2014年02月05日

空母戦記2 キャンペーンプレイ記録5

空母戦記2のキャンペーンシナリオのプレイ日記です。

9ステージまで終了してます。
シナリオ終了までに敵空母を全部撃沈することを目標にしてます。

登場空母と撃沈記録
ヨークタウン型3
レキシントン型2(撃沈1)
ワスプ型1
レンジャー型1
インデペンデンス型9
エセックス型23(撃沈1)
ミッドウェー型6

その他の艦艇撃沈数
戦艦1
巡洋艦7
駆逐艦15

味方の損害は
空母1
潜水艦3

そろそろ大物を狩りたいところです。

第10ステージ

イベントは「第四次搭乗員大量養成計画」。
ツイてます、戦闘機と爆撃機搭乗員のベテランを10人ずつ派遣。これで新人補充数は戦50、爆40になりました。
戦闘機搭乗員はベテランを通算60人派遣したことになります。お陰で前線ではちょっと人材不足ですが、どうにか乗り切れば新人も練度が上がって戦闘機の大群を運用できるようになります。

敵の補充艦艇は大型5(空母2)、小型5でした。

このステージで大和が加入します。サイキョーな戦艦。
艦型情報_2014-2-5_15-2-7_No-00.jpg
太平洋戦記3だと主砲の46cm砲の射程が、アイオワ型とかの40cmL砲と同じでしたが、空母戦記2では46cm砲の方が1長いです。たぶん、キャンペーンシナリオでのゲームバランスだろうと思います。
大和型はこのゲームの砲撃戦では大活躍できますよ。


さて、次の戦場はカロリン諸島。飛行場はトラック(中)だけですが、敵艦隊の初期配置位置から遠いため防衛しやすいです。
というわけで、今回は飛行場を守ります。
空母戦記2_2014-1-24_19-18-48_No-00.jpg
トラックにあるだけの零戦22型を配備。中飛行場は最大で150機まで。
搭乗員は不足気味で大半が練度1の新人パイロット、でも飛行場なら比較的発着事故は少ないはず。
150機じゃたぶん足りないので軽空母から「航空機移動」で戦闘機を増員させます。常に上空に直衛を上げているなら配備可能数以上を回すことができるのです。

新型の52型と高練度パイロットは空母に配備。空母は飛行場より発着難度が高いので新人には厳しいです。それでも人手不足で防空ローテーションによっては新人にも出撃してもらいます。事故で失う機体は結構多くなりそう・・・

戦法はいつもどおり、空母で上空バリア&戦艦で殴る、です。ただ今回は、直前に艦隊分割して空母を逃がす予定。問題なのは艦隊が2つになるため防空が手薄になるところ。

索敵機の走査によると、敵艦隊は4個で、3個と1個に分かれて南から接近中。まあ、狙うなら単独行動の艦隊でしょう。他にまだいるかもしれませんが、情報は限られてるわけで早めに決断して動きます。標的の秘匿名は「イ」です。

潜水艦からターゲットの「イ」の詳細情報が得られました。
艦隊情報_2014-1-24_21-48-41_No-00.jpg
護衛の戦艦が2隻。
思わず逃げたくなりましたが、今は頼りになる兄貴(大和さん)がいるので、勇気を出して襲い掛かります。まあ、こっちの戦艦は9隻あるので、この一戦だけなら十分勝てるのです。

12:00に「イ」と会敵。逃げずに突っ込んできてくれました。まあ逃げたらこちらの飛行場を爆撃できませんからね。
空母戦記2_2014-1-24_21-55-44_No-00.jpg

対戦カードはこれ。こちらは戦艦のみ、マッチョパワーを見せてやるぜ。
空母戦記2_2014-1-24_21-57-42_No-00.jpg

まずはアニキの46cm砲9門が火を噴きます。
空母戦記2_2014-1-24_21-58-10_No-00.jpg
インディアナに9発、内4発命中。期待値以上に当たったかな、しかも下部ブロックばかり。
主砲の砲塔3つを破壊したので、これで敵戦艦の内1隻はほぼ戦闘不能です。やはり射程は大事ですね。

次は長門・伊勢、敵サウスダコタ型1隻の40cm砲です。
空母戦記2_2014-1-24_21-58-44_No-00.jpg
榛名に9発飛んできましたが命中は2発だけ。上部に当たったので大した損害ではありません。主砲の砲塔が一つ破壊。
空母戦記2_2014-1-24_21-59-20_No-00.jpg
アラバマ撃沈ス。なんかすごい当たった・・・
射撃の集中形式を「集中」にしてたため、こちらの16門の40cm砲がすべてアラバマに向けられました。それにしても長門型も結構強いですね。

次は36cm砲。金剛型4隻と伊勢型2隻分。2門は壊れて撃てないけどすごい砲数になります。
まず損傷していたインディアナを仕留めます。集中形式が「集中」のため、かなりのオーバーキル。
エセックス型フランクリン撃沈、誘爆もあって機関部が全壊。
ヨークタウンを損傷、余り命中せず機関の損傷も軽い。
目標誤認で駆逐艦を1隻轟沈。これもオーバーキル。
・・・ちょっと興奮してて、細かいところを覚えてません。

戦闘終了。敵は退避を選んでいたため戦艦の射程のみの撃ちあいでした。
戦果は、戦艦2隻、空母1隻、駆逐艦1隻。
こちらは榛名がちょっと損傷しただけで、機関部は無事。
36cm砲の無駄玉が多かったですが、想定以上の戦果。
問題なのは、敵の艦隊「イ」の艦隊速力がこちらより早いこと。沈めるばかりで損傷艦はほとんど出してませんし、足の遅い戦艦を仕留めてしまったため足が早くなりました。


空襲!!分離した戦艦だけの艦隊に敵編隊が。
艦隊を分離すると直衛戦闘機を再配置できるのですが、戦艦側の割り振った数が60機弱でした。これだと敵は爆撃するらしい。
空母戦記2_2014-1-24_22-21-3_No-00.jpg
敵編隊は艦爆だけですが、新型のSB2C1艦爆。それなりに速く、そして硬いです。半数ほどは突破してしまいます。
もっとも、敵艦爆の450キロ爆弾では戦艦には致命傷を与えることはできません。だから、防空を薄めにできたんです。
とはいえ、上部ブロックの主砲砲塔以外は次々破壊されます。大和なんか中破判定まで行きました。

一番の痛手は、先の砲撃戦で主砲砲塔を破壊されてた榛名の損傷。
空母戦記2_2014-1-24_22-23-19_No-00.jpg
破壊されてた砲塔を突き抜けて、真下の弾薬庫に爆弾が命中。誘爆で隣の機関部が破壊。・・・弾薬庫の隣に機関部なんか配置しないで欲しいですが、重武装な艦艇の弱点なんでしょうね(涙)
あと、爆弾破壊力の乱数幅のほぼ上端を引いて、機関部がひとつ破損。装甲が薄い金剛型だと、たまに機関部上面装甲を爆弾が突破することもあるんだなぁ。これは「破損」なのでダメコンフェイズに30%の確率で修理されます。早く修理してくれないと敵艦隊を追撃できないよ。

結局、3個編隊くらいの空襲がありました。おそらくは発艦機数の多いエセックス型とレキシントン型からだろうと思われます。敵の空母の基本戦術は飽和爆撃ですからね。
逆に飽和爆撃にならないほどこちらの防空が充実している場合は手を出してきません。


分離していた艦隊を合流し、防空を固めて、標的の「イ」を追います。
こちらの速力は榛名が機関部損傷のため20ノット。破損の機関部の修理が終われば25ノットに回復するのですが。

16:00、さっぱり追いつきません・・・
空母戦記2_2014-1-24_22-44-57_No-00.jpg
機関部の修理はまだ終わらんのか!?

19:00、夕暮れです。
空母戦記2_2014-1-24_22-58-29_No-00.jpg
うえーん、待ってよぅ(涙)。もう日が暮れるよ・・・

22:00、夜間。敵も味方も6ドットの視界しかありません。このころ、ようやく機関部の修理が終わりました、遅いよもう!!
空母戦記2_2014-1-24_23-1-28_No-00.jpg
見つけた。敵は航路上に停止していたのでしょう。オレサマ オマエ マルカジリ

とはいえ、夜戦です。レーダーのない艦が多い日本には不利。同距離だとレーダー装備艦から射撃できるので。
空母戦記2_2014-1-24_23-2-26_No-00.jpg
敵空母を狙いたいところですが、敵軽巡洋艦の主砲はこちらの空母を狙うはずです。思案の結果、目標種別は「大型艦優先」で。集中形式は「通常」なので1隻あたり8発ほどの砲弾が飛んでいきます。
戦艦の射程ではこちらが先制できます、というより敵に戦艦はもういませんし。広く浅く、敵空母と軽巡洋艦を損傷させます、撃沈はなしだけど戦闘力は削いだ。
中距離での撃ちあいでは敵に撃てる砲塔が少ないためこちらの空母が多少損傷した程度。こちらの20cm砲が空母2隻を沈めます。
空母戦記2_2014-1-24_23-3-53_No-00.jpg
ヨークタウン撃沈。ほぼ全壊。
空母戦記2_2014-1-24_23-4-11_No-00.jpg
インデペンデンス型ラングレー撃沈。
待機甲板に爆装した機体があったらしく誘爆してました。プレイヤーの皆さんは海戦になったらキケンなので航空機は格納庫に戻して爆弾は外しましょう!

怖いのは短距離レンジ。誤認で撃った以外は敵駆逐艦は無傷です。魚雷の装備数だけなら米駆逐艦は日本駆逐艦より重雷装です。サイズは53cmなので日本の61cmより破壊力は低いですが十分脅威。
ちなみに魚雷は目標種別「任意」だと戦艦に発射されます。敵は「任意」。
空母戦記2_2014-1-24_23-5-23_No-00.jpg
伊勢に魚雷一本。機関部、6つあるうちの3つが破壊。これ、当たりどころによっては2本で沈みます。
空母戦記2_2014-1-24_23-7-4_No-00.jpg
同型、日向に1本。機関部に当たって、左右に被害拡大、左にあった弾薬庫が誘爆、上の砲塔と左の弾薬庫が破壊、さらにその弾薬庫が誘爆し上と左に被害拡大。・・・これだから重武装艦は。

主な被害はこれだけ。敵の12.7cm両用砲は空母に殺到しましたが、赤城とか翔鶴ですから下部には無効、上部は結構吹っ飛んだけど、もう搭載機はほとんど格納庫に移動してるので機体が壊れる被害は軽微でした。次のステージは修理で出撃できませんが。
戦果は、空母2隻。ヨークタウンとラングレー。軽巡が4隻いましたが、沈めることはできませんでした。

さらに追撃せんと、手分け(艦隊分割)しウロウロしましたが、時間切れ。
敵艦隊「イ」は足をやられてたので、すぐ近くにいるはずなんですが、見つかりませんでした。もうちょっとで全滅できたのに。


本日の成果は、サウスダコタ型戦艦2隻、エセックス型空母1隻、ヨークタウン型空母1隻、インデペンデンス型空母1隻、でした。それと誤認で吹っ飛んだ駆逐艦が1。
大和スゴクつよいです。

あと、飛行場は無事。発着事故を起こしながらもどうにか上空の守りを維持することができました。でもかなり事故で機体を失ったぞ。
これで主導権はこちらになったので、次は進攻します。でも進攻の場合、敵飛行場を潰すのに骨が折れるのよね。
posted by うらマッハ at 17:28| Comment(0) | 空母戦記2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: