2014年02月13日

空母戦記2 キャンペーンプレイ記録7

空母戦記2のキャンペーンシナリオのプレイ日記です。

12ステージまで終了してます。
シナリオ終了(25ステージ)までに敵空母を全部撃沈することを目標にしてます。

登場空母と撃沈記録
ヨークタウン型3(撃沈1)
レキシントン型2(撃沈1)
ワスプ型1
レンジャー型1
インデペンデンス型9(撃沈1)
エセックス型23(撃沈2)
ミッドウェー型6

登場する敵戦艦は
ノースカロライナ型2
サウスダコタ型4(撃沈3)
アイオワ型6
アラスカ型6
モンタナ型5

その他の艦艇撃沈数
巡洋艦7
駆逐艦16

味方の損害は
空母1
潜水艦3

第13ステージ(1944年4月)

イベントは、資源地帯で英軍が暴れて大変だから補給は無しね、でした。
NoName_2014-2-6_15-12-1_No-00.jpg
機体の補充がないと空母戦ができるだけの兵力が整わないです。これは次も戦艦突入戦法かな・・・

前回のソロモン諸島戦では戦艦2隻が損傷したものの、修理完了した別の2隻は合流したので火力は十分です。大和型が2隻いるし。
このステージで大型空母の大鳳が加入しますが、次のステージで必須ではないので進出させずドックで改装します。高角砲の数が増える。

敵の艦艇補充は大型5(空母2)小型5でした。
まったくキリがないですな。


前線はソロモン諸島で主導権はこちらです。進攻するなら次は飛行場の多いニューカレドニア諸島になります。進攻しない場合はソロモン諸島で防衛戦になります。
時間を稼ぐ意味も含めて進攻することにしました。お仕事の敵飛行場攻撃は無視して、戦艦部隊で敵艦隊を追い掛け回します。

大型空母4、戦艦8、重巡3、駆逐艦8の1個艦隊のみで進攻。索敵用に潜水艦10隻もいるよ。
マップ北から回り込んで、待ち伏せする予定。

6:00の様子。
空母戦記2_2014-2-6_15-33-40_No-00.jpg
なんか空母がいない艦隊もいるらしい。ただ進路がこちら向きじゃないので捕捉は難しそう。対応は保留。

8:00の様子。
空母戦記2_2014-2-6_15-45-16_No-00.jpg
マップ南側に秘匿名「ヘ」を発見。イロハニホヘ、という順に秘匿名が付くんですが、つまりこれで6個艦隊目の発見です。数が多すぎ。

11:00の様子。
空母戦記2_2014-2-6_15-56-44_No-00.jpg
北に向かう航路を進んでいるらしい敵艦隊(2個)。その進路上に待ち伏せする我が艦隊。このままこっち来い!

14:00の様子。
空母戦記2_2014-2-6_16-9-52_No-00.jpg
こちらの存在に気づいた敵艦隊は西へ進路変更、それを追いかける我が艦隊。上空に張り付く敵索敵機がこちらの居場所をバラしてるらしい。

18:00の様子。20:00から夜間です。
空母戦記2_2014-2-6_16-20-10_No-00.jpg
とにかく追いかける我が艦隊。あと少しで捕まえられるのに。

19:00の様子。夕暮れです。
空母戦記2_2014-2-6_16-26-11_No-00.jpg
もう日が出てる内には追いつけません。
最後に周囲を索敵してみたところ、追いかけてる敵艦隊とほぼ同じ場所に他の5個艦隊もいたことが判明。

夜間。
すぐ近く(20カイリくらい先)に敵艦隊の群れがいるはず。勇気を出して突入するか、安全を取って距離を開けるか、迷うところです。
夜戦は敵の方が有利です。レーダーがある方が先に撃てることと、多少の射程差は関係なく同時に撃ち合うことになるからです。昼なら大和の主砲で一方的に撃てるところが、夜間だと先制されます。同時に大量の砲弾を撃つため誤認も多いです。
・・・最悪、戦艦を失っても空母がいればこの先は問題ないと考えました。というわけで、空母4隻と護衛の秋月4隻を分割して逃がし、残りで敵がいそうな暗中に突撃します。ここまで来て戦果無しは面白くないよね。

23:00。
やっぱ夜間はなかなか会敵しないもので、またボウズかと思ってたら進んでた方向とは逆から敵艦隊が現れました。つまり後ろから。夜間は敵はランダム移動するんだろうか?
空母戦記2_2014-2-6_16-32-35_No-00.jpg
久しぶりの砲撃戦に野郎共の主砲も暴発寸前だぜ。


対戦カードはこれ。
海戦命令_2014-2-6_16-32-48_No-00.jpg
空母3隻、アイオワ型戦艦1隻の「ロ」でした。手ごろな相手ですが、昼だったら楽勝な相手でも夜間はてこずるかもしれません。

まずは長距離レーダー射撃。こちらは金剛型を1隻だけ改装していてコレと、敵のアイオワが発砲します。

伊勢型日向に40cmL砲弾が1発命中。
空母戦記2_2014-2-6_16-33-35_No-00.jpg
当たったのは上部なので、何のこれしき、という損傷ですね。

アイオワに36cm砲弾が1発命中。
空母戦記2_2014-2-6_16-33-51_No-00.jpg
煙突が吹っ飛んだだけ。
米戦艦は高角砲も装甲が固いため、被害拡大による損傷もありません。

その後は砲弾と魚雷が行き交う乱闘騒ぎです。
空母戦記2_2014-2-6_16-34-15_No-00.jpg
長距離・中距離・短距離の分類で一斉に発砲するため、ダメージ効率が悪いです。夜間の命中率0.7倍修正もあるし。

エセックス型イントレピッド撃沈。
空母戦記2_2014-2-6_16-37-42_No-00.jpg
中距離砲の集中砲火を浴びてました。

長門に魚雷2本。
空母戦記2_2014-2-6_16-40-51_No-00.jpg
機関区があと二つ。下手するともう一発で沈みます。

アイオワ大破。なぜ沈められんのだ!?
空母戦記2_2014-2-6_16-36-31_No-00.jpg
なんと機関区が8ブロックもあるんですね、このタフガイは。

武蔵の前部砲塔が全壊。
空母戦記2_2014-2-6_16-41-12_No-00.jpg
魚雷1本火事の元。夜戦は魚雷が怖いです。

砲撃戦終了。
沈めたのはエセックス型1隻のみ。他の大物もあと少しで沈められるのに。
味方も沈没はなし。かなり損傷したのもあるけど。


24:00。このターンで海戦終了です。
さっき戦った「ロ」を追撃したいところです。視界から外れたのでマップには表示されませんが、移動先は確認してるので、追いかければ捕捉できるはず。
ただ、こちらの艦隊速度は10ノット。敵艦隊はそれよりは早いはずなので、足のやられた艦を置いていかないと追撃失敗するかもしれません。足がやられてるのは長門。
他にも敵艦隊がいるはずなので、弱った艦を分割するのは危険です。とはいえ、せっかくのエモノを逃がすのは嫌なので、長門は駆逐艦2隻を護衛に付けて置いていくことに。

艦隊速度25ノットになった我が艦隊は敵艦隊「ロ」を再び捕捉。「ハイクを詠め!!」
空母戦記2_2014-2-6_16-44-7_No-00.jpg
戦艦と空母にトドメをさしてやるぜ。

まずレーダー射撃ができる金剛型がアイオワにトドメをさします。速度が落ちてることもあって、8発中4発も命中しました、1発目で沈んだけど。

エセックス型とインデペンデンス型も長距離レンジから沈めました。

一方で、敵巡洋艦の中距離砲はレーダー射撃でこちらの重巡洋艦に先制攻撃。
空母戦記2_2014-2-6_16-52-42_No-00.jpg
利根型筑摩の主砲が全壊。一気に弾薬庫が誘爆、4ブロック連続で弾薬庫って・・・

こちらの中距離砲の反撃。
空母戦記2_2014-2-6_16-53-48_No-00.jpg
装甲の硬いクリーブランド型軽巡。機関区に当たった14cm砲を無効にされました、こいつもタフガイかよ。舷側装甲127。

近距離での撃ち合い。
敵駆逐艦の魚雷はさっき撃ったので弾切れ。12.7cm両用砲だけなので大した損害は受けないはず。
空母戦記2_2014-2-6_16-55-29_No-00.jpg
と思ったら筑摩がやられた。ナンデ!?
筑摩の舷側装甲は100、12.7cmの破壊力は80。破壊力90~110で破損、111以上は破壊。破壊力は80~120%の範囲で変動。
筑摩は機関区が「破損」のところがあって、そこに当たった砲弾で「破損」判定になって、破損状態でさらに「破損」判定を受けると破壊になり、破壊された場合周囲ブロックが無条件が破壊されます。
結局のところ、運悪く傷口を開けられて、それが致命傷になったのです。もっとも、隣の機関区が破損するだけでも沈んだけどね。破損は応急修理可能だけど機能は失った状態です。

こちらは近距離射撃で駆逐艦1隻を撃沈。

大破させた敵艦は多いですが、このターンで海戦はお開きなので、もうトドメはさせません。くやしいワ。


ところが戦いは終わりではありませんでした。
「ロ」はどうもこちらに移動してきたらしく、長門を含む分割艦隊と戦闘になります。
空母戦記2_2014-2-6_16-56-49_No-00.jpg
一見やばいですが、敵はもう魚雷を撃ちつくしてるため、戦艦に致命傷を与えるすべをもっていません。まあ護衛の駆逐艦はピンチですが。

まずは長門の40cm砲8門。砲塔自体は無傷でしたからね。死ぬがよい!!
空母戦記2_2014-2-6_16-57-39_No-00.jpg
敵防空巡洋艦に3発命中、期待値以上の命中率です。
ただし、損害は軽微。ナンデやねん!?
全部上部に当たった上に周囲がすでに損傷してたため、ただ命中箇所3ブロックを破壊しただけでした。戦艦も沈める40cm砲なのに。

空母戦記2_2014-2-6_16-59-43_No-00.jpg
島風沈没。貴重な駆逐艦が!、コレ1隻しかないのよ。
ちなみに魚雷発射管が3ブロックもある艦なので、被弾時の誘爆を避けるためにもさっさと魚雷を遠距離発射しちゃうべき艦です。

他は、敵駆逐艦1隻を撃沈。味方の駆逐艦の山雲が大破(奇跡的に生き残った)。


さらに会敵。他の艦隊が来た!?
空母戦記2_2014-2-6_17-2-12_No-00.jpg
空母のいない敵艦隊「イ」でした。夜戦ではそれなりに厄介な相手です。
敵艦隊の魚雷発射管が92門。この脅威を減らすために目標形式を「小型艦」にしました。魚雷装備してるのは主に駆逐艦ですから、それを狙います。

空母戦記2_2014-2-6_17-3-1_No-00.jpg
戦艦の主砲を食らい轟沈するクレイブン型駆逐艦。
サイズ20ブロック以下の艦は大型砲が命中すると無条件で轟沈します。どうせ最終ターンだし、沈められる敵艦を沈めておく狙いもあります。
それと、クレイブン型は16門も魚雷発射管のあるキケンな敵艦です。夜戦以外では怖くないですが、今は夜戦ですからね。

空母戦記2_2014-2-6_17-4-42_No-00.jpg
敵重巡の20cmL砲に妙高がやられる。
20cmL砲は戦艦には致命傷を与えられませんから、狙うのは空母や重巡なんです。

敵艦隊「イ」との砲撃戦の結果、駆逐艦5隻を沈めましたが、こちらは重巡1隻と駆逐艦1隻を失いました。


またまた会敵。もう許して
空母戦記2_2014-2-6_17-0-21_No-00.jpg
分割した方の艦隊が、まったく新しい敵と遭遇してしまった。オワタ
そのご かれらをみたものは だれもいない・・・
長門と山雲は一足早くヴァルハラに旅立ちました(涙)


というわけで、海戦終了。
今回は、なんだか敵に誘い込まれて夜戦に持ち込まれる展開になってしまいました。
戦果は、エセックス型空母2、インデペンデンス型空母1、アイオワ型戦艦1、駆逐艦7、でした。
損害は長門、妙高、筑摩、島風、山雲、早潮、でした。
搭乗員の消耗は触接機が一番多いですが、沈没艦の搭乗員で駆逐艦で救助し損なった分もあります。たぶん合わせて30組くらい戦死してます。
今回の教訓、やっぱ夜戦は危ないネ。
posted by うらマッハ at 15:28| Comment(2) | 空母戦記2
この記事へのコメント
こんばんは。こちらのブログでは始めましてです。たぶん、あのうらマッハさんかと思いコメントしてみました。

空母戦記2を掲載していたのですね。カテゴリーには太平洋戦記3もあるようですし、もっと早くこのブログを発見できていたらと、色々悔やまれます。

空母戦記2の掲載内容は、今後のために参考と致します。
Posted by アクタ at 2014年02月13日 20:52
どうもアクタさん、いらっしゃいませ。

最近ようやく画面キャプチャーの習慣が身についてきたので、ゲームのリプレイを書き始めたんですよ。
空母戦記2は、たぶん太平洋戦記を持ってる人は買ってると思うんですが、ちょっとプレイして、やたら難しいので投げた人が多いように感じます。
でもかなりよく出来たゲームなので、投げた人に拾ってもらえたらとイイなと思ってます。
色々コツがあるんですよ。航空機移動、直衛機のローテーション、五月雨攻撃、敵直衛隊の陽動、アウトレンジ戦法、などなど。魔術を使って不利を覆すことができると快感(?)ですよ。

そのうち太平洋戦記3のリプレイを作ってみたいです。シナリオはライジングサンかな?
Posted by うらマッハ at 2014年02月14日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: