2017年07月02日

7月になった

日記です。

7月になりました。まだ梅雨のはずですが、雨量はまだ少ないと思う。前線は北にいる、もっかい降りてこないと水不足になりそう。
さすがに暑くなってきたので自室でクーラーを入れるようにしました。これで僕とパソコンの消耗を低減できるぜ。設定温度はケチくさく28度だけどね。
6月請求分の電気代は11800円くらいでした、かなり安い方。7月分はクーラー使用で一気に上がるはず。関電は8月から値下げしたいと言ってるけど、がんばって欲しいところ。


クルマの車検がありました。ディーラー車検なのでクルマ屋さんに全部お任せ、その分手数料や技術料でお金はかかります。自分でクルマの世話できないので仕方ない。必需品だし、ケチらず部品交換してもらいました。
DSC_2101_1.JPG
合計で113000円でした。部品やモノ的なのは全体の2割ほどで、技術料に手数料、税金の類の割合が多いみたいです。
とりあえず12万円を想定してたので、概ね想定内でした。2年に一回なので、月5000円のペースでお金貯めると賄える。
クルマは買うと高いので、壊さないよう大事に乗らないと。

何かと役に立つクルマ。身内でのタクシーとか。
母方の祖母から足が欲しいと出動し、色々回って産物をもらったりする。
DSC_2068_2.JPG
祖母の友人からくず桃をもらう。売れない変形果、痛みもなく美味しくいただいた。
老人は特に食べ物を友人と分かち合うのが好きな傾向があります。戦争してた前後は食い物ない時代だったからかな。大体の人は苦労をしている。


6月中旬、順調に生育中のスイートコーン↓
DSC_2032_3.JPG
しかし、すべて順調とは限らない。
アワノメイガの幼虫が侵入したであろう雄穂↓
DSC_2046_4.JPG
茎の内部を食われ折れてきてます。まあ雄穂は花粉ばら撒けば用済みなので、この段階では損害ではない。
DSC_2047_5.JPG
穂を切り取って、中身を探ると犯人を発見。アワノメイガが茎の中にいました。このまま下方に食い進み、雌穂を食い荒らすと収穫品に損害が出ることに。とりあえず死ね。
農薬は散布済みでしたので、虫が侵入した株は少ないようでした。薬が効かない虫か、散布もれか。

6月下旬、ようやく梅雨前線が到来。ただし雨はわずかで、代わりに暴風警報が出る。
DSC_2060_6.JPG
無慈悲な南風の直撃で倒伏する我がスイートコーン小隊。ぐぬぬ・・・
土寄せして立て直しを試みましたが、どうも根が切れたりズレたりしたのか、立ててもすぐ倒れてきました。
これ自然に起きるのかしら?
数日後の様子↓
DSC_2086_7.JPG
茎を曲げて雄穂を天に向けエレクトしてました。倒れても起き上がる、これがフクツ・スピリットなのか!?
というわけで倒伏しても枯れる個体はありませんでした。生育にはマイナスのはずですが。
僕もこれを見習って、毎日腹筋トレーニングだ!


梅雨に入る前にジャガイモの収穫をしたいところでしたが、母が旅行中で労力不足。
とりあえず地上部が枯れあがった株だけでも、根性で収穫しました。
DSC_2071_8.JPG
↑枯れあがったジャガイモ。保存したいイモは地上部が枯れてから収穫した方が良い。
ただ、今年は出来が悪いようだ。
DSC_2073_9.JPG
↑一株分の収量。うっかりスコップでイモを切ってる。
量が少ないです。イモの肥大する時期に雨が降らなかったからだろうか?
50株くらい収穫して疲れたので終了。スコップ入れる、イモを捜索する、全部の作業を一人ですると時間がかかる。
まだ地上部が少し青い株が50くらいある、果たして梅雨の間を無事乗り切ることができるのか・・・、下手するとイモが水気で腐る。

カラフルな夏野菜↓
DSC_2051_10.JPG
これ、6月中旬の様子です。雨が降り出すと生育が進んで、さらに大量に取れる。
夏は沢山野菜が採れますが、その分肥料補給が重要です。
DSC_2052_11.JPG
生育ペースが速く、性欲の塊の野菜は後先考えず実を付けます。まあ、多収なのは品種改良の成果もあるんでしょう、こいつら人が肥料をやる前提の生き方をするんですよね。


野良の黒猫君↓
DSC_2093_12.JPG
最近は鳴くのに慣れてきて、「ギブミーキャットフード」が言えるようになりました。いえ、音的にはミーミーなんですが。
最初は口を開けて、息を吐く過程で細い声が出るという感じでしたが、やれば上達するものですな。
腹が減ってなくとも呼びかけると返事するようにもなりました。コミュニケーションは楽しいものです。
もっとも猫とのコミュニケーションは挨拶のように簡単な内容はできても、少し複雑な意図を伝えることは難しいです。
ちょうどこの写真の状況、すぐ後ろの木陰に天敵のオレンジ猫が潜んでいるのですが、なかなか注意喚起が伝わらない。「うしろ、うしろに!」「ミーミー」「こっち向くな、あっち」「ミーミー」、猫に「あっち向け」ってどう言えば良いのか・・・
ようやく、たぶん偶然周りを見回した時に至近距離に敵がいることに気づいて、すっかり固まってました。黒猫君はゆっくり後退しどこかに行きました、やはり野良暮らしは辛いことが多いのだ。

ヘビと戦う黒猫君↓
DSC_2099_13.JPG
威嚇しつつ素早く噛みつこうとするヘビと、隙を付いて踏み込んで上段から猫パンチを繰り出す黒猫。
へっぴり腰のせいか、猫パンチがすべて手前に落ちる。色々筋が悪い・・・
すぐ後ろでウチの老猫が座り込んで観戦してましたが、ヘッポコなワザマエに飽きて家の中に戻る。まあヘッポコなので近くにいても怖くなくなったようです。これがオレンジ猫なら見るだけで逃げます。

海外旅行に行く家族に抗議するウチの老猫↓
DSC_2054_14.JPG
スーツケースを占領。まあ見慣れない容器にとりあえず入るのが猫の習性なので、特に意図はないかもしれませんが。
たぶん家族が長期間家からいなくなる兆候と捉えています。その程度には頭の良い生き物です。特にこの猫は置いて行かれることを嫌う性格です。
ただ、やはりコミュニケーションには限界があって、どこに行って何時帰ってくる、ということを伝えることはできません。猫としては「いなくなる」が永続する可能性を想起して、ストレスを感じるかもしれません。
人間の子供だったら、じっくり話をして必ず帰ってくることを理解させることもできるのですが。猫は大きくなっても人間にならず猫のままなのが残念です。

ちなみに母が中国の九寨溝(でかい池?が沢山あってすんげえ綺麗なとこ)に旅行に行きました。
で、ちょうど土砂崩れで村ごと飲まれた県に当日いたりして、少し心臓に悪い思いをしました。前日、バスで通った場所だったらしい。
最近は両親は中国旅行がお気に入り。近いので飛行機に乗る時間が短く、旅費が比較的安い。大陸の自然や文化もなかなか良いそうです。しかし、お金はなるべく節約して欲しいところだ。
言うまでもなく僕はいつも留守番。自宅警備任務が最優先である。


快適で効率的な自室生活のために、机周りの整理をしました。
DSC_2034_15.JPG
小1から使ってる机。上段の棚が邪魔、ちなみに壁紙がマリオ3です、PCモニタで見えないけど。
いくらなんでも狭く、PC本体が半分はみ出して傾いています。多少の問題や不都合はスルーする性格ですが、さすがに効率が悪い気がしてきたので整理することに。本とかゲームソフトとか置いてるの、どこかに引っ越すのがめんどい・・・
DSC_2035_16.JPG
↑PCソフトの類、箱あり。かさばる物品です。
ジェネラルサポートのゲームのパッケージは、プラスチックケースなので捨てずに残ってました。分厚い解説書を入れて流通させるのにこのパッケージが必要なんでしょうね。最近のは電子化されてます、当初は分厚い解説書が良かったのにという声もありましたが、もうみんな慣れたのかな、僕は慣れた。
あと、開発ソフト。これまた解説書やCDなど内容物が多いので、パッケージごと取ってる。BASICの方は買っただけで使わなかったけど、C++の方は今でも使ってます、すごく古いが。特殊な機能さえ使わないのならWin10でも問題なく動作しますし、動作するソフトを作れます。
さらにOS。Meとバージョンアップ用のXP。さすがに古くて役に立たない。Meはアクティベーション処理しなくても動作し、そこをXPにバージョンアップすると、複数のPCにいくらでもXPをインストールできました。まあネットにつながないPCでないと怖いですが。

ミニオケ譜↓
DSC_2036_17.JPG
大阪芸大の音楽関連の売店で、たしか1割引きで売ってまして、色々買った結果それなりの数になってしまった。
値段が物によってバラバラな気がする。薄いけど割と高かったり、ごついけど比較的安いのもあったり。
別に全部、ガチ分析したとかじゃないよ。何か参考になるかも、行き詰った時役に立つかも、などの理由でとりあえず入手というパターンが多いです。
当時は自分の中ではお金より時間の方が価値が高く、特に勉強できる時間は今しかないかもと思ってたため、学習教材への投資には積極的でした。
将来、何が不足するかの予測が行動に与える影響って大きいのかもしれません。もし、ニートになるって分かってたら、勉強はいつでもできるから教材への投資は控えていたはずです。将来、時間とお金どちらが不足するか、予想が的中するとは限らないものです。今余裕のある時間も、将来不足するかもしれないし。

大学時代のノートと、挟まったプリント類↓
DSC_2038_18.JPG
ノートが見えない上、プリントも左が音響、右が作曲と分野が違ったりと整理されてません。
綺麗にノートにまとめるのが苦手というか興味もなく、ひたすら同じノートに講義内容や貰ったプリントを挟んでいった結果、ハンバーガー的なノートが何冊もできていました。
「入る所は一緒(頭)だからこれでいいんだよ」というとなんか頭良さそうですが、要するにめんどくさいのですよ。
先生がひたすらしゃべるタイプの講義は聴くだけでかなりの集中力を要し、内容を書いてまとめる余力が僕にはありませんでした。まあすごく頭のイイ人ならガッツリ聴きつつ書きまとめることも可能なのかもしれませんが。
また、先生も話に集中して欲しいのか、内容をまとめたプリントをくれたりするんですよね。お陰で、プリントに書き込んだりしてよりカオスになるわけですな。

色んな資料が出てくる。
WAVEファイルのヘッダ情報↓
DSC_2039_19.JPG
音楽ファイルの形式です。今時、こんな情報はたぶんネットで調べたら出てくるので特にありがたみはないと思います。
大学3回生の時、これを参考にしてソフトシンセを作りました。音を出す処理(ストリーミング再生)って意外と難しく、音楽ファイルとして出力することで何とかできたんです。研究のスタート地点という感じです。

ディスクだけのソフト類↓
DSC_2042_20.JPG
さすがに古いので中古屋も引き取ってくれないPCゲーム多数。というかもうダウンロード販売の時代だよね。
あ、下の方にあるDVDは古い時代のオペラのビデオで、それなりにレアかも。古い音楽様式がかっこいいよ。

棚を外して、スッキリしたマイ机↓
DSC_2061_21.JPG
これでPCケースのケツが机からはみ出ることもなくなった。モニタも後ろに下げて目の負担が減った気がする。
あと、せっかくなのでPCモニタを買い替えました。ゲーミング用のそこそこ良いの、約3万円。四六時中、睨めっこする間柄ですから、これに投資しても損ではないはず。ちょっと目が疲れにくくなった気がする・・・?


株の優待券など↓
DSC_2100_22.JPG
家庭で様々なサービス業?を展開する結果になってしまった我がニート生活ですが、金融サービスもその一つです。というか、これが僕の資金元というわけですね、ケチな割に113000円とかを自力で払える。
これも最初は大学生の時に社会勉強と将来の年金生活充実のために始めたことで、別にニートになってから始めたのではありません。何が役に立つか分からない。
少しずつであっても色んな銘柄の株式を持っていれば、日々の株価やその会社の業績などに興味が向く、というノリで学習促進効果狙い。仕事で得た賃金で少しずつ資産を増やしベーシックインカム的な収入源とし、老後開始時期選択の自由を得る、そういう狙いでした。
それが早期に主な収入源となってしまう。色々家庭サービスをしてるうちに家族から信用も得て使える資金が増え、多少は運用益で資金が膨れ、ニートにとって辛い経済的なストレスが無くなってくる。
当初はニートなど長続きするはずがないと考えていました。なにせ自身が一家の経済的出血元になるのは辛いし、せっかく苦労して習得した技能も生かせない、早晩耐えられなくなるはずです。しかし、逆に言うとそれらのストレスが無くなると、割と耐えられるようになるわけで。
次第にお小遣いも親からもらわなくてもよくなり、お金を家に入れることも可能になる。まあ自身の出費を緊縮しまくった成果でもありますが、もはや一家の出血要因ではなくなる。
父が退職したころ、銀行員が投資信託の売り込みにやってくる。ギャンブルに弱いパパはさっそく高分配金の銘柄に夢中になる。これはやばいと資産防衛のため、パパ名義のネット証券口座を作ってせめて僕の管理可能な状態にする。ここら辺から、一家の資産防衛も僕の仕事になる。
結局、パパが高分配金銘柄を沢山欲しがったので投資の方針を大きく変えることはできず、現在のところ資産損失率2~3割ほど、ものの見事に赤字ばっかり。購入手数料は銀行よりは安く、僕が事後承諾で無難な銘柄を買ったりして、一応善戦はしたつもりですが、防衛戦には敗北したと思ってます、やはり高利回り銘柄はキケンなのだ。
それでも家族からは善戦し損害を少なくしたと評価されたので、せっかくなので家族全員の証券口座を開設して余剰のお金を入れてもらうことにしました。とにかく銀行から投信を買わないように。しかし負けても階級が上がる、某猪突猛進提督のような微妙な気分です・・・
そんなこんなで、一家の金融サービスも僕の担当になってます。一家の老後生活を金融面でサポート。この季節には色んな株の優待券が貰えます。写真のは僕が使う券ですが、両親には鉄道乗車券・半額券などを渡す。これはパパとママががんばって働いて得たお金から生まれた果実なのよ、という態度を示すとなんか気分良さそうです。
季節の美味しい野菜をたらふく食って健康維持、株の配当金や優待券でちょっとした贅沢を楽しむ。こういう老後生活を両親に提供するのが当面の仕事です。
・・・しかし変なルートに入ったものです。どこのフラグでこうなったのか。とはいえ、まだ先で何が起こるか分からないので色々準備は必要だと思う、思わぬところで人生の分岐点があるかもしれぬ。

ところで株の優待ルールは小株主に有利です。
例えば1単元(100株とか)以上持ってる人にもれなく優待券・商品をプレゼント、というルールだと一人で4単元持っていても優待一品ですが、4人で1単元ずつ持ってるとそれぞれ1品ずつ合わせて4つ優待品をもらえます。
なので同居する家族で少しずつ株式を持つとお得です。ズルい気もするけど、むしろ推奨されてるようです。
もっとも、株を買うタイミングで高値つかみしてしまうと、含み損になるため、慎重に購入しないといけません。これが難しいんだよね。
posted by うらマッハ at 20:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: