分、味の高級感はないけど。
ナスは絶好調のようですが、放置すると実を付けすぎて疲労してしまうため、収穫時に枝ごと切って剪定したりしてペース調整した方が長く収穫できます。

枯れてきたミニトマト↓
DSC_1999_21.JPG
途中までは順調でしたが、萎れ始めてもうダメっぽい。
並んだ3株がこの状態なので、土中のカビとかが原因かもしれない。でも土壌が原因の生理障害かもしれない。はっきり原因は分からない。
実は古い消石灰を沢山まいた場所なので、PHに偏りができて根が伸びなくなったという可能性もある。昔、おじいちゃんが買って放置してた消石灰があって、さっさと処分したかったのでトマトなら石灰好きだしと撒いちゃったんです。石灰が均一に土中に混ざれば問題ないですが、深いところには混ざらなかったりしますからね。
8株植えて3株損失なので、痛いですが、家で食べる分には大して問題がない。損失を想定して多めに植えてますが、やっぱ全部育って欲しいものです。

順調に生育中のサヤインゲン↓
DSC_1988_22.JPG
ツル有の品種。ツル無しより長期収穫できますが、暑さに弱いため夏はなかなか超えられません。
新鮮な状態はサヤは、緑色の食べ物とは思えない果肉感があって美味いです。
エンドウもそうですが、収穫はめんどい。しゃがんで目を凝らさないとサヤが見つからなかったりする。


雑草との仁義なき戦い。除草剤を使った草地↓
DSC_2006_23.JPG
宿敵を一掃ですが、これ景観にはマイナスだよね。とはいえ、除草剤100~200円分かそこらでこれだけできるので、コストは悪くないです。
手押しの草刈り機があれば綺麗に刈り取れると思いますが、さすがにそんなマシーンは持ってません。

雑草なら戦えば勝てるのですが、樹が相手だと苦戦します。
DSC_2009_24.JPG
2か月前には地面に小さな切り株があっただけですが、早くもニンジャでないと飛び越えられない高さになりつつあります。
一応、樹なので草より頑丈で除草剤では効果が薄いです。原液を切り口に流し込めば効くと思いますが。
年輪もない安づくりの樹ですから、物理攻撃に弱いですが、いちいち切って回るのはしんどいです。肉体労働苦手だし。
これも樹かな↓
DSC_2014_25.JPG
空き地でよく見かける、すぐでかくなる樹。これも除草剤に耐えます。
この樹、地下茎タイプか?
侵略的外来種のダンチクさん↓
DSC_2017_26.JPG
春にスギナに効く濃度の除草剤をかけましたが、生育が少し悪くなった程度で死んでません。
あと、野生のビワが生えてた。
DSC_2011_27.JPG
お尻が×の実。ビワだと分かりやすい。世話してないので美味しくはないよ。


6月中旬、料理に使うということで、生育が悪くて枯れ気味のジャガイモを収穫してみた。
DSC_2024_28.JPG
量はともかく問題なく食えそうです。これ品種はメークインです、育ちが悪くてずんぐりして分かりにくいですが。
何株か、すでに枯れていたり調子の悪いのを収穫した↓
DSC_2025_29.JPG
蟻にかじられたり、そうか病で表面がザラザラしたイモもあります。食う分には、ちょっと深く皮を剥けば大丈夫です。
今年は雨が少なかったからか、蟻が多いです。そうか病も乾燥すると発生しやすいらしいです。もっとも雨が多いとイモが腐るので、まだマシかも。


・・・ふう、疲れた。なんか畑作業のことだけ書いて終わってしまった。
posted by うらマッハ at 16:05| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
野良の黒猫。家の猫に似ています。もっとも家のはもっとルックスが残念ですが。

大変でしょうけど畑が充実していて素晴らしいですね。ナスやジャガイモにブロッコリーやキャベツ等、スーパーで買うとそれなりの金額になってしまいます。人参とジャガイモと玉ねぎを自給できると、家計的にかなりのプラスだと素人的には思ってしまいます。

ベランダでハーブ系を育成しようか検討中です。
Posted by アクタ at 2017年06月20日 22:45
野菜は売るとたぶん安いですが、買うとだいたいは高いですよね。そんな物を買うという自体、なんか損した気分です。
なので消費する分を自給できると、なんかお得な気分です、労働コストを別にすれば(笑)

毎日野菜を買って揃えることを考えると、家計的に助かると母にもよく言われます。が、たぶん給料貰える仕事してお金を家に入れる方が家計的にはプラスです(笑)
これまた労働コストを別にすればなんですが。サラリーマンしたことないので、どんだけしんどいのかは分からないけど。

野菜は自給するか、お金稼いで買うか、果たしてどっちがお得なのやら・・・
野菜を自給して、これはプラスだと思うのは野菜の摂取量が増えることでしょうか。
野菜は新鮮だと味と栄養価に優れる一方、時間経過で傷みやすいため、早く食べないと損です。経済行動学でいう損失回避の行動なのかどうか知りませんが、とにかく新鮮なうちに食べようとしてしまいます。
そんな日々の野菜摂取で、家族単位で健康促進されてるなら、かなりお得な効果かもしれません。あんまり体感できないですが。
Posted by うらマッハ at 2017年06月21日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: