2014年03月12日

空母戦記2 キャンペーンプレイ記録10

空母戦記2のキャンペーンシナリオのプレイ日記です。

15ステージまで終了してます。
シナリオ終了(25ステージ)までに敵空母を全部撃沈することを目標にしてます。
そろそろ形勢がこちらに向いてきましたが、最後までプレイしてみます。

登場空母と撃沈記録
ヨークタウン型3(撃沈1)
レキシントン型2(撃沈1)
ワスプ型1
レンジャー型1
インデペンデンス型9(撃沈4)
エセックス型23(撃沈7)
ミッドウェー型6

登場する敵戦艦は
ノースカロライナ型2
サウスダコタ型4(撃沈3)
アイオワ型6(撃沈2)
アラスカ型6(撃沈1)
モンタナ型5

その他の艦艇撃沈数
巡洋艦18
駆逐艦47
潜水艦2

味方の損害は
空母1
戦艦1
巡洋艦2(+派遣5)
駆逐艦3(+派遣10)
潜水艦4


第16ステージ(1944年10月)

イベントはなし。

敵の増援艦艇は大型4(空母2)小型6でした。
ちょっとペースが遅い気がしてきた。前線の敵艦艇が減りつつあります。

搭乗員の保有数は以下の通り。
NoName_2014-2-20_23-9-18_No-06.jpg

このステージはカロリン諸島で防衛戦になります。ここは守るつもり。マリアナ諸島まで後退可能ですが、念のためカロリンで止めておく。
今回の主力は陸上爆撃機の銀河。このゲームの日本爆撃機では最強クラスです。
がんばって100機用意しました。双発機なので補充ポイントが単発機の2倍です。
NoName_2014-3-7_22-35-3_No-01.jpg
他には、このステージ配備開始の零戦52丙と雷電を補充。
零戦52丙は空戦性能が残念ですが、火力と防御力は高めなので迎撃だけならそれなりに使えます。雷電は飛行場用。

前ステージで大鳳とかが損傷したけど、空母数は大丈夫。
前衛艦隊の空母は翔鶴・瑞鶴・加賀・葛城の編成。葛城は増援に来たばかりの新造艦、打たれ弱いけど砲撃戦になる予定はないのでたぶん問題ないでしょう。
後衛は2個艦隊。アウトレンジからの陽動要因です。
飛行場には銀河100と雷電50。中飛行場なので150機まで配備できます。銀河用に練度5の爆撃機搭乗員を100組配備。

編成中ちょっと心配ごとで、敵が攻めてこない懸念がありました。敵側はこちらの迎撃兵力が優勢(に見える)だと判断すると攻めて来ず主導権が入れ替わります。せっかく用意した飛行場戦力が使えないとやだなぁ。
結果は、めでたく(?)敵が攻めて来て海戦勃発。fight it out!!


さて海戦ですが、まずはトラック飛行場の防衛態勢を整える必要があります。うっかり攻撃を受けるとせっかくの銀河がオシャカになりますからね。
戦闘機の直衛隊は発進元から30カイリの艦隊・飛行場の上空に配備できます。前衛艦隊をトラック付近まで急行させて上空の守りを固めます。
問題は距離。5ターン後が払暁なので急がないと間に合いません。トラックは敵艦隊初期配置位置から遠いので5ターン目に爆撃は受けませんが6ターン辺りから射程内に入る可能性があります。
空母戦記2_2014-3-7_22-53-1_No-02.jpg
1ターン目の配置↑
204カイリ離れています。
直衛隊の守備範囲まで174カイリになりますが、前衛艦隊の速力は25ノット、つまり1ターン(1時間)に25カイリしか進めません。6ターン目でも150カイリしか進めず間に合わない可能性大。
ここで詰んだ・・・わけではなく、艦隊分割です。足の早い艦に先に行ってもらいましょう。
艦隊分割_2014-3-7_22-56-6_No-03.jpg
足の早い、翔鶴・瑞鶴・葛城と夕雲改などが先行します。これだと34ノットの速力なので、6ターン目にはトラックを守備範囲に入れることができます。ここで潜水艦に襲われると最悪ですが。

6ターン目。
めでたく先行した分割艦隊は潜水艦に会わず、トラック付近にたどり着きました。トラックの高高度に戦闘機を上げて敵を威嚇します。
索敵隊によると、このターンにトラックを射程に入れてた敵艦隊がいました。
空母戦記2_2014-3-7_23-12-57_No-04.jpg
トラック上空に130機ほど戦闘機を上げたので、敵艦隊は手を出してきませんでした。さすがに突破できませんし、損害大ですからね。

ところで、この海戦では前衛艦隊とトラック飛行場の2つの上空を固める必要があります。いつもは前衛艦隊だけ戦闘機バリアーを張るところが、今回は2つバリアが要るんです。
正規空母4隻の艦隊とはいえ、2つの護衛対象を完全に手を出せない状態で維持するのは難しいです。同じ高度に120機ほどいれば安全なんですが、それをずっと維持するわけです。
というわけで、後衛艦隊に戦闘機を積んでおき、これを前衛と飛行場に移動させて防空ローテーションに組み入れます。手持ちの戦闘機と練度3以上の搭乗員すべて動員しましたよ。

8ターン目。
分割した前衛艦隊が合流可能な3カイリ内に移動。次のターンに合流コマンドを出せば合流できます。
索敵フェイズで分割した方の艦隊が触接を受けました。今、直衛隊の護衛対象が分割してる艦隊を合わせると3個あり、上空がやや手薄に。とはいえ、こちらを捕捉できる艦隊はまだ少ないはず。
攻撃隊フェイズ。分割艦隊の中高度に敵編隊接近、来おった・・・
空母戦記2_2014-3-8_11-22-4_No-05.jpg
敵機は61機、爆装の戦闘機までいるということは、かなり近くまで敵艦隊が来てるようです。おそらくエセックス型の全力発進でしょう。
こちらの戦闘機は105機。トラックからの雷電もいますね。全隊、高高度からの降下攻撃なので速度+1ですが、全機は追い払えないでしょう。
空戦の結果、8機撃ちもらしました。撃墜は25機、ほぼ七面鳥撃ち?
高角砲と機銃を突破したヘルダイバー艦爆2機が葛城に爆弾投下、1発命中。着艦甲板とその下の居住区が破壊。着艦甲板は2ブロックあるのでまだ行けます。とはいえ、着艦時の事故率2倍。
攻撃はこれだけ。敵艦隊の多くはまだ接近はしてないようだ。
やはり100機程度ではエセックス型の全力攻撃は抑止できないのでしょう。これがミッドウェー型になるとさらに厳しくなります。

一方でこちらも、味方潜水艦の視界に入った敵艦隊に攻撃隊を送ります。といっても、飛行場の銀河1機の小手調べですが。
標的は敵艦隊「ハ」。空母が2隻の編成なので手ごろなエモノです。難点はまだ距離が少し遠いところ、飛行場からは200カイリほどですが、後衛艦隊からは310カイリほど離れていて、ギリギリ天山11型が届く程度です。
とはいえ、敵もこちらに接近するはずなので、このターンから軽く攻撃してみます。
魚雷装備の銀河1機で、低高度から攻撃しました。空母が2隻の艦隊ですから、隙があるかもしれないため。
NoName_2014-3-8_11-4-59_No-07.jpg
敵戦闘機の迎撃無し。低高度は無警戒だったようです。戦艦はアイオワ型です。ふむふむ、高角砲は合わせて107門と。
高角砲の命中率は双発機による命中修正1.2倍なので3割ほど。1機しかいないので命中判定回数は5回まで。
銀河は防御力が8なので命中しても25%は無効になります。撃墜率は25%。
ここは突破しました。ただ、投弾までは期待してなかったので搭乗員は練度2なんですよね。

次は目標を決めて投弾しに行くのですが、機銃で迎撃されます。
機銃の命中率は10%で双発機は1.2倍修正で12%。命中判定回数は機数の8倍まで。
目標はレキシントン型サラトガになりました。改装してない型で、機銃は小口径です。小口径は威力が低く、損害判定時に機体の防御力+1扱いになります。当たっても30%で無効。
ここも突破しました。
魚雷を1本投下、命中率17%。オッズにすると5倍くらい(?)
NoName_2014-3-8_11-6-14_No-08.jpg
・・・当たりました。機関区2つ破壊。速力低下で命中率修正が0.8倍から1倍になります。次からの攻撃が当たりやすくなるわけですね。


9ターン目(9:00)
小手調べの五月雨攻撃でラッキーヒットしたため、いっそこのターンで「ハ」に対して銀河で全力攻撃してみることにしました。低高度なら敵戦闘機がいないかもしれないし。
中飛行場から一度に発進できるのは75機。信濃でも60機ですから、飛行場の攻撃力はすごいのです。
ただ、まだ敵艦隊「ハ」は元気な状態です。高角砲も撃てるし、このターンで新たに戦闘機を上空に上げてるかもしれません。
とはいえ、銀河なら防御力も高いし、多少の損害なら「戦線異状なし」ですからね。ここは勢いに任せて突撃だ。

故障の4機を残して魚雷装備の71機の銀河が発進します。練度は全員5。低確率ですが未発見率はありますが、無事敵艦隊を発見。
敵直衛隊が中高度より降下。ちっ、さっきはいなかったのに。14機。
NoName_2014-3-8_11-24-32_No-09.jpg
5機撃墜、2機撃退。やはり戦闘機相手では防御力はそれほど影響はないですね。

次は高角砲107門。6機撃墜、13機撃退。残り45機。あとは空母2隻に半分ずつくらい分かれて向かいます。

インデペンデンスに魚雷2本ヒット。期待値以下のヒット数です。
NoName_2014-3-8_11-25-23_No-10.jpg
インデペンデンス型はサイズ26なので、航空魚雷でも命中箇所の左右2ブロックに被害拡大します。格納庫が一つ残っているのでまだ航空機の運用が可能です。

サラトガには6本も命中。サイズ修正1.2倍、速力は低下したため修正なし。少し当たりやすくはなってましたが、期待値以上のヒット数です。これなら格納庫を全壊させて母艦機能を失わせることができるでしょう。
NoName_2014-3-8_11-26-26_No-11.jpg
と思ったら、4本目の損害判定で沈みました。予想以上の戦果です。戦場では運不運がありますね。


10ターン目(10:00)
サラトガをうしなった敵艦隊「ハ」は早くも後退を始めました。艦隊速力は落ちてるので、付近で張り付いてる潜水艦の視界内。これは逃がさないように索敵隊で触接しないといけません。ここで逃がしたら割りに合いませんからね。「どこへ行こうというのかね?」
とはいえ、「ハ」の上空にはまだ戦闘機がいる可能性があるので、次のターンまで潜水艦に触接を任せます。移動方向が判ってるので追尾すれば、たぶん逃がさないはず。
このターンは、様子を見ました。損害を嫌わなければ、攻撃しても良かったのですが。
広く索敵隊を飛ばしたところ、敵艦隊は全部で5個のようです。どれも空母を2~3隻含む。ここ最近の戦闘の損害で編成は薄めになってるみたいで、護衛の艦艇は少なめ。

11ターン目(11:00)
このターンで後退する「ハ」に索敵隊を貼り付けないと逃がしてしまいます。といっても、指定索敵すれば良いだけなので、問題なし。

その前に潜水艦から攻撃することにしました。うまく行けば損傷した軽空母にトドメを刺すことができるかもしれない。僅かな直衛隊でもいたら五月雨攻撃が失敗しますから。
中型潜に攻撃指示。まずは奇襲判定、駆逐艦が2隻のエリアが多いです。2隻だと40%で奇襲になります。
結果、奇襲成功。魚雷4本をインデペンデンスに発射。命中率は15%。1本くらい当たる可能性あり。
NoName_2014-3-8_11-38-1_No-12.jpg
1本命中。機関区が一つ残ったため撃沈には至りませんでしたが、格納庫は全滅です。母艦機能喪失。なんか甲板に機体が見えるけど、たぶん戦闘機ではないと思う。

これで「ハ」の航空兵力は無くなりました。あとは、五月雨攻撃で弱体化させ着実に撃沈していくだけ。距離が遠いですが、銀河はこの海域のほぼすべてを射程に入れてますし、後衛艦隊の天山11型も艦隊を前進させればギリギリ届きます。
「ハ」が逃げ切れないよう、速力の低下したインデペンデンスにトドメは刺さないでおきます。敵CPUは艦隊分割や自沈はしませんからね、足手まといを見捨てません、さすがヒーローの国だぜ。というわけで悪のニッポン帝国の手先としては、そこらへんを利用して殺戮を楽しむとしましょう。最後はちゃんとトドメ刺してやるから仲間がやられるのを見てるがよいわ、フハハ!


14ターン目(14:00)
「ハ」は飛行場の銀河で始末中。1個編隊ずつなので時間がかかります。一度の攻撃では1エリアしか目標に選べないため、一気に機体を飛ばしてもオーバーキルになってしまいます。

一方で他の敵4個艦隊は、トラック付近南西を北西方向にニアパスする航路を取るようです。うまく行けばこちらの前衛艦隊で捕捉できるかもしれません。
空母戦記2_2014-3-8_12-59-46_No-13.jpg
前衛艦隊はトラック上空を守る任務があるので、30カイリ以上離れるわけにはいきません。まるでマリオ3のワンワンみたい、狂犬注意!!
砲撃戦は昼間だと12カイリまで接近すれば発生するので、ギリギリのところを出たり入ったりすれば会敵もあるかも?

・・・会敵しました。テキがあらわれた!
海戦命令_2014-3-8_13-6-26_No-15.jpg
空母3隻のうまそうな艦隊が出ました、「ニ」。それとアイオワ型戦艦がいる。
それにしてもこちらの高角砲数は240門もありました(笑)
目標任意、火力集中、魚雷はさっさと撃て。敵は退避するので、戦艦だけの撃ち合いになるはずです。

まずは大和型2隻の46cm砲が18門。
エセックス型オリスカニーに9門。
NoName_2014-3-8_13-7-19_No-16.jpg
なんか大破してしまった。3~4発命中なんだが。格納庫で誘爆、待機甲板でも誘爆。格納庫で誘爆はちょっと珍しいです。
ニュージャージーにも9門向いて、3発命中。上部2発、下部1発。ここで弾薬庫ごと砲塔を破壊するのがベストだが。
NoName_2014-3-8_13-7-47_No-17.jpg
砲塔は無事でした。機関区が3ブロック破壊、これで命中しやすくなります。
戦艦の下部ブロックはどこを貫通しても機関区か弾薬庫が破壊されます。装甲さえ抜ければ脆いのかもしれません。

ニュージャージーの反撃。40cmL砲9門が霧島に。3発命中。
NoName_2014-3-8_13-8-20_No-18.jpg
下部に2発。上部も砲塔直撃で破壊。あっという間に主砲6門が沈黙です。速力は15に低下。やっぱり戦艦は弾が貫通すると脆いです。

次は陸奥から40cm砲8門をニュージャージーにプレゼント。速力が落ちてるからか、4発命中。
NoName_2014-3-8_13-8-54_No-19.jpg
破壊力的に破壊できないこともあるんですが、当たりどころが全部下部だったため、撃沈してしまいました。これは予想外、戦場は怖いね。これでアイオワ型は3隻め撃沈。

36cmで瀕死のエリスカニー撃沈。
レンジャー中破、母艦機能喪失。運よく誘爆はしなかった。

砲撃戦終了。良い戦果でした。視界内に「ニ」がいる状態なので、次のターンにもう一回砲撃戦できます、連チャンです。


同ターン、攻撃隊フェイズ。トラック高高度に敵編隊接近!アイエエエ!?
NoName_2014-3-8_13-15-17_No-20.jpg
60機の編隊です。34機が爆装の戦闘機ってお前ら自宅警備はどうした(?)
こちらの迎撃機は107機。たしかにこれならある程度突破できるでしょう、油断したわ。
撃墜23、撃退27、生き残り10機。反撃で4機が落とされます、地味に痛いかも。
高角砲を抜けた6機が高高度から爆弾投下。9発の450kg爆弾で命中率は8か9%。幸い、このとき銀河は爆装で待機してるのはなし、当たっても大惨事にはならないはず。
・・・命中弾なし。一発くらい当たりそうな確率だったが、残念だったな!

14:00の様子。
空母戦記2_2014-3-8_13-21-21_No-14.jpg
南にいる敵艦隊はボコられてる「ハ」。
よく見ると、前衛艦隊と会敵した「ニ」は後衛艦隊をギリギリ艦載機の射程に捕らえてます。砲撃戦で空母を叩いておいて良かった。でも軽空母は無事なんだよね。まあ、ギリギリの航続距離だと触接機は来ないことが多いですが。


15ターン目(15:00)
「ニ」と2回戦目。
海戦命令_2014-3-8_13-23-48_No-21.jpg
速力差はこちらが優速なため、中距離まで戦闘が続くでしょう。脅威は敵巡洋艦の主砲です。なるべく戦艦の主砲で無力化しておきたい。
目標は大型、集中度は通常。魚雷は中距離で撃て。

46cm
軽空母キャボットが軽く損傷。当たり所次第ですね。
レンジャー撃沈。これは速力が落ちてたし、トドメの打撃。

40cm
バルチモア型キャンベラ、中破。主砲3門破壊。機関区残り2ブロック、速力も大きく低下。

36cm
キャボット中破。航空機運用に必要な箇所に当たらない↓
NoName_2014-3-8_13-25-55_No-22.jpg
キャンベラが大破、主砲すべて破壊。
クリーブランド型サンタフェ中破、主砲6門破壊。
クリーブランド型ビンセンス小破、速力低下。

20cm
キャンベラ撃沈。
ビンセンス撃沈。

15~14cm
葛城に15cm砲弾1発命中。発艦甲板破壊、発艦時の事故率アップ。
サンタフェ撃沈。
キャボット撃沈。

砲撃戦終了。なんと駆逐艦以外、すべて討ち取ってしまいました。ツイてるぞ。
このあと「ニ」は敗走するでしょうけど、空襲で全滅させちゃうよ。悪いがこれも作戦なんでな・・・


18ターン目(18:00)
南に敗走中の「ハ」のアイオワ型戦艦ウィスコンシンに銀河の全力攻撃。
NoName_2014-3-8_18-42-55_No-23.jpg
機銃の反撃が痛い。先の爆撃で中機銃ブロックを一つ破壊してるのですが。500kg爆弾では致命傷にならないため、一斉に雷撃して仕留めます。
59本中14本の魚雷が命中。23.7%くらい当たった、ほぼ期待値。
7本目の判定で撃沈。やっぱり魚雷は強力だね。

それと、砲撃戦で弱らせた「ニ」は全滅しました。後衛艦隊からタコ殴り。

19ターン目(19:00)薄暮
飛行場で全力発進したため、「ハ」への追撃はできません。5機くらいなら発進できるけど、たぶんトドメは刺せない。1隻クリーブランド型軽巡が生き残ってます。

航空機帰還フェイズ。
いつものように一括コマンドの発進元帰還で機体を回収すると、航続不足の編隊がありました。
空母戦記2_2014-3-8_18-48-47_No-24.jpg
敗走する「ハ」に触接させていた3機の紫雲でした。どうも、移動する敵艦隊を追尾した結果、帰りの燃料が足りなくなったようです。というか、触接すると敵の移動に合わせて編隊も移動するのを忘れてた・・・
それと、指定索敵の場合は未発見は発生しないので3機も触接させる必要はありませんでした。
というわけで、爆撃機搭乗員3組殉職・・・


夜間。前衛艦隊から比較的近くで、潜水艦が敵を発見するので、敵を求めて移動。空母は分離。
潜水艦と一緒にウロウロ、敵は時々潜水艦の視界を横切るのですが、会敵できず海戦終了。



武運に恵まれ大戦果です。ほぼ2個艦隊を全滅させました。
撃沈はレキシントン型1、エセックス型1、レンジャー型1、インデペンデンス型2、アイオワ型2、巡洋艦5、駆逐艦15。
損害は、艦艇が少し損傷した程度。搭乗員は戦闘機14組、爆撃機39組戦死しました。機体は60機以上失いました。銀河は25機損失でした。
搭乗員の喪失がいままでで一番多いですが、戦果からすればこんなものでしょう。戦線異状なし!

今回の海戦で前線での戦力比が逆転しました。
予定では次のステージもカロリン諸島で防衛戦をするつもりでしたが、たぶん次は敵に主導権を譲っても攻めてこないでしょう。
プレイ目標の登場空母全滅を達成するために次は攻勢に出ます。せっかく準備した銀河も今回だけの活躍になりそうです。
posted by うらマッハ at 13:34| Comment(3) | 空母戦記2
この記事へのコメント
こんばんは。

毎回こちらにお邪魔するたびに空母戦記2をやってみたくなります。予定を変更して太平洋戦記3の入門編の後に、空母戦記2をプレイしてみようか検討したくなります。

今回も驚きの戦果ですね。エセックス級やアイオワ級が某提督の決断シリーズのように沈んでいく様は、実に痛快です。冒頭の銀河による五月雨攻撃は奇跡の生還を成し遂げ、銀河の攻撃編隊も大活躍しており、僕にとっては夢のような展開です。

ふと思ったのですが、うらマッハさんは1個艦隊の空母編成数をMAX4隻と考えていらっしゃいますか?

中央に配置できる艦船がMAX4隻だと、史実の南雲機動部隊をこのゲームで再現したい時に微妙な感覚を覚えます。ちゃんと説明書を読めば良いのですが、気になったので質問致します。

初歩的な質問で恐れ入ります。
Posted by アクタ at 2014年03月12日 23:04
> 中央に配置できる艦船がMAX4隻だと、史実の南雲機動部隊をこのゲームで再現したい時に微妙な感覚を覚えます。ちゃんと説明書を読めば良いのですが、気になったので質問致します。

ゲームとしてならバランスの問題かもしれませんね。
中央に6隻も配置できるんだったら、周囲にももっと沢山配置できるようにしないと不自然ですし、直衛隊も同高度4隊までのところを増やすことになるでしょうし。さすがにゴツすぎる編成になってしまうのでしょう。

実際はどうだったか、よくは分かりません。艦隊司令なんてした経験ないですし(笑)
きっと運用が大変なんでしょう。空母が沢山ありすぎると。
空母を中央に6隻配置すると、たぶん周囲を固める護衛艦の数も増えると思います。あと陣形も大きくなりそうです。
大きな輪形陣になると、艦隊を旋回させるのが大変になりそうです。緩やかに曲がらないと陣形が乱れる。コレ、提督4で体験できますよ(笑)
発艦・着艦のとき合成風力が必要なので、風向きに合わせて艦隊ごと向きを変える必要があります。空母だけなら簡単でしょうけど、周囲の護衛艦も一緒に旋回するのは手間がかかるはずです。

同じ艦隊にいるんだったら一つの指示で足並み揃えて行動するものだと思いますが、まだ着艦中の空母がいたりすると、その作業が終わるまで他が待たないと行けない、みたいな展開になったりするかも?
解説書のデザイナーズノートによると、着艦間隔は30秒~1分らしいのです。大編隊だと30分以上かかったり。その間ずっと、みんな揃って風上向いて進み続けるのはなんか不便だと思います。


ゲームで、6隻の空母を使いたいなら2個艦隊に分けるのが普通でしょうね。4と2、3と3とかに。
艦隊当たりの護衛艦数は薄くなりますが、直衛隊は近くにいるなら融通できます。
直衛隊の融通で色んな戦法が取れますよ。
Posted by うらマッハ at 2014年03月13日 14:27
こんばんは。レスありがとうございます。確かに艦隊規模を考えると大変ですね。太平洋戦記3だと水上艦隊の編成上限は60隻だったので、そんな大艦隊を空母戦記2で操作するのは…。

>直衛隊の融通で色んな戦法が取れますよ。

こちらのブログで学ぶことは沢山ありますね。勉強させてもらいます。
Posted by アクタ at 2014年03月15日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: