2017年07月23日

梅雨があけて暑い日々

日記です。7月下旬。

19日に梅雨明けだそうで、いよいよ夏になってきました。7月下旬っていつも暑いよね。

野菜の収穫などを早朝に済ませてしまいたいので、寝る時間を早めて早起きするペースに変えてます。
と言っても、1時間くらいしかズレない。夜11時くらいに寝てたところを10時に変えただけなので、1時間しか変わらない。起きる時間が朝7時から6時になりましたが、6時はもう太陽出て来てます。
目覚まし時計で無理やり早朝起きることも可能ですが、それだと体がしんどい。そもそも暑くてしんどいから早起きするわけだけど、寝不足でしんどくなるのはコストに合わない。
・・・これはもう夜9時に寝たら良いのか。しかし、食べて風呂入って色々してたら時間が過ぎてたりするし。
結局、寝る時間をずらすには他の行動すべてをずらさないとだめってことだろう。そう簡単なことではなさそうだ。
しかし将来、育児をする時は夜8時には子供を寝させたいので、かなりの覚悟が必要かもしれない。いやまあ、その前に結婚相手を探す覚悟も必要だが・・・


7月上旬、ナス科野菜が大量に取れた。
DSC_2102_1.JPG
家で食べきれないので近所や親戚に配る。
田舎では余剰の物資を融通し合う習慣がありますが、家で野菜作ってるとその習慣を活用できます。外交上何かと有利。
まあ収穫がしんどいけどね・・・

しかし今年はカメムシが多く、エダマメとスイートコーンがもう一つでした。
DSC_2103_2.JPG
エダマメはもう諦めてましたが、スイートコーンが収穫近くでカメムシが付きだしたので、イラッとして農薬散布。
DSC_2105_3.JPG
緑色のカメムシがいます。合体中のリア充野郎もいるしムカつく連中だ。
マラソン乳剤(農薬混入で有名?なマラチオン)を散布したら嫌がって?逃げていきましたが、数日後戻ってきてました。耐性があるのか、野菜に効果が残らないのか。
DSC_2127_6.JPG
結局カメムシはいま一つ駆除できず、ちょっと傷んだコーンを食う羽目になりました。それでも採り立ては美味いんだけどね。
もはや残留農薬など気にしなくなりました(笑)。それだけ害虫はイラッとする敵なのだ。

梅雨の合間、土が乾いたタイミングで取り残しのジャガイモを収穫に行く。午後には台風が日本を横断する予定の日。今を逃してはならぬ。
DSC_2108_4.JPG
↑もはや見た目がイモ畑じゃない状態でしたが、残ってた50株余りを掘り出す。
DSC_2111_5.JPG
やっぱり収穫量が少ない。湿気のせいか皮がザラザラになってた。
暑いので半袖で作業してたら、日焼けしてタオルで冷やす羽目になった。曇ってたけど紫外線はあるのね・・・
ジャガイモは労働的に割に合わないと思う。でも家で食料生産できるのは意義ある気もする。まあ来年も作るか。


7月中旬、そろそろナス科野菜がバテ始める。
DSC_2134_7.JPG
ミニトマトが死にそう。なんか糸に覆われてるけど、これは何かの菌糸か?
土壌病害かもしれぬ。土壌消毒なんかしてませんからね。石灰窒素は買うと高い、気温や太陽光で熱消毒はマルチ敷くのがめんどくさい・・・

オクラが採れるようになる。
DSC_2131_8.JPG
暑さに強いオクラ。他の野菜が夏バテ中でも水と肥料を切らさなければ収穫できる。温暖化気味の最近の気候では頼りになる野菜です。
品種は丸オクラ。採り遅れてでかくなっても硬くなりにくい。でも、味は五角オクラに劣る気はする、どうなんだろう。

虫に食われるナス↓
DSC_2136_9.JPG
上が28星テントウ。下がホコリダニだろうね。
皮も食べれる野菜だけど、虫に食われたところは硬くなるのでそこは皮を剥かないといけない。
定期的に農薬散布しても害虫は完全に防げない。まあ実には農薬が残りにくいのもあると思う。幹に付くカメムシはいなくなったし。
ちなみに無防備にしてると、この時期は幹にホウズキカメムシが付くと思います。黒いやつ。


7月下旬、全滅状態のミニトマト↓
DSC_2139_10.JPG
この時期に全滅とは、やっぱ土に問題があるのかもしれん。

賢者タイム中のナス↓
DSC_2169_11.JPG
梅雨の時期に実を付けすぎ。絶倫は続かないのだ。すっかり色が白くなってしまって・・・
この時期は害虫が増え、雨が減り、気温が高すぎ、さらに賢者タイム中と条件が揃いやすいため、下手すると枯れてしまうこともあります。
枝を剪定し、肥料をやり、夏休み状態にして秋に再生するように誘導します。
ある程度成長した植物は枝が無くなっても、根に栄養を貯めてるため枝を再生します。で、新しい再生した枝は若いんです。栄養は共有してるけど、枝ごとに別個体のような生き物です。
なんとか夏を生き延びて、秋にまた絶倫パワーを発揮して欲しいところ。

ゴーヤが採れだす。
DSC_2155_12.JPG
苦いけど調理次第では美味いです。
沖縄から来た野菜だけに暑さに強いです。ただ、乾燥には弱いので、水やりが必要かもしれない。
1株だけでも一家で食べきれないくらい収穫できたりする。
あと、畑に野生化した個体もあります。毎年、若い柿の木に絡んで沢山実を付ける。強い生き物だ。

生育旺盛な生ゴミ出身のカボチャ群。
DSC_2150_13.JPG
自分で生えてきたカボチャ。植えたのより生育旺盛かもしれない。
実の形を見ると、フットボール型でした。ロロンだな。
雑種化が進み過ぎると美味しくなくなるかもしれませんが、2~3代くらいは問題なく美味しいと思います。

畑のカボチャ。
DSC_2144_14.JPG
雨のせいで畑が雑草だらけ。カボチャが混ざってるので除草剤は使えぬ。
ただ、雑草が影になって実が日焼けしないという利点もあるかも。
DSC_2145_15.JPG
とはいえ、たちの悪い雑草が多いので、気を許してはならぬ。ヤブカラシとかオナモミとか、嫌なのばっかり生えてくる。クローバーとか可愛い雑草ばかりなら良いのに。
DSC_2164_16.JPG
↑収穫したカボチャ。収穫作業が捜索作業でした。雑草をかき分けて実を探す。
傷のない実なら、涼しい場所に置いておけば冬まで保存できたりします。まあ時々腐るけどね。熟成した方が美味い。

スモモを収穫した。
DSC_2149_17.JPG
世話をしなくてもできるが、世話をしてないのであんまり美味くない。ただ、加工してジュースとかにはできるので一部で需要はある。
スモモの樹って放置してるとでかくなるよね。山に野生化したのが生えてたりする。ウチの庭のスモモも、放置して大きくなっていて2年前くらいに苦労して剪定したものです。

推定野生動物に割られたマクワウリ。
DSC_2156_18.JPG
仁義のなってない生き物がいるらしい。甘くなってきて、ちょっと収穫が楽しみだった。見つけたら殺す。
タヌキやアライグマはたまに目撃します。近所では甘い野菜が被害に会うことは多いらしい。ウチは回り民家なのでその手の被害は少ないですが。
去年までは犬が吠えてくれたので被害がなかったのかもしれぬ。やっぱ犬は警備の役に立ってたんだろう。
僕も人間相手なら警備効果があるんですが、野生動物相手には効果はないようです・・・

ちなみに人間相手だと僕でも軍事プレゼンス的な効果があります。
近所に野菜泥棒をする婆さんがいるんですが、僕がノコギリを持って歩いてるところに出会ってえらく怖がられたことがあります。伐採作業で疲れてフラフラになってました。
これ善良な人なら、慣れない肉体労働に従事している近所の坊ちゃんの微笑ましい様子くらいにしか見えないんですが、悪い人が見ると無造作にギザギザな白刃をぶら下げて歩く得体のしれない無職の若い男に見えるようです。
せっかくなのでニコリと会釈したけど、きっと相手はニヤリとガンを付けられたと感じたでしょう(笑)。だからかは知りません、ウチは人間には野菜取られたことないです。
家の周辺に露出してこその自宅警備員なのだ。国家でいうと、国防線は国境の外に定めるようなものです。
あと悪い事はしちゃいかん。他人が怖く見えるようになる、ビビった婆さんを見てそう思った。そもそも良い人なら野菜なんかいくらでも貰えるし。


雑草との戦い。
梅雨の雨のせいで、一気に雑草が伸びました。梅雨明けで暑いけど、奴らと一戦しておかないと・・・
DSC_2151_19.JPG
スギナがはびこる元水田。今は一応畑だけど、水路は近くにあるので水を入れることはできる。高い水利代払ってるし・・・
とにかく雑草を抑えるだけで精一杯。
ちなみに5月上旬にはスギナが除草剤で枯れているように見えました。
DSC_1899_8.JPG
↑以前の様子。まあスギナはそう簡単に死なないと思いましたが、やっぱり再生しやがった。邪神は簡単には滅ばないのだ・・・

別の放置農地。
DSC_2154_20.JPG
イネ科雑草がフサフサと生えてきました。これたぶんエノコログサ、いわゆるネコジャラシ。
専門書によると、やせた土地によく生えるらしい。そういや世話してる畑ではあんまり見ないな。
いずれにしても成長力や繁殖力はかなり高い嫌な野郎です。
一緒にスギナやヤブカラシも生えてたので除草剤も高濃度にしました。除草剤は安い非農地用だけど、景気よく高濃度で使ってると何百円分にはなります。
以前の様子↓
DSC_2006_23.JPG
たしか6月上旬の写真です。一か月かそこらで草まみれです・・・
残り物に福がある場合もありますが、貧乏くじが多いものです。土地の管理が辛い。売れることもあるかもしれないので、なんとか頑張りたいが現状維持できるだろうか。


餌を貰いに来る黒猫君↓
DSC_2132_21.JPG
手前のがウチの猫ね。くそガキのことは気にくわんが、庭をうろつく程度なら我慢できるようです。ただし、黒猫が網戸に手をかけた時は怒り狂って威嚇してました。領海侵犯は見ぬふりするけど、領土侵犯には戦争も辞さないノリです。
黒猫君はいつも怪我してます。野良育ちだからかコミュニケーションが苦手のようで、他のオス猫と仲良くできないのでしょう。しょっちゅう外から猫同士の威嚇声や悲鳴(たぶん黒猫)が聞こえます。弱いんだから、相手を怒らせるようなことしなきゃイイんですが、やり方が分かんないのでしょう。
性格が特に悪いわけではなさそうですが、コミュ力が低くてハードモードな人生を送ることになりそうな猫です。
少し前までお尻、今は後ろ脚を怪我してます。

ゲーセンにて、ラッキーマリンシアターで確変小当たりが35連チャンを超えた。
DSC_2125_22.JPG
38回まで続きました。さすがにここまで続くのは珍しいです。だからどうってことないですが。
ちなみにこのステーション、当たりメダル落下溝のゆがみの加減か、上段にメダルが乗りやすく、しかもメダル投入口のノズル?に当てることもでき落下場所をある程度調整できて有利です。
まあ、パチンコと違って物理性だけで勝てるものではないみたいですが。ちなみにパチンコ屋のパチンコ台は、当たり確率を変更することはルール上できないため、釘読みや効率的な打ち方を学ぶと期待値で勝てる遊戯が可能になります。まあ、仕事と考えると割に合わない程度しか稼げないのでやりたくないけどね。

夏はクーラーの効いたゲーセンで、のんびりメダルゲームでもしてすごすのが優雅だと思うのですが、案外忙しいのでいつも夏ゲーセンにあんまり行けません。
楽しい時間のすごし方は沢山あっても、自分は一人だけ、時間も有限、残念だ。自分があと2~3人いたら良いのにと思う。世の中人手不足です・・・

去年PCを買い替えたのですが、グロスドイッチュラント2がまだプレイ途中だったので、新しいPCにインストールしてみました。
昔のパッケージ版なのでWin10は動作対象外ですが、インストールはできてCD入れるとタイトル画面まで行きました。ただしそこからエラーで進まない。
動かない理由はたぶんBGMとしてMIDIファイルを演奏しようとして、OSにその機能がないためそこで止まるからです。なので、設定ダイアログでBGMオフにすれば・・・と思ったらそこまで行けずエラーになる。
ならば構成設定ファイルを書き換えれば・・・と思ったら構成設定ファイルがフォルダにない。歯車の絵のあるやつ。
どうも構成設定ファイルは変更ごとに出力するもので、初回プレイの時はまだファイルがないようです。これは詰んだか・・・
いやよく考えたら、すでにインストールしてプレイしてたPCから構成設定ファイルをコピーすればええやんってことで・・・、うまく行きました。
セーブファイルもちゃんとコピーしたので続きからプレイできるぜ。今、太平洋3で忙しいので当分先だが・・・
フォルダ内の様子と、構成設定ファイルをメモ帳で開いた様子↓
17-7-23_7-57-5_No-00.jpg
BGMをオフにするとMIDI=0になるみたいですね。
というわけでパッケージ版のグロスドイッチュラント2も、構成設定ファイルを何とか調達できればWin10でプレイ可能です。素直にタウンロード版で遊べばいいんだどね。
posted by うらマッハ at 15:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: