2014年02月01日

空母戦記2 キャンペーンプレイ記録3

空母戦記2のキャンペーンシナリオのプレイ日記です。

プレイスタイルというかレギュレーションとして、シナリオ終了までに敵空母を全部撃沈することを目標にしてます。キャンペーン勝利判定はとりあえず引き分け以上を目指す。

登場空母と撃沈記録
ヨークタウン型3
レキシントン型2(撃沈1)
ワスプ型1
レンジャー型1
インデペンデンス型9
エセックス型23(撃沈1)
ミッドウェー型6

ちなみにミッドウェー型はエセックス型の在庫が切れてくると配備され始めた気がする。昔プレイしたときの曖昧な記憶ですが。

設定は護衛空母ONと信濃を戦艦型に変更。他はそのままで。日本は一式弾、米国はVT信管補正があります。


今回は第8ステージから。

第8ステージ

イベントは「第三次搭乗員大量養成計画」。
良いイベントです。戦闘機搭乗員のベテラン(練度5)を20人教官として送りました。これで毎ターンの新人補充数は45に。

空母戦記2_2014-1-20_21-11-24_No-00 (2).jpg
前回の戦闘ではめでたく大猟でしたが、損傷艦は出るわけで主力の半数は後方のドック入りになります。損傷してると戦闘に参加できませんし。
今のところ戦艦の主力であるところの伊勢型2隻がおやすみ、金剛型も1隻修理中。空母は赤城、加賀、瑞鶴が今回の戦闘には参加できません。

空母戦記2_2014-1-20_21-34-9_No-00 (2).jpg
ケンカの準備画面(艦隊編成です)。キャンペーンではこの画面であれこれ時間をかけて編成することになります。
今回も前ステージと同じく砲撃戦仕様の編成。空母が翔鶴、蒼龍、飛龍、龍ジョウ(漢字でない・・)。戦艦は金剛型3隻。重巡9隻、駆逐艦8。
正直、40cm砲装備の戦艦が護衛に付いてる敵艦隊の相手は辛いです。1個艦隊だけなら勝てるでしょうが、おそらく4個以上の艦隊がいますから。
狩れそうなエモノがいたらそれを狙いますが、基本的には交戦を避ける方針でいきます。
戦場はソロモン諸島でこちらが防衛側。飛行場を守るのは難しいので放棄します。

戦闘開始6ターン目(6:00)。突出してくる妙な艦隊を発見。敵艦隊「ニ」。
空母戦記2_2014-1-20_21-47-47_No-00 (2).jpg
索敵隊への触接指定は「空母なしなら触接」です。通常、敵艦隊は空母を含んでいます(なんせタイトルが空母戦記だし)からこの指定にすれば触接しません。3機以上の編隊なら空母の有無の誤認はないので、触接するということは空母がいない艦隊です。
この時点でガダルカナル飛行場は壊滅。
発見した敵艦隊は4個で突出してきた「ニ」から50カイリほど離れた場所にいる。

潜水艦から敵艦隊「ニ」の詳細情報が。
艦隊情報_2014-1-20_21-51-12_No-00 (2).jpg
これはカモです。今の戦力でも狩れます。重巡4隻に、砲戦力が高いポーター型駆逐艦が4隻いますが、まあ十分に勝てると踏みました。

せっかくなので潜水艦数隻で攻撃してみました。
命中は魚雷2本で、重巡2隻の機関を損傷させ艦隊速力が低下。こちらとしては弾薬庫に当たって砲塔ごと吹っ飛ばして火力低下を狙ったのですが。

敵艦隊「ニ」と会敵。索敵機を触接させても迎撃されないので捕捉は簡単。というより敵から向かってきて、正面から交差しました。
空母戦記2_2014-1-20_22-5-16_No-00 (2).jpg
艦隊分割して空母を退避させるかは、戦闘機数的に防空に自信がないので、今回は分割なし。

怖いは敵重巡の20cmL砲。金剛3隻の先制攻撃でなるべく砲塔を破壊しておいて欲しいところ。
結局、敵重巡の36門の20cmL砲のうち、27門が火を噴くことに。・・・空母がやばい!?
9発ずつ味方空母3隻に飛来。
空母戦記2_2014-1-20_22-7-19_No-00 (2).jpg
飛龍に3発。すべて下部ブロックに被弾。大惨事でこざる・・・
速力は14ノットに低下、これでは敵の追撃を振り切れない可能性大。
格納庫がすべて破壊されたため、格納庫内の搭載機が全滅。補給もできないため空母機能消失。

空母戦記2_2014-1-20_22-8-14_No-00 (2).jpg
蒼龍に2発。こちらは上部ブロックだけ。
ぱっと見、損傷は軽いように見えましたが、発艦甲板が破壊、それも1ブロックしかない発艦甲板が。つまり発艦不能なわけで、これまた空母機能消失、着艦はできるので機体の回収はできますが。
ていうか発艦甲板が1ブロックって、蒼龍・飛龍の弱点と言えます。雲龍とかちゃんと2ブロックあるのに。代わりに昇降機が3ブロックあります。

空母戦記2_2014-1-20_22-8-47_No-00 (2).jpg
最後は龍ジョウさん。2発で済みましたが、二つとも下部ブロックに。
下部ブロックに砲弾が命中し破壊されると、もれなく周囲と真上の合計3ブロックも破壊されるのですが、ものの見事に着艦甲板と発艦甲板が破壊されました。機関部はすべて無事なのは良いことですが。空母としてはなにもできなくなった。

砲撃戦自体の戦果は上々で戦艦の副砲射程まで戦闘が続いたため、敵駆逐艦(7隻)すべて撃沈、重巡2隻撃沈、残った重巡2隻もボロボロでほぼ戦闘不能にできました。
しかし、事前に潜水艦で攻撃して敵艦隊の速力を落としていなければ、重巡の射程まで戦闘が続かなかったのかもしれません。余計なことをしたのかもしれん。
こちらの損害は空母3隻が母艦機能喪失。・・・すっかり油断してました。これでは上空の直衛が薄くなり、敵空母の艦載機にタコ殴りにされるキケンがあります。

さて、敵艦隊「ニ」をぼこったあと、周囲に索敵機を飛ばしてみたところ、たぶん50カイリくらいの距離に敵艦隊「ホ」を発見。雰囲気的に「ニ」と同じ航路を進んでる感じがする。つまり、接近している上、近いうち砲撃戦の距離まで詰め寄られる可能性大。
艦隊情報_2014-1-20_22-4-49_No-00 (2).jpg
サウスダコタ型戦艦を含む「ホ」艦隊。艦隊速力は27ノットと遅い目ですが、こちらは飛龍が機関部損傷により艦隊速力14です。

逃げないと今度はこちらが狩られてしまうので、弱った空母飛龍は自沈させます。
自沈させた場合、同じ艦隊に駆逐艦がいれば搭乗員はすべて救出されます、撃沈の場合80%まで。キャンペーンでは艦船や航空機より搭乗員の方が貴重なため、良くある措置です。これが自然のオキテなのだよ・・・?

飛龍たんの犠牲のお陰で、艦隊速力が29ノットに回復した我が艦隊ですが、これだと敵との距離がなかなか縮まらず平行追撃な展開になる恐れもあったので、潜水艦をけしかけて足止めします。
ちょうど付近に複数の潜水艦がいました。魚雷命中は2本。うち1本が良いアタリをしました。
空母戦記2_2014-1-20_22-20-4_No-00 (2).jpg
インデペンデンス型の機関部3つを破壊、ついでに待機甲板にいたおそらく艦爆の爆弾が誘爆し母艦機能も喪失。
これで敵艦隊「ホ」の速力は大幅減。少なくとも砲撃戦に持ち込まれる心配はなくなりました。

でもこちらの猟犬が一頭やられた。海大型潜水艦の伊169号。
空母戦記2_2014-1-20_22-18-52_No-00 (2).jpg
魚雷の残弾が4本になるまで奮戦したあと、動力部をやられて撃沈。
潜水艦は、電動機か電池室どちらかのブロックがすべて損傷すると死にます。海大型はどちらも1つずつ。
この艦では7ブロック中2ブロックが致命的な部位になります。損害判定はなかなかハードモードなロシアンルーレットになりますね。

潜水艦ががんばった同ターンの配置。
空母戦記2_2014-1-20_22-22-56_No-00 (2).jpg
こちらの艦隊が逃げる途中に弱った「ニ」に遭遇、さくっと血祭りにあげます。重巡2隻撃沈。
一方で「ホ」はこちらを追ってきます。距離的にはかなり近く、艦載機を飛ばすには十分な距離。

空襲から身を守りたい我が艦隊は、直衛戦闘機の高練度の機体を可能な限り無傷の翔鶴に着艦、残りは着艦は可能な蒼龍に。
翔鶴の発艦可能機数は45機ですが、格納庫には77機も入ります。その気になれば45+77機を積むことも可能で、格納庫で一度に77機も補給できます。
というわけで火事場の馬鹿力で、翔鶴から毎ターン30機強の戦闘機を発艦、3交代なので100機ほどのローテーションで常に上空に60機以上いる状態を維持し続けました。乗組員の人は大忙しでしょうね。
翔鶴ががんばってバリアを張りつつ、逃げる逃げる。敵はこちらの防空が万全な内は触接はしても爆撃はしてきませんが、発着事故で機体を失ったりして隙が生じるとやばい状態でした。爆撃を受けると簡単に足をやられたり、母艦機能を失ったりしますからね。

離脱可能なマップ北端付近まで来て、敵触接機が来なくなりました。マップ外へ離脱するとき、航空機を収容してからでないと機体と搭乗員を失う羽目になるので、助かりました。
マップ端直前にすべての直衛機を着艦。このときも着艦機能は残っている蒼龍が活躍。着艦画面なら不時着しても搭乗員は救出(駆逐艦が必要)されますが、機体も持って帰りたいものです。
翔鶴と蒼龍の甲板に多数の航空機を乗っけたまま無事に艦隊は脱出に成功。マジ死ぬかと思いましたよ、いや死んだやつもいるけど。


・・・今回の教訓、空母は打たれ弱い!!
仕留めたエモノは、重巡4隻、駆逐艦7隻ナリ。大物なしですが、まあ悪くはないでしょう。戦局には影響ないけどね。
損失は、空母飛龍、潜水艦伊169号、航空機がたぶん30~40機くらい。搭乗員はほぼなし。飛龍はちょっと痛いけど大惨事にならず良かったよ・・・
posted by うらマッハ at 23:59| Comment(0) | 空母戦記2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: